web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

新卒社会人1年目で転職活動したけど僕は失敗した【あなたは転職すべき?】

 

新卒社会人1年目で転職ってできるのかな?このタイミングですべきかもわからないし、体験談を聞きたいな。メリットとデメリットを先人から教えて欲しいな。今回は、こういうニーズにこたえていきます。

 

新卒社会人1年目で転職するのは、あまりにブラックだったり不満がない限りはあまりオススメではない。 給料上がるなんてことはないし、人間関係やり直しだし、3年経ってスキルついてから売却が基本よい。 修行期と売り時は、大事すね。と1年目で転職試みたわいがいってみる

 

僕は新卒社会人1年目から2年目にかけて転職活動をしましたが、失敗しました。その時の経験などを解説します。その経験に加えて、社会人5年の経験も踏まえて解説していきます。

 

新卒社会人1年目で転職すべき理由はブラックから逃げるのみ
転職すべき新卒社会人1年目とすべきでない新卒社会人1年目とは
新卒社会人1年目の転職方法は変わる

 

新卒社会人1年目で転職活動した理由

 

まず新卒社会人1年目が転職を考える理由を僕の場合と一般論で解説します。

 

新卒社会人で転職する理由①興味があることが違った

まず1つ目の理由は、興味があることが違った、ですよね。これは僕もですし一般論でもあると思います。とりわけ当時の仕事に興味がなかったわけではなくて、転職を考えていた業界に興味がまだ残っていただけです。戦略系コンサルですね。

 

なんだかんだ業界もいろいろあるので、新卒社会人1年目だとほかの業界に興味が出てもおかしくはないです。とはいえ、転職で失敗しやすい、特に新卒社会人1年目の転職で多い失敗が、あまりよく考えずに別の業界に興味が出て転職するパターンですね。

 

記事の後半でも書いていますが、転職しすぎると履歴書が汚くなる、いわゆるジョブホッパーになるのであまりおすすめしません

 

新卒社会人で転職する理由②給料の問題

お金つまり給料も新卒社会人1年目は気になるところです。特に僕のように地方から出てきた(正確には僕は大学院からは東京ですが、学部時代は地方)社会人1年目だと初めての東京でどれくらいの生活費や家賃がかかるかなどさっぱりわからない部分があります。

 

ゆえに、思ったよりも給料が少ないな、生活費が高いなと感じることは往々にしてあります。そうじゃない場合でも、給料自体は高いに越したことはないので、新卒社会人1年目でも転職のチャンスがあれば転職したいものです。

 

この点でも僕は戦略コンサルへの転職を試みたのでした。もとの会社でも全然給料は高いほうではありましたが。まあ、転職で給料をあげることだけが方法ではないので本当に転職でいいのかを考えないとならないですね。今は副業解禁時代ですし。

 

もし新卒社会人1年目で転職したい理由がお金だけであれば、副業するって打ち手もあるので考えてみるのも悪くはないです。下記記事で副業については解説しています。

 

参考:IT副業を1年やった体験談とおすすめエージェント

 

新卒社会人で転職する理由③職場がブラック

ここからは新卒社会人1年目が転職をする場合の一般的な理由ですね。一番多いのは、職場がブラックだったってことじゃないですかね。ここでいうブラックはいろいろな意味がありますね。

 

・労働管理がなっていない
・残業代が払われない
・仕事がつまらない
・人間関係が苦しい

 

などが多いと思います。Twitter上でも多くの新卒社会人1年目の転職事例があります。ブラックな場合はもう転職したほうが賢明です。僕自身はブラックでは全然なかったですが、一番多い理由はブラックだったからじゃないですかね。

 

 

新卒社会人1年目での転職は基本はメリット<デメリット

 

とはいえ新卒社会人1年目だと社会経験も少ないので、新卒社会人1年目で転職するメリットとデメリットをまず知る必要があります。知ってから転職へ動くべきです。一般的にデメリットのほうが新卒社会人1年目だと大きいです。

