就職浪人のメリットとデメリット【理解して選ばないと後悔します】

 

就職浪人のメリットとデメリットは何かな?就職浪人した場合はどんな就活のやり方になるんだろう?事例を知りたいな、こういった疑問に就活ネタで最近は毎日更新している僕が答えていきます。

 

就職浪人は、いわゆる大学受験の浪人よりもメンタルに来そう。
戦いは厳しくなるわ、周りは働いてるわ、模試と違って客観的に安心できる指標もない。
やりたいことや挑戦したいことがない限りは就職して転職リベンジがよいと思ったりする

 

僕自身は学部時代に無い内定から就活リベンジで3社内定しましたが今回は就職浪人して就職した友人の体験談で解説します。

 

就職浪人のメリットは時間ができること
就職浪人のデメリットは就活厳しくなりがちなこと
就職浪人の就活のやり方は長期インターンがおすすめ

 

就職浪人のメリット

 

まず就職浪人のメリットから解説です。結論、就活の軸をじっくり決められる、自己アピール材料を作る時間が取れる、この2つです。

 

就活の軸をじっくり決められる
自己アピール材料を作る時間が取れる

 

上記の通りですね。ただし就職浪人のメリットを活かせるかはあなた次第です。

 

じっくり就活の軸を作れる

就職浪人すると時間が取れるので、就活の軸をじっくり決められます。これは就活の納得感を高めることと、就職後の早期離職のリスクを下げられるメリットにつながりますね。

 

新卒3年以内に30%も転職するとはよく言われていますが、これも結局就活の軸が正しくなかった、納得感が薄いまま就職してしまったことが主要な原因ですよね。

 

就職浪人すると、この納得感が高まるので就職後の早期退職は避けやすいです。ちなみに新卒就職3年以内の転職は、一般的に第二新卒枠として扱われますが、第二新卒の就活もそれはそれで厳しい戦いになるため、これは大きなメリットになります。

 

参考:第二新卒の就活は厳しいです【体験談をベースに方法も語る】

 

僕の友人の場合は、大震災の影響で何を思ったのか自分の価値観を見つめなおすために就職浪人していましたね。必要ないという人もいるかもですが、割とどのように働きたいかとかどういう仕事をしたいかとかは、業務経験がないのになかなか大学生には分からないです。

 

そういう意味でも、就職浪人して自分の価値観を見つめなおすことで、就職後も納得して働けることで早期離職を可能性を減らせるというメリットにつながりますね。

 

自己アピール材料を作る時間が取れる

就職浪人のメリットのもう一つは、自己PRのアピール材料を作れることですね。これが出来ると志望企業への内定獲得の可能性も必然的にあがります。

 

就職浪人では時間が取れるのが最大のメリットなので、自己PRにつながる何かをできることは大きいです。特に無い内定になったので就職浪人した方は、自己PRにつながることに挑戦することは必須ですね。

 

これはかなり大事でして、逆に就職浪人して頑張ったことがないと面接官から「何をしたかったの?」ということを言われ、厳しくなる可能性もありますね。とはいえ就職浪人におけるチャンスでして、就職浪人中に頑張ったことや自己PRを作れると現役の就活生と差別化ができますね。

 

就職浪人のデメリット

 

一方で就職浪人のデメリットというと、どんどん就活自体が厳しくなる、業務経験がないまま時間が過ぎる、これにつきますね。

 

どんどん就活自体が厳しくなる
業務経験がないまま時間が過ぎる

 

上記の通りです。この就職浪人のデメリットは誰にでも起きます。

 

就活自体が厳しくなる

基本的に就職浪人は企業からの印象は良いものではないので、就活自体が厳しくなるというデメリットがあります。

 

これは当然でして、企業的には内定取れなくて就職浪人した、納得のいく就活が出来なくて就職浪人した、と思って厳しめにくるのでデメリットとしては大きいです。

 

なおかつ、就職浪人している分だけその期間に遊ばずに何を頑張っているのかも厳しめにみられるため、就職浪人前の就活よりも準備が必要になりますね。

 

僕の友人も実力は全然高いんですが、初任給が必ずしも高くはない企業へ就職していました。しかし、やりたいことを見つめた結果として8年ほど勤めあげています。

 

