次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

スキル無しでフリーランス独立は後悔する可能性高いです

フリーランスってスキル無しの状況からなるってどうなんだろう?後悔することが多いと聞くけど本当かな?逆にスキル無くてもフリーランス独立しやすい職種って何かな?こんな疑問に今回はIT業界5年でフリーランスの採用をしているなうが解説します。

 

結論、スキル無しの状況でフリーランス独立は非常に厳しいです。低単価案件しか受注できないか、そもそもフリーランス独立自体ができません。

 

理由としてやはりクライアント企業からすると実力やスキルに対して単価を払うので、スキル無しというのは安く買いたたかれるかお断りされる可能性しかなく後悔すると思います。

 

スキル無しでフリーランス独立は後悔する理由

 

僕の友人はスキル無しでフリーランス(エンジニア)を目指しましたが、結局案件獲得などはスキルがない状態ではできず、急がば回れで一旦就職路線に変更して後悔しています。その実例などを紹介します。

 

低単価案件しか受注できない可能性高い

まずそもそもスキル無しの状況ですと、フリーランス独立が仮にできたとしても、非常に低単価の案件しか受注できないと思います。

 

相場的に例えばフリーランスエンジニアですと、エンジニア実務経験が3年くらいあってスキルのある人なら人月単価80万円とか全然狙えますが、スキルがないとクラウドワークスのような

 

低単価の案件しか獲得できず月に20万円も稼げるか稼げないかです。これくらいまずスキルがない状態でフリーランス独立するのはリスキーなことだとまず認識しましょう。

 

そもそも独立も難しい

さっきの例は頑張ったとしての話です。現実的にはそもそも独立すら厳しいと思います。正直スキルがない人に案件をお願いするようなクライアントはそうそういません。

 

いたとしてやはり誰でもできるようなスキルの必要ない案件になるため、結局低単価になるんですよね。会社員でも新卒はスキルがなくても給料が一定あるじゃないかと思うかもです。

 

しかしそれには会社員とフリーランスの違いがあり、そこをまず理解しましょう。これはクライアント目線で考えるということですね。

 

ほぼスキルしか見られない

その理由っていうのは、クライアント的にはフリーランスや業務委託に期待するのって、スキルのみなんですね。成長とか伸びしろって基本的に期待していません。今何が出来るか?厳しい世界です。

 

これは深堀すると、フリーランスってのはいつでも契約期間内なら解除できる人材であるのに対して、会社員は基本的に終身雇用ですよね。なので成長を会社員には期待しますが、

 

フリーランスにはいつでも契約を切れるので流動性高く人材確保ができる即戦力という位置づけなんですね。なのでスキルしかみられません。また不景気になると真っ先に削られる人件費はフリーランスなんですね。

 

フリーランスは自分で自分を成長させないとならない

あともう1つフリーランスに厳しい事実として、案件とれればある程度勝手に成長するっしょと思うかもですが、フリーランスは自分で自分を成長させないとならない立場です。

 

会社員なら会社が上司がいやでも成長させようとしますが、フリーランスの成長にクライアントは興味ないです。パフォーマンス悪ければ変えればいいだけなので。

 

そういう意味でもスキル無しでフリーランス独立すると、どうスキルアップしていけばいいかも手探りになって正直積みかねません。これが後悔する可能性の高い理由ですね。

 

お金がないので余裕がなくなる

そんなこんなでスキル無しの状態でフリーランス独立すると、後悔することが多いと思います。例えば、極端な例でいうと僕の友人はお金がなくなって心の余裕を失っていました。

 

フリーランスエンジニアとして独立したいのに、全然関係ない仕事でその場しのぎしなきゃいけないし、安定感がなさすぎてその場しのぎな生活だったんですね。

 

スキルがあるフリーランスはまだ単価も高いですし安定もしていますが、スキルがないとメンタルもやられる可能性が高いです。悪いことは言わないので、スキルがついてから独立したほうがいいですよ。

 

スキル無しでも比較的フリーランス独立しやすい職種

 

とはいえ、そんな中でもなんらかの理由でスキル無しでもフリーランス独立したいんじゃ!というひともいると思います。そんな人向けに比較的スキル無しでもフリーランス独立しやすい職種を紹介します。ただ、スキルのあるほうが当然単価は高くなるのは留意しましょうね。

 

webライター

代表格は、WEBライターでしょうか。極端にいうと、日本語としてわかる文章をかければ誰でもWEBライターは務まります。ライターなので。中学生とかでもできる職種です。

 

なので求められるスキルもそこまで高くないです。スキル無しでもできますし、僕も未経験のド素人でWEBライターやったことあります。文字単価0.1円とかめちゃ低いですが。

 

WBライターで言うと、特定の分野に強ければ、スキル無しでも単価が上げやすいですね。例えば。釣り系の記事のWEBライターなら釣りに詳しければそれだけで価値になります。そういう意味では一番ねらい目です。

 

インフルエンサー

あとはインフルエンサーでしょうか。インフルエンサーも色々いますよね。最近だとビジネス的には正直特になんのスキルもない中学生とか高校生とかでも顔出ししていると注目されてフォロワー何万人とかです。

 

インフルエンサーってファンをつけて、それらのファンから何らかの形でマネタイズしている人が多いですよね。ファンが多ければ一定の人たちが購入するのでスキル無しでもフリーランス独立できるケースがあります。

