広告運用の副業で稼ぐのに必要なスキルとおすすめエージェント

 

広告運用の副業ってどんな案件があるかな?広告運用のスキルを使って副業して稼ぎたいけど、どれくらい稼げるかな?こんなニーズに副業で月10万円以上稼ぐ僕が解説します。

 

ITやweb系のスキルで副業需要高いのは、プログラミング、webデザイン高くて、その次にデータ解析とか広告運用とかがある感じ。 webマーケターだと、LPO(ランディングページ最適化)など付加価値をつけて提案すればより稼ぎやすくなるようなスキル要件になってる。 付加価値で差がつきますね。

 

結論、広告運用の副業はリスティング広告、TwitterやFBなどのSNSでの有料集客に大きく分かれます。また、集客後のLPO(ランティングページ最適化)まで出来るととても単価が上げやすいと思います。目安は時給2500円程度ですかね。

 

広告運用の副業はどんなものがある

広告運用の副業はどんなものがある

 

まずそもそも広告運用の副業では、どんな事例があるか、どんな仕事内容になるかから解説します。

 

リスティング広告

広告運用の副業で多いのは、リスティング広告の運用ですね。王道的な内容で案件数もとても多いです。リスティング広告は、Googleの検索結果に出向する広告です。

 

どんなキーワードに対してどれくらいの単価、予算上限で出向して運用し売り上げ最大化していくか、ということを求められます。

 

webマーカティングの分野の1つとしては、メジャーなのでリスティング広告運用のスキルをもつマーケターにはとてもおすすめな副業ですね。

 

SNSでの有料集客

もう1つはSNSでの広告運用の副業ですね。SNSでいうと、Twitter,Facebook、インスタグラムらへんがメジャーです。最近のトレンドで言うと、YoutTubeでの広告運用も副業需要が伸びるかもしれません。

 

SNSでの広告運用では、広告主の商品特性に応じて最適化チャネルを選択し、チャネルごとに広告予算の最適なポートフォリオを組みつつ運用していきます。

 

ただ別に原理的には、リスティング広告と特に変わりなく、単価と広告予算で広告枠を決めていく感じになるため原理は変わらないですね。

 

広告運用の副業で求められるスキル

広告運用の副業で求められるスキル

 

次に広告運用の副業で求められるスキルを解説していきます。大きくは3つあります。

 

キーワード選定

1つはキーワード選定ですね。言い換えると、ターゲティング選定ともいえます。広告主の売りたい商品特性に応じて、ニーズのありそうな見込み客が検索しそうなキーワードで広告出向するのが大事だからです。

 

これはアフィリエイトとも同じですね。ここがwebマーケターの腕の見せ所でして、制約しやすい人気の高いキーワードですと競争が激しいため、広告単価も高騰しがちです。しかし、売り上げの高さは狙えますよね。

 

一方でボリュームが少ないけど制約しやすいキーワードだと、競争はそこそこ高まります。ただ高さは狙いにくいため大企業はあまり参入してきません。こんな感じで、ユーザー(市場)、競合、自社の観点でどういう戦略を描くかがスキルの見せ所になりますね。

 

CPA最適化

広告運用では指標が2つあり、1つは有限な予算で売り上げを最大化する話、もう1つは運用効率を最適化するCPA最適化の話です。CPAとは、コストパーアクションの略ですね。

 

要するに、同じ予算でより売り上げを高めるか。同じ売り上げを少ないコストで実現するかの違いですね。広告運用の副業では、スタートアップや小さい企業が多いためCPA最適化できるスキルがあると重宝されると思いますね。

 

CPA最適化のやり方としては、つまり無駄な広告出稿を下げていき、効率の良いキーワードに予算を寄せる形で行います。

 

この時、とはいえ予算を高めるとCPA自体が悪くなることもあり、これはCPAカーブという曲線を描いて算出する感じです。かなり具体的なスキルなのでwebマーケ系の企業で働く人じゃないと難しい内容かなと思います。

 

LPO

3つ目は。LPO(ランディングページ最適化)というスキルです。広告運用を行うwebマーケターだとあまり持っていないけど、需要はあり差別化ができるスキルです。

 

分野的には、UXデザインとかwebデザインの分野でして、要するに広告クリック後に流入するページ(ランディングページ)のデザインなどを改善して、CVRを高めることでCPA最適化していく手法です。

 

方法論で言うと、ABテストを行いCVRの高いKPを採択していくという感じになります。具体的には、①ターゲッティング、②ニーズに対する訴求の方法、のいずれかを変更していくイメージですね。

 

参考:副業でlp作成したいなら!おすすめlp案件4つ紹介!【毎月10万円以上】

 

広告運用の副業でおすすめなエージェント

広告運用の副業でおすすめなエージェント

 

そんなわけで、先ほどのようなスキルがある場合は広告運用の副業で稼ぎやすいと思います。特にLPO出来ると最強ですね。最後は、広告運用の副業でおすすめなエージェントを紹介したいと思います。

 

ITプロパートナーズ

1つはITプロパートナーズですね。エンジニア向けの副業案件が多いものの、webマーケター向けの副業案件も扱っています。

 

しかも多くのエージェントの中では珍しく、週2などの副業案件が多いことが強みのため、フリーランスに限らず会社員でも取り組みやすい案件があるのがITプロパートナーズの強みですかね。

 

サイト上で、案件の条件指定で絞り込んで探せるので、希望の副業案件をスムーズに探せます。紹介を受けやすくするために経歴書を作成してアップロードしておくと面談でも万全です。

 

プロの副業

2つ目は、プロの副業ですね。こちらは、他のエージェントよりもマーケティングや企画系の副業案件に強いため、広告運用の副業案件も数が多いです。

 

時給相場的には2500円や3000円程度がボリュームゾーンですが、スキル次第で高単価な案件もあるため積極的にエージェントにアピールしたほうが良いかなーという感じです。

 

プロの副業もITプロパートナーズと同様で面談があるため、経歴書を作成しておいて広告運用の副業案件を紹介してもらいやすくしておくと安心ですね。

 

まとめ

 

ということで今回は広告運用の副業は何があるか、どんなスキルが必要か、どのエージェントがおすすめかを解説しました。ぜひ参考にしてみてください。

 

人気:【副業エージェントのおすすめ4選】IT副業を1年やった体験談で解説
人気:フリーランスの求人サイト・エージェントのおすすめと選び方【採用担当が解説】
人気:IT転職サイト・エージェントのおすすめ【体験談と役立つ考え方も解説】

最新情報をチェックしよう!