次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

プログラマカレッジで学べる言語と研修内容【Rubyは習得可能?】

プログラマカレッジで学べるプログラミング言語と研修内容はどんな感じかな?Rubyは学べるかな?こんな疑問に今回は答えていきます。

 

✔︎この記事の信頼性
この記事を書いている僕は、IT系のフリーランスで年収1200万円です。プログラマカレッジ にも取材に行ったことがあるので、その経験を生かしてレポします。

 

結論ですが、プログラマカレッジ では、HTML、CSS、JavaScript、SQL、PHP、Java、をプログラミング言語として学べます。フレームワークとしては、Spring boot(スプリングブート、2020年からStruts2から変更、Javaで1番人気のフレームワークです)、jQuery、BootStrap(ブートストラップ、CSSのフレームワーク)を学べます。

 

なのでRubyはプログラマカレッジ
では学べないですかね。もしRubyを学びたいのであれば、ポテパンキャンプGeekJobの方に参加してみるといいですよ。

 

プログラマカレッジ の研修内容と習得可能言語

 

プログラマカレッジの研修内容と習得可能言語をさらっとみていきましょう。

 

研修内容

今はプログラマカレッジは、コロナウイルスの影響で完全オンラインでの研修になっています。概ね数カ月で研修は終わります。1ヶ月目でフロントエンド言語を学び、

 

2ヶ月目でサーバサイドやデータベース言語を学び、3ヶ月目で実践的に成果物を開発するみたいな流れになっています。これと並行しつつ、プログラマカレッジからの紹介をもらった企業へ面接を受けていくという流れですね。

 

習得可能プログラミング言語

プログラマカレッジで習得可能な言語は、以下です。

 

プログラミング言語
HTML、CSS、JavaScript、SQL、PHP、Java

フレームワーク
Spring boot(スプリングブート、2020年からStruts2から変更、Javaで1番人気のフレームワークです)、
jQuery、
BootStrap(ブートストラップ、CSSのフレームワーク)

 

フレームワークというのは、あるプログラミング言語を用いてある程度簡単に誰でも開発できるように工夫されたものですね。PHPやJavaは求人数が多いため、就職や転職にはさほど困りません。

 

ただweb系自社開発企業への就職にはRubyが向いていると言えば向いているので、そういう人はポテパンキャンプやGeekJobがいいかもです。

 

Rubyは独学してもいい

正直、プログラマカレッジでRubyを学べないとは言え、JavaやPHPを学べば独学でその頃にはRubyくらいは言語習得できるスキルレベルになっているはずです。というかなります。

 

なので、もしプログラマカレッジに行きたいけどRubyも学びたい人は普通に独学していいかと思います。また、習得言語は多い方が就職にも有利ですし、損することはないです。

 

Rubyができれば一旦就職してその後にフリーランスエンジニアになって、年収1000万を超えていくことも全然狙えるわけなので、そういうキャリアプランもいいかなと思いますよ。

 

プログラマカレッジはRubyは学べません

ちなみに、web系自社開発企業でよく採用されているRubyやそのフレームワークであるRuby On Railsはプログラマカレッジでは、学べないです。

 

Rubyを学べるのはポテパンキャンプやGeekJobといった別のスクールになりますので、もし絶対にRubyを学びたいのであれば変えた方が良いですね。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)とギークジョブ(GEEKJOB)どっちがいい?【取材した】

 

参考:RUNTEQとポテパンキャンプを比較!どっちがおすすめ?

 

まあとは言え、学ぶ言語というのでそこまで差が出るものでもなく、あくまで手段の違いくらいで考えた方がいいと思います。JavaはJavaで求人数が多いというのがメリットだったりしますので。

 

プログラマカレッジでのプログラミング言語習得のコツ

 

最後に、プログラマカレッジでのプログラミング言語習得のコツを紹介します。

 

まずは自力解決を模索する

まずは開発中での不明点を自力で解決することですね。つまり、デバッグして何がエラーの原因かを特定し仮説立てて修正するってことです。そして、自分でまずはググることです。

 

プログラマカレッジ では、10時から21時でのオンラインチャットでの質問で講師からプログラミング言語習得過程での不明点を質問できます。ただ、わからない時にすぐに質問してもプログラミング言語の習得は進まないです。

 

なので、まずは自分で解決するスタンスを身につけましょう。多分、プログラマカレッジのスタッフからも同じことを言われると思いますし、エンジニアでの全般的に常識です。

 

質問の仕方やググり方を改善する

2つ目は、まあそれでもわからない時はもちろん講師に質問してOKです。悩み続けても時間の無駄ですからね。でそうなると次に大事なのは、質問の仕方やググり方を改善することです。

 

エンジニアの世界では、開発過程でわからないことが出るのは普通です。誰でもエラーを起こします。でも、スキルの高いエンジニアはその時に自分で解決するスキルが高いだけなんです。

 

つまり、エンジニアは質問力やググり力もスキルなんですね。これができないと、就職しても足手まといになるので自己解決力を意識して言語習得に勤しむといいかなと思います。

 

まとめ

 

ということで今回は、プログラマカレッジ でのプログラミング言語の習得や、研修内容について解説しました。参考に以下の関連記事もどうぞです。

 

プロエンジニア(プログラマカレッジ)とギークジョブ(GEEKJOB)どっちがいい?【取材した】

エンジニアカレッジ/プログラマカレッジの研修場所とアクセス方法

プログラマカレッジは30代は受講不可【29歳まで年齢制限あり】

プログラマカレッジからの就職はSESかweb系自社開発企業どっち?webデザイナーも可

客先常駐(SES)は楽しいかは常駐先次第でしかない【プログラマカレッジ取材した】

プロエンジニア(プログラマカレッジ)の夜間コースと平日コースの違い【働きながらは可能?】

【評判・口コミ】プログラマカレッジで就職しないはアリ?違約金なし

プログラマカレッジなら高卒からプログラマー就職可能

地方在住者がプログラマカレッジを受講したい【オンライン可能】

プロエンジニア(プログラマカレッジ)ならニートもエンジニアになれる

プロエンジニア・プログラマカレッジ (ProEngineer)の就職先は人気企業ある

最新情報をチェックしよう!