次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

Geechs job(ギークスジョブ)の評判と口コミを体験談から解説

 

こんにちは、なうです。2020年8月時点で世の中はコロナで大変ですが、僕はフリーランスになろうと思っており、最近はフリーランスエージェントへの登録と相談をして居ます。今回は、そのうちの1つである、geechs job(ギークスジョブ、ギークスのフリーランスエージェント)に登録したのでその体験談を口コミや評判と共にお送りします。

 

Geechs jobへの登録が完了したので、今度オンライン面談行ってきます。コロナですからね。 Geechs jobは案件数も多く、単価も高め、そして営業さんが可愛い、という三拍子が揃ってる気がします。(多分) 冗談はさておき、フリーランスエージェントへの登録はたくさんしても損はないですね

 

結論から言うと、geechs jobさんはフリーランスエージェントとしては大手なので案件が豊富で単価が高い案件も多い、ITフリーランス向けの福利厚生プログラムであるフリノベと言う福利厚生の充実さに特徴があると言う感じですね。

 

今回はgeechs job以外にも、PE-BANKやレバテックフリーランスにも申し込んでいるので、比較感なども書いていきたいと思います。

 

Geechs job(ギークスジョブ)の評判や口コミ

 

まずはGeechs jobに登録(登録は無料です)しオンライン面談をした感想と共に、ネットでの評判や口コミをまとめてみます。どのフリーランスエージェントにしたらいいか悩んでいる人は参考にどうぞ。

 

登録した際の体験談と感想

まずGeechs jobに登録した体験談と感想からですね。公式HPから伺えるのは豊富な案件数ですね。以下の画像のように多様な検索軸があり、しかも登録せずとも公式HPで案件事例が見れるのは貴重です。

 

 

なかなか登録前から案件を知れるフリーランスエージェントはないですからね。しかも登録後は、非公開案件なども紹介してもらえるためもっと増えます。

 

で登録後、電話がかかってきて、①経歴、②希望条件などをヒアリングされました。そしてその後、詳細な説明のためオンライン面談の日程調整メールがきます。この面談でより詳細な説明とか質問が可能です。

 

感想としては、Geechs jobは15年以上の歴史があるので案件数や質に自信があること、フリノベと言う独自の福利厚生プログラムが魅力的だなあと言うところですね。それでは、ネットでの評判や口コミもみていきましょう。

 

ネットでの良い評判や口コミ

 

こちらはGeechs job自体というよりもフリーランスエンジニアについての内容が多いですが、それでもGeechs jobの案件紹介に手応えを感じたのは間違いない口コミですね。今、フリーランスエンジニアは確かにおすすめですね。

 

 

こちらは本質的ではないですが、確かにGeechs jobの営業担当の女性は可愛かったですね。。。はい。まあ正直大きくはフリーランスエージェント間で差はないので、営業が美人だと男性フリーランスはなびくかも?ですね。まあ人間だもの。

 

ネットでの悪い評判や口コミ

 

こちらはGeechs jobの悪い口コミと評判ですね。まあ、スキル次第では単価の低い案件しか紹介できないことはいくらでもあります。Geechs jobも目安はIT関係の職歴で2年以上の経験を求めているのが目安です。まあこれは仕方がないですね。

 

Geechs job(ギークスジョブ)の特徴、メリットとデメリット

 

次は、オンライン面談を通して感じたGeechs jobの特徴やメリット、デメリットをお届けしたいと思います。まあいうて、フリーランスエージェントは大手であれば大きくは差は無いですが、エージェント次第で持っている案件も微妙に異なるので複数登録がおすすめではありますね。

 

メリット

まずはgeechs jobのメリットからですね。僕が感じたメリットとしては、大きくは2つあるかなと思いました。ではどうぞ!

 

豊富な案件数

 

1つは大手だけあって案件数が多種多様です。上の画像を見れば分かる通りで、geechs jobでは公式HPで案件探しをすぐにできるのですが(登録したら非公開案件も出てくる)、検索軸が多種多様です。

 

職種軸でいうだけでも、エンジニア、デザイナー、ディレクターがあります。エンジニアでいうと、もっと幅広いですよね。

 

 

また毎日のように新着案件も公開されており、案件の流動性も高いように感じます。営業さんが頑張っているのでしょうね。フリーランスは案件が大事です。評価がすごく高くてもすぐに単価が上がるってことは基本ないと思います。なので最初が大事ですね。

 

独自の福利厚生プログラム:フリノベ

 

2つ目は、geechs jobの独自福利厚生プログラムであるフリノベですね。フリーランスにはつきものな税金対策としての確定申告、勉強会、飲食などの優待利用など様々あります。

 

会社員からフリーランスになるデメリットとして、福利厚生がなくなるってのがありますが、geechs jobであればその心配はありませんね。

 

デメリット

一方でデメリットもなくはありません。これはGeechs jobだけに限らず全てのフリーランスエージェント特に週5フルタイムのフリーランスエージェントで共通するデメリットがあります。

 

2年程度のIT関連経験年数は必要

それは2年程度のIT関連の経験年数は必要となるということですね。フリーランスは例えばエンジニアとかであれば、東京では月70万円くらいはスキルがあれば稼げます。結構な金額ですよね。

 

でもその分、しっかりとしたスキルが必要で、それの目安が最低でも2年です。これより経験年数が低い場合は、副業みたいな形での活動をするか正社員としてもっと経験を積んでスキルアップが必要ですね。

 

もし副業で稼ぎながらスキルアップしたい場合は、の記事を参考にどうぞ。僕自身も活用したおすすめの副業エージェントを紹介して居ます。

 

Geechs job(ギークスジョブ)と他のフリーランスエージェントとの比較

 

では最後に、僕がこれまで複数併用してきたフリーランスエージェントとgeechs jobを簡単に比較したいと思います。

 

PE-BANK

1つはPE-BANKですね。こちらのフリーランスエージェントの特徴としては、何よりも手数料が低いことですね。初年度が12%、2年目が10%、3年目以降は8%です。業界最安だと思います。

 

この理由として、PE-BANKはもともと共済会だったので、というのがあります。ただ、案件数でいうとあまり多くはないイメージを抱いてしまったのがデメリットですかね。

 

詳しくは、PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】の記事を参考にどうぞ。PE-BANKも公式HPから案件を探すことができる貴重なフリーランスエージェントです。

 

レバテックフリーランス

2つ目は、レバテックフリーランスですね。こちらはレバレジーズが運営するフリーランスエージェントですね。なので、業界の中では大手に分類されます。

 

位置付け的には、レバテックフリーランスもgeechs jobも大手という意味では、同じようなイメージを持ちましたね。案件数も多くて福利厚生もあるという感じで。

 

この辺は好みですが、フリーランスの案件探しは複数登録がベストだと思うのでどれも登録しておいて損はないです。お金もかかりませんし、エージェントによって持っている案件に少し違いがあったりもしますから。

 

詳しくは、レバテックフリーランスの評判・口コミは悪い?登録してみたを参考にしてみてください。

 

まとめ

 

ということで、geechs jobの口コミや評判を自分の登録体験談と共にお送りしました。これからフリーランスになりたい人は是非参考にしてみてください。

 

人気:フリーランスの求人サイト・エージェントのおすすめと選び方【採用担当が解説】

最新情報をチェックしよう!