web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

フリーランスエンジニア年収1000万円は狙い目【コスパ良すぎだが誰でもはなれない】

 

フリーランスエンジニアで年収1000万円って本当なのか?どうすればなれるんだ?年収1000万円狙いの職業の中ではコスパいいのか?こんな疑問にフリーランスエンジニアの採用もしている僕が回答します。結論、誰でもは流石になれないけどフリーランスエンジニアで年収1000万円は最速3年程度でなれます

 

フリーランスエンジニアは弁護士とか医者、大手企業社員よりも年収1000万円狙いならコスパいいの事実。 だけど、誰でもなれないし、優秀なエンジニアでも3年はかかるんじゃね?って肌感。それでも医者は6年だし、弁護士は人によるけど、コスパいいのは確か。 プログラミングプラスαがあれば狙える

 

採用している側の目線でいくつか解説できると思うので、フリーランスエンジニアになって年収1000万円目指したい方はぜひ3分ほどお付き合いください。

 

フリーランスエンジニアで年収1000万の実現性
フリーランスエンジニアで年収1000万円狙うコスパ
年収1000万円のフリーランスエンジニアになる3つの手順
まずフリーランスエンジニアで年収1000万円狙えるかでいうと狙えます。そして実際に存在します。ただすぐにはなれないですし、誰でもなれるものでも当然ないです。まず実現可能性や事例を解説します。

 

エンジニア経験3年はミニマム必要

まずどれくらいでフリーランスエンジニア年収1000万円を狙えるかでいうと、最速目安エンジニア経験3年は必要かなという感じです。根拠は、エンジニアの単価でいうと100万円程度の月単価はエンジニア経験3年はないとまず出さないからです。

 

月単価100万円でようやくマージン抜かれて年収ベースで1000万円になるかならないかくらいです。この辺は、マージン率によってくるので、どんなエージェントを使うかでもフリーランスエンジニアの年収1000万円へのハードルは変わります。
で元に戻ると、僕の考えだと最速でも3年は必須かなと。そしてスキルレベルが高い場合での話なので誰でもフリーランスエンジニアになって年収1000万円なれるわけではないっすね。例えば5人程度のエンジニアチームのリーダーをやれるレベルでないと、このくらいの年収にはなれないです。

 

メンバーレベルのフリーランスエンジニアだと、最初は月単価80万円くらいで年収600万円程度かなと。ここから徐々に年収1000万円を狙いにいくわけですね。

プログラミングスキルだけだとかなり厳しい

またフリーランスエンジニアで年収1000万円の実態として、プログラミングスキルだけだと正直狙うのは厳しいです。例えば、マネジメントスキル、あるいはフリーランスエンジニアとしての自分を売り込む営業スキルが必要です。

 

営業スキルがあると、仲介を挟まずに自分で直で契約できるのでマージンがない分だけ年収が上がります。フリーランスエンジニアで年収1000万円に到達しているエンジニアはもれなく、プログラミングスキルにプラスアルファの何かをもっています。

 

開発経験のあるディレクターの単価が高いのも、開発経験プラスディレクションができるからですよね。なので、プログラミングスキル一本で年収1000万円は結構高くないと厳しいと認識しときましょう。

 

フリーランスエンジニアで年収1000万円の事例

最後にフリーランスエンジニアで年収1000万円を超えている人を紹介します。1人目はマナブさんですね。今はもうフリーランスエンジニアを引退して別のことで稼いでいますが、数年前のフリーランスエンジニア時代は最高年収が1000万円超えて1500万円くらいまで言っていたようです。

 

 

この方がなぜフリーランスエンジニアとして年収1000万円を余裕で超えているかでいうと、プログラミングスキルだけじゃなくて、営業スキルがあったからですね。ちなみに加えてwebマーケティングスキルとしてSEOスキルもあるためかなり単価の高いフリーランスエンジニアとして稼げていました。

 

なのでマナブさんのようにプログラミングスキルだけでなくプラスアルファで何か付加価値があるとフリーランスエンジニアで年収1000万円を狙いやすいと言えますね。じゃあ実際問題としてフリーランスエンジニアで年収1000万を狙える範囲内というのは、どれくらいでなれるものなのか?本当に狙う価値があるのか?

