web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

エンジニアが副業するための探し方を紹介!毎月10万稼ぐ!

今回は、副業を始めたいエンジニアの方のために副業案件の探し方をご紹介したいと思います。筆者は現役webディレクターですが、今回紹介する方法で副業案件を獲得し、毎月10万円以上稼いでいます。貯金が捗りますよ。

 

なかなか給料のあがらない昨今、副業を行えばエンジニアであれば需要が高いので、時給相場の高い案件を獲得できる確率が高いです。ぜひ副業を始めて毎月の収入を増やしていきましょう。

 

エンジニアの副業の探し方

 

早速ですが、エンジニアの副業の探し方を紹介します。大きく探し方の方法としては、副業エージェントに登録する方法と、知人から副業案件を紹介をしてもらう、という2つの探し方があります。それぞれメリットとデメリットもあるのでよく読みましょう。

 

副業エージェントに登録

 

まずエンジニアが副業を探すにあたり王道的な探し方となるのは、副業エージェントに登録するという方法です。というのも、副業エージェントは専門的に副業案件を仲介することを生業としているため、案件が豊富、案件の質(時給が高く、案件も面白い)が高い、面談におけるマッチングの精度も高い、など様々なメリットがあります。

 

最近は副業解禁時代とも呼ばれていて、web業界を中心に副業が盛んです。そんな中で副業エージェントに頼るのが最も合理的かつ効率的に副業案件を探すことが出来ます。実際に筆者が副業エージェントで副業案件を紹介してもらったサイトをご紹介しますと、2社ありますがWorkshipとプロの副業ホールハートの2社になります。

 

Workship

 

1社目は、Workshipという副業エージェントになります。Workshipは副業エージェントの中でも、比較的スキルの高いハイエンド層向けの副業案件が多いです。そのため、時給相場も高く4000円などかなり高い時給で副業を行うことが出来ます。

 

ハイエンド層向けとはいえ、専門的に3年程度業務経験があれば十分にスキル的には問題ないことが多いと思うので、積極的に活用しましょう。

 

プロの副業ホールハート

 

2社目は、プロの副業ホールハートです。ホールハートは、昔から転職エージェントとしてビジネス展開していた会社です。時代の変化とクライアントの要望から、副業という仲介も始めています。

 

そのため、案件数が豊富なところと面談でのヒアリングが上手い印象があります。こちらは、そこまでスキルの高い人材向けの案件ばかりではないので時給相場は2500円程度ですが、案件を見つけやすいのがメリットかと思います。

 

知人の紹介

 

2つ目のエンジニアの副業の探し方は、やはり知人からの紹介です。筆者も知人からの紹介で副業案件を持ちかけられたこともあります。知人からの副業案件紹介の場合は、自ら営業をするかチャンスを待つの2択になるため、必ずしもすぐに副業案件が見つからないというデメリットがあります。

 

しかし、メリットとしては知人の紹介なのである程度信頼関係がある場合があることくらいでしょうか?筆者的には、両方経験してみて絶対に仲介会社があるほうがトラブルも少ないですし、働きやすいとは思いますね。

 

副業エージェントと知人紹介の違い

 

最後に、副業エージェントと知人紹介の場合のエンジニアの副業の働き方としての違いをお話しします。まず、知人からの紹介だとなあなあのぐだぐだになりやすいです。先方も人によっては、適当に依頼するのでトラブルがおきやすいです。

 

筆者の場合は、継続案件のはずが今月はなしね!とか打ち合わせの数が増えたりとか、とにかく不安定でした。その反面、副業エージェントを仲介している場合は、そういったトラブルも少ないです。そのために、仲介会社がいますからね。

 

1度副業エージェントを挟んで副業を行い継続してこなせていれば、信頼関係も生まれますからもし案件がなくなったときにまた優先して紹介してくれる可能性が高いです。また、時給の交渉も仲介してくれるのでそういった面でもメリットがあります。

 

エンジニアの副業の流れ

 

次に、先ほどの副業の探し方を実践して実際にどのような流れでエンジニアの副業の流れが始まるのか解説します。エンジニアであれ、ディレクターであれ大きくは変わりありません。大きくは、サイトに登録、副業エージェントと面談、クライアントと面談、副業開始という流れです。

 

サイトに登録

 

まず最初は副業案件を見つけるために、副業エージェントのサイトに登録するところから始まります。サイト上には一部の案件が乗っていますが、副業エージェントは裏側により多くの案件を抱えています。そのため、登録したほうがよい案件と巡り合う可能性が高いです。

 

副業エージェントと面談

 

登録後、副業エージェントと面談を行います。通常は、サイトに登録後、1~2週間程度で面談を行います。面談は、対面の場合とSkypeなどの電話打ち合わせの2択です。早めに面談を行ったほうが、副業エージェントからの印象もよいのですぐに行うほうがよいかと思います。案外バックれる人もいるらしいですね。

