次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

【副業】データサイエンティストがデータ分析・統計解析で稼ぐ方法

こんにちは、データ分析、データアナリスト、データサイエンティスト、統計解析、アクセス解析、データサイエンスといったワードで副業やフリーランスをしたい方向けに在宅で毎月10万円は副業やフリーランスとして稼げる案件を紹介します。筆者は現役でwebディレクターで今回紹介する副業で毎月10万円以上を稼いでいます。

 

副業したいなら、ITプロパートナーズがおすすめです
データサイエンティストの副業なら、ビッグデータナビがめちゃ稼げます

 

データ分析・アナリスト(統計解析)・データサイエンスの副業案件例

 

まず今回紹介する職種に該当するような方はどういう方かを明確にしますと、データ分析、データアナリスト、データサイエンティスト、統計解析、データサイエンスというワードが該当するような方になります。

 

これは結構講義な範囲になりますが、例えばwebのアクセスログでアクセス解析やアクセス分析を通してサイト改善を提案できたり、統計解析によって何らかのモデリングを行い試作提案を出来る人というのが対象となります。

 

この手の職種はかなりスキルレベルに差があるので、単価もばらつきがありますが、ハイスキル人材であることは間違いがないので、かなりの高単価を期待できると思います。web界隈の職種の中でも相当の高単価になるでしょう。

 

統計解析

この中でも例えば統計解析ですが、ロジスティック解析や時系列解析、重回帰分析など目的とフィットした統計モデリングを使って課題解決と提案が出来るとかなり企業から重宝されると思います。

 

この手の人材はかなり少ないというかレベルに差があるため、我こそはという方はぜひ登録面談して高単価で稼ぎまくって欲しいです。フリーランス在宅副業で毎月10万円は確実です。もっと稼げる可能性がむしろ高いです。

 

データ分析

データ分析の副業で稼ぐには、SQLやエクセル、この辺がメインとなると思います。特にデータベース周りの知識とSQLスキルがあれば副業で稼ぐには十分そうです。

 

統計解析よりは難易度が低いため、時給単価はやや下がり稼ぐには若干劣るかもしれないですが、その分参入ハードルは低いためデータ分析で稼ぐにはここから始めるので十分かと思いますね。

 

AI開発

データサイエンティストやAIエンジニアであれば、AIを活用したアルゴリズムの開発なども副業案件としてありますね。この手の副業案件は一番単価としては高いです。

 

というのも統計解析だけでなく機械学習のようなより高度なスキルが必要になるのもありますし、AI開発を行う企業は大体利益率も高いため副業報酬の支払いが太っ腹だからですね。

 

アドバイザー

また統計解析やデータサイエンスの知識や専門性の高い実務経験を生かしたアドバイザー、技術顧問のような副業案件もありますね。AI人材の獲得は難しいため、こう言った形で外部獲得している企業もあります。

 

またアドバイザーのような立場の副業案件はとても単価が高いです。その分、経歴や実務経験として深いものが求められますが、それだけの魅力があることが多いと思います。

 

データサイエンス

データサイエンスは広い意味ですが、機械学習や統計解析、ディープラーニングなど全般的な分野です。なのでベースは人工知能関連や統計に関するスキルが必要な副業やフリーランスの案件になります。

 

この分野での副業やフリーランスはとても単価が高く、その理由としてビジネス貢献しうる可能性がとても高いことが挙げられます。レコメンドやECサイトの商品の並び順のアルゴリズムなどサービスの根幹を担う部分を行える可能性も高いです。

 

データサイエンスのスキルがある方は、今とてもチャンスなので積極的に副業案件やフリーランス案件を狙いに行くと稼げると思いますよ。

 

アクセス解析

最後はアクセス解析ですね。アクセス解析は簡単なものだとGoogleアナリティックスがありますし、もっと高度なものだとアドビアナリティックスがあります。

 

アクセス解析だけのスキルだとデータサイエンス系の副業やフリーランスの案件よりも単価は下がりますが、アクセス解析の解析結果を通してなんらかのコンサル提案ができビジネス改善できると単価が高い案件も見つかるかと思います。

