次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

ビズリーチで転職活動するとバレるのか?バレない仕組みを解説

  • 2020年4月26日
  • 転職
  • 87view

 

ビズリーチで転職活動すると自社にバレるのかな?バレるリスクがあると不安だから知りたいな。バレない仕組みはあるんだろうか?こんな疑問に今回は仕組みも含めて解説していきます。

 

✔︎この記事の信頼性
なうブログを運営している僕はビズリーチを5年以上使っており、【体験談】ビズリーチの評判を5年使った経験で語る【最悪悪質事例も】という記事で評判なども解説しています。なので結構詳しいです。またビズリーチのハイクラス会員(年収750万円以上)でもあります。

 

ビズリーチのような転職サイトで転職すると、よく転職活動が自社にバレるんじゃないかとビビる人がいるんですけど、 基本的にバレないですよ。というのも、ビズリーチでは自社からは検索されないように除外フィルタリングができます。 なので基本バレません。安心して使えますよ。

 

結論ですが、ビズリーチで転職活動してもバレることは基本ないです。理由としては、自社からは検索されない仕組みがあるためですね。今回はその仕組みや使い方も解説していきます。

 

ビズリーチで転職活動してもバレることはないです

 

結論ですが、ビズリーチで転職活動しているのがバレるかもと不安でも大丈夫です。基本的にバレません。ビズリーチとしてもバレるリスクがあるのは求職者が減るのでそこは担保する理由があるんですよね。

 

バレない仕組みがある

まず大前提として、ビズリーチでは転職活動者が転職しているのがバレないようにする仕組みがあります。どんな仕組みかは記事中盤で紹介しますが、

 

基本的には、個人情報を転職エージェントや企業人事部が見れないようにする、企業単位で検索できないようにするなど、の仕組みがあります。

 

なぜあるかというとビズリーチとしてもバレるリスクがあると会員登録が進まないですよね。なので担保されているという感じですね。

 

もしバレるとビズリーチとしてもデメリットになる

さっきの話ですが、ビズリーチでもし転職活動していることがバレるリスクがあるとすると、誰も利用したくないですよね。

 

普通の感覚でいうと、自分が転職活動しているとバレたら、職場内での立場が危うくなりますよね。残らない社員に良い仕事は回さないでしょうし、気まずいです。

 

となるとビズリーチを使いたい転職活動者が減りますよね。それはビズリーチとしても悪手なのでしっかりやってる感じですね。

 

転職サイトはほぼバレることはない

あとちなみにですが、ビズリーチに限らず転職サイトではバレることってほぼないです。それはさっきの理由がどの転職サイトにも通じる理由だからですね。

 

なので基本的にバレることはないと考えて問題ないです。エージェントと面談しても同じように、個人情報なのでバレることはないです。

 

もしバレたとしたら、個人情報が漏れてることになるのでそこは訴えてもいいレベルかと思いますよ。このご時世ですし。

 

ビズリーチで転職活動がバレることがない仕組みを解説

 

では次に、ビズリーチで転職活動してもバレることがない仕組みを紹介しますね。大きくは3つあります。

 

個人情報は非公開

1つは、まず個人情報が保護されます。例えば以下の画像のようにエージェントは求職者を検索しても指名も何もわかりません。ただし所属企業はわかることもあります。設定次第です。

 

 

そのため、ビズリーチでのデータベースで検索されたところで、バレることはないです。そのためこの点では安心して良いですね。

 

企業指定で検索不可にできる

一番重要なバレない仕組みは、この企業指定で検索不可にできる仕組みですね。所属企業を検索除外にすればOKですね。

 

 

注意点としては、大企業とかだと所属企業以外のグループ企業も合わせて検索除外にしないとうっかり人事部繋がりでバレることもなくはないって感じです。

 

ヘッドハンターもブロック可能

3つ目はヘッドハンターのブロック機能ですね。ビズリーチでは、ヘッドハンターが求職者の検索も可能です。これがビズリーチの特徴の1つですよね。

 

 

この点で言うと、ヘッドハンターは得意な企業がそれぞれありズブズブなことも多いです。その時にもし所属企業に得意なヘッドハンターがあなたを検索して発見したとすると、

 

最悪の場合バレることもあるかもです。ただあまりないと思いますし、そこまで気にしなくても大丈夫かなと僕は思いますね。

 

ビズリーチ以外での転職活動でもバレないようにしよう

 

最後ですが、ビズリーチで転職活動をしているとして、ビズリーチでバレるかバレないかも大事ですが、それ以外でもバレないようにするのが肝要です。意外なことでバレかねません。

 

SNSでアカウント特定されない

1つは、最近はSNSが発達してTwitterなどで転職活動の様子を発信している人も多いですよね。でももしアカウントが同じ企業の誰かに身バレしていて、その様子を知られると、

 

最悪転職活動しているとバレることもありますよね。最近は人事の人がアピールのためにTwitterやってることもありますし、情報発信は慎重に行うべきですね。

 

私もどこの面接を受けた!とか発信したりもありますが、基本的にバレるような情報は載せない方がいいですね。

 

休みすぎない

2つ目に、ビズリーチに限らずですが、転職活動って結構時間がかかります。そのため、結構平日に有給を使うことが多いです。

 

この時、あからさまに連休などとると上司が感づいてバレることも全然あります。特に仕事に熱が入ってない中で、休むとバレやすいように思いますね。

 

そのため、有給利用の理由はしっかりとした理由を作って自然に休む方がいいですね。この辺も大事なテクニックと思います。

 

同僚に教えない

あとは仲良しな同僚にも転職活動は教えない方が無難ではあります。バレることを恐れるのであればですがね。

 

もしあなたの上司と繋がっていておしゃべりな同僚だと、バレることにつながります。ビズリーチでいくらしっかりバレないようにやっても水の泡です。

 

そのため、転職が決まってから同僚に話すようにした方がいいですね。それなら最悪バレても上司などに邪魔されたとしても転職先が見つかっているので問題ないですよね。

 

まとめ

 

と言うことでビズリーチで転職するとバレる可能性があるか?を解説しました。基本的にないですし、市場価値把握などにも使えます。是非活用した方がいいと思いますよ。

 

人気:IT転職サイト・エージェントのおすすめ【体験談と役立つ考え方も解説】

最新情報をチェックしよう!