web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

フリーターでもIT就職する方法はある【エンジニアなら出来る】

フリーターでもIT業界に就職したいな、エンジニアになりたいなという方向けの記事です。結論、フリーターでもIT業界への就職はエンジニアやプログラマーなら現実的な方法があります。業界人が解説していきます。

 

この記事を書いている僕はweb業界で5年経験がありまして、ある程度業界について詳しいです。この記事を読むと、下記のことを理解でき行動次第でフリーターからでもIT業界への就職は可能です。

 

①フリーターでもIT業界への現実的な就職方法と違いが分かる
②エンジニアがどれくらい稼げるか、どう稼げるかが分かる

 

フリーターがIT就職したいならエンジニア・プログラマーの一択

 

まずフリーターがIT業界への就職をしたいのであれば、エンジニアやプログラマーの一択だと思うのが現実的です。というかおすすめです。理由は次の3つ。

 

①ITエンジニアは人材不足で就職しやすい
②職歴学歴が比較的問われない
③中でもweb系は将来性高いのでおすすめ

 

ITエンジニア・プログラマーは人材不足

フリーターがIT就職するならエンジニアがおすすめなのは、前提として人材不足で就職しやすいからです。ただの需給バランスの問題ですが大事です。下記は経産省の統計です。

 

我が国では、産業界で大型のIT関連投資が続くことや、昨今の情報セキュリティ等に対するニーズの増大を契機に、IT人材の不足が改めて課題となっています。また、ビッグデータ、IoT等の新しい技術やサービスの登場により、今後ますますIT利活用の高度化・多様化が進展することが予想され、中長期的にもITに対する需要は引き続き増加する可能性が高いと見込まれます。
しかし、我が国の労働人口(特に若年人口)は減少が見込まれており、今後、IT人材の獲得は現在以上に難しくなると考えられます。IT需要が拡大する一方で、国内の人材供給力が低下し、IT人材不足は今後より一層深刻化する可能性があります。
引用:経産省

 

この需要>供給という構造があると何が生まれるかというと、就職希望者が何かと美味しい思いができます。どんなことがあるかって就職しやすい、給料高めになる、などなど。もう少し読んでいくともっと分かると思います。まずこれが1つ目。

 

職歴学歴が比較的問われない

 

2つ目は、職歴学歴が比較的問われないということです。全く問われないとは言いません。しかし、確実に他の職種や業界よりも問われません。なぜならスキルがあればいい職種ですし、人材不足なのでね。でましたね人材不足。

 

かの有名なマナブさんも言っています。まあフリーランスの事例ですが、会社員も近いものはあります。とはいえ、会社によっては大卒指定とかはありますねすいません。

 

学歴で仕事を発注する会社とか、見たことないです。
引用:エンジニアに学歴不問

 

webは特に将来性も高い

最後にフリーターの方にはIT業界の中でもweb業界を目指して欲しいなと思います。というのも、ITと言ってもかなり広くて、その中でも伸びているのは実質web系の企業です。GAFAって知っていますか?Google、Amazon、Facebook、Appleの略語ですが、GとFは完全にWeb系です。

 

他にもメルカリなどスタートアップで成功している企業もwebです。まあアプリですが、広い意味でいうとwebです。これは逆にいうと、SIerはやめたほうがいいかなと言っています。なぜかというと、SIerはIT業界ですがコンサルと同じで実質派遣業なので、利益構造が人月なんですね。

 

ITやwebのいいところは労働集約的ではないのが本質なんですが、SIerは労働集約なのでIT業界の中ではあまりおすすめしません。webがいいですよ。

 

フリーターからITエンジニア就職する現実的な方法は3つ

 

では、そんなフリーターにおすすめなITエンジニアですが、目指す現実的な方法はおすすめ順で下記の3つです。

 

①完全無料プログラミングスクール
②有料プログラミングスクール
③独学

 

完全無料就職支援付きプログラミングスクール

フリーターでITエンジニアとして就職を目指したい方に一番おすすめなのは、完全無料プログラミングスクールです。完全無料プログラミングスクールの概要は下記でして、

 

・完全無料な代わりに協賛企業の中で就職先を探す事になる
・就職サポートや支援付きなので正社員就職率は95%のスクールもある
・とはいえ違約金もないスクールもあるし、就職先も優良企業が多い
・フリーターでも可能だが、18歳〜29歳の年齢制限がある

 

フリーターの場合は、お金なかったり職歴がないので就職活動が不安だと思いますが、完全支援なので安心です。なぜ無料なのかとか、就職先はどんなところかは下記の記事でまとめています。完全無料の就職支援付きプログラミングスクールでは、プロエンジニアとITCE Academyがおすすめです。

 

プロエンジニア 優良企業も就職先として多い
ITCE Academy住宅施設も無料提供で地方や遠方からでもエンジニアを目指せる

 

参考:プロエンジニアならニートでもエンジニアになれる
参考:プロエンジニア(ProEngineer)の就職先は人気企業ある【業界人が12社解説】
参考:就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】
参考:プログラミングスクールは無料な理由を知ってから受講すべき

 

有料プログラミングスクール

2番目にフリーターにおすすめなITエンジニアへの就職方法は、有料のプログラミングスクールです。なぜ2番目かでいうと、有料だからですね。とはいえ、有料だけに教育体制がよかったりしますし、プログラミングスクール次第では就職支援付きのスクールもあります。

 

有料の場合のメリットは、就職先や進路を自由に決められるというところですね。とはいえ、やはり就職支援付きのスクールの方が圧倒的にフリーターがITエンジニアを目指すには現実的かなと思っており、就職活動するのも大変ですし何かと協賛企業から選べるのは就職しやすいです。

 

独学

最後にフリーターからITエンジニアとして就職を目指す方法は、独学です。とはいえ独学はフリーターにはおすすめしません。というのも挫折リスクが高すぎます。多分普通のフリーターは挫折します。3ヶ月以上は学習期間が必須ですし、誰からも教えてもらえないというのはなかなか厳しい。

 

独学するのであれば、何か補助的なオンライン動画で学ぶかあるいはもう思い切ってどこかの会社に見習いで雇ってもらうのがいいですが可能性は結構低いですね…。そういう面もあって18歳〜29歳なら完全無料の就職支援付きプログラミングスクールがいいかなと思っています。

 

フリーターがエンジニアになったらいくら稼げるか

 

最後にフリーターがエンジニアになったらいくら稼げるかを簡単に解説します。イメージでいうと下記かなと思ってます。

 

①時給が飲食店1000円から、最初でも時給1500円くらいは目指せるし、キャリアアップすれば時給5000円も狙える
②副業しやすいので+αで稼げる
③独立やフリーランスになればもっと稼げる

 

ITエンジニアになれればフリーター時代の時給(目安として飲食店1000円)よりも高い時給で最初から稼げますし、キャリアアップにもなるのでどんどん上がります。副業もしやすいですし、独立したらもっと稼げるのがITエンジニアの魅力です。在宅も可能ですしね。

 

まとめ

 

ということで、フリーターがIT業界へ就職するならエンジニアがおすすめ、18歳〜29歳なら完全無料の就職支援付きプログラミングスクールから確度高くまずは就職してスキルアップを目指していく、が現実的かなと思ってますの記事でした。

 

参考:ニートのためのプログラミングスクール3選【就職支援付きで安心】

 

最新情報をチェックしよう!