今からアフィリエイトを始めるのは遅いのか?【2020年最新版】

https://twitter.com/now_weblife/status/1216202495602487296?s=20

 

今からアフィリエイトを始めるのはもう遅いのかな?2020年の傾向的にはどうなんだろう?最近アフィリエイトを始めた人から体験談を聞きたいな。こんな疑問に今回は2019年4月からアフィリエイトを始めた僕が解説します。

 

今からアフィリエイトを始めるのはもう遅いのかって議論は、

・分野ごとのトレンド(全体は伸びても部分は縮小はよくある)
・自分がコツコツ頑張れるタイプか
・目標値による

この辺りかなと思っていて、極論目標によりますという話です。確かに難易度は上がっているけど、遅いってことはないと思う

 

結論、今からアフィリエイトを始めるのはもう遅いってことはないと思います。実際に僕も2019年4月から初めて半年で月8万円ほど稼げています。ただ、注意点などはあるかなと思っており、僕の体験談からデータ付きで解説します。

 

今からアフィリエイトを始めるのはもう遅いのか?

 

アフィリエイトを今から(2020年)から始めるのは遅いかは、目標にもよりますが基本遅いってことはないかなと思います。

 

確かに難易度上がってます

まず大前提としてここ数年の中で言うとアフィリエイトは難易度が上がっています。ペンギンアップデートやWELQ問題に寄るYMYLなど、アフィリエイトでメインとなるSEOでの上位表示が格段に難しくなってます。

 

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、Googleの検索品質評価ガイドライン内で「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている用語です。
引用:YMYLとは

 

5年とか前だとまだ状況も違っており、ブラックハットSEOなどで上位表示を比較的簡単にできていたようですが、もう最近は違います。EATと呼ばれるSEOにおける重要概念でして、権威性とか信頼性とか専門性が問われる時代です。

 

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略である。 … E-A-Tが高ければ、そのWebサイトやページの品質評価が高まり、検索結果の表示順位への影響も考えられるため、SEOの観点からも重要な概念である。
引用:EATとは

 

2019年から始めて稼いでいる人もいます

ただそんな中でも2019年でアフィリエイトを始めて稼いでいいる人もおり、何人か紹介します。僕の場合だと、2019年4月から初めて今では月8万円くらいの収益化に成功しています。

 

僕以外だとこちらのTsuzukiさんも2019年からブログ型アフィリエイトを始めて、結構稼いでいるようですね。こんな感じでたくさんいるので今からでも遅いってのは事実としてないかなと思います。

 

 

目標にもよる

あとは今からアフィリエイトを始めるのは遅いかどうかは、目標にもよるかなと思っており、月10万円くらいなら分野次第で遅いことはないかなと思います。

 

実際に僕は仕事系の分野で半年で月8万円の収益化できています。ただこれが月100万円とかになると話は違うかなと思っており、優秀な人なら数年かければ狙えなくもないと思いますが難しいのは事実かもしれません。

 

ビジネスをするときは定量的に考えることは非常に重要で、毎月30万円とかなら今からでも遅くないですし、毎月1000万円って言われると今じゃなくても厳しいよねって話です。僕の場合は、ブログ記事数と収益の関係【データ有:100記事1万円、300記事7万円】くらいになってますね。

 

どのみち難易度は変わります

とはいえアフィリエイトが遅いかどうかは、結構Googleのアルゴリズム次第な部分が強く、ここは読みにくいです。風向きがアフィリエイターに向くこともこの先ないとは言えないですし、

 

今から始めるのは遅いと思ってやらないでいた人と、今からでも遅くはないと考えて始めた人が、数年後にGoogleのSSEOアルゴリズムがアフィリエイターに有利になった時には当然始めていた人はウハウハなわけです。

 

今からでもアフィリエイトは遅くない理由と注意点

 

もう少し今からでもアフィリエイトが遅くはない理由と、注意点を解説します。

 

アフィリエイト市場は伸びている

大枠のトレンドとしてビジネスを行う際はその市場が伸びているか?はとても重要です。市場が伸びていれば、それにあやかって一緒に自分のアフィリエイト収益も伸びることが狙えます。

