ブログ収入月5万達成しました【5ヶ月で達成した戦略】

  • 2019年10月21日
  • 2019年10月21日
  • ブログ
  • 49view

 

ブログ収入月5万を目指したいけど、どうしたらいいのかな?月5万ってどれくらいで達成できるんだろうか?実際にブログ開始してから月5万達成できた人の体験談を聞きたいな。こんな疑問にブログ開始後5ヶ月目で月5万を達成した僕がその戦略などを解説します。

 

僕はブログ1回目は1年程度で月5万を達成し、2019年3月のGアプデで死亡し、 そこから2019年4月から2本目のブログを再開して、

5ヶ月目くらいで月5万は達成しました 月5万達成時の記事数は1本目も2本目も200記事はあったかなと思っており、1つの目安にはなるかと思います。次は10万目指します。

 

結論、僕の場合は1回目のブログが10ヶ月くらいで月5万を達成したもののGアプデで死亡したので、2回目のブログを2019年4月にゼロから作り直し5ヶ月目で月5万を達成しました。倍速にできた戦略や1回目の失敗談を踏まえて解説したいと思います。

 

ブログで月5万を達成した戦略策定手順【パクってね】

 

ブログで月5万を5ヶ月で達成した僕の戦略策定手順を紹介します。俄然パクって欲しいと思いますw

 

GoogleSEOアルゴリズムの最新状況を把握する

まずブログ運営で月5万円の収入を得るためには、それなりのユーザ数が必要です。ユーザ数を集めるためには基本的にはGoogleの検索エンジンで記事の上位表示が必要で、SEO対策と呼ばれますね。

 

最初は現状のGoogleのSEOのアルゴリズム(何を指標としているか)をある程度把握することがとても重要です。僕の時は2019年4月でいわゆるEATとかYMTL時代ですね。参考程度に貼っておきます。

 

品質評価者は、Google が E-A-T と呼ぶ基準に基づいてコンテンツが優れているかを判断するために特別な訓練を受けています。この基準は「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を意味します。品質評価ガイドラインを確認することで、E-A-T の観点からコンテンツを評価して、検討すべき改善点を見つけられるかもしれません。
引用:Google webマスター

 

まずはGoogleを知る、話はここからです。要約すれば、専門的で、信頼性があって、権威性がある(その分野の有名人)って感じですが、月5万なら専門性と信頼性を取りに行けば十分です。権威性は最初はほぼ難しいと思います。

 

参入ジャンルを決める

次に参入ジャンルを決めます。ブログでいう参入ジャンルとは、自分がどんな記事を書くか?ですね。僕の場合は、IT業界で働いているのでIT業界やweb業界に関しての仕事系のブログです。

 

プログラミングやwebデザイン、データサイエンスなどですね。これを決めるには、得意かどうか、YMYL該当ジャンルか競合は強いか、稼げるかどうか、が観点になります。

 

得意かどうか

1つ目は得意かどうかです。基本的にはあなたが得意な分野で月5万のブログ収入を目指すべきだと思います。僕は最初は得意ではない分野でやってしまい、結果的に記事作成の時間もかかるし専門性も劣ってしまいGoogleのアップデートで死亡しました。

 

今は得意な分野なのでアップデートがあってもPV数は減らなくなってます。得意な方が継続しますし、記事作成も早いですし、専門的になるので絶対に良いと思ってますよ。ここは月5万を最速で目指すならかなり重要かと。

 

YMYL該当ジャンルかと競合は強いかどうか

2つ目は、YMYL該当ジャンルかどうかと競合は強いかどうかですね。YMYLジャンルというのは以下のことです。

 

YMYLとは、「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」のことで、Googleの検索品質評価ガイドラインで言及されている、”Your Money or Your Life”の略語です。近年YMYLページはGoogleのアルゴリズムアップデートで順位が大きく変動しやすくなっており、アップデートのたびに変動が起きるキーワード範囲も拡大してきています。
引用:YMYLとは

 