 

アクセス解析系の副業やフリーランス案件は、データアナリストやディレクター系の職種に多く見られるためそういった職種の方は探すのがおすすめですね。

 

データサイエンティスト・データ分析・統計解析・アクセス解析で稼ぐのにおすすめな副業・フリーランス案件5選

 

早速、データ分析、データアナリスト、データサイエンティスト、統計解析にスキルを持つ方におすすめな副業やフリーランス案件を4つ紹介します。一番は、データサイエンティストならビッグデータナビですね。後は、ハイレベル人材向けのWorkshipという副業紹介会社で、もう1つはプロの副業ホールハートで有名なもともとはヘッドハンティングを行っている副業紹介会社、そして最後は正社員とフリーランスのいい所どりのmidworksです。

 

データサイエンティストならビッグデータナビ

データサイエンティストやデータサイエンス、機械学習、AI関連のスキルがあれば圧倒的にビッグデータナビの副業案件で稼ぐのがおすすめです。時給単価が違います。

 

ビッグデータナビは、データサイエンティストや機械学習、統計解析などのスキルがある人向けの専門サイトでして、様々な副業案件があるだけでなくて専門サイトならではの高時給が魅力です。

 

 

こんな感じで圧倒的に単価が高いです。ぶっちゃけ他の副業サイトよりも、ビッグデータナビの方が稼げますし、面白い案件もありますね。データサイエンティストやAIエンジニアならビッグデータナビは押さえておいて間違いなしです。

 

参考:ビッグデータナビの評判・口コミ【単価が高すぎる】

 

ITプロパートナーズ

データサイエンティストやデータ分析、アクセス解析、統計解析などができる人材は、ITプロパートナーズもおすすめな副業やフリーランス向けのエージェントです。

 

文字通りでIT関連の副業やフリーランス案件に特化しており、稼ぎやすいです。サイトの特徴として、在宅ワークOKだったり初心者OKだったり、週1など多様な探し方ができるのもとても魅力です。

 

僕も登録しており、他のエージェントにはない案件が多いな〜という印象を持ちました。ぜひ登録して面談し相談してみてください。

 

ハイレベル人材向きWorkship

まずハイレベル自在向けのWorkshipについてです。こちらは年齢層的には主に30歳以降がボリュームゾーンのスキルレベルが高い方向けの案件が多いです。その分だけ、高単価案件が多いという特徴もあります。

 

HPに乗っている案件は一例なので、あなたのキャリアやスキルに応じてベストフィットな案件を紹介してくれることでしょう。データ解析系だと時給相場はゆうに3000円は超えると思います。Workshipでの副業体験談は、Workship副業体験談と口コミ評判まとめをチェックしましょう。

 

参考:Workshipは副業やフリーランスで稼げる!評判口コミまとめ

 

安定のプロの副業ホールハート

次に、プロの副業で有名なホールハートです。こちらは多種多様な案件を豊富に持っていることで有名です。また、もともとはヘッドハンティングの会社ですから転職の相談も可能です。

 

働き方的にも選択肢が多く、副業として週1からの稼働の案件もあればフルコミットでフリーランスの働き方まであります。面談を通して希望などをヒアリングされるので、ベストな案件を見つけてくれると思います。プロの副業ホールハートの体験談は、プロの副業ホールハート評判まとめでチェックしましょう。

 

参考:【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだ

 

midworks

midworksは、正社員とフリーランスのいい所どりをしているエージェントです。フリーランスだと自由に働ける一方で、正社員のような安定感が少ないです。

 

しかしmidworksでは、フリーランスでありながらも長期雇用や福利厚生など正社員のように働ける案件が多くあります。また、マージンも少ないので年収アップも期待できます。

 

midworksの概要や口コミ評判を知りたい場合は、midworksの副業やフリーランスの評判をチェックしましょう。

 

参考:midworksで副業やフリーランスする評判を徹底解説!