 

それでいうと大枠としてアフィリエイト市場つまり、ネット広告市場は伸びています。以下のデータから見てもこれは事実です。

 

引用:アフィリエイト市場成長

 

ただ注意点としてあるのが、重要なのはあくまで自分がどの分野に参入するか?です。なぜかというと、大枠としてアフィリエイト市場は伸びますが、自分が参入予定の市場は伸びるかはわかりません。

 

さっきのデータは全体のトレンドです。個別の分野で例えば破産サプリが伸びるかはなどはわからないわけです。なのでこの辺はもっとデータを超圧して、自分の狙っているアフィリエイト分野が伸びるかどうかは検討しないとならないですね。

 

SNSもセットでやれ

また今からアフィリエイトを始める際は、GogoleのSEOアルゴリズムがかなり変動する状況のため、集客チャネルとしてGoogle以外も検討したほうがよいですね。

 

例えば、Twitterを僕は行ってますがTwitterならフォロワーは基本的にリピートしますし固定読者となりやすいので、おすすめです。以下のようにアフィリエイトを行っている人の多くがSNSも行っています。

 

ちなみにTwitterなども行うと、Twitterのフォロワー数を増やす方法などのテクニックを自分の商品として有料noteで販売することもできるため、アフィリエイト以外の収益化手段が作れます。

 

今からアフィリエイトを始めるには?【初心者向け】

 

これまでの内容を踏まえて、今からアフィリエイトを始めるなら、どういった手順で進めばいいかを経験者として解説します。

 

先人の失敗と成功から学ぶ

1つは先人の成功と失敗を知識として入手して、知見が高い状態で始めると、先人が失敗したことなどを回避しつつ、成功パターンを真似れるので非常におすすめですね。

 

例えば僕の場合は、マナブさんという毎月アフィリエイトで300万円ほ稼いでいる人が出しているブログ型アフィリエイトの教材を購入しつつ、アフィリエイトを始めました。

 

本で学ぶよりも実際にアフィリエイトを行い、その過程での成功や失敗などの知見がつまっています。また、本と異なりSNSなどの運用や、同じ購入者とSlackで継がれる、質問ができる、オンライン教材なのでアップデートがあるなど非常にお得です。

 

参入分野を決める

そのうえで参入分野を決めましょう。記事の書き方はやりながら上達すればOKですが、あとから参入分野を変えるのはできなくはないですが、手戻りにはなります。

 

基本はYMYL領域を避けつつ、自分が得意で市場が伸びている分野がおすすめですね。僕の場合は、会社員なので仕事系が多いです。この辺は、ブログの内容(分野)の決め方と書く内容について解説【判断軸が重要】をどうぞです。

 

ASP登録とサイト公開へ進む

参入分野を決めたら次は実際にアフィリエイトを始めるために、ASPの登録とサーバーの登録などを進めます。この辺は話すととても長いので、以下の記事で詳細に解説しているのでぜひどうぞ。

 

手短に話すと、ASPってのはアフィリエイト商品を取りまとめている広告代理店みたいな存在で、サーバーは住宅にとっての庭のような物でアフィリエイトを始める上では絶対に必要な物です。

 

振り返りでPDCAする

最後は、アフィリエイトは分析と振り返りでPDCAを回しながら進めるのが本質です。最初から完璧を追求するのはむしろ非効率だと思います。

 

今からアフィリエイトを始めるのは、そういう意味では先人の地けが揃っている段階から開始できるというメリットがあるのも事実です。

 

ぜひ先人の知見をもらいながら、アフィリエイトを始めて自分でPDCAを回して改善していけば稼げるかなと思いますよ。分析は、ブログのアクセス解析は2種類です【やり方と打ち手事例を解説】を参考にどうぞ。

 

まとめ

 

ということで、今からアフィリエイトを始めるのはもう遅いのかどうかを解説しました。参入分野と目標設定次第かなと思いますが、個人的には十分間に合うかなと思います。

最新情報をチェックしよう!