 

労力に対してどうなのかという意味でコスパを年収1000万円を狙える他職種と比較していきます。

フリーランスエンジニア年収1000万円はコスパいい

フリーランスエンジニアは年収1000万円狙えるというよくある話があります。年収1000万円は魅力的ですが、誰でもなれるものでもないっす。またそれ相応の努力も必要とします。まずそもそも数多ある職業の中でフリーランスエンジニアで年収1000万円は目指す上でのコスパが高いのかを考察してみます。

 

大手企業正社員

まず年収1000万円を狙える職種として大手企業の正社員をあげてみます。大手企業や上場企業とはいえ、年収1000万円は若くしてなれること自体が稀です。例えば20台でも年収1000万円を狙えるのは、総合商社あるいは証券会社の営業マンとかっすよね。

 

ああいう就活生に人気な企業に新卒で内定もらう倍率って、200倍ほどです。しかも、内定もらう就活生は国立上位大学や早慶上智がほとんどです。

 

その中からの選りすぐりの集団です。そして彼らは、高校生あるいは中学生の時から受験競争を勝ち抜いた人たちです。つまり、受験も頑張り就活でも勝ち抜く必要があります。時間にして、1日3時間は受験勉強して年間300日はするとして、900時間、それが3年間なのでおよそ3000時間は必要でしょう。

 

受験勉強だけでこれほどかかるので、そこから厳しい就活を勝ち抜くところも考えれば相当大変であることが容易に想像できます。

 

医者、弁護士など士業

また年収1000万円を狙える職種の代表格として、医者や弁護士がありますよね。いわゆる士業ですね。これらの職種も、高学歴が多いので大学受験そして、当然ながら資格取得の勉強時間に相当時間をかけています。弁護士で3000時間は最低限必要なラインのようです。

 

一般に予備試験の合格に必要な勉強時間は3,000時間~8,000時間、中には10,000時間という方もいます。それぞれの受験生の置かれた環境や能力に依存する部分が大きいため、合格に必要な勉強時間を一概に決めつけることはできません。
引用:弁護士勉強時間
医者だと6年間ありますし、研修医時代は2年なので合計で8年もかかります。しかも医者は研修医時代は相当大変ですし、弁護士も飽和状態で弁護士になっただけでは稼げない職種になっていますよね。

 

フリーランスエンジニア

一方のフリーランスエンジニアです。年収1000万円になるためでいうと、冒頭で解説した通りで最速3年は必要かなあという印象です。これは毎日8時間を費やすとしたら、同じく3000時間はゆうに超えます。
ただ、、、弁護士や医者、そして大手企業のエリートサラリーマンと違うのは下積み時代でもエンジニアとしてお金を稼げるってところですよね。医者や弁護士は資格取得だけでも相当のお金と時間がかかります。

 

しかも資格取得できても、すぐに年収1000万円になれるわけではなくて、下積み期間がありますよね。研修医みたいに。ところがエンジニアの場合は、ある程度のプログラミングスキルの習得でもみっちり3ヶ月もあれば十分就職くらいは可能です。

 

しかも、そこからはエンジニアとして働きお金も稼ぎつつ、仕事を通してプログラミングスキルも上がっていくのでかなりコスパがいいんですよね。エンジニアとして働き出すために必要な学習時間自体は未経験でも3ヶ月くらいなので、まあ走り出しとしてはコスパがいいと言えると思います。

 

この構造(まず働きながらキャリアアップできる)に唯一相当するのは大手企業の会社員ですが、圧倒的に狭き門です。200倍の倍率を勝ち抜く自信があれば別ですが、、、しかもその後出世競争もあります。

 

しかし、エンジニアであればスキルをつけてフリーランスになる話なので出世競争もないですし、フリーランスなので学歴社会でもないため公平に勝負が可能な世界です。したがって圧倒的にフリーランスエンジニアで年収1000万円を狙うのはコスパがいいんです。