 

データサイエンティスト・データ分析・統計解析・アクセス解析の副業・フリーランスで稼ぐのに求められるスキル

 

基本的にデータサイエンティストやデータ分析やデータアナリスト、アクセス解析の副業・フリーランスで稼ぐのに求められるスキルは、分析を通して課題解決の方向性や具体的な施策を提示するというところになってきます。クライアントによって抱えている課題は様々ですし、ロジカルシンキングを通して分析により課題を特定するという副業にしてはレベルが高いため時給も高くなってきます。

 

また副業で依頼するくらいなので、クライアントの多くは自社でデータ分析や統計解析の知見がない場合もあります。そのため、わかりやすく説明するスキルもあればなおさらいいでしょう。

 

ロジカルシンキング

データ分析や統計解析での副業・フリーランスで必要なスキルの1つ目は、ロジカルシンキングです。まず、ロジカルシンキングが必要な理由としては大きく2個あります。1つは、ロジカルシンキングができれば分析センスも成長できるというところです。

 

分析と言ってもその切り口を考えるには、仮説が必要ですし仮説をセンスよく導くためにはロジカルシンキングが不可欠です。それが1つ目の理由です。

 

2つ目の理由としては、ロジカルシンキングがないと副業・フリーランスでのクライアントに伝えるべき伝えたいことを正しく伝えられないですし、クライアントの要件やニーズもうまく引き出せません。副業では特に、クライアントの要望やニーズをくみ取りつつ、クライアントの必ずしもデータ分析や統計解析に知識がない中で伝えることができません。

 

データサイエンス・分析・統計解析スキル

2つ目は言わずもがな、データ分析や統計解析で必要なモデリングのスキルです。これ自体は専門性を伴う内容なので、あなたがデータ分析や統計解析、アクセス解析を専門としているのであれば、説明は不要でしょう。

 

クライアントはあなたのこの専門性にお金を払うわけなので、それ相応の専門性を要求するでしょう。しかし安心してください。多くのクライアントは人手が足りないという理由よりは、スキルを持つ人材をなんらかの理由で自社で抱えられないのが理由なので、たいていの場合はあなたの方がこの分野においてはトップでしょう。

 

データサイエンス・統計解析・アクセス解析の副業・フリーランス案件で稼ぐのに有利になる資格

 

必ずしも必須ではないものの、統計解析やデータ分析、データサイエンス、アクセス解析の副業案件・フリーランス案件獲得のアピールとして有利になりうる資格をご紹介します。

 

統計検定

このタイプは統計検定は取得しておくと資格でのアピールとして非常に有効だと思います。統計検定の副業でドンピシャの資格ですよね。この資格があればまず統計理論については大丈夫だなと思ってもらえるはずです。

 

ビジネス統計スペシャリスト

もう1つはビジネス統計スペシャリストでして、こちらはより実務的なビジネス上でのデータ分析や統計解析の資格になります。エクセルを活用することが多いので、統計解析としてはそこまで難易度が高くないというデメリットはあります。

 

マーケティング・ビジネス実務検定

こちらも実務よりの資格ですね。データアナリストやデータサイエンティストの統計解析を使った副業案件では、結構マーケティング系の副業案件もあります。

 

この場合に、ただ統計解析するだけではなくてより上流のマーケティング観点から提案できるとより評価が高まり継続的な受注や単価アップなども交渉しやすくなると思いますね。

 

データ分析(サイエンス)・統計解析・アクセス解析の副業・フリーランス案件で稼ぐために使うツール

 

次は、データサイエンティストやデータ分析・統計解析・アクセス解析の副業・フリーランスで稼ぐためによく使うツールを紹介します。これらのツールを使えれば、データ分析や統計解析、アクセス解析の副業で副収入を稼ぐことができると言えるでしょう。あとは案件とのマッチング次第です。

 

google analytics(グーグルアナリティクス)

まずデータ分析やデータ解析、アクセス解析の副業・フリーランスで最もメジャーなツールとしてあげられるのは、GAことgoogle analyticsです。ブログなどでもメジャーなだけに多くのweb系の方は聞いたこともあるでしょうし、使用したこともあるでしょう。

