Grow with Googleの参入目的と個人youtuberやブロガーの影響を考察

 

先ほどこんなツイートをしたんですが、Google先生すごいです。この動きがあるとは思いもしなかった。プラットフォーマーが自らコンテンツ提供者になるっていう戦略は前からあるんですが、流石にgoogleなので影響が大きそうです。僕も影響を受けそうなので、googleがなぜGrow with Googleを始めるのか、目的とブロガーやビジネス系youtuberが受ける影響を考えたいと思います。

 

Grow with Googleとは

 

Grow with Googleとは、Google提供のデジタルスキルの学習コンテンツで、動画サービスになっているようです。無料で提供され、1000万人への提供を目指すと言っています。1000万人を日本でって10人に1人ですよ。これかなり凄みを感じますが、Googleさんならできそうです。

 

提供内容も、個人、法人と色々な切り口でニーズ訴求され、コンテンツ拡充されていく模様。Freeeとか各社と協力して、色々なコンテンツを作っていくみたいですね。で、ここまで読んでわかると思うんですが、Googleって検索サービスとかYoutubeもGoogleのサービス(買収した)ですが、プラットフォーマーなんですよね。基本的には。これが今回なぜ僕が注目したかというと、後述するようにビジネス系youtuberも影響受けるのもあるんですが、プラットフォーマーが自らコンテンツ提供者になるってところなんです。

 

参考:Grow with Googleとは

 

Googleはバーティカル市場も淡々と狙っている

 

ちなみにGrow with Googleに始まったわけではなくて、Googleは最近仕事系もそうですし、旅行系もですがバーティカルも狙ってきてますよね。今までのバーティカルメディア(旅行系とかグルメ系とか)もそうなんですが、Googleがだんだんと検索一覧に顔を出すようになってます。鎌倉 観光で検索してごらん。

 

Grow with GoogleをGoogleが始める目的

 

で今回の論点の1つである、なぜGoogleはGrow with Googleを始めたかなんですが、僕の仮説は2つです。1つは、ビジネス系動画市場を自ら丸取りしたい。そして、日本国民のデジタルリテラシーが高まるとGoogleが得する、です。

 

ビジネス系動画市場を自ら丸取りが狙いという仮説

まずですね、イケハヤ先生を中心にビジネス系動画コンテンツをyoutubeに投下して波乗りを狙ってるブロガーが最近多いです。ブロガーからyoutuberへの移行が進んでいます。

 

参考:イケハヤ、ブロガーからyoutuberへ

 

これは色々あるんですが、大きくはSEOアフィリが困難になっていること、そして5Gという新しい通信規格による動画市場の変化がありうるからという読みの元、伸びる市場に移行したということですね。他にも色々なブロガーが移行しています。

 

事実、動画広告市場は伸びると予想されております。

 

参考:動画広告のびる

 

国民のデジタルリテラシーが高まるとGoogleも得する

 

でですね仮説の2つ目ですが、GoogleのこのGrow with Googleで日本国民のデジタルリテラシーが高まるとおそらくGoogleも得します。なぜかというと、Googleの基本的なマネタイズは、Google検索における広告収入です。で、リテラシーが高まるとこの辺に参入する個人が増えそうです。

 

もっというと、Grow with GoogleのAI講座とかで学んだ個人が、Google提供のAIサービス使いそうじゃないですか。というか、宣伝しそうだしGoogleが。となると、Googleの周辺デジタルサービスのユーザが増えますよね。これが狙いなんじゃないかと。

 

ビジネス系youtuberやブロガーへの影響

 

でもう1つの論点である、ビジネス系youtuberやブロガーへの影響なんですが、悲観的に考えると事実上ユーザが取られて潰される可能性もありえますね。これはもう仕方がないです。だって、Google知名度抜群だし、コンテンツもしっかりしてるし、なんなら自社サービスのyoutubeの検索上位に乗せることも容易でしょう。

 

ビジネスコンテンツはきつくなる?

 

最近イケハヤ先生のように動画の波に乗ってビジネス系コンテンツを投下している現役ブロガーが多いですが、まるっきりコンテンツがかぶると厳しいでしょうね。楽観的に考えると、少しでも切り口を変えれば個人でも戦えるとは思います。

 

これからビジネスyoutuber参入は戦略次第

なので、これからビジネス系コンテンツでyoutubeに参入する場合は、戦略が必要そうですね。完全なるマーケティングだったり新規参入のフレームワークを活用して考えないと厳しそう。まあ、まだGrow with Googleがどうなるか次第ですが、Google先生のプラットフォームで踊る立場から、Google先生のプラットフォームで踊りながらそのGoogle先生と戦う必要が出そうです。まるっきり被らなければ大丈夫ですけどね。

 

まとめ:Googleに支配される生活が継続

 

ということで今まで検索だったり、携帯電話(Appleの方が優勢だけど)でGoogleに支配される日々が継続していますが、ビジネスという切り口での動画もGoogle先生に支配される生活が来るのかもしれません。これ個人でかエグことを考えなければ、こんなこと思いつかなかっただろうなあ。

最新情報をチェックしよう!