 

フリーランスエンジニアで年収1000万円を目指す3つの手順

じゃあ誰でもなれるわけではないが、他職種と比べればコスパの良いフリーランスエンジニアで年収1000万円狙い場合は、どうしたらいいか?結論、3つの手順で狙いに行けると採用側の目線では考えています。

 

まずはエンジニアとしてのキャリアをすぐ開始する

まずあなたが未経験の場合はここからがスタートです。すぐにエンジニアとしてのキャリアを開始しましょう。なぜすぐなのかというと、エンジニアとして未経験から採用される場合は年齢制限が事実上あるからです。未経験の場合は20代はまあ余裕、30前半でギリギリ、30代中盤以降は正直厳しいという感じです。

 

そのためあなたの年齢次第ですが、早めにエンジニアとしてのキャリアを開始して、スキルアップしていくことが非常に大事になります。エンジニアとして働き始めるのがお金ももらえてスキルアップにもなるので超合理的っす。

 

20代で未経験なら無料でしかも就職支援付きでプログラミングを教えてくれるプロエンジニアのようなスクールもありますし、30歳以降だとそういうスクールは使えないので有料のプログラミングスクールを受講することでエンジニアとしてのキャリアを数ヶ月後には開始できます。

 

 

働きながら付加価値スキルを意識する

エンジニアとしてのキャリアを開始できたら、働きながら付加価値スキル=つまりプログラミングスキル以外で何を得意ポイントにするか?を意識して、そのスキルを磨いていきましょう。基本的に、下記のようなポイントを付加価値にするとフリーランスエンジニアとして年収1000万円を狙いに行きやすいです。重要度順で言うと、

 

付加価値スキル理由
営業スキルエージェントを介さずに案件取れるのがマージンかからないので最強です
webマーケティングスキル(集客、UXデザイン)次にネットの世界では、売り上げ貢献できる付加価値が授与高いです。普通は集客とCVRアップです
マネジメント大規模開発の案件は高単価です。マネジメントができるとそのポジションで稼げます。

 

このような感じですね。一番のおすすめは、僕みたいにブログ書いてネットで集客(これが事実上の営業にもなる)して、webマーケティングスキルを付加価値にしつつ、ついでに集客もできている、ってのが最強かなと思います。ブログを通じて直接オファーがあるのが理想です。

 

エージェントはマージン低いところにする

そしてそう言う風に努力を重ねてプログラミングスキルだけでなくプラスαの付加価値の高いスキルを身につければ、自分で直契約でもいいですしエージェント経由で高単価案件に挑戦でも年収1000万円を狙いにいけます。

 

その際注意となるのは、マージンが低いエージェントにすべきってところです。同じ高単価案件でもマージン次第であなたがもらえる給料は変わります。ITエンジニア業界は多重下請け構造なのでいかに仲介を増やさずにマージンの低いエージェントで契約できるかが年収1000万円狙いの勝負の分かれ目です。

 

その点でいうと、圧倒的にPE-BANKがおすすめです。理由はシンプルで、①業界最安のマージン率8%(正確にはエージェントではなくて共済会なのでマージンではなく代行手数料、そして初年度12%、2年目10%、3年目以降8%という安さ)、②福利厚生まであるというところです。

 

これが他のエージェントだと20%とか取られているパターンもありますし、マージン率も開示してなければ元の単価も教えてくれないという感じになります。絶対PE-BANKがいいんです。そしてそれはエージェントではなくて共済会(互いに協力していくスタイル)だからこそなんです。これはPE-BANK経由で仕事をしている年収1000万円ほどのフリーランスエンジニアの知人への下記の取材でわかったことです。

 

まとめ

 

ということでフリーランスエンジニアで年収1000万円を狙うことは誰にでもできないけど可能、重要なのはプログラミングスキルプラスαであること、エージェント選びが大事ってことを解説しました。さあ、年収1000万円狙っていきましょう。
最新情報をチェックしよう!