YMYLがなぜ重要かというと最近のGoogleのSEO対策では、YMYLに該当する分野はかなり難易度が高いです。大企業とか公式サイトくらいじゃないと稼げるキーワードで上位表示は難しくなっています。

 

YMYLは、医療や金融、健康あるいは美容などが対象になっています。簡単なチェック方法は、選定したいキーワードで検索して1ページ目にブログがあるかないかですかね。あればいいですが、ない場合は多分無理ゲーです。

 

同じように競合があまりに強い分野は攻略難易度が高いです。競合の強さは、リスティング広告の数とかどれくらいブログの記事が1ページ目にあるかで評価すると良いです。(ブログの数が多い方が月5万は目指しやすい)

 

ちなみにリスティング広告とは以下のことですね。広告ってラベルがあります。お金を払って上位表示する手法のことですね。

 

 

稼げるかどうか

あとは稼げるかどうかです。ここは月5万を目指す上で、自分が狙いたい参入ジャンルの市場規模とかアフィリエイト広告の単価を見ればOKです。具体的には、単価だけでなくてEPCと承認率という指標もチェックすべきですね。

 

同じ分野でも商品によって非常に稼ぎやすさが変わります。もう少し後で詳細に解説しますが、基本的には大手の商品が稼ぎやすいと考えてOKです。知名度があるのでそもそも売りやすいです。

 

売る商材を決める

月5万稼ぐための参入ジャンルが決まったら、売る商材を決めていきます。ここがEPCと承認率の出番です。

 

EPCと承認率

先ほど月5万のブログ収入を得る上で、商品によってかなり稼ぎやすさが変わると言いました。これはEPCと承認率を見ればOKです。それぞれ解説すると、

 

Earn Per Clickの略。

EPCとは、広告1クリックあたりの収益(稼げる金額)のことです。アフィリエイト広告プログラムを選ぶ際の指標として活用できます。

EPC(1クリックあたりの収益)=アフィリエイト報酬金額÷広告クリック数

例えば、ある掲載アフィリエイト広告Aが100クリックされ、発生した報酬が1,000円なら、その広告のEPCは10となります。

つまり、下記2つのケースなら、よりEPCが高い広告Bのほうが稼げる広告プログラムと言えます。
広告A:報酬金額1,000円÷広告クリック数100=EPC10
広告B:報酬金額1,500円÷広告クリック数 50=EPC30

EPCは、集客方法や掲載広告の見直し、サイト内容の改善などを行う指標のひとつとして活用できます。
引用:EPCとは

 

これがEPCです。要は単価が高くても成約するまでのクリック数が多ければ多いほど、稼ぎにくいということですね。

 

次は承認率です。承認率は、いわゆる広告主が成果を認めてお金をくれるかどうかの指標です。キャンセル率に近いものですね。

 

承認率とは「発生した成果のうち承認とした場合の割合」です。

アフィリエイトは成果報酬型の広告のため、発生した成果に対し報酬を支払うかどうかといった承認作業が必ず発生します。
この承認作業によって承認とした成果にのみ、広告主は報酬を支払います。

承認率は以下の計算式で算出することができます。

承認率=(確定アフィリエイト成果件数÷発生アフィリエイト成果件数)×100

例えば、あるアフィリエイト広告Aの発生成果件数が100件、承認(確定)した報酬が80件なら、その広告の承認率は80%となります。
引用:承認率とは

 

こんな感じです。承認率100%なら稼ぎやすいですし、0%だと成果発生しても稼げません..。このEPCと承認率は、バリューコマースとかだと最初から見れますが、a8とかだと僕のようにゴールドランク(3ヶ月で10万円以上稼げている状態)にならないとわからないので、バリューコマースなどで最初はチェックしましょう。それか僕に聞いてくださいw

 

月5万達成可能性の検算

次は、参入ジャンルと売る商品が決まったら、実際にその内容で月5万円のブログ収入を得るために、どれくらいPVが必要とかどれくらい記事数が必要か?を検算して実現可能性をチェックします。

 

