大学中退でもエンジニアはなれます【事例:学歴不問な件】


 

大学中退でもエンジニアにはなれるのかな?エンジニアは学歴不問だときくけど、本当なのかな?大学中退してからエンジニアを目指している人、エンジニアとして就職/転職できた人の事例を聞きたいな。こんなニーズに大学中退してからエンジニアを目指している友人がいるIT業界5年の僕が解説します。

 

エンジニアは学歴があまり関係しないスキル重視な職種なので、大学中退とかでも十分狙えますよ。

人気企業とかだとどうしても難しい部分はありますが、特にフリーランスエンジニアとかなら学歴不問です

大学中退して就職どうしようと悩んでいるなら、エンジニアを目指すのはおすすめっすね。

 

結論、大学中退でもエンジニアにはなれますよ。安心しましょう。そして、エンジニアは比較的学歴不問な傾向が高い職種です。背景にはエンジニアの圧倒的な人手不足があります。友人は、働きながらプログラミングスクールに通って大学中退ながらフリーランスエンジニアを目指していて、もうすぐなれそうです。

 

大学中退でもエンジニアはなれます

 

結論、大学中退でもエンジニアはなれます。安心してOKです。エンジニアの学歴事情についてまずは解説していきます。

 

エンジニアの学歴は多様

そもそもエンジニアってすごい学歴がピンキリなんですよ。僕の知っている範囲内でも高卒、短大卒、専門卒、大卒、大学院卒、博士課程卒までそろってます。

 

ゆえに大学中退でも全然OKです。もちろん、企業規模とかによっては無理かもですが、エンジニアという職業への就職自体は大学中退くらいは何もネックにはならないです。

 

人気企業は別

 

補足ですが、とはいえ人気企業は別ですね。上場企業や就活生から人気な企業のエンジニアの学歴はかなり高いんですよ。知っている範囲内でも若手だとほぼ早慶以上です。早慶より下の学歴は見たことがないです。上位でいえば、東大なんてゴロゴロいます。

 

なので、エンジニアは基本的に学歴が関係ないため大学中退とかでも就職は全然できるんですが、人気企業は別だってことは覚えておきましょう。じゃないと、返り討ちにあうかもです。

 

スキルがあれば大学中退でもOK

大学中退でもエンジニア就職は全然できるという理由の1つは、スキル優先だからですね。プログラミングができれば基本的に仕事は進められますからね。これがコンサルみたいな客商売で学歴も重要になると、変わりますが。

 

エンジニアは基本客商売ではなくて、プログラミングスキルで食べている職業なので、学歴は基本関係ないです。よって、大学中退でも余裕なのです。

 

エンジニアはなぜ大学中退でもOKなのか

 

もう少し大学中退でも、エンジニア就職は余裕な理由を深堀します。

 

需給バランスの問題

1つは、需給バランスの問題ですね。圧倒的にいまってエンジニアが不足しているんですよ。経産省が以下のようにレポートも出していますし、万人単位でエンジニアが不足しています。実際に僕がエンジニアの面接官もしていて、結構外国人エンジニアもきますし日本国内は足りてないんですよね

 

IT人材の需給に関する推計 【参考図1】
・マクロな規模でのIT人材(IT企業及びユーザ企業情報システム部門に所属する人材)は、現在の人材数は約90万人、不足数は約17万人と推計された。今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大する。
 ※報告書本編では、IT市場の成長率と生産性向上見込みについて、シナリオ別に推計を実施している
・情報セキュリティ人材は、現在約28万人、不足数は約13万人であるが、2020年には不足数が20万人弱に拡大。
・先端IT人材は、現在約9.7万人、不足数は約1.5万人であるが、2020年には不足数が4.8万人に拡大。
引用:経産省 エンジニア不足

 

しかも人手不足になると、単価があがっていくんですよね。各社エンジニアを採用したいですからね。そういう理由もあって、比較的学歴不問なエンジニアは稼ぎやすくなっている状況なんですよね。

