30代未経験からエンジニアになるには【採用視点で解説】

30代未経験だけどエンジニアになるにはどうしたらいいだろう?年収もどうなるか不安だな。こんな疑問にエンジニアの採用をしている僕が解説します。

 

結論、30代未経験でエンジニアになること自体は、エンジニア不足なので可能ではあります。ただし未経験かつ30代だとそれなりのハンディもありますし、

 

年収への期待値が現実と乖離していることも多々あるのでその辺含めてエンジニアに30代未経験からなる方法を紹介します。

 

30代未経験からエンジニアになるうえで見ておきたい動画

 

30代未経験だと業界のこととか実態とか、よくわからないと思うのでまずは全体感を把握できるように動画で予習しておいたほうがエンジニアになるにはおすすめですよ。

 

テック系ユーチューバー勝又さん

 

まずはテック系ユーチューバーである勝又さんですね。ここは絶対に要チェックです。Twitterでも有益な情報を発信していますし、特にユーチューブ動画が秀逸です。

 

これからエンジニアになりたい30代未経験にとって、とても参考になると思います。フリーランスエンジニアになりたい人でも会社員としてエンジニアになりたい人でも参考になりますよ。

 

フリーランスエンジニアりゅうけんさん

 

次はりゅうけんさんです。りゅうけんさんは、どっちかっていうとフリーランスエンジニアになりたい人向けですね。

 

他にも色々な情報を発信していますので、見ているだけでも参考になると思います。ただ本当にフリーランス寄りの発信をしているので会社員狙いの30代未経験からエンジニア目指す方はいらないかもです。

 

東京フリーランスとだこうきさん

 

 

最後は、東京フリーランスとだこうきさんですね。特にこちらの動画はおすすめです。未経験からエンジニアを目指す人が知っておくべき話を網羅的に知れます

 

この人自体が未経験からエンジニア担っているので、その経験を知れます。結構プログラミングスクールの話だけ聞いていると非現実的な話を現実として信じちゃいがちなので

 

こういう現実的な話を知っておいたほうがいいと思いますね。それが後々になって後悔リスクを減らせると思います。30代未経験者にとって限らず有益です。

 

最初は良質な情報を集めよ

おすすめ動画を紹介しましたが、30代未経験だと若くもないので、なおさら時間を有意義に使う必要があります。

 

エンジニアになるには、良質な情報から入手して行動することが肝要なので全部見てみましょう。

 

本当にここが重要です。最近はエンジニアブームでカモにするような情報も多いです。こういった良質な情報を知ってから取捨選別できるようにするのがおすすめです。

 

30代未経験からエンジニアになるうえで知りたい話【採用視点】

 

先ほどの動画をみれば全体感が分かるので、ここからは僕なりのエンジニア採用経験を踏まえて採用視点での30代未経験からのエンジニアなるには論を考えたいと思います。

 

そもそも30代未経験からエンジニアになれるのか?

まずそもそも30代未経験からエンジニアになれるのか?ですが、なること自体は可能だと思います。現に僕がかかわってきたエンジニアの中でも30代未経験からエンジニアに転職した方は全然います。

 

また以下のように経産省の見立てで、エンジニア不足であるということも背景にあり、未経験でもプログラミングスキルを習得すれば採用ニーズはあると思います。

 

・マクロな規模でのIT人材(IT企業及びユーザ企業情報システム部門に所属する人材)は、現在の人材数は約90万人、不足数は約17万人と推計された。今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大する。
※報告書本編では、IT市場の成長率と生産性向上見込みについて、シナリオ別に推計を実施している
・情報セキュリティ人材は、現在約28万人、不足数は約13万人であるが、2020年には不足数が20万人弱に拡大。
・先端IT人材は、現在約9.7万人、不足数は約1.5万人であるが、2020年には不足数が4.8万人に拡大。
引用:経産省エンジニア不足見立て

 

こういうマクロ背景がまずあるというのと、市場的にもIT業界は伸びているので、需要という意味では心配はほぼないです。

 

30代という年齢はネックではある

ただ正直30代という年齢はネックです。多くのIT企業でエンジニアのニーズは若い20代であることが多いです。これは理由としていくつかあるんですが、以下が多いですね。

 

・技術進化は早いので若いほうがキャッチアップしやすいという経験則
・年下のほうが支持しやすい、育てやすい
・30代は基本的にリーダーくらいの年齢

 

上記の通りです。それぞれ詳しく解説します。まずエンジニアは技術進化が早い環境下にいるので、毎年勉強が必要になりやすいです。特に稼いでいきたい場合は、新しい技術などへの習得は必須です。ゆえに30代は年齢的に吸収力の問題で若手に劣ると見られがちです。

 

また現場のリアリティのあるニーズとして、未経験から育てるなら若い方がいいというのもあります。指導に当たるであろうリーダー層はだいたい30代なので同世代に指導するのは気まずいんですよね。

 

なので懸念解消のためには、30代未経験だけどエンジニアになるには、吸収力とか勉強意欲を見せる、あるいはフレッシュでやる気にみなぎっているというのをアピールするのは泥臭いですが非常に大事なことです。

 

年収について

年収についても、30代未経験からエンジニアになるには前職の経験やスキル次第で大きく変わります

 

前職がエンジニアリングに関係する場合

前職がエンジニアリングに関係する場合、例えばディレクターだったりとか近しい職業であった場合や、高学歴などポテンシャルが高い場合は、30代未経験からのエンジニアで年収は高めでオファーをもらいやすいです。

 

とはいえ、未経験なので前職より高い年収になるかは期待値低めに考えたほうがいいかもです。相場的には年収400万〜500万でしょうか。

 

人によっては年収ダウンするかもしれないので、そこは慎重に考えるべきではあります。観測範囲内で言えば30代から未経験でエンジニアを目指す人は年収というよりも、手に職とか安定感、あるいはノルマから脱出したいという欲求が多いですね。

 

前職がエンジニアリングに関係ない場合

一方で前職がエンジニアリングと関係ない場合の、30代未経験からのエンジニアですと、年収は企業でまちまちですが、400万円届けばいいほうという感じではないでしょうか?

