web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

データサイエンススクール厳選3社【現状スキルに合わせた選び方も解説】

 

データサイエンススクールの厳選3社を解説していきたいと思います。データサイエンティスト目指すのであれば、スクールに入るのも現実的な一手です。おすすめなデータサイエンススクールのメリットとデメリットも合わせつつ、現状スキルに合わせて選び方も考えていきたいと思います。

 

この記事を書いている僕は、IT企業でデータサイエンティストと働いているアナリティクス系のディレクターです。どんなキャリアの人がデータサイエンティストになっているか、どんな仕事をしているかなど解説できると思うので、そういったところも踏まえつつデータサイエンススクールの厳選3社を解説していきたいと思います。

 

データサイエンススクール厳選3社

 

早速データサイエンススクールの厳選3社を紹介していきます。データミックス、Aidemy、DIVE INTO CODE、この3つです。

 

データサイエンススクール料金学べる内容期間お得な制度
データミックス入学金:25000円
単価コース:150,000円〜
一括コース:675,000円〜
PythonとRによる機械学習・統計
自然言語処理
ディープラーニング
ビジネス課題解決実践データサイエンス
最大6ヶ月返金保証(条件付き)
給付金対象講座認定(最大40万円バック)
Aidemy190,000円〜(1ヶ月の場合)
(メンタリング回数で変動)
Python
ディープラーニング
自然言語処理
数値予測
各種実践的なコースあり
プレミアムプランは、3ヶ月目安2週間以内で全顔返金保証
DIVE INTO CODE入学金:200,000円
受講料:798,000円
機械学習
ディープラーニング
実務想定エンジニアリングプロジェクト
事前学習1ヶ月+受講3ヶ月給付金対象講座認定(最大40万円バック)
卒業後アフターサービスあり

 

ざっと比較してみると、上記のようになります。各データサイエンススクールごとに、学べる内容は近しいですが、料金や各種サービス、実績などが異なるのでそれぞれしっかり見ていきましょう。

 

データミックス

 

1つ目のデータサイエンススクールのおすすめは、有名なデータミックスです。データミックスの特徴は下記です。

 

①統計、プログラミング、データベース、ビジネス、機械学習など広範囲に学べるし、実践的な課題解決も学べる
②経験豊富な講師陣から、15人/クラスと少人数制で学べる
③全額返金制度や転職支援など制度が豊富

 

データミックスは、実践的な課題解決を学べる、少人数制、制度が豊富、といったところがおすすめポイントです。特に未経験からデータサイエンティストになる場合は、どう学習したか、どんなアウトプットを出したことがあるか?この辺が面接で問われると思います。本気度とスキルを確かめるという意味でですね。

 

特に満足保証という全額返金制度があるので、ちょっと不安でもまずは試してみるという温度感でも金銭面で損することは少ないところもいいですね。

 

Aidemy

 

2つ目のデータサイエンススクールのおすすめは、Aidemyですね。Aidemyの特徴は、下記です。

 

①オンラインなので、全国どこでも学べる
②オンラインなので比較的安価
③受講後2週間以内なら全額返金保証あり

 

オンラインのデータサイエンススクールであるがゆえの特徴になっています。地方にいて東京のデータサイエンススクールに通えない、金銭的に不安、という方にはおすすめですね。

 

DIVE INTO CODE

 

3つ目のデータサイエンススクールのおすすめは、CODE INTO DIVEです。CODE INTO DIVEの特徴は下記です。

 

①選抜制でレベルが高い
②就職実績も大手もありレベルが高い
③最大40万円のキャッシュバックの可能性もある

 

CODE INTO DIVEの機械学習コースは、レベルが非常に高いことで知られています。なので、受講に当たって審査もあります。しかしその分だけあって、受講生や卒業生のレベルも高いですし、ハイレベルなスキルを得られます。有名な話では、15年間総務一筋のおじさんが47才でデータサイエンティストとして転職できたのも、このCODE INTO DIVEです。

 

データサイエンススクールの選び方

 

データサイエンススクールのおすすめを3社紹介しましたが、どんな人だとどんなデータサイエンススクールを選ぶべきかも変わってきます。基本的には、下記の軸が重要でして、その軸に沿って今回のデータサイエンススクールも選出しています。

 

①実践的かつ実績を出せそうか
②保証やお得な制度があるか
③卒業生の機械学習エンジニアやデータサイエンティストの就職実績があるか

 

選び方という意味では、大学生やエンジニア未経験、エンジニア経験者で変わってきます。

 

