アフィリエイトで稼げない理由と解決策【実体験で解説します】

アフィリエイトを始めたけどなかなか稼げないな、理由や原因を知りたいな。ついでどうすれば変えげるようになるか解決策も知りたいな。こんな疑問にアフィリエイトで稼げない時期があったものの、改善して今では月8万円以上稼ぐ僕が解説します。

 

結論、アフィリエイトで稼がない理由を構造化すると、目次のようになります。この構造をしっかりと理解して改善するのが稼げない状況からの脱出で一番重要ですね。

 

アフィリエイトで稼げない理由と原因を構造化した

アフィリエイトで稼げない理由と原因を構造化した

 

まずアフィリエイトで稼げない理由や原因を構造化しました。かなり掘り下げているので、自分がどの理由で稼げないのかしっかり把握できると思います。

 

PVが少ない

まずはPVが少ないってのが最有力です。PVがないと何も生まれません。これはimpという検索順位で上位表示できているかとクリックされているかの2つに分かれます。

 

記事の質と量

まず大前提は、記事の質と量です。記事数が少ないと質が良くても上位表示はなかなかできないためPVを稼げません。

 

逆もしかりで記事数が多くても質が低いとPVは稼げません。記事における質はユニークなオリジナルな中身があるかどうかなので出来るだけ体験談がベストです。

 

量で言うと目安として100記事ですかね。記事数はあくまで目安ですが100は欲しいところです。

 

被リンク

次ですがまだまだSEOにおいて被リンクは重要です。被リンクというのは、外部のサイトから自分のブログへリンクをつけてもらうものです。上位表示に効果的とまだまだされており重要です。

 

最初のうちは被リンクが少なくても仕方ないですが、徐々に被リンクがつかないとドメインパワーが強くならないためアフィリエイトで稼げない状況になりやすいです。

 

僕の場合は、Twitterでの以下のような募集に参加して被リンクをもらったり、寄稿記事を作成して被リンクをつけたりなどしています。

 

ネイバーなどであれば自分で被リンクを付けられるので、最初のうちはそういった地道な活動が必須になりますね。なのでぜひまだ被リンクがない人はネイバーなどでまとめ記事を書いて自分で被リンクをゲットしましょう。

 

タイトルが魅力的じゃない

あとはタイトルもそこそこ重要です。基本的にアフィリエイトで稼ぐうえで大事なPV数は、検索ボリュームと検索順位によりますが、タイトルが魅力的じゃないとクリックされません。

 

クリックされないとアフィリエイトで稼げないです。クリックされやすいのは人間心理を考えて失敗したくないというニーズに合わせて、「失敗を回避する!」などクリックしたくなる文言を入れるとなどが代表的です。

 

広告CTRが低い

次は合アフィリエイトで稼げない理由の2つ目である、アフィリエイト広告のCTRが低いってことですね。平均は3%くらいですがあなたのブログは何%ですかね?ちなみに僕はこれくらいです。

 

商材が悪い

アフィリエイト広告のCTRが低い原因として一番簡単にわかりやすいのは、そもそも商材がイケてない場合です。

 

例えば同じ分野の歯磨き粉などで、知名度のある商材と知名度のない商材であれば圧倒的に知名度のある商材のほうがCTRはあがります。

 

なので基本的には有名な商材を扱うほうがCTRはあがります。この辺は一般的な感覚に照らし合わせればOKですね。

 

セールスライティングが悪い

2つ目ですが、セールスライティングが悪いというのがあります。セールスライティングというのは、要するに読者に対して何かの行動(アマゾンで本を購入するなど)を後押しするライティングテクニックのことです。

 

直感的に分かりますが、以下の①〜③でも③が一番商品を購入する気持ちになりますよね。

 

①この商品おすすめです
②この商品はおすすめです。メリットとデメリットは〜です。
③この商品はおすすめです。メリットとデメリットは〜です。とはいえ、〜な理由でデメリットは他社も共通して存在します。

 

つまり読者が安心して納得して行動できるように促すのがセールスライティングです。これ結構アフィリエイトで稼げない人で多いですが、全く持ってセールスライティングされてないことってあります。過去の僕がそうです。

 

でもこれができるとアフィリエイトでPVはあるけどクリックされなくて稼げないって状況から抜けやすくなりますよ。

 