 

デメリットは割と多い

まずは新卒社会人1年目で転職する場合のデメリットからです。

20代で転職は3回が限界説

キャリアを積むことを考えていれば、20代のうちにできる転職は3回までが限界ってのが一般的な日系企業の人事部の相場です。これは投資銀行、戦略コンサルと渡り歩いている塩野誠さんも言っている内容です。

 

一般的には短期間で多くの転職をしていると、どこにも移れなくなってくるものです。ちなみに普通の一般的な会社の人事部では30代初めまでで転職3回が採用の限界だと言われています。
引用:塩野誠キャリア論

 

なので新卒社会人1年目でそのうちの1回の転職を使うってのは、デメリットです。とはいえ、絶対に3回じゃなくて目安なので過剰な心配は不要ですし、その後3回に収まるのであれば問題もありません。

 

0からまた始めることになる

2つ目のデメリットは、また0からのスタートになるってことですね。良くも悪くも転職なので、人間関係や信頼関係などがリセットされます。

 

デメリットでの側面でいうと、積み重ねた信頼や人間関係がリセットされるくらいです。ただ、この点も新卒社会人1年目であればまあそこまで失うものはないのでいいかもしれません。

 

メリットはブラックから逃げられるくらい

次は新卒社会人1年目の転職におけるメリットです。

その会社から逃れられる

新卒社会人1年目での転職のメリットは、もともと所属している会社から逃げられるところですね。サービス残業、人間関係、スキルがつかない、などで悩んでいればもう転職した方が絶対にいいです。新卒社会人1年目での、仕事での成長はかなり大事です。

 

そのスキルアップ次第で、今後の年収が大きく決まります。年齢をとったからと言って給料は勝手に上がるわけでもないです。仮に勝手に上がる会社であっても、その場合はほぼ雀の涙のような上がり幅なので飲み会に一度行けばパーになるレベルだと思います。

 

なので、転職して職場を変えた方が明らかにいい場合は迷わずに転職した方が絶対にいいです。新卒1年目から3年目までの成長次第で、その後の給料と働き方が変わります。成長できればあとは結構楽ができるのが社会のシステムです。

 

新卒社会人1年目では転職すべき人とすべきでない人がいる

 

じゃあ、転職すべき新卒社会人1年目とすべきでない人は何が違うのか?を解説します。結論、目的意識次第でしかないです。

 

転職すべき新卒社会人1年目は目的意識が明確

転職すべき新卒社会人1年目は、少なくとも目的意識が明確な場合です。また、その目的を達成するには転職しないと達成できない、この条件が揃っている場合ですね。ここでいう目的意識とは、

 

職務内容を変えたい=キャリア自体を変えたい
昇給メカニズムを変えたい=会社を変えないと無理

 

こういう場合ですね。僕の知っている範囲だと、誰もが憧れる総合商社に新卒社会人1年目で就職したけど、配属リスクにあい失敗してエクセルの使い方もわからない窓際族年収1000万円以上のおっさんにエクセルの使い方を教えないとならない状況に嫌気がしてやむなく転職した人とかがいます。

 

こういう場合はもう、目的意識が明確=そういうおっさんがいない職場に行く、そしてそれは転職しないと達成できない(異動はダメだったぽい)、こういうケースです。こういうケースは、積極的に新卒社会人1年目の段階で転職すべきです。

 

またこの場合は業界も変えていました。業界を変えることで、若手でも実力社会なので昇給できるし、スキルのないおっさんがいない職場への転職に成功しています。面接でも納得のできる回答ができますよね。

 

転職すべきでない新卒社会人1年目は目的が不明確

一方で新卒社会人1年目で転職すべきでないケースは、目的が不明確です。例えば、なんとなく別の業界に憧れが残っているから転職したいとかですね。

 

この場合だと、面接でもなぜ新卒社会人1年目で転職したいの?と聞かれて納得のできる回答もできないですし、そもそも転職しなくてもいいんじゃない?と言われた時に強気で回答できないです。少なくとももう少し頑張ったら?って言われるのが落ちです。