 

ただこう聞くと自分には前職経験がエンジニアリングに関係ないので、厳しいかなあと思うかもです。

 

とはいえ、ほとんど(80%くらいと言われている)の未経験からエンジニアを目指す方が無関係の職種や業界からの転職なのでそういう意味では競争相手は同じ状況なので悲観する必要はないですよ。

 

キャリアについて

最初のほうはさきほどのような年収レンジでの始まりになると思います。次はその後のキャリアについて考えてみます。30代未経験からエンジニアになった場合は、年齢的にその後もエンジニアとして働くことが多いと思います。

 

数年経験を積めばプログラミングスキルもあがるので、年収もそれに応じて上がると思いますし、人によっては独立してフリーランスエンジニアになるというキャリアもあります。

 

最近だと結構この流れは増えてきているかなと思っており、フリーランスエンジニアだと年収もかなりあがりやすいので検討の余地は大いにあります。

 

ただしすぐには難しい

ただし、30代未経験からフリーランスエンジニアになるのは、すぐにはほぼ無理だと思います。なれてもそんな高い単価では採用されません。

 

数年頑張ってプログラミングスキルがあがればチャンスがあると思うのでそれまで頑張るというのが現実路線です。

 

30代未経験に対する採用の見方

30代未経験からエンジニアになる方への、採用視点での見方って正直人手が足りないけど今後成長を期待して採用する、という位置づけが多いと思います。

 

なので人気な企業では、世の中的に人手不足でも応募がたくさん来るので30代未経験からのエンジニアだとなかなか採用はされない可能性が高いです、リーダーレベルの年齢そうなので。

 

人手の足りない企業のメンバーであればチャンスはありますし、フリーランスならそこまで年齢は気にならないので、スキルに応じて採用される可能性はなくはないです。とはいえ、未経験からすぐにフリーランスエンジニアは厳しいです。

 

30代未経験からエンジニアになるには

 

それでは、ここまでを踏まえて30代未経験からエンジニアになるにはどういった手順をふめばいいかを5つのステップで解説します。

 

良質な情報を得られる状況にする

まずは絶対にここからですね。冒頭で紹介した3人をフォローしておけば十分です。何かとエンジニアの環境ってプログラミング言語の進化も早いので、

 

こういった頻繁に発信している人から最新情報を得られるようにしておくこと、それから信頼できる情報として受け取ること、これが大事ですね。

 

じゃないと信用のできない情報を鵜呑みにして、後から困ることになります。30代未経験は時間がないので、時間を無駄にはできないです。

 

無料サービスでエンジニアになる覚悟ができるか検証する

次は、無料サービスでエンジニアになる覚悟ができそうか、あるいは向いていそうかというところを検証しましょう。

 

たまに情報を鵜呑みにしてエンジニアを目指し始めたけど、結果的に向いてなかったというオチも聞きます。30代だと時間が本当に貴重ですし、そもそも非効率なので

 

まずは本当にエンジニアになりたいと思えるか、向いていると思えるか検証しましょう。例えば、ドットインストールとかとださんが紹介しているpaizaチャレンジはこちらです。

 

自分にあったプログラミング学習方法を検討する

次に覚悟ができたら、自分にあったプログラミング学習方法を検討しましょう。人によっては独学がいいかもですし、プログラミングスクールを使うのがいいかも知れません。また、人によってスクールの相性もあります。

 

ただ30代未経験だと、時間が勝負なところもある(年取るとますます厳しくなる)ので、プログラミングスクールを活用した方がいいと正直思います。

 

スクールを選ぶ上では、大手でコンテンツも豊富なTECH::EXPERTがおすすめですね。全国各所に展開してますし、おすすめです。僕も取材に行ったところで、最初の2週間での解約は無料ですし転職保証(転職できなかったら無料)とか、フリーランスコースもありおすすめですね。

 

参考:TECH::EXPERT(テックエキスパート)の評判/口コミを取材の感想と共に

 

エンジニアになり数年頑張る

そして数ヶ月プログラミング学習に専念して無事転職できれば、最初の1年〜数年はエンジニアとしてスキルアップをしましょう。

 

スクールでの勉強期間は、スクールでどう学習したらいいかとか、特にTECH::EXPERTはメンターがいるのでモチベ管理とか支援もしてくれるのでそこは任せて学習に専念すればOKです。

 

で、エンジニアとして転職ができれば稼ぎながらスキルアップができるので勝ちのスパイラルに入りやすいです。そして、スキルがついたら今度はさらに稼ぐ段階に入れます。

 

キャリアアップして年収上げる

最後は人によるかもですが、せっかく30代未経験から挑戦してエンジニアになったら稼ぎたいですよね。会社員で稼ぐ場合は、転職して年収をあげるのが正攻法です。特に最初は。

 

 

冒頭で紹介した勝又さんも最初の企業は1年で転職した方がいいということを提唱しています。視聴すれば内容が理解できると思いますから、見てみてください。

 

まとめ

 

ということで、30代未経験からエンジニアになるにはどうしたらいいか?を紹介しました。特に最初が重要だと思っており、まずは良質な情報を入手できるところから準備すれば良いと思います。

最新情報をチェックしよう!