web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

エンジニアは儲かる【分野と働き方で大きく変わります】

 

エンジニアって儲かるのかな?お金をたくさん稼げるエンジニアになりたいな。儲かるエンジニアになるために知っておくべき話を知りたいな。こういうニーズにエンジニアの採用や面接をしているIT業界5年の僕が採用目線で解説します。

 

エンジニアっても現代で儲かる職種ですよね

フリーランスエンジニアで年収1000万円とか行くし
会社員でも副業でがっつり稼ぐ人いた(友人は毎月20万円くらい稼いでいた)

プログラミング講師としても儲かる 儲かりマンデーもう見てないけど、エンジニアの特集とかしてないのかね? コスパいいし儲かる

 

結論、儲かるエンジニアという観点では分野(〇〇エンジニアの〇〇の部分)と、働き方つまり正社員かフリーランスエンジニアか、企業の分類(web系かSIerか)で大きく変わりますまた働き方という意味では、副業は欠かせない話題ですが、エンジニアは副業需要が一番大きいので基本的に儲かりますよ。

 

エンジニアは基本的に儲かる職業です

 

まずエンジニアは基本的に儲かる職業です。

 

副業で毎月20万稼ぐエンジニアの友人

1つはエンジニアって副業需要がすごく高いんですよね。副業といえばいろいろありますが、業界的にはほぼIT業界で副業需要が高くてさらにその中でもエンジニアに需要が高いです。

 

そのため、時給単価も高いのでエンジニアは儲かるんですよね~。僕のエンジニアの友人はプログラミングの副業で本業の2/3に相当する20万円ほどを毎月稼いでいましたね。すごいうらやましかったです…。

 

ただまあ帰宅後すぐに副業を初めて寝るのが2時とかだったので大変そうではありましたけどね。スキルアップにもなるしそれはそれでありなんじゃないでしょうかね。

 

フリーランスエンジニアになりさらに儲かる

もう1つエンジニアは基本的に儲かる職業の理由として、フリーランスエンジニアになるつまり独立すればさらに儲かります

 

フリーランスっていつでも契約解除されるリスクがあるので、そのリスク分の上乗せとして年収がかなりあがります。また会社員ではないので、中抜きも減りますからそういう意味でも年収は上がります。

 

ゆえに儲かります。これは事実でフリーランスエンジニアはみんな儲かるので毎日ホクホクしています。

 

儲かるエンジニアと儲からないエンジニアの違い

 

ここで儲かるエンジニアと儲からないエンジニアの違いを解説します。視点は3つあり、どのエンジニアなのか、正社員かフリーランスエンジニアなのか、web系かSIer(SES)かで儲かる具合が変わります

 

どのエンジニアなのか

1つ目は、どのエンジニアか?ですかね。エンジニアと一口にいってもいろんなエンジニアがいます。

 

フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、機械学習エンジニアなどですね。アプリエンジニアもいますし、フルスタックエンジニアもあったりします。

 

これらの中で言うと、フロントエンドよりもバックエンドのほうが基本的に儲かります。儲かるというか単価は高いです。あとは機械学習エンジニアは市場価値も高くエンジニアの中でも儲かる分類に入りますね。

 

インフラエンジニアとかネットーワークエンジニアはこの中では、比較的年収が低めで儲からないと思いますね。副業需要も高くはないですし、エンジニアは基本的に高度な実装ができる人が年収は高めになりますね。

 

儲かるエンジニアになりたい場合は、バックエンドエンジニアとか機械学習エンジニアがねらい目だと思います。

 

正社員かフリーランスか

儲かるエンジニアになるという観点で大事な2つ目は、正社員として働くかフリーランスエンジニアとして働くかがありま。正社員でも大企業であれば年収は高いですが、とはいえ基本的にフリーランスエンジニアになったほうが儲かりますね。

 

どれくらい儲かるかで言えば、月の手取りが40万円くらい(ボーナスを12か月分割して足した計算)の正社員エンジニアがフリーランスエンジニアになれば月の手取り70万円くらいにはなるとおもいますね。

 

案件単価が90万円とかでマージンが15%とかでも80万円はいきますからね。フリーランスエンジニアでスキルがあれば年収1000万円は全然狙えるんですよね。一方で正社員だと安定はしていますが、フリーランスエンジニアほどは稼げません。

 

 

web系かSIer(SES)か

最後はweb系企業かSIer(SES)企業で働くかがありますね。基本的には、儲かるという観点ではweb系企業に軍配があがります。

 

1つはそもそもの年収もweb系企業のエンジニアとして働くほうが高いです。SIerはweb系自社開発企業から仕事をもらっている側なので、その構造は基本的に変わらないと思います。

 

もう1つとして、web系企業のほうが副業OKにしている確率が高いんですよね。web系は基本的に自由な社風の会社が多いのでその辺もゆるいです。なので副業で儲けるエンジニアがたくさんいます。一方で、SIerはあまり副業OKにしていないのでその辺の分が悪いですね。

 

儲かるエンジニアになるための方法

 

ということで最後に儲かるエンジニアになるための方法を解説します。

 

副業する

まず儲かるという意味で言うと、副業が手っ取り早いですよね。エンジニアなら毎月10万円ほどは稼げると思います。

 

特に副業案件紹介サイトよりも、友人の紹介で副業案件を紹介してもらうほうが時給単価も働きやすさも高いのでそういう稼ぎ方を個人的にはおすすめしますね。

 

フリーランスエンジニアになる

現状でスキルに自信があって稼ぎたい儲かるエンジニアになりたいのであれば、フリーランスエンジニアになるのがいいでしょうね。基本的に年収で言えば、
フリーランスエンジニア > 正社員エンジニアです。

 

フリーランスであれば、所属しているわけではないので基本的に副業は可能ですし、儲かり具合で言えばやはり最強です。

 

フリーランスエンジニアになるうえでは、いかにマージンが安いエージェントから案件を紹介してもらうかっていうのが大事なんですが、その意味ではPE-BANKがいいですね。というのも、業界最安値のマージンですし、しかも公開されているので安心感もありますね。1年目は12%、2年目は10%、3年目以降は8%で最安値です。

 

しかも、福利厚生などフリーランスエンジニアに手薄になりがちな部分も提供されています。詳細は以下記事でPE-BANK経由で働くエンジニアにインタビューした記事があるので参考にどうぞ。これで年収1000万円を狙えます。

 

 

転職する

最後は転職する、ですね。エンジニアとして稼ぐ儲かるためには、副業ができる、かつ年収が高い、こういう企業へ転職すればばっちりですね。

 

フリーランスエンジニアになること自体はいつでもできますし、3年~5年ほど経験を積めばいいのかなと思っていますね。採用目線で言えば、エンジニア経験3年あれば必要最低限の経験年数はクリアしています。

 

転職ではスキルがあればビズリーチが一番おすすめで、初めての転職だったりであればIT業界内ではワークポートが大手でおすすめですね。

 

それぞれの体験記事が以下なんですが、転職活動で納得のいく結果を得ることはもはや立派なスキルなのでいま転職するつもりがなくても経験はしておくべき市場価値把握のためにも。っていうのが僕の考えですかね。

 

 

まとめ

 

ということで儲かるエンジニアとはどんなエンジニアなのか、そもそもエンジニアが儲かるのか、儲かるためにはどうすればいいのかを解説しました。

 

最新情報をチェックしよう!