CVRが低い

最後はCVRが悪いって理由です。PVもある、クリックもあるけどなぜか成約しない!それはCVRが低いってことになります。

 

商材の問題

先ほどと重複しますが、商材が悪いと当然CVRは下がります。例えばクリック後のLPで読者が行動したくなるようなアピールポイントのない商品だと成約しないですよね。

 

ただこの辺は、商品ごとにEPCというCVRに似た概念があって、1クリックあたりの理論上の収益という指標がありそれを参考にするとOKです。

 

つまりEPCは高いほうがいいです。EPCを逆算するとCVRが計算できます。

 

セールスライティングが悪い

これも再掲ですが、セールスライティングが悪いとCVRは低くなりアフィリエイトで稼げないことが多いです。ただクリックされているのでそこまではうまくいっているわけですが、

 

CVRが低いのは懸念やデメリットなど不安要素に対して納得感のある説明がセールスライティングでできてない可能性が高いですね。

 

例えば記事上では解説がないけどクリック後に初めて知った重要事項とかがあると離脱されやすくなりCVRも下がります。出来るだけ網羅的に事前の説明が必須です。

 

単価が低い

あとはアフィリエイトの成約は多いけど単価が低すぎて稼げないというパターンも少ないもののありえます。例えば物販系のアマゾンや楽天とかだと多いです。

 

単純計算で同じ10万円を狙う場合でも、単価1万円なら10回の成約で済みますが、1000円だと10倍の100回の成約が必須です。この辺は、単価は高ければ高いほうがいいわけでもないためあまりにも低すぎなければいいかなって感じです。

 

承認率が低い

最後は地味にアフィリエイト商品の広告主の承認率ですね。承認率が低すぎると成約が発生しても結局否認されてアフィリエイトで稼げないです。

 

アフィリエイト商品ごとに平均承認率は目安が決まっているため、それベースで考えてもいいです。たまに悪質な事例として、広告主の予算オーバーになってしまい本来は承認されるはずの成約が連続否認されることもあるためその場合はもうその広告主は見切ったほうがいいですね。

 

アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の差

 

アフィリエイトで稼げる人と稼げない人の差

 

最後に僕は9カ月目で発生ベースで月20万円を超えたのである程度アフィリエイトで稼げてますが、稼げない人との違いを考えてみます。

 

根性

正直1つは根性はあるかなと思っていて、稼げるようになる前に諦める人も多いのがアフィリエイトの世界です。まあ100記事書いても月1万円も稼げないと本当に心が折れますが、戦略がある程度間違ってない場合は100記事書けば月1万円は全然狙えます。

 

その前に諦めるのは当然稼げないです。とはいえ、アフィリエイトは祖力すれば稼げる世界でもないのが厳しいところです。

 

思考量

2つ目は思考量かなと思います。アフィリエイトで稼げている人は、課題を発見して仮説をたてて検証して、というPDCAサイクルをやってます。

 

僕自身も月20万売り上げという自己記録を更新できたのは前月の成功を振り返ったおかげです。ここを何もあ考えずにとりあえず100記事とか200記事とかって記事執筆だけを考えているとアフィリエイトで稼げない状況から脱するのは難しいかなと思います。

 

成功体験の有無

 

最後は成功体験なのかなと。最初からハードルが高すぎるとやはり稼げなくて挫折しちゃうことって多いと思うんですよね。稼げない→挫折、この構造が多いんじゃないかなと思います。

 

ブログ初心者で発生しなくて悩んでるならハードル下げて楽天やAmazonで本紹介しましょう。 割と発生すぐするからモチベになって挫折リスクが減ります。 小さい階段をコツコツ登る目標設計も継続では大事。 積極的に下方修正です。企業はしにくいが個人は自由にできますから

 

この解決策は、まずはハードルを下げること。まずは小さくで大丈夫です。少しづつ難易度をあげていくで個人のアフィリエイトは問題なしです。むしろ個人の強みの1つは、目標を簡単に下げれることですよね。

 

企業だとそうは行かないですが個人だとできます。積極的に目標を下げていきましょう。ちなみに僕も下げようかなと思ったりしています。

 

まとめ

 

最後ですがアフィリエイトで稼げない理由は、どこに問題がありなぜなのか?の2つに大別出来ていずれも解決可能なものです。

 

人気:アフィリエイトの手順を解説【始めるなら知っておくべき】

最新情報をチェックしよう!