 

他にも就活でなぜその業界を受けなかったの?とも言われますし、仮に転職できてもまた何か違うなあ、ってのノリで転職するかもですし、面接官もそれを見越しているので普通に落ちますね。はい。

 

新卒社会人1年目で転職したいなら

 

ここまで解説してもなお、自分は転職すべき新卒社会人1年目だ!と思う方、またはどうしても転職したいんだ!という場合には、タイプ別で転職方法が変わるので、最後にそれを解説します。

 

自信がある新卒社会人1年目は自力で頑張れ

まず転職に自信がある新卒社会人1年目は、一般的な求人サイトに登録して自力で転職しましょう。というのも、なんだかんだエージェント(サポート付き)で転職活動すると、内定の出やすい企業への面接をおすすめされるからですね。

 

エージェント的には転職してくれないとお金が入らないので、まず転職できる企業をおすすめしてきます。ゆえに、自信があるのであれば自力でサポートなしで転職活動するのがストレスが少ないです。

 

しかし一方で、サポートなしなので当然ながら転職活動は難しくなりがちではあります。ここは自分でよく考えて選ぶといいですね。僕もエージェントで転職活動しまして、確かに希望じゃない企業の面接もおすすめされましたが、とはいえケース面接の練習などしてくれて結構役立ったのも事実です。

 

自信がない新卒社会人1年目はエージェントを頼れ

一方で、自信がない新卒社会人1年目はもうエージェントを頼る方が懸命です。特に本気で転職したい場合は、頼りましょう。世の中には、新卒社会人1年目のいわゆる第二新卒に当たる世代を専門にしているエージェントは数多くあります。

 

エージェントを使うと、転職できそうな企業をおすすめされるというデメリットはあるものの、どのみち内定取れないと転職できないですし、本気で転職したいけど自信がない新卒社会人1年目は、ネオキャリアなどは無料ですし活用した方がいいです。

 

というのも、就活と同じで落ちてしまうとまたすぐに再チャレンジはできないからですね。前も受けましたけどまた面接しましょう。とはなりません。失敗リスク回避のためにも使って損はないです。そのほうがスムーズでもありますし、貴重な新卒社会人1年目の時間を無駄に使わずに済みます。

 

参考:第二新卒の就活は厳しいです【体験談をベースに方法も語る】

 

とりあえず転職したい新卒社会人1年目はエンジニアがおすすめ

最後は業界や希望の転職先が決まってない新卒社会人1年目で、とはいえ今の職場は将来に不安がある、スキルがつかないという焦りがあれば個人的にIT業界やエンジニアはおすすめです。

 

というのも、IT業界やエンジニアは下記の特徴があり、それらは確実なメリットに繋がるからですね。

 

IT業界やエンジニアのいいところメリット
スキルが明確に身につくキャリアアップしやすい
実力社会なので給料上がりやすい若くてもスキルがあれば給料あがりやすい
副業しやすいお金をもっと稼げる
スーツ着る必要ない単純に楽チン
いずれフリーランス独立しやすいサラリーマン辞めれる

 

こんな感じです。サービス業とかいろんな業界から未経験でエンジニア転職などをする人はかなり多いですし、狙い目です。また新卒社会人1年目であれば完全に無料で転職サポート付きでプログラミングを教えてくれるプロエンジニアITCE Academyのようなスクールも数多くあり検討の余地が多いにあります。

 

参考:就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】

 

まとめ

 

ということで新卒社会人1年目は転職すべきかそうでないか、転職したい人別の転職方法を解説しました。とりあえずの転職はおすすめしませんが、明確な目的意識があって、手段が転職がベストであればどんどん転職しましょう。ちなみに僕の失敗談は下記記事です。

 

参考:戦略コンサル転職に失敗した体験談を共有しよう

最新情報をチェックしよう!