次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

エンジニア向け技術ブログの始め方【一石二丁です】

 

エンジニアがブログを始めたい場合はどういう始め方がいいんだろうか?技術ブログを始めるメリットってなんだろう?実際にやっている人から教えて欲しいな。こんな疑問に今回は答えていきます。

 

✔︎本記事の信頼性

https://twitter.com/now_weblife/status/1246732151493505024?s=20

 

このなうブログを運営している僕はゴリゴリのエンジニアではないですが開発ディレクターをやっていて、ブログもこのなうブログを1年ほど運営してます。収益も確定10万円、発生40万円まで成長したので経験をもとに解説できると思います。

 

エンジニアもブログで技術発信するのっていいですよね。エンジニアのブログの始め方は、

・学習内容の発信
・学習過程での失敗談の発信
・学習過程での成功体験の発信

特に2つ目3つ目が読者に価値があると思います。僕の友人もこう言った赤裸々なものをみていれば失敗を避けれたのではないかと。

 

結論ですが、エンジニアが技術ブログを始めるときの始め方としては、①学習内容の発信、②失敗談、③成功談、この3つが鉄板です。特に②と③は価値があり読者が集まると思いますよ。プログラミング初学者だった僕の友人はこれを欲していました。

 

また収益化まで狙いたい場合は、①〜③をベースにしつつたまに収益化記事を書いていくと良いです。今回はここまでを解説したいと思います。

 

エンジニアが技術ブログを始めるメリット

 

まずはエンジニアが技術ブログを始めるメリットを理解しておきましょう。時間はかかるものの、それなりに得られるリターンは大きいですよ。

 

プログラミング知識を整理できる

まずプログラミング初心者とか駆け出しの場合は、日々学んでいるプログラミング知識やスキルをアウトプットして整理する機会が得られますよね。

 

最初のうちはなかなか案件や仕事を得られないので、定着化が非効率なんですが、ブログでアウトプットするのも1つの手段です。学んだ内容をそのまま記事にすると知識の定着化にも役立ちますし、

 

それこそエンジニアリング学習日記のような形であとで見直す、のようなこともできます。インプットだけじゃなくてアウトプットできるってのは学習においては重要です。

 

webマーケティングスキルも身につく

あとは、エンジニアを目指す場合だと当然プログラミングスキルのスキルアップを優先すべきではあるものの、それだけだといつか単価や給料の頭打ちがきます。

 

その時にブログを始めていれば、 webマーケティングスキルであるSEOについての知識やスキルがある程度身についているはずなので、付加価値として使えますよね。

 

例えばweb制作においては、割とプログラミングだけじゃなくてSEOについての要件も入ってきたりしますが、その時にSEOも提案できるエンジニアとそうじゃないエンジニアとであれば前者の方が稼げるのは一目瞭然です。

 

ブログから仕事を受注できる可能性もある

あとは、フリーランスエンジニアとしてやっていきたい人とかだと、ブログを始めることでブログ経由で案件や仕事を受注する機会も出ています。

 

例えばブログで集客している読者の中でお願いがブログの問い合わせ経由であるかもですし、TwitterなどもしていればTwitterからDMがあるかもしれません。

 

前回、フリー ランスエンジニアの仕事の探し方は5つ【全部やるべき】という記事でも書いてますが、エンジニアが仕事を探す場合にブログを始めていると有利です。

 

収益化も狙える

最後はやはりブログによる収益化でしょうかね。エンジニアがブログをやると、ジャンルとしてプログラミング系やフリーランスエンジニアなど仕事系のジャンルは結構稼ぎやすいです。

 

それに実際のエンジニア初心者から成長して稼いでいく過程をブログで発信できるため、体験談として有利ですよね。つまり割と頑張れば稼げるかなと思います。

 

目安ですが、僕も割とエンジニア関連のジャンルでブログを始めましたが、1年で365記事ほど書いて、確定10万円、発生40万円までなうブログが成長しています。狙い目だと思いますよ。詳細は、プログラミング学習しながらブログやると最強な3つの理由【独立に繋がる】もどうぞ。

 

エンジニア向け技術ブログの始め方

 

じゃあエンジニアの技術ブログの始め方ってどんな感じかというと、2ステップあるかなと思います。

 

ブログとSNSを開設する

まずは兎にも角にも、ブログを解説しましょう。始めるにあたっての最初の作業はここからです。エンジニアであれば、ある程度ブログの仕組みも理解できていると思います。

 

サーバが必要とか、ドメインの設定とかですね。エンジニアは他の人よりも知識があるのでブログを始めるにあたって有利だと思いますよ。作業時間として1時間もあれば十分です。

 

具体的には、ブログの始め方を初心者向けに解説【50以上の画像付きです】で画像をつけて解説しているので参考にどうぞ。そこまで難しくありませんし初期費用もほぼ数千円で澄みます。

 

記事を書いていく

ブログの開設が終われば、あとはエンジニアとしての学習経験などを記事にしていきます。具体的に始め方としては、3つの記事の書き方があるかなと思いますね。

 

プログラミング学習内容を書く

1つは日々プログラミング学習で得た知識を記事にしていくやり方です。冒頭で紹介した通りで、同じようなエンジニア初心者にとっても価値がありますし、

 

自分自身にとってもアウトプットできるので知識の定着化にも使えますよね。最初はこの辺で20記事くらい書いてみるなどもありだと思いますよ。

 

もう少し具体的なブログ記事の書き方を知りたい場合は、ブログの書き方は3要素ある【書き方だけでは目的は達成しない】をみてもらえるといいかなと思います。

 

失敗談・成功談を書く

2つ目は、エンジニアとしての実際の体験談として、失敗談や成功体験を記事にしていくのもおすすめです。理由として僕の友人はあまり調べずにプログラミングスクール選びで失敗したんですよね。

 

そういったエンジニアとしての体験記事を書いていくと、他の人にとって超有益です。エンジニアとしてブログを始めるなら、この辺の記事が超重要かなと思いますね。

 

Twitterとかでも有益な情報として拡散されやすいのもこう言った記事なのかなと。忖度せずに本音で書いていくのをおすすめします。僕の場合は、セレブエンジニアサロンの評判を受講者に聞いた!【評判悪い】と言った記事ですね。

 

収益化記事を書く

であとはエンジニアとしての体験談や知識をブログで記事にしていく中で、最終的に収益化していきたい場合は、収益化記事も書いていくことをおすすめします。

 

ジャンル的には、プログラミングスクールやフリーランスエージェントなどの申し込みや登録系のアフィリエイトになるかなと思います。これらもできれば実際に経験したもので書いていくと良いと思いますね。

 

どれくらい稼げるかですが、ブログのアフィリエイト副業収入が10万超えました【1年かからなかった】などをみてもらえると参考になるかなと思います。ただし時間はかかりますのでそれなりの覚悟も必要です。

 

まとめ

 

ということで今回は、エンジニアの技術ブログの始め方を解説してみました。参考になれば幸いです。以下の記事も参考にどうぞ。

 

人気:アフィリエイトの手順を解説【始めるなら知っておくべき】

最新情報をチェックしよう!