 

google analyticsは比較的基本的なアクセスデータしか扱えないですが、多くのデータ解析やデータ分析での副業・フリーランスを求めるweb系の企業は、リッチなアクセス解析ツールを導入していないので最もポピュラーなツールとして課金のかからないGAが好まれています。

 

GAはできる分析も限られているので、初心者でもすぐに使いこなすことが可能なのもメリットです。なので、データ解析などの初心者でも臆せず副業にトライすることが可能です。

 

参考:Googleアナリティクスの使い方と改善例をプロが無料解説

 

adobe analytics(アドビ アナリティックス)

2つ目はGAよりもリッチなアクセス解析やデータ分析が可能な、adobe analyticsです。通称、AAと言われることが多いです。AAでは、どんなアクセスログを取得するかを自分で考えて実装できますから、GAよりも高度なデータ解析やアクセス解析が可能です。

 

web系の企業で大企業であれば、導入しているのは大抵AAだと思います。ただその分、月額利用料も高いので比較的稼いでいる企業でないと導入してないと思います。

 

分析できることが多いので、AAの場合はデータ解析やデータ分析でできることが豊富なので副業でも提案が多くできることがメリットかと思います。ただあまり導入企業は多くないのが実情ですね。

 

SQL

3番目は、直接SQLを作成してDBからデータを取得する方法です。ローデータとして多くの分析ができる一方で、アクセス解析的な分析には向いていないものの深い分析が可能です。

 

メリットとしては、どの企業でもweb系であればほぼ絶対になんらかのDBを持っているので、例えば顧客分析や商品分析など豊富に提案ができると思います。ただ、本番DBに対して副業の立場でアクセスできる権限をくれるのは相当信頼されないと難しいかもしれません。

 

とはいえ、権限でどのDBに対してどこまで分析できるかの設定もできるため、SQLが得意であれば副業先に打診してみるのも良いかと思います。

 

Python・R

ツールじゃないですが、PythonとRはデータサイエンティストやデータサイエンスにおいては必携のスキルですね。ほぼこれらのプログラミング言語を使って副業することになると思います。

 

Pythonは今かなり注目されている言語ですし、これからもっと需要も高まると思います。データサイエンティストとして副業したい、フリーランスになりたいならまず身につけた方がいいですね。

 

データサイエンティスト・データ分析・統計解析・アクセス解析で稼ぐ副業・フリーランス収入の目安

 

データサイエンティストやデータ分析やアナリスト、統計解析、アクセス解析を行うことで副業・フリーランスで稼ぐ収入の目安ですが、エンジニアよりも高い相場になるため時給でいうと4000円は行くと思います。なので、週10時間の稼働でも15万円程度になるでしょう。

 

もうスキルレベルでかなり差が出ると思いますので、これは実際に面談を通して質問する方が早いと思います。時給も希望を聞かれますから、臆せず自分のスキルに見合った時給を希望しましょう。

 

データサイエンティストが副業・フリーランスで稼ぐメリットとデメリット

 

データサイエンティストやデータ分析、アナリストが副業・フリーランスとして稼ぐメリットですが、お金を得られること以外にもいろいろなデータを使って分析できるという純粋に仕事の楽しさというものがあると思います。デメリットでいうと時間が取られるくらいです。頑張ってください。

 

メリット

メリットですが、やはり自社の本業以外のいろいろなデータを使って分析が出来るため、データサイエンティストやデータ解析屋にとっては面白いというのが1つあります。また、高単価時給で働けるためとても金額面でいい副業が出来ます。

 

スキルと経験がかなり貴重になる職種ですので、いろいろなデータに触れながら分析するほうが仮説や打ち手の幅が広がり本業にも相乗効果が出るのではと思うのところもメリットになるかと思います。

 

デメリット

デメリットですが、労働所得による副業ですから時間がとられることは必至です。とはいえ、これほどまでデータサイエンティストはハイスキルで高単価の案件はないですから、案件があればぜひ取り組むと毎月の収入がかなり増えると思います。

 

データサイエンティスト・データ分析・統計解析・アクセス解析は副業・フリーランスで稼ぐのに向いている

 