 

副業エージェントととの面談では、これまでのキャリア、なぜ副業を始めたいのか?、どういった副業案件が良いか?、希望の時給と稼働時間、などをヒアリングされます。ここでもしマッチングの可能性が高い案件があればすぐに紹介してもらえるでしょう。

 

クライアントと面談

 

先ほどの副業エージェントとの面談でマッチングの可能性が高い案件があれば、すぐにクライアントへ書類がわたり審査され、書類通過すればクライアントとの面談が行われます。

 

筆者の経験上、副業なのでそこまでハードな面談にはなりません。筆者の場合は、副業案件の概要説明、自己紹介、なぜ副業したいか?、どんなスキルがあるか?、などを話し合いました。

 

案外重要なこととして、期待値をちゃんと調整することが大事かと思います。例えば急用が入ればそちらを優先したいだとか、稼働時間についてなどですね。しておかないと、確実にトラブルになります。

 

エンジニアとしての副業開始

 

クライアントとの面談に通過すれば晴れてエンジニアとしての副業開始です。エンジニアの場合だと、最初は実装に慣れるところからでしょうか?そこから案件単位で、この日までにこれを作ってほしいという要望ベースにプログラミング実装をしていくことになるかと思います。

 

ちなみに筆者の友人の話だと、やはりスキルの高いエンジニアであれば想定より早く作れるので理論上の時給はもっと上がるみたいですね。

 

エンジニアの副業の時給相場

 

次は気になるエンジニアの副業の時給相場についてお話しします。ベンチマークとして話すと、エンジニア以外のweb関連の職種の副業の時給相場は2500円です。しかし、エンジニアはもっと需要が高いので時給も高いです。

 

スキルのあるエンジニアであれば、時給4000円くらいが相場となるかと思います。実際に、Workshipではそれくらい高い時給のエンジニアの案件もありました。稼働時間でいうと、ミニマムで週10時間目安なのでこれだけで相場だけでも毎月10万円になります。エンジニアであれば、もっと高い副収入になる可能性が高いです。

 

エンジニアの副業での働き方

 

次にエンジニアの副業での働き方を解説します。多くは、土日での稼働と平日業後の稼働になると思います。 経験的には、やはり土日にまとめて副業すると休めないので平日の業後に少しでも稼働することをおすすめします。

 

そうすれば土日もそこまで働かずとも必要稼働時間に達するため、おすすめです。とはいえ、独身でないと難しい側面もあるかもしれません。

 

エンジニアが副業するメリットとデメリット

 

最後にエンジニアが副業するメリットとデメリットをお話しします。メリットとデメリットをちゃんと理解して、副業を行うことが大切です。すぐに辛くなることが目に見えていればやめたほうが無難です。

 

メリット

 

まずメリットですが、あなたのスキルを活かしてかなりの副収入をすぐに得ることができるところがメリットですね。いまエンジニアは需要が高いためとても高待遇で働ける可能性も高いです。

 

また、本業以外に働く場があることでスキルアップできます。エンジニアは最新の技術トレンドのキャッチアップも大事ですから、もしそういう最新の技術を使える案件であれば本業でのキャリアアップにも有効です。副業で稼ぎつつ、本業でのキャリアアップも目指せるなんて夢のような話ですが、エンジニアの場合は副業でそれが可能だと思います。

 

デメリット

 

一方でデメリットとしては、まあ時間がとられます。とはいえ、独身であれば自由に使える時間も多いでしょうし、案外暇にしている時間って多いと思います。その時間を有意義に使えると思えば、そこまでデメリットにはならないでしょう。

 

エンジニアが副業するために必要なスキル

 

いよいよ本格的にエンジニアとして副業を行いたい!という方向けに、必要なスキルをお話しします。副業エージェントの案件を見ていると、rubyやjava、フロントエンド寄りのJS、データ分析寄りのPythonが使えると案件が見つかりやすい傾向にあります。

 

エンジニアの場合は、コミュニケーション能力も必要ですがあくまで、エンジニアリングスキルが高いほうが好まれるとは思います。

 

まとめ

 

ということでエンジニアが副業をするための探し方をご紹介しました。今回の探し方で、エンジニアがより稼げるようになれば本望です。毎月10万円レベルでの収入アップは本業だけではすぐには実現しません。

 

しかし、副業でしかもエンジニアであれば狙える可能性が非常に高いです。あなたも今回紹介した探し方でぜひ収入を劇的にあげてみてはいかがでしょうか?よい報告をお待ちしています。他にITスキルがあれば、IT副業の土日在宅まとめもぜひお読みください。

 

参考:【副業】IT系の土日在宅でできるおすすめ副業まとめ7選
参考:IT副業を1年やった体験談とおすすめエージェント

最新情報をチェックしよう!