次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

フリーランスエンジニアは副業すべき?目的を考えて時間を使いましょう

 

フリーランスエンジニアってさらに副業して稼ぐほうがいいのかな?メリットとデメリットが知りたいな。こんな疑問にIT業界5年で副業でも稼ぐ僕が解説します。

 

副業って本業のスキルがある程度ないうちに始めるより、ある程度ついてから始めたほうが長い目でみるとよい気がするね。 すぐ始めてもどっちが本業か分からなくなるし、まあ副業の組み合わせ次第ではある。 フリーランスエンジニアがさらに副業するのは低時給でもスキルアップするならよさそう

 

結論として、フリーランスエンジニアとして既にある程度稼げている場合は、やみくもにさらに副業でも稼ぐのはあまりよくないです。理由として細切れの副業だとどうしても時給が低くなるため、時間の効率的にモッタイナイです。

 

既にフリーランスエンジニアとして稼げているなら、自分の時間を副業に使うべきか?使うとしてもどんな副業に使うべきか?から考えるべきですかね。

 

副業すべきフリーランスエンジニアとすべきでないフリーランスエンジニアとは

副業すべきフリーランスエンジニアとすべきでないフリーランスエンジニアとは

 

まず前提として個人的には、フリーランスエンジニアの中でも副業すべきでない人と、副業すべき人がいるかなと思っておりまずはそこから解説です。

 

副業すべきでない人

副業すべきではないフリーランスエンジニアって端的に言うと、まだ初心者でエンジニアとしてのスキルが確立されてない人ですかね。

 

理由として直感的に分かりますが、軸足が立ってない中であれこれと手を出しても結局どっちつかずになる部分が否めません。

 

自分の中で確たるエンジニアとしてのスキルがない中で副業しても、副業の組み合わせとしてスキルアップにつながると判断できるならありだと思います。例えば、フロントエンドのHTMLとCSSを中心にやっていて副業でも同じような副業案件をやる場合はありだと思いますね。

 

副業すべき人

逆に副業すべき人ってのは、ある程度フリーランスエンジニアとしての経験も長くてスキルがある人は積極的にさらに副業で稼ぐでいいと思いますね。

 

タイミング的にむしろ今までのスキルを売っていくフェーズだと思います。とはいえ、どんな副業でもいいものではなくて時給の高い副業案件とか、別のスキルアップにつながるだとか目的意識が必要です。

 

細切れの副業だとどうしても時給が低くなりがちなので、やみくもにやるのはおすすめしないですね。記事後半ではこの観点で考えて、フリーランスエンジニアにおすすめな副業方法も解説しますね。

 

フリーランスエンジニアがさらに副業するのは目的次第

フリーランスエンジニアがさらに副業するのは目的次第

 

もう1つ掘り下げたい視点として、フリーランスエンジニアがさらに副業する場合って、目的設定が重要かなと思います。そこで目的がどんなものがあるか解説します。

 

お小遣い稼ぎ

1つはお小遣い程度として稼ぎたいという場合ですね。状況によって判断するで大丈夫と思いますが、スキルが高いフリーランスエンジニアが低い時給で

 

副業案件で稼ぐとちょっとモッタイナイかなと感じますね。例えば時給2500円レベルの副業案件だとちょっと時間がもったいないかなと。

 

フリーランスエンジニアとして時給って相場で言うと3500円〜だと思うんですよね。単価90万円とかがフルタイムの相場だとすると。なので、時給2500円とかの副業案件ってやや低いんですよ。

 

エンジニアとしてスキルアップ

2つ目はフリーランスエンジニアとしてスキルアップするためにも副業するケースですね。スキルアップを優先したほうがいい初心者そうですと、この副業のやり方のほうが賢いと思いますね。

 

フリーランスエンジニアはスキル次第でかなり稼げる職種なので、目の前の副業収入よりも長い目で見てスキルアップを優先するほうがいいと思いますね。

 

エンジニアはずっと技術的なキャッチアップが必要なので、勉強しながらスキルアップよりかは副業でもいいので稼ぎながらスキルアップするのが賢い時間の使い方ですよね。

 

別の職種としてスキルアップ

3つ目は割と挑戦的なもので、フリーランスエンジニアとしてのスキルや経験を活かしつつ、他の職種としても副業で稼ぐスタイルですね。

 

記事最後で紹介しますが例えば、僕のようにブログで副業するとかも方法としてありますね。フリーランスエンジニアの経験を発信することで副業収入をえるやり方です。

 

結構この副業(収入によってはこっちが本業になる場合もある)をしている元フリーランスエンジニアは多くて、伸びるとブログはかなり稼げる副業です。

 

フリーランスエンジニアにおすすめな副業方法

フリーランスエンジニアにおすすめな副業方法

 

というわけで最後に、フリーランスエンジニアとして稼ぎつつも副業したいんだという方向けにおすすめな副業方法を紹介してみます。

 

エージェントから副業案件をもらう

スキルアップを狙いつつ副業収入を得たいフリーランスエンジニアは、エージェントから案件をもらうのが王道ですね。僕もやっています。

 

ITプロパートナーズ

この方法の場合に1つ目のおすすめは、ITプロパートナーズです。リモートOKだったり、週2日OKのようなフリーランスエンジニアとしての案件もやりつつ、副業もやりたい場合に働きやすい案件を揃えています。

 

時給的にもスキルに応じて高いものもありますし、自分にフィットする案件があれば積極的に挑戦すれば稼ぎつつスキルアップが狙えますね。

 

案件的にも多様な内容があるので無料登録してさくっと興味のある案件があれば応募してみるといいと思いますね。エンジニアの副業は人気なので面白い案件はすぐなくなっちゃいます。

 

プロの副業

2つ目はプロの副業ですね。こちらもエージェント型です。そこまで違いはないのと、ITプロパートナーズとプロの副業で扱っている副業案件が異なることが多いため無料ですし、両方登録したほうがすぐ見つかると思いますね。

 

プロの副業は僕もやっており、もともとが転職エージェントなので割とそのパイプを使っての副業案件が多い印象ですね。

 

プロの副業の場合は登録して面談までするとフィットしそうな非公開案件とかも紹介してくれるため足を運ぶ意義は高いかなと思いました。【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだを参考にどうぞ。

 

ブログをやってみる

あとはフリーランスエンジニアとしてのスキルとは別の職種で稼ぐ力をつけたい場合には、ブログを副業としてやってみるとかも有効です。

 

実際にフリーランスエンジニアとして稼いできた経験を活かしてブログを頑張って月収数百万円まで稼いでいる方もいるみたいです。

 

興味のある人は、プログラミング学習しながらブログやると最強な3つの理由【独立に繋がる】の記事を参考にどうぞ。うまくSEO集客できればかなり稼げるかなと思います。

 

まとめ

 

ということで今回はフリーランスエンジニアが副業でも稼ぎたい場合に考えたい重要な視点とおすすめの副業方法を紹介しました。参考にどうぞ。

 

人気:【副業エージェントのおすすめ4選】IT副業を1年やった体験談で解説
人気:フリーランスの求人サイト・エージェントのおすすめと選び方【採用担当が解説】

最新情報をチェックしよう!