次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

ブログで稼げるジャンル選びの視点は3つ

  • 2020年4月14日
  • 2020年4月14日
  • ブログ
  • 336view

 

ブログで稼げるジャンルはどれだろうか?おすすめのジャンルや、選び方を実際にブログで収益化している人から教えて欲しいな。こんなニーズに今回はブログで稼いでいる僕が経験をもとに解説します。

 

✔︎この記事の信頼性
僕はこのなうブログを開始して1年で確定10万円、発生40万円まで収益化に成功しました。割と速いペースなので経験をもとにブログで稼げるおすすめのジャンルや選び方を解説できると思います。

 

ブログで稼げるジャンルって基本的に、

・伸びているジャンル
・自分が詳しいジャンル

この2つが両方当てはまることですよね。片方で言うと、自分が詳しいジャンルがいいかなと思います。特に日常的に触れているジャンルだと毎日記事をかけておすすめ。

あとは、競合の強さも観点に加えると盤石かな

 

結論ですが、人によります。なので選び方が大事です。で言うと、①市場自体が伸びているジャンル(特に新規購入者が多いこと)、②自分が詳しいジャンル(特に毎日触れているとなおよし)、SEOで上位表示を狙える、の3つです。これが僕の場合は、IT副業やプログラミング系に該当しますね。

 

ブログで稼げるジャンルのおすすめの選び方は3つ

 

早速ですが、稼げるブログのジャンル選びでは3つの視点が超重要です。正直、ここを外すと稼げる可能性が結構下がると思います。

 

ジャンル自体が伸びている分野

まずそのジャンルがビジネスとして伸びている市場かどうかが重要です。要するに、ジャンル自体が伸びていればあなたのブログも基本的に一緒に伸びるんですよ。つまり稼げるブログになれます。

 

一方で、ジャンル自体が伸びていないとどれだけ頑張っても稼げるブログにはしにくいです。例えばですが、アフィリ案件って広告主の都合で終了になったりするんですね。

 

多くの終了案件ってあまりビジネスとして伸びなかったジャンルで多いんですよ。終了したら1円も入ってきません。一方で伸びているジャンルだと新規案件も増えますし、色々稼げるチャンスが多いんです。

 

伸びているジャンルの見分け方

じゃあどうやれば伸びているブログのジャンルを見分けられるかですが、例えばGoogleのキーワードトレンドを見てみると結構傾向をつかめます。

 

例えば僕が取り組んでいる「プログラミングスクール」ですと、以下のような5年の検索回数のトレンドです。

 

 

明らかに増加傾向ですよね。これってつまり世の中的な需要が増えていることを示すので、基本的に伸びるジャンルと解釈できます。つまり稼げるブログとして適切なジャンルなんです。

 

自分が詳しいジャンル

2つ目は、自分が詳しいジャンルが稼げると思います。理由として、基本的に詳しくないと記事も描けないですし、かけても時間もかかりますし、他のブログより良い記事はかけません。

 

そうなると、読者に読まれませんし、読まれてもすぐ離脱されて購入や申し込みは発生せず稼げるブログにはならないでしょう。

 

詳しいとEATと呼ばれるSEOの概念にも有効でして、上位表示も狙いやすくなります。以下がEATの概念ですね。記事の後半に紹介しますが、基本的に稼いでいるブログはジャンルそのものにめっちゃ詳しいことが多いです。

 

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略である。Google が作成した「検索品質評価者向けガイドライン」では、E-A-Tについて「3.2 専門性・権威性・信頼性(E-A-T)の詳細」を始めとした、多くのページで、説明している。
引用:EATとは

 

特に毎日触れているとなお良い

特にできれば毎日触れているジャンルが好ましいと思います。理由ですが、毎日触れているジャンルだと情報の鮮度が高い、毎日何かしら記事ネタができるためです。

 

割と記事ネタに困ることってありますし、ブログでは情報の鮮度も重要です。毎日触れているとこの辺で有利になれます。僕の場合は会社員なので毎日触れているジャンルをブログに選んでいることになりますね。