大学生やエンジニア未経験

大学生やエンジニア未経験の場合は、データサイエンススクールによっては受講審査があり、そもそも受講できないことも多々あります。そのため、年齢やスキルに応じてデータサイエンススクールを受講するための基礎スキルを身につけるにしても良いと思います。例えば、この後紹介するPyQかUdemyなど安くスキル習得できるサービスもあるので。

 

エンジニア経験者

エンジニア経験者の中で、データサイエンティストや機械学習エンジニアを目指したい場合は、ほぼほぼデータサイエンススクールで審査を受けても合格できるでしょう。

 

実際に、CODE INTO DIVEなどレベルの高いデータサイエンススクールでは、エンジニア経験者でデータサイエンティストや機械学習エンジニアへのキャリアアップ、キャリアチェンジを目指して入学する社会人も多いです。データサイエンススクールによっては、3割はエンジニア経験者だったりもします。

 

本気でデータサイエンティスト目指すならスクールか転部です

 

ちなみに、データサイエンティストを目指すに当たって、本当にスクールが必要なの?独学でも就職できないの?と思う方もいると思います。結論、完全未経験でデータサイエンティストになるのは現実的に難しいです。

 

これはデータサイエンティストを募集している有名企業を見れば一目瞭然でして、基本的に専門職としての採用です。なので、未経験でのポテンシャル採用はほぼないです。そのため、データサイエンティストを目指すには現実的には次の2択になります。

 

①データサイエンススクールを受講する
②転部する(統計、物理、情報、計量経済)

 

データサイエンススクール

まず社会人などであれば、データサイエンススクールに通うのが現実的な最善手になります。あるいは、企業の中で部門異動してデータサイエンスよりの仕事をしていくことも考えられますが、なかなかそういった意思を汲み取って移動させてくれる企業も少ないので、現実的にはデータサイエンススクールですね。

 

転部(統計、情報、物理、計量経済)

あるいは大学生でかつ2年目まであたりであれば、データサイエンスと親和性の高い学部へ転部することも考えられますね。結構こういうパターンはあると思います。転部の場合は、統計、情報、物理、計量経済あたりがデータサイエンスとの親和性が高く、実際にこれらの学部からデータサイエンティストとして就職している人は多いです。

 

データサイエンススクールが高いなら、PyQかUdemyも

 

もし、データサイエンススクールが高いよ!お金払えないよ!という場合や、受講審査に落ちるかもしれない、という場合は、一旦PyQやUdemyのような安めでオンラインで学習できるサービスの活用も考えてみるのもおすすめですね。

 

PyQ

 

PyQは、Pythonのコーディングや文法の基本から、統計、機械学習、webアプリケーションの開発など網羅的にデータサイエンスの学習を月額3000円から可能です。実際に僕も受講しており、継続しやすいのがいいなと感じています。

 

参考:Pythonの勉強なら初心者はPyQがおすすめ【体験談】

 

 

Udemy

 

あるいはUdemyもいいかと思います。Udemyは動画で様々な内容を学習できるサービスでして、その中に機械学習や人工知能、Python、統計など色々なコンテンツが買い切り型で学習可能です。コンテンツによっては、格安の割引価格で学べるので検討しても面白いかと思いますね。

 

最初の一歩ならあり

 

ただし注意したいのは、これらのPyQやUdemyでの学習だけでデータサイエンティストになれると思うと、それは間違いです。そんなに簡単にデータサイエンティストとして就職はできないです。未経験や大学生で本気で新卒就職やキャリアチェンジでデータサイエンティストになりたいのであれば、データサイエンススクールを受講するのが間違い無いです。(転職や就職サポートもあるので)

 

どういう人がデータサイエンティスト就職できているのか?

 

ちなみにどういう人材がデータサイエンティストとして就職できているかを簡単に知っている限りで話すと、例えば理系最高峰の大学で統計を学んでいたり、あるいは情報系で論文を書いて賞をとったりなど、何かしらそういう専門性でアウトプットを出している人が多いですね。

 

ただ企業によって、採用方針も異なりますから鵜呑みにする必要も無いですが、独学ではなれないのは確実と思っていいと思います。要素として近い職種には未経験でもなれるかもしれません。DBエンジニアとか。

 

まとめ

 

ということで、データサイエンススクールのおすすめを3社厳選して紹介しました。データサイエンティストはバズワード感はありますが、まだ需要は高まってますし、事実としてハイスキルな専門職です。スクールでも独学でもひとまず行動から始めていくと後々キャリアに繋がりますよ。

最新情報をチェックしよう!