次回から「なうブログ」と検索くださいませ

Geekjobで就職できない(しない)人は数%しかいない理由

Geekjobで就職出来ない場合や就職しない場合ってどうなるのかな?就職できない人の特徴なども知りたいな。こんな疑問にIT業界で5年以上働く僕が解説します。

 

結論ですが、Geekjobで就職できないケースはほぼないです。就職率が95%くらいなので100人に数人しか就職できない人はいません。じゃあそういう人の特徴って何かというと、プログラミング学習自体が嫌になったつまりエンジニアになりたくなくなったか、あるいは自走できなかったのどちらかかなと思います。

 

今回はそういった就職できない人の特徴から、仮に就職できないあるいは就職しない場合にどういう選択肢があるかどうなるのか?を解説します。

 

Geekjobで就職できない(しない)人は5%だけ

 

まずGeekjobでは就職率が95%ほどあるため、就職できない人はまれです。あえて就職しない人はいるかもしれませんが、それでもほぼ就職できないってことはないです。理由を解説します。より就職率の詳細を知りたい場合は、公式HPをどうぞ。

 

就職支援がある

まずGeekjobでは無料で就職支援がつきます。これがまず大きいです。就職支援というのは主には、企業紹介、ES作成、面接対策、あとは未経験からエンジニアを目指す人ににとって必須なポートフォリオ作成が対象になりますね。

 

そもそもGeekjobのビジネスモデルが受講生は無料だけど、紹介企業に就職してもらうことで紹介企業から協賛金をもらうというビジネスモデルなので、就職してもらわないことには運営が回りません。以下画像参照ください。

 

 

上記画像はプロエンジニアという他の類似スクールの解説画像ですが、原理はGeekjobも同じです。このため、結構なサポート量を投じて無料でやってくれるんですね。こういう事情があり、Geekjobでの就職率はとても高いです。

 

Rubyを無料で学べる

またGeekjobの特徴として、無料のプログラミングスクールでは珍しくプログラミング言語として、Rubyを学べます。Rubyを学べるのは、WEB系自社開発企業への就職を狙う場合には、とても武器になります。人気なWEB系自社開発企業ではRubyを使っているケースが多いからです。

 

WEB系自社開発企業とは何かがわからない場合は、SIerとweb系の違いまとめ【キャリアの時期と相性で選ぶのがいい】を参考にどうぞ。またRubyじゃなくてもJavaやPHPなどどんな企業へ就職したいかなどによって学べるサーバサイド限度を選択できるため、こういう意味でも就職できないということは少ないんですよね。

 

エンジニアとして就職することを優先したい場合は、SESなど就職が比較的容易な企業分類に就職するためにJavaを学んでもいいと思いますし、複数選ぶのも問題ないです。

 

就職先紹介企業の質と量が豊富

またGeekjobの就職先企業紹介、つまりみなさんにとっての就職先は質と量ともに多いです。500社以上の中から選べます。選ぶといっても実力不足だと希望する企業へは当然就職はできないですが。

 

ただ希望する企業へエンジニアとして就職できるために、ポートフォリオ作成や面接対策などを
うけられるというわけです。どんな就職先があるかは、Geekjobの就職先はほぼSESが多い【数年後転職前提で受講すべき】を参考にどうぞ。

 

WEB系自社開発企業から、SIer、SESと多様な企業があるためスキルやポテンシャルに応じて選べますから、就職できないってことはほぼないです。

 

Geekjobで就職できない(しない)人の特徴

 

それでもGeekjob受講して就職できない人とか就職しない人ってどんな人だろう?自分は大丈夫かな?というのを解説します。

 

プログラミング学習自体が嫌になった

1つはGeekjobの受講中にやはりプログラミングに興味が出ないとか、難しくていやになったとか、自信をなくしたというようなケースかなと思います。

 

プログラミング自体は決して簡単なものではないですし、未経験からエンジニアを目指す場合は学習量が絶対的に必要です。この過程で挫折する人もいてもおかしくはないです。

 

ただGeekjobではある程度サポートもあるため、5%と少ない数値になっています。このケースで言うと、事前にプログラミングに関心が持てるをチェックするために無料のドットインストールなどでちょこっと学習しておいたほうがいいでしょう。

 

自走できない

2つ目の就職できないあるいは就職しない人の特徴ですが、自走できないというのがあると思います。これはエンジニアになりたいけど、Geekjobで「プログラミング学習をしたものの自走つまり自分で解決していけばいためスキル不足で就職できないというケースですね。

 

エンジニアは自分で分からないことをググり解決、バグも調べて解決というのが基本的なスタンスなので、自走力は必要です。これは面接でも評価されるポイントなため、Geekjob受講中にある程度鍛えていくのが大事かなと思います。

 

就職できないリスクを減らすために自走力をつけるのは、結構難しいかなと思います。抽象的ですからね、まずは自分で考える姿勢を身につけるしかないかなと思いますね。

 

Geekjobで就職できない(しない)場合はどうする?

 

ここまで解説してほぼGeekjobで就職できない(しない)ケースは少ないんだなと理解できたと思いますが、万が一就職できないとどうなるかを解説します。

 

違約金かかります

一番の注意点はGeekjobで就職できない場合は、違約金がかかります。違約金は12万円です。プログラミングスクール受講費としてはこれでも安いほうです。

 

Geekjobは冒頭の話通りで、就職してもらうことで協賛金をもらっているため、就職できないと違約金をとっていますね。まあほぼほぼ起きないとは思います。

 

もう少し違約金について詳しく知りたい場合は、Geekjobの違約金には注意【リスクを認識しよう、それでも安いけど】を参考に読んでみてください。お金関係は重要なのでちゃんと読むに越したことはないです。

 

違約金かからないプログラミングスクールもある

ちなみにGeekjobでは違約金が12万円かかりますが、就職できなくても違約金がかからないプログラミングスクールもあります。Geekjobと同様に無料でプログラミングを学べて就職支援もしてもらえるところです。

 

プログラマカレッジというところなのですが、こちらは違約金がかからないため安心です。ただGeekjobと異なりRubyは学べないため、WEB系自社開発企業へ就職したい場合は、Geekjobがおすすめですね。プログラマカレッジについては、プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】も参考にどうぞ。

 

まあほぼ違約金がかかるケースは起きないためまずはGeekjobの無料説明会に参加して、具体的に検討し始めればいいかなと思います。ちなみにどちらも年齢制限があり、基本的には29歳以下です。若いほうが就職も有利なので早めの行動がおすすめです。

 

参考:Geekjobは大学生にもおすすめ【Ruby学んでweb系自社開発へ】

 

まとめ

 

ということで、Geekjobで就職できないことはあるのか?どういう人も特徴などを解説しました。参考にどうぞです。

 

参考:Geekjobの評判・口コミまとめ【失敗しないために必読】

最新情報をチェックしよう!