 

SEOで上位表示を狙えるジャンル

あとは、稼げるブログにするには、どうしてもSEOで上位表示を行うのが必須になってきます。SEOは困難になってきてはいますがやはり王道の集客チャネルです。

 

なので、SEO観点で上位表示を狙えるジャンル選びも重要になってきます。その観点で言うと、YMYLと言う概念を絶対に覚えておきましょう。YMYLとは、

 

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、Googleの検索品質評価ガイドライン内で「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている用語です。
引用:YMYLとは

 

これもGoogleのSEOの概念の1つですが、端的に言うと人生に影響の強いジャンルは公式HPとか大手のHPを優遇するよ!と言う稼げるブログを作りたい個人ブロガーにとっては最悪な概念です。読者的には良いものなんですけどね。

 

例えば医療、健康、お金系はYMYLに引っかかるのでなかなかSEOで上位表示が難しいとされています。なのでこのジャンルはあまりおすすめしないですね。

 

番外編:SNSとの相性がいいジャンル

最後は番外編ですが、SNS例えばTwitterなどと相性の良いジャンルを選ぶのも稼げるブログ作りには有効です。例えば、Twitterなら映画とかですね。

 

定期的に映画はトレンドに乗りますから相性がいいです。ジャンルでいうとフールーのようなVODですね。ブロガーは固定読者を作るためにSNSをやったりもしますが、

 

稼げるブログ作りのためのジャンル選びという観点でも役立ちます。SNSで集客することも非常に重要になってきていますからね。

 

ブログで稼げるジャンル10選とかって無視すべき理由

 

次に、ネットではよく、ブログで稼げるジャンル10選とかってあるけどああいうのはどうなの?っておもうと思うのでその見解を述べておきます。

 

あなたに当てはまるか不明

結論、あなたに当てはまるか不明なので自己責任で選ぶべき、僕はあまり鵜呑みにせず無視すべきでは?と思います。いくつか理由があるんですけど、

 

結局そういうのを参考にしても自分で考えてないので諦めやすいですし、詳しくなかったら記事自体を書くのが大変で挫折が目に見えているからですかね。。。

 

お金稼ぎだけが目的になると稼げなくなると途端に挫折しますよ。でも詳しかったりすると書くだけでも楽しめることもあるので挫折しにくいです。まあ参考程度にした方がいいということですね。

 

正しいジャンル選びをして月5万円稼げるブログを作る手順

 

最後ですが、ジャンル選びを正しくできれば稼げるブログを作るのは、あとは質の高いオリジナル記事を100本、200本と書いていくだけです。僕のなうブログは350記事で月10万円を超えました。

 

ブログを開設する

まずはブログを解説しましょう。ブログ自体がないと何も始まりません。まだブログ自体がない人は、ここから始める必要があります。

 

サーバを借りて、ドメインを取得して、、、と作業があるのですが、ブログの始め方を初心者向けに解説【50以上の画像付きです】で解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

1時間もあれば終わると思います。作業なので脳死してひたすら手順通り行えばまずつまづく要素はないと思います。並行して、どのジャンルにするか冒頭の視点で選んでみてください。

 

自分の経験を元にした記事をまずは100本書く

ブログの開設が終われば、あとは選定したジャンルにそってオリジナルな記事をまずは100本程度書くことを目標にしてみましょう。あまりにも多ければ10記事、30記事でもOKです。

 

ジャンルの選定ができても個別の記事の書き方はまた別の話になるので、ブログのキーワード選定方法とキーワードツール3選【すぐパクれる】だとか

 

ブログの内容(分野)の決め方と書く内容について解説【判断軸が重要】をぜひ参考にしてみてください。ある程度知識をつけばがら書き始めると効率がいいと思います。

 

まとめ

 

ということで稼げるブログのジャンル選びの視点を3つほど解説しました。割と抜け漏れのない要素だと思うのでぜひ参考にしてみてください。

 

人気:アフィリエイトの手順を解説【始めるなら知っておくべき】

最新情報をチェックしよう!