売上 = PV * CTR * CVR * 単価 * 承認率で検算

検算の方法は上記でOKです。先ほど単価やEPC、承認率を調べられればあとはPV数とCTRだけが不明ですよね。でも、ブログにおけるCTRは平均して3%なので3%と置いてみましょう。

 

月5万円を5ヶ月で達成した僕の場合はプログラミングスクールや副業系のアフィリなので、CTR=3%、CVR=3%、単価=1万円、承認率=30%と置きました。この場合計算すると、ざっくり1万5000PV〜2万PVくらいです。
※実際に今の僕のブログは月間1.5万PVくらいです。デイリーで400〜500PVくらい

 

 

サービス系アフィリか物販系アフィリかアドセンスでかなり変わる

ちなみに、月5万円のブログ収入を目指す上で、サービス系アフィリか物販系アフィリかアドセンス主体のどれなのかで非常に戦略が変わります。アドセンスは単価が低いので相当のPV数がないと無理です。

 

基本的には、専門的な特化型ブログでサービス系アフィリが月5万円なら一番稼ぐのはてっとり早いです。

 

キーワードの洗い出し

次に実現性が見えたら、キーワードを洗い出します。

 

キーワードベータで洗い出す

まずはキーワードベータというツールでキーワードを洗い出します。適当に狙いたいキーワードを入れて、検索すれば関連するキーワードばバーっと出ます。それを次のキーワードプランナーで検索回数をチェックする感じです。

 

ちなみに稼げるキーワードは、「XX おすすめ」とか「XX ランキング」とか「XX 評判」とかですかね。

 

キーワードプランナーで回数を把握

先ほどのキーワードベータで出てきたキーワードをキーワードプランナーでチェックします。月間の検索回数の目安が出ますが、100件〜を目安に選ぶか、あるいは100件以下でもリスティング広告が出ていれば稼げるキーワードなので選定してもOKです。

 

記事を品質高く書きまくる

あとは選定したキーワードに沿って記事を品質高く書きまくるだけですね。

 

出来るだけ体験談ベース

僕がブログ収入月5万円を最速で達成した2回目で意識したのは、出来るだけ自分の体験談ベースで書くこと、それから体験談でなくても取材したり調べるなどして品質を担保したことですかね。

 

EAT時代のGoogle先生では、生半可な記事の品質では上位表示は難しいです。ここは頑張って書きましょう。ちなみに僕は1記事1時間半くらいで書いています

 

同時にSNS(Twitter)も行う

あとは記事を書きまくるだけでなくて、同時にSNSもやりましょう。僕の場合はTwitterをやってます。取り組み的には、2つで同じ分野の先行者と絡むことと、先行者の方法論を参考にする、ですかね。

 

自分の分野の先行者と絡む

僕の場合はプログラミングや転職なのでその辺に強い先行者に絡んでいました。例えば、以下の数値をみてください。絡んだところ、プチバズが発生してPV数とフォロワー数が激増したことがあります

 

 

普段の10倍のPVでした。普段がこれならもうブログ収入多分毎月50万円言ってますね。絡み方のコツとしては、先行者の中でもRTを多くしている人を選ぶべきです。そして、自分の記事と関係の近いツイートにかぶせて記事URLを張りつつRTするとRTしてくれることがあります
※やりすぎは注意

 

先行者の方法論も参考にする

あとは、先行者たちの方法論も参考にすればOKかと思いますね。僕が参考にしているのは、マナブ先生です。Youtube動画も出しており、とても参考になりますよ。ぜひみてみてください。

 

 

僕も200記事くらいで月5万のブログ収入を稼げたので、信頼性は高いと思います。ちなみにこの人は、今はブログ収入が低い時でも300万円もあります。僕もこのレベルとは言わないまでも、月100万円を目指しています。

 

まとめ

 

ということで、ブログ収入月5万円を5ヶ月で達成した僕がその戦略策定手順を解説しました。まずはやってみながらPDCAして試行錯誤は必須です。あと、月5万なら被リンクはそこまで重要じゃないので割愛しました。

 

参考:The Thor(ザ・トール) 利用者の僕が評判・口コミとセットで解説

最新情報をチェックしよう!