フロントエンドエンジニアに未経験からなる方法【稼げるスキルも解説】

 

最近こんなツイートをしたんですが、フロントエンドエンジニアを未経験から目指す場合には、html、css、jsをマスターすればOKです。そして、稼ぐと言う観点で言うと、JSの非同期処理やAjax通信を使えるようになること。なぜなら、資本力のある会社はABテストとしてフロントエンジニアを雇うのでそういったスキルがあると強い。

 

この記事を書いている僕は、webデザイン分野で5年ほど経験がありまして、フロントエンジニアと日々働いており、未経験からフロントエンジニアになった方も多いです。なので、ある程度フロントエンジニアを未経験から目指す方や未経験でどう就職や転職すればいいか解説できると思います。

 

フロントエンドエンジニアとは

 

フロントエンドエンジニア自体についてある程度解説すると、基本的にはユーザが使う画面に対してwebデザインや何らかの機能を追加していくと言う職種になります。対義語に近いのは、サーバーサイドエンジニアでして、ユーザ画面というより裏側の処理などを開発するエンジニアです。

 

フロントエンドエンジニアは未経験からでもなれます

 

で、結論としてフロントエンドエンジニアを未経験から目指すのは十分可能です。というのも、僕が一緒に働くフロントエンドエンジニアの方々の多くは社会人のキャリアの途中からフロントエンドエンジニアに転身した方々ばかりだからですね。

 

後述しますが、とはいえ未経験からフロントエンドエンジニアになるためには、それ相応の努力も必須ですし、年齢的な限界もなくはないですね。30代であれば十分に未経験からチャレンジすることは可能だと肌感で思っており、40代に近づくと徐々に厳しいかと思います。

 

未経験からフロントエンドエンジニアになっている方は、想像以上に多いことを覚えてもらえればと思います。

 

未経験からフロントエンドエンジニアになる方法

 

では具体的に未経験からフロントエンドエンジニアになる方法を解説していきます。大枠では、スキルを身に着ける、小さく副業で稼ぎながらスキルアップする、webサイトを構築してポートフォリオにする、転職や求人サイトに登録する、面接する、になります。それぞれ採用担当ならでは目線も交えて解説していきます。

 

独学でスキル習得

まず未経験なので当然、スキルが必須です。フロントエンドエンジニアであれば、html、css、javascriptで十分ですね。htmlとcssはそこまで難しくないので、javascriptの学習時間を多めにさくといいですね。

 

html

htmlは、webサイトの基本的な構造を作るマークアップ言語ですね。そこまで難しくないですし、未経験や初心者でも学習するのが楽しい内容なので、サクッと身につけましょう。初心者向けのhtmlの内容については、下記が参考になるかと思います。

 

参考:初心者向けHTMLの書き方【サンプル付き、webデザイン観点も解説】

 

css

次にcssですね。cssは、htmlで作ったwebサイトの枠組みに対して色やサイズなどをつけていくマークアップ言語ですね。cssも学習するのは楽しいので、初心者でも気兼ねなく学べるかと思います。

 

javascript

フロントエンドエンジニアを未経験から目指すには、このjavascriptがハードルになるかと思います。しかし、学習を継続すれば十分に未経験でも身に着けるスキルなので臆せず挑戦しましょう。javascriptは、動的な処理ができるのでhtmlやcssを十分に学んでから学習すると、その楽しさに目覚めるかと思います。

 

また後述しますが、フロントエンドエンジニアで収入の差分や就職できるかどうかで差が出るのは、javascriptです。記事の最後の方に詳細に解説しているのでぜひ読みましょう。

 

スクールもあり

貯金があって速攻でフロントエンドエンジニアになりたい、独学が不安な場合は、webデザインスクールやプログラミングスクールもありだと思います。分割すれば毎月1万円程度ですし、スクールによっては条件付き(転職成功など)で無料なスクールもあるからです。

 

僕が調べた中では、下記のスクールがおすすめですね。自分が合いそうなスクールを探して見るといいですね。基本的にフロントエンドエンジニアに転職や就職できれば、あっという間にスクール費用は回収可能なので投資観点では合理的なので、お金があればトライしたほうが後々得だと思います。就職や転職サポートもありますからね。

 

20代むけ完全無料スクール
ProEngineer
20代〜30代向けで転職できなかったら全額返金のスクール
TECH::EXPERT
割引もあるスクール
Tech Boost
webデザイン特化のスクール
デジタルハリウッド

 

小さく副業で稼ぎながらスキルアップ

先程までのhtmlやcss、javascriptをある程度身につけたら、まずは小さくてもいいので学んだスキルでお金を稼ぐという成功体験を積むのが大事です。これは例えると、受験勉強だけして模擬試験を受けない構造に近いです。

 

最終的なゴール設定を見失わずに、学習を継続していくことが未経験からフロントエンドエンジニアに最速でなれる秘訣です。僕も、webライティング未経験の状態から、クラウドワークスで小さく稼ぐという体験を積みながら、徐々にスキルアップをして自信を深めていきました。クラウドワークスでは、簡単めなwebサイト構築の案件もあるんでチャレンジするといいですよ。今すぐ登録しておきましょう。

 