 

ただインフルエンサーになること自体が結構難しいため、あまりおすすめはしないですね。手堅いのはやはりWEBライターとかかなという印象です。ただ当たればでかいのはインフルエンサーですね。

 

スキル無しからフリーランス独立する手順

 

最後ですが具体的にどの職種を狙うにしろ、スキル無しの状態からフリーランス独立したい人がどんなことをしていけばいいか手順を示しておきたいと思います。結局はいまフリーランス独立している人も最初はスキルがないわけで時間軸の問題です。

 

どの職種でフリーランス独立するか決める

まず最初はどの職種でフリーランス独立したいのか考えましょう。ここは大きなターニングポイントになります。どの職種かで稼ぎやすさ、難易度、必要な時間なども変わりますからね。

 

エンジニア

まず最近未経験などスキルのない状態からフリーランス独立を狙う人が多い職種が、エンジニアですね。フリーランスエンジニアの場合は必要な学習期間が長いですが(スクール使っても3か月)

 

単価が高いのが特徴ですね。デメリットとしては、誰でもなれるほど簡単ではなくて確実に向き不向きがあります。論理的に考えられる人ならおすすめです。

 

フリーランスエンジニアは今狙っている人が多いです。本気でやるなら、最速短期間で学べるプログラミングスクール【目安期間も解説】など各種プログラミング記事を参考にどうぞ。

 

WEBライター

2つ目は、WEBライターですね。WEBライターは冒頭で紹介した通りで比較的誰でもなれますし、スキル無しでもぶっちゃけフリーランス独立はできます。

 

ただ非常に単価が低くなっちゃうので、SEOスキルとかセールスライティングとか、自分が得意な分野とかを作っていくのが必要になるかなという感じですね。

 

アフィリエイター

3つ目は、WEBライターと親和性の高いアフィリエイターですね。アフィリエイターは、WEBライターの経験があるとやりやすいです。アフィリエイターでフリーランス独立している人は多いですね。

 

スキル無しでもできるかでいうとできなくはないですね。やりながら覚えるもできますし。ただ最初は本当に稼げないので片手間でやるような副業の位置づけにすべきだと思います。これだけだと死にますよ。

 

アフィリエイトを始めてスキルなしからフリーランスを目指す場合は、アフィリエイトの手順を解説【始めるなら知っておくべき】をみてみてください。僕の知見を載せています。

 

Youtuber

4つ目は、Youtuberですかね。Youtuberも特別なスキルというよりかは、コンテンツが面白ければ登録数も再生数も伸びますよね。動作制作自体のスキルは外注しないなら必要にはなりますが、

 

2020年で言うとYoutubeが伸びてきているので、動画制作側でスキル無しからフリーランス独立を目指す人も増えてますよね。

 

WEBデザイナー

あとはWEBデザイナーらへんが代表例ですかね。WEBデザイナーは比較的スキル無しからでもなりやすいですし、かといって低単価すぎず稼げます。

 

またフリーランス独立や副業との親和性も高いため、割とおすすめです。習得しないとならないスキルも難易度は低めです。スキル無しで稼げるかというとそういうわけではないですが。

 

webデザイナーであれば、【評判・口コミ】デジタルハリウッドで未経験からwebデザイナーを目指せる?を参考にどうぞ。

 

独学かスクールかでスキルアップ

職種を決めたら、あとは独学するかスクールを使ってスキルアップするかですね。スキル無しのまま本当にフリーランス独立して死なない程度に稼げるのは、WEBライターくらいだと思います。それでも単価が10倍は変わるので正直無謀ですが。

 

なので、お金に余裕があればフリーランス独立しながら独学でもいいと思いますが、基本的にはスクールに通ってちゃんとしたスキルをつけてフリーランスになったほうがいいですね。

 

学習過程をSNSで情報発信する

ちなみに、スキルなしからフリーランス独立したい人って多いのでその学習過程を、Twitterなどで情報発信するのって非常に価値があります。

 

うまくいけばそれでインフルエンサーになれる可能性もないとはいえないですし。やっておいて損はないです。SNSで有名になればSNS経由で仕事をもらえることもあります。

 

スキル無しだからこそやっておくといいとさえいえますね。Twitterをみればそういうひとだらけですから、一度覗いてみてはいかがでしょうかね。

 

小さい案件を獲得して実績をつけていく

あとは、スキル無しの状態から徐々にスキルがつけばあとはできる範囲で小さい案件を獲得して、実績を積んでいきましょう。数年もすればスキル無しから卒業できます。

 

スキル無しとスキルありは、単価が全然違うのがフリーランスの世界です。スキル売りなので当然なんですがね。ここまでくれば一安心かなという感じです。おすすめの案件獲得は、の記事なども参考にしてみてください。

 

小さな案件は副業エージェントで獲得できることが多く、参考として【副業エージェントのおすすめ4選】IT副業を1年やった体験談で解説をみてみてください。スキルアップも収入アップも狙えて一石二鳥です。

 

まとめ

 

ということでスキルなしからフリーランス独立すると後悔する理由、それでもしたい人向けの職種、手順などを解説しました。参考にどうぞです。

 

人気:フリーランスの求人サイト・エージェントのおすすめと選び方【採用担当が解説】

最新情報をチェックしよう!