データサイエンティストやデータ分析や統計解析、アクセス解析といった専門性を持つ人材は副業・フリーランスとして稼ぐのにとても向いています。理由は大きく、①専門性が高い、②ショットでの案件が多い、③自宅でできるの3つです。それぞれ見ていきましょう。

 

専門性が高い

まず釈迦に説法感がありますが、データサイエンティストやデータ分析系のスキルはとても専門性が高いです。この手のスキルは、経営者でもあまり持っている人は少ないですし、本当に専門職と言えると思います。

 

ですので、多くのweb系の企業では分析課題が多くあるのに対し、あまり自社内で分析系のスキルを持つ人材が多くないのが実情です。労働市場においても少ないですし、給与がとても高いためですね。

 

なので、多くのweb系の企業は副業として外注することになるのですが、この時にあなたの専門性が役立つわけです。

 

個人で完結しやすい

2つ目に、個人で完結しやすいというのが副業として稼ぐのに向いている理由です。もはや、副業・フリーランスを行うにあたっての必須条件とも言えるかもしれません。というのも、もし副業でチームでの協業が必要ということになると、会議だけで時間を使ってしまいます。

 

しかし、データサイエンティストやデータ分析系の場合だと、データと仮説と検証計画あるいは分析手法があればそれだけで事足ります。つまり、あなた自身だけで副業が完結するということです。そうなれば、副業としては分析にコミットすればいいのでとても効率的に作業が進められます。

 

自宅でできる

最後に、データサイエンティストやデータ分析系の副業・フリーランスは自宅でできます。副業までもクライアント先に毎回出向くとなれば相当の労力がかかります。筆者自身も月に1度だけクライアント先に出向いていますが、それでもかなり大変です。

 

それくらい自宅で自分のペースでできるというのは、本業で疲れている時に副業を継続することを考えれば必須事項と言えるでしょう。

 

www.youtube.com

 

統計解析・データサイエンス・アクセス解析の副業・フリーランス案件を獲得する手順

 

最後にデータサイエンスや統計解析の副業案件を獲得する手順を紹介します。

 

未経験はまずはスキルを身につける

未経験から始めるとした場合の手順としては、まずは統計解析やデータサイエンスのスキルを身につけるところからが必要です。正直これらのスキルは独学ではかなり厳しいと思います。

 

自分が数学がめちゃくちゃ得意であれば別ですが、ほとんどの人は無理だと思います。今でいうと、有料にはなるもののデータサイエンスや統計解析を学べるスクールが多くあるのでそれらを使って転職した方が無難かと思います。

 

有名どころでいうと、Aidemyのようなオンラインで受講できるところが価格も安めで継続しやすいかと思います。無料カウンセリングもあるのでまずはそこからがスタートですね。

 

簡単な副業案件やKaggleで実績をつける

Aidemyのようなスクールでスキルを獲得したら、次は転職して実務経験を身につけながらさらに実績を作りましょう。選択肢としては、簡単な副業案件を見つけるか、あるいはKaggleのようなコンペに挑戦するのがおすすめです。

 

Kaggleはデータサイエンスのコンペで有名なので、Kaggleで実績があれば副業案件探しは比較的できると思います。

 

単価の高い副業エージェントで案件を探す

最後は、今までの経歴や実績を提げて記事冒頭で紹介したようなデータサイエンスや統計解析系のエージェントに登録して副業案件探しと獲得を始めるとOKです。

 

スクールに投資した費用も余裕で回収できるくらい単価が高いので、是非ともここまでを目指すと良いかなと思います。今市場的にもデータサイエンスや統計解析、機械学習のわかる人材は不足しているのでチャンスです。

 

まとめ

 

最後にまとめですが、やはりデータ分析や統計解析、データサイエンティストの副業は高単価で稼ぐには羨ましい限りです。いろいろなデータを分析して提案が出来ればかなり重宝されるでしょう。ぜひ頑張って副業で収入を倍増させてみてください!

 

参考:【副業エージェントのおすすめ5選】エンジニア副業を1年やった体験談

最新情報をチェックしよう!