大学生がプログラミングで稼ぐためのレベルと方法【結論チャンスです】

 

会社員での本業に加えてブログ収入やwebディレクターとしての経験を活かしたコンサルで副業収入が20万を超える月も出てきました。引き続き僕の実績や知識を発信していきたいと思います。

 

で、最近地元の後輩と飲んだんですが、やはり収入に困っているということで、こんな相談をもらいました。

 

普通の事務仕事じゃいつまでも年収が上がらないって聞くし、大学生でも稼げるアルバイトってないんすかね?出来れば継続的に年収が上がりやすくて、年齢に関係ないものがいいんだけど何か知ってる?

 

今回は現役webディレクターとして大手IT企業に務める僕が今だからこそ教えたい、大学生におすすめの稼ぐ方法として大学生でもプログラミングで稼ぐために必要なレベルと方法を公開していきたいと思います。

 

僕は、エンジニアの採用面談もしているので、どれくらい稼げるか、どうプログラミングで大学生が稼ぐべきか、必要なレベルはどれくらいか、どうプログラミングの勉強を始めればいいか、普通の人が知らないことも教えることができると思いますので、早速公開していきたいと思います。

 

無料でプログラミング学ぶ場合は、プロエンジニア or ITCE Academy がおすすめ
フリーランスエンジニアとして稼ぎたい大学生は、TECH::EXPERT がおすすめ

 

大学生はプログラミングでどれくらい稼げるか

 

まず大学生がどれくらいプログラミングできると稼げるかですが、かなり稼げましてぶっちゃけ稼働時間次第では社会人並みに稼ぐことが可能です。社会人は20代ですと平均月収が手取りで20万円ちょっとですが、スキル次第でプログラミング出来れば大学生でも20万円くらい稼げますね。

 

例えば、時給1200円で8時間を週5日でアルバイトすれば、192,000円です。

 

初心者でも時給レベルで1200円も狙える

 

大学生でプログラミングが出来れば、時給2000円くらいのアルバイトがいくらでも見つかります。今はエンジニア不足なので、大学生でもスキルさえあればプログラミングをお願いしたい企業や人ばかりな時代です。実案件を見てみましょう。

 

マイナビバイトの大学生可のバイト案件

 

の案件では、こんな感じですよね。

 

時給1200円+交通費、未経験OK(学習時間事実上0)、アプリ開発なのでswiftかkotlin、

 

ちなみに、未経験や初心者でこの時給が大学生でもプログラミングで稼げるので、スキルが上がればもっと稼げるのは想像できると思います。ここで夢を見るために、スキルがつくとどれくらい大学生でもプログラミングで稼げるか、実案件をもう1つみてみましょう。

 

シューマツワーカー のエンジニア実案件

 

こちらはシューマツワーカーという副業マッチングプラットフォームの実案件です。大学生でもスキル次第でアプライはできると思います。こちらのプログラミング案件の条件は、

 

時給2500円、Ruby on Rails経験3年、稼働時間10時間/週

 

という感じで、先ほどの倍になりました。エンジニアになると経験年数が増えるだけで、自動的に時給がスキルアップと連動して上がって行くのが魅力です。いわゆるホワイトカラーってやつですね。

 

大学生がプログラミングで稼ぐ場合の仕事スタイル

 

実際に大学生がプログラミングで稼ぐ場合は、大きく2つの仕事スタイルになるかと思います。1つはインターンやアルバイトとして企業の一員となって働くスタイルです。もう1つは、クラウドワークスなどで在宅ベースで個人として受注してプログラミングで稼ぐスタイルですね。

 

インターン/アルバイト

 

多くの大学生はインターンやアルバイトでの稼ぎ方がメインだと思います。今では、多くのITベンチャーがあるので、結構需要は多いんじゃないかと思います。インターンやアルバイトでは、マイナビバイトでもいいですし、Wantedlyのようなメディアでも探せると思います。

 

僕も大学生時代に少しだけこの形式でインターンをしていましたが、大学生が数多くいる企業もあり、友達を増やしながら遊びながら経験も増やせて稼げるというなかなかいい時間の使い方だなと思ったものですね。懐かしい。

 

一方で言ってしまうと、労働力を搾取されているという見方もできなくはないですが、大学生でプログラミングスキルも低く最初の頃は、スキルアップしてやめる前提で始めればいいかと思います。この労働力の搾取という意味は後述します。

 

クラウドワークス

 

2つめは、クラウドワークスです。クラウドワークスで大学生がプログラミングで案件受注するのは、結構すごいことでして中級者以上のレベルかと思います。クラウドワークスで受注できると、時給がちょっとだけ上がるかと思います。

 

というのも、ここが先ほど労働力の搾取と言ったポイントでして、従業員は実は自分が会社に売り上げ貢献しているお金の1/3くらいしか給料をもらえていないケースが多いです。しかし、クラウドワークスでは、あなたと発注者が直接契約を結ぶので比較的お金が入りやすいです。(厳密にはクラウドワークスが手数料とってますけどね)

 

大学生におすすめのプログラミング学習始め方

 

未経験の大学生がプログラミング学習を始めるには、絶対にハードルを高めてはなりません。まずは継続できるようにするのが大切です。これはまじで覚えておきましょう。その上で、大学生であれば、まずは独学、投資観点でプログラミングスクール、スキルがついたら稼ぎながらスキルアップ、これが一番効率的です。

 

スキルの身につけ方はまずは独学でもOK

 