クラウドワークス

 

webサイトを自作で制作する

クラウドワークスのような簡単めな案件をこなしながらスキルアップして、稼ぐ体験ができてモチベーションも維持できていれば次に進むプロセスは、webサイトを自作で制作する、というところですね。webサイトを制作する目的は、ポートフォリオになるからということと、今までのhtmlやcss、javascriptのスキルを棚卸しして全体像を掴めるというところになりますね。

 

後述しますが、フロントエンドエンジニアに未経験からなる場合でも経験者でも、ポートフォリオは重要でして、フロントエンドエンジニアの面接ではほぼポートフォリオが必須ですね。提出のない方にはほぼあった事がありません。ポートフォリオとなるwebサイト構築には、下記の記事も合わせて読むと体系的に理解できると思います。

 

参考:webデザインのポートフォリオの作り方と参考集【採用担当が解説】
参考:ワイヤーフレームの作り方をwebデザイン歴5年が解説【サンプル無料】

 

転職・求人サイトに登録する

webサイトを自作で制作できるレベルまできたら、転職・求人サイトに登録するのが次の段階ですね。フロントエンドエンジニアに未経験からなる場合は、是が非でもまず定職を掴むのが大事でして、というのも稼ぎながらスキルアップ、キャリアアップできるからですね。

 

いくつか選択肢はありまして、難易度順に、業務委託や派遣として働く、正社員になる、フリーランスになる(場合によっては一番簡単かも)、がありますね。業務委託や派遣の場合は、着実に給料をもらいながらフロントエンドエンジニアの経験を積めるのでおすすめですし、正社員は年齢次第なのであなたが若い場合はチャンスありです、フリーランスはスキル次第なので最初はおすすめはしないです。

 

新卒就職
Roots
フリーランス狙い
midworks
レバテック

 

本当の未経験でもなれる場合もあるけどリスクある

ちなみにプチ情報として、フロントエンドエンジニアに本当の未経験からなれる事もあります。求人情報には、探せば未経験OKとあるものもありますね。ただしこれはちゃんと理解した方が兼めして、なぜその企業は本物の未経験者を採用したいのか、これを考えないとなりません。

 

もしかしたら安い収入でこき使われる可能性もありますし、未経験者をブラックなところで働かせる可能性もあります。普通は未経験者は採用しないので、何らか理由があります。こればかりは自分で調査して自分でリスクを取りに行った方が賢明ですね。1つありなのは、若い方を採用して育てたい、この場合は未経験でもありです。

 

フロントエンドエンジニアの面接の戦い方

求人サイトや転職サイトに登録したら、次はフロントエンドエンジニアとして面接でどう戦うかになりますね。ここは僕が一番解説できるところでして、採用担当の腕の見せ所です。重要なのは、2つでして、ポートフォリオを用意することと、コミュニケーションを大事にする、この2つです。

 

ポートフォリオを作る

一番大事なのは、ポートフォリオを作ることです。ポートフォリオが何かは先ほど解説した通りです。ポートフォリオでは、どんな実装ができるかをアピールするといいですね。htmlやcssは誰でも当たり前のように作れるので、javascriptでいかに工夫できるかを意識しましょう。

 

コミュニケーションで差別化する

2番目は、コミュニケーションですね。コミュニケーション次第で採用される事もあれば、採用されない事もあります。というのも、フロントエンドエンジニアは意外とwebディレクターやwebデザイナーと会話しながら業務を進めることが多いからですね。

 

採用観点では、チームにフィットしそうかも大事になるので意識して損することはありません。僕であれば、下記ができていると高評価ですね。意識すると採用に近づきます。

内容理由
質問の意図に即した回答ができている会話が円滑にできて、齟齬が回避できそう
面白いチームに馴染みそう
素直成長しそう、育てがいがある

 

未経験でフロントエンドエンジニアになるには30代が限界

 

ちなみに、フロントエンドエンジニアになりたい未経験で、年齢を気にする方も多いかと思いますね。30代が限界かなと思っていて、40代に近づくほど未経験だと厳しいです。理由はというと、やはり未経験なので経験者が教える必要があるのですが、その時に年齢が高い人に対して指導するのは正直しんどいからですね。

 

良くも悪くも、若さは武器なのでぜひフロントエンドエンジニアに未経験からなりたい場合は、早めに行動しましょう。

 

フロントエンドエンジニアがさらに稼ぐためにはjsを伸ばす

 

また未経験とはいえ、中長期的な観点から、フロントエンドエンジニアとして稼いでいきたい場合は、javascriptのスキルを伸ばすといいですね。これはかなり確かな情報だと思っていて、非同期処理やAjax通信ができるとさらに収入アップが期待できますね。

 

というのも、htmlやcssは誰でもある程度勉強すればできますから、そもそも差別化が難しいですし、高めの給料を払える企業は得てしてABテストなどでフロントエンドエンジニアへの人件費投資で売り上げをあげているので、そういう仕事にフィットする動的処理が得意なjavascriptが得意だと稼ぎやすいです。今すぐ勉強しましょう。

 

まとめ

 

ということで、フロントエンドエンジニアに未経験からなりたい方向けに、学習方法や未経験から就職や転職する方法を解説しました。フロントエンドエンジニアになれれば、プログラミング需要は今後も継続するので食いっぱぐれることはないですね。

 

人気:webデザインスクールのおすすめと選び方【デザイン歴5年の僕が解説】
人気:大学生におすすめなプログラミングスクール4選【無料あり、20代も】

最新情報をチェックしよう!