 

むしろ学歴はあるほうかも

というか、大学中退のエンジニアってむしろ学歴はあるほうかもです。というのも、トップランクは理系大学院卒なんですが、高卒、専門卒も一定数いますからね。

 

なので地頭という面では、特に心配はないです。会社員だと4大卒が前提になっていたりしますが、フリーランスエンジニアなら学歴関係ないのでねらい目です。

 

コスパが高い

ちなみに先ほどはエンジニアになることのリターン面(給料)を話ましたが、エンジニアになるためのコスト(お金とか勉強時間)についてもコスパが高いんですよね。エンジニアって基本的にプログラミングスクールで学習してエンジニア就職したりしますけど、

 

20代であれば無料で学べるスクールもあります。また仮に年収1000万円を目指すとして、そもそも狙えるのって医者とか弁護士とかじゃないですか?彼れ彼女らは相当勉強時間かけてますよね。大学受験から資格取得まで。

 

フリーランスエンジニアだとゆうても、プログラミング学習時間600時間(3ヶ月〜)とかでなれるんですよ。まあ最初は流石に年収1000万円は無理で、数年後とかですけどね。それでも大学中退から目指すには圧倒的にコスパが高いのがエンジニアですね。

 

参考:フリーランスエンジニア年収1000万円は狙い目【コスパ良すぎだが誰でもはなれない】
 

事例:大学中退からエンジニアを目指す友人

 

最後に大学中退からフリーランスエンジニアを目指している、僕の友人の話をします。

 

大学中退から目指したきっかけ

友人は訳あって大学中退していますが、やはりそこから安定してそこそこの収入を得られる職種を考えたときに、フリーランスエンジニアだったようですね。普通の会社員だと大学中退はかなりネックになりますし、学歴があまり関係しないエンジニアで言っても

 

会社員だと給料などの差がでる部分もあります。その点で、フリーランスエンジニアは実力勝負の学歴不問な世界なので大学中退からでも逆転が狙えるということで目指した始めたようですね。

 

とはいえ、流石に学歴は関係しないとはいえ未経験からフリーランスエンジニアを目指すのはそれなりに色々なハードルがあって、次にそこも解説していきますね。

 

大学中退からエンジニア目指すなら

友人の場合は、独学してエンジニアになる地頭もなかったので素直にプログラミングスクールに通ってます。しかし大学中退していてい情報不足なのか、プログラミングスクールの6ヶ月で誰でもフリーランスエンジニアになれるみたいな甘い言葉に振り回されたこともあるようです

 

で、最初は比較的放置気味にされてプログラミング学習も進捗が芳しくなかったようですし、学習方法もあまり効率的な物を教えてもらえなかったみたいです。これが大学卒だと友人も多いのでエンジニアの友人を作ってその人から学習方法を教えてももらうとかができますよね。

 

なので、大学中退してフリーランスエンジニアを目指している友人の話を参考にすれば、まずはエンジニアの友人を作ってその人から学習方法を教えてもらいながら良さそうなスクールを探すのが良いと思ってますね。僕のおすすめなプログラミングスクールは、お金がなければプログラマカレッジのような無料でプログラミングを学べてかつ就職支援もしてくれるスクールですね。(ITCE Academyでは受講中の住居も無料なので地方の人に良い)

 

 

あるいは、お金があればTECH::EXPERTのような大手で安心感と評判の高いプログラミングスクールを選ぶのが絶対にいいですよ。TECH::EXPERTはエンジニア系ユーチューバーで有名な勝又さんもおすすめしていますし。

 

 

まとめ

 

ということで大学中退からエンジニアは目指せるのか?その過程での壁などを友人の事例から解説しました。他の職種だとなかなか大学中退から逆転できるような職種はないのでおすすめですよ。

 

最新情報をチェックしよう!