大学生はお金がないのが普通なので、最初は独学から始めるのがいいですね。そうすればお金も使わないですし、自分に向いているか、興味を持てるかがある程度は判断可能です。独学の場合は、今では多くのオンラインでのプログラミング学習サービスがあり便利な世の中です。

 

例えば、ここら辺がプログラミング動画サービスでは有名でしょうか。Udemyなどもありますが、有料コンテンツなのでお金があればいいかと思います。

 

ドットインストール
プロゲート
スクー

 

まずはこの辺の動画をみながら、プログラミングってこんな感じなんだと思うところからが本当の初心者の始め方かなと思いますね。あるいは、本などを購入してみてもいいかと思います。

 

投資観点としてプログラミングスクールは学習効率高い

 

とはいえ、初心者の大学生がプログラミングを完全に独学するのは結構厳しいです。もし独学である程度プログラミング出来れば、もうあなたはエンジニアになった方がいいと思われます。僕の周囲でも、独学でメキメキスキルアップしている人は、今でもエンジニアで稼いでいます。

 

そうなると、もう1つの方法としてプログラミングスクールに通うという方法がありますね。これは会計士を目指す大学生がダブルスクールでTACに通うのとほぼ一緒です。TACよりも大げさじゃないですけど。

 

プログラミングスクールに通うと、有料なところが多いですが、講師に教えてもらえるので、つまづいたりしても安心してプログラミングのスキルアップに繋げられます。ちなみに、プログラミングスクールは相場としては10〜20万円/月が相場ですが、

 

探せばプロエンジニアITCE Academyのように無料なところもありますし、エンジニアとして稼ぎ出せば半年くらいで回収可能なので投資観点として全く合理的です。

 

参考:大学生におすすめなプログラミングスクール4選【無料あり、20代も】
参考:就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】

 

スキルを活かして稼ぎながらスキルアップ

 

そしてある程度プログラミングできるようになれば、もうあとは稼ぐだけです。ここまでくると、プログラミング案件で稼ぎながらスキルアップできる構造に持ち込めるのでおすすめですよ。お金もらいながら、スキルが上がってさらに時給をあげることができてきますからね。

 

多くのホワイトカラーが高年収なのは、この稼ぎながらスキルアップしてさらに年収が上がるからに他なりません。事務職に近い仕事では、単純作業に近いので、この構造にはならないですよね。

 

レベル別の大学生がプログラミング案件を受注し稼ぐ始め方

 

さてここから、初心者から上級者レベルまでの大学生のプログラミング案件で稼ぐ方法を解説していきます。ちなみに、僕は大手IT企業の会社員ですが、レベルが高まるほど就活生としてのレベルも高くなるので、内定も取りやすくなること確実です。(ちなみに僕は当時レベル3でした)

 

レベル1:求人広告に応募する

 

一番簡単なのは、求人広告としてすでに募集のある案件に応募することですね。これはすでにニーズがあるわけですし、大抵未経験者OKなので比較的誰でも始められるレベルです。ただ、その分時給としては相対的に低くなっちゃいます。

 

このレベルだと、求人次第では未経験でも大学生であればプログラミングで稼がせてくれます。なので、大学生の場合はチャンスです。やるしか無いです。

 

レベル2:クラウドワークスで受注する

 

レベル2になると、クラウドワークスなどで実績を元に受注が可能になります。今では、個人で稼ぐことが可能な時代なのでスキルさえあれば、誰でも可能です。またプログラミングスキル次第では、サクッと終わらせることも可能なので、実質時給は高くなる傾向にあります。

 

レベル3:自らIT企業(ベンチャーメイン)に売り込む

 

レベル3になると、自らIT企業(多くはベンチャー)に自分を売り込んで、インターンやバイトとして採用してもらう方法です。僕の場合は、興味のある会社にメールを送って面談してもらいました。ただ、この場合は先方企業にエンジニアニーズがなければ採用されないか、時給も低めになるので、興味のある企業がなければやる必要ないです。

 

レベル4:自分のブログなどで実績公開しつつ受注する

 

一番レベルが高くて高い時給で稼げて、就活の実績にもなりやすいのは、自分でブログなどで実績発信して受注する方法でしょうか。ここまでくると、もはやそのまま就職も不要なレベルですが…、企業から受注できれば大学生でも50万円とか狙えますよね。

 

ちなみにエンジニアの社会人の単価って、フリーランスだと80万円とか100万円とかなので、大学生とはいえ現実味あるんじゃないかと思います。ちなみに下記は僕のブログ収入の実績ですね。

 

参考:ブログ収入初心者でも1年で10万円達成可能【データ公開】

 

大学生がプログラミングで稼げると将来バラ色

 

ということでですね、大学生はプログラミングで稼げると将来バラ色ですよ。皆さんは下記のうち居酒屋でどっちの話をつまみにお酒を飲みたいですか?

 

いやー、上司がうざくてストレス!昨日だってこんなことあったんだぜ?しかも給料も別に上がらないのに、仕事が増えるなんて…

 

 

いやー、エンジニアとして副業初めてさ、本業と合わせたらもう20代なのに年収1000万円超えたよね!しかも、副業だから楽だしさ、フリーランスになれば年収1500万円も夢じゃないね!

 

明らかに後者でしょ!大学生のみなさま、悩むくらいならまずは行動ですよ!

 

まとめ

 

ということで、プログラミングで大学生が稼ぐ方法や必要なレベル、どれくらい稼げるかを解説しました。今どれだけ頑張るかで、将来の収入は大きく変わるので、行動するのみです。

最新情報をチェックしよう!