業務経験が得られないまま時間が過ぎる

就職浪人している間というのは、新卒でそのまま就職した同級生が社会経験を積むはじめている一方で、業務経験が積めないというデメリットもありますね。

 

基本的には就職浪人すると1年間遅れるデメリットになるわけですが、このデメリットを働かないことの収入としての機会損失と、スキルアップができないことの機会損失で考えると、例えばこのようになりますね。

 

項目コメント
収入面新卒1年目の初任給平均を400万円
スキルアップ面定量化が難しいけど、スクール費用に直すと100万円はしそう

 

上記の通りですね。まあ400万円を高いとみると低いとみるかは個人の価値観なので就職浪人するかどうかは慎重な決断が必要ですね。

 

とはいえ、就職浪人のメリットとデメリットがわかっても就職浪人の場合の就活のやり方がわからないと決断もしにくいと思うので合わせて解説しますね。

 

就職浪人の就活のやりかた

 

では就職浪人の就活のやり方を解説します。結論、長期インターンでリスクヘッジ、就活サービスも頼る、が僕の考えですね。

 

長期インターンでリスクヘッジ
就活サービスも頼る

 

上記でOKです。それぞれ解説していきます。

 

出来れば長期インターンで業務経験を得ながら就活する

就職浪人におすすめな就活のやり方の1つとして、就職浪人期間中の豊富な時間を長期インターンに使って業務経験を得つつお金を稼ぎつつ就職浪人の就活を攻略しましょう。

 

これが1つ目の就職浪人の就活のおすすめのやり方ですね。これは僕自身も実行ており、学部時代の無い内定を乗り越えて3社内定までたどりつけました。下記の記事に当時のことを詳細に解説しています。

 

参考:無い内定クズから上場企業内定を勝ち取った体験談【戦略あり】

 

読めばわかりますが、意外と小さい企業って車内りん議とか無いので大学生から「御社に興味がありインターンさせて欲しいです!」と連絡すれば、とりあえず面談しましょう。となることって全然ありますよ。ちなみに、下記が当時の僕が送ったメールですね。

 

XX社
問い合わせ担当様突然のご連絡恐れ入ります、XX大学のXXと申します。
今回ご連絡差し上げたのは、ぜひ御社にて長期インターンをさせていただきたく考えまして、ご連絡した次第です。御社に興味を持ちました理由としては下記です。・大学時代の恩師が急死しまして、医療業界に興味を持った
・中でも製薬業界や医療機器メーカー、病院など医療業界を横断的に対象としてコンサルティング活動をしている御社に興味がありますもし宜しければインターンなどさせて頂けないでしょうか?
突然のご連絡で恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。XX大学 XXXX

 

こんな感じですね。翌日、とりあえず面談しましょう、と返事があり2回ほど面接(初回は普通の面接、2回目はケース面接)でその後長期インターンが決まりました。

 

ポイントとしては人数の少ない企業だと、人手不足なので大学生のインターン機会はわりとくれます。ぜひパクってOKなので、問い合わせしてみましょう。場合によっては数ヶ月後そのまま内定をくれることもあります。

 

リスクヘッジで就活サービスを使う

とはいえ、全員が全員就職浪人で時間を作れるわけでも無いですし、こういった形で就職浪人の強みである豊富な時間を活用して長期インターンできるわけでは無いです。

 

そういう場合は、僕のおすすめは就職浪人の「徐々に就活が厳しくなる」というリスクを鑑みて、就活サービスを活用することをおすすめしますね。無料ですし、自己分析や自己PR、企業紹介をしてくれるので活用して損はしないですし。

 

就職浪人でもキャリアチケットのような就活エージェントでは、相談に無料に乗ってくれるのでぜひ活用してみましょう。

 

まとめ

 

ということで就職浪人のメリットとデメリット、就活のやり方を解説しました。キャリアチケットでも内定が取れない場合は、エンジニアに関心があれば下記の記事で紹介している完全無料就職支援付きプログラミングスクールも有用です。正社員内定率が95%以上で無料なので検討余地は高いです。

 

参考:就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】
参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

最新情報をチェックしよう!