web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

【副業】IT系の土日在宅でできるおすすめ副業まとめ7選

IT系で出来れば在宅で土日で副業してもっと収入を増やしたいと目論んでいるみなさま、こんばんは。筆者はここで紹介する副業で毎月10万円以上を稼いでいます。在宅土日で収入を増やしたいIT系の方々へ耳寄りな副業案件を紹介していきます。

 

今回はIT系の職種別での紹介になるため、エンジニア、ディレクター、プランナー、マーケター、データアナリスト、デザイナーと様々なITに関わる方々の収入アップにつながる副業案件をまとめていきます。

 

IT系の土日在宅でできるおすすめ副業とは

 

では早速IT系人材が土日に在宅で出来るおすすめ副業とは何かを紹介します。結論から言うと、副業暦の長い筆者がおすすめする副業案件は、プロの副業ホールハートとハイスキル人材向けのWorkship、そしてmidworksです。

 

これらの会社はちゃんと副業マッチングを生業としている副業案件紹介のプロの会社です。案件も豊富ですし、時給相場も2500円がミニマムラインと高めの相場になっています。なので、今までのキャリアを有効に活用して副業で稼ぎたい人にとてもおすすめです。

 

プロの副業ホールハート

 

まず1つ目は、プロの副業で有名なホールハートさんです。こちらは、もともと転職サービスを主な提供サービスにしていた会社ですが、クライアントとカスタマーのニーズに合わせて副業で週1で稼働するようなマッチングも紹介を開始しました。

 

特徴としては、転職をもともとやっているのでキャリアのヒアリングや紹介の精度がとても高いです。なので、副業だけでなくフリーランスのフルコミットなども紹介に応じてくれます。こちらでの紹介で筆者の場合は毎月10万円を稼げています。業務難易度も副業のため、本業よりも難しくはないですし簡単に稼げてしまいます。正直もっと早くから始めるべきだったと反省さえしています。皆さんもぜひプロの副業のホールハートさんで紹介を受けましょう。応募の流れなどはこちらのホールハートで副業した体験談にまとめてありますよ。

 

参考:【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだ

 

ハイスキル向けWorkship

 

2社目は、ハイスキル人材向けのWorkshipさんです。こちらの特徴としては、文字どおりスキルレベルが高い人向けの副業になっています。そのため時給相場もWorkshipさんの方が高い傾向になりますが、その分求められる人材要件は高い傾向があります。スキルの高いデザイナーとかで時給4000円なので他の職種でも同じ相場を狙えます。

 

筆者は世間でいうとかなり大手に入る企業で働いているため、面談などもスムーズに行われましたし、幾つかの紹介いただいた案件で副業を開始することができました。まあ、プロの副業との2足のわらじという意味では少々きついですが、それでも副業だけで合わせて毎月20万円以上の数字になるため正直やめられません。そのため、本業の会社ではどうにも昇給が遅い少ないなどの悩みがある方は、ぜひ登録して面談実施するといいと思います。かなりお小遣いが増えます!モンクレールなんて副業代だけで購入できますよ。Workshipでの副業体験談も、Workshipでの副業体験談に詳細に書いていますよ。

 

参考:Workshipは副業やフリーランスで稼げる!評判口コミまとめ

 

midworks

 

3つ目のmidworksは、非常に特徴的です。コンセプトが、フリーランスの働き方で正社員のいいとこどりになっており、実際にフリーランスながら福利厚生ももらえますし、保険料の支払いもあります。

 

また、フリーランスや副業にありがちな短期契約ではなく長期契約案件が多いのでそういった点も安心できます。またこちらの記事を読むとわかりますが、midworksで副業やフリーランスする場合は給料が爆あげします。ぜひIT系であればトライしてみましょう。midworksについての詳細は、midworksはいいとこ取りのエージェント!という記事で詳細に解説しています。

 

参考:midworksで副業やフリーランスする評判を徹底解説!

 

IT系で土日におすすめしない副業

 

Workshipやホールハートなど時給相場も高く案件も面白い副業エージェントがある一方で、IT系会社員が土日にする副業としておすすめしないものも存在します。いったい何かというと、クラウドソーシング系サービスです。

 

クラウドソーシングやランサーズ

 

今でいうと、クラウドワークスやランサーズなどが有名ですね。知名度はありながらもなぜIT系の土日副業にお勧めしないかわかりますでしょうか?筆者も実際に体験してみて分かったので、今まで行っていたことがあるIT系の方は肌感があるかもしれません。

 

クラウドワークスやランサーズはCtoC系のサービスです。なので、案件を出している取引先も基本的には一般の方です。そのためたまに適当な人がいたりするのです。そうなると、コミュニケーションをとるのもスムーズにいかないですし、何よりクラウドソーシング系は単発案件なので単価も低いです。結構スキルの安叩きが行われています。

 

講師

 

プログラミング講師もIT副業において、存在します。ただ、筆者がいままでIT系の副業を通して感じたこととしては、プログラミング講師はオススメできません。理由としては、生徒という相手がいるので、スケジュール調整が大変です。リスケもそう簡単には出来ないですし、基本的には生徒優先になります。なので、IT系副業の醍醐味である柔軟性とか在宅でできるとか、土日にできるとか、そういったメリットが少ないです。筆者の経験上では、他のIT副業でも同じくらい稼げますし、楽ですし、融通が利くのでそちらを探したほうがよいかと思いますね。

 

IT系副業で必要なスキル

 

またどのようなスキルがあればIT系副業が可能か解説します。基本的には、必要なスキルは専門性です。エンジニアであれば開発やプログラミングスキルですし、webデザイナーであればLP作成やバナー作成、webディレクターであればABテストやwebディレクション、webマーケターであればSEOが出来ると副業でかなり稼げます。

 

この専門性があるかないかでIT副業が出来るかがかなり変わります。他にも、自分でアフィリエイトを行うなども可能ですし、スキルがあればかなり副業の幅が広がります。

 

プログラミング

 

IT系の副業で代表的なのは、プログラミングとSEOです。まずはプログラミングで副業案件が多いプログラミング言語を紹介します。java、swift、ruby on rails、pythonが代表例ですね。

 

java

 

javaはプログラミング副業で人気が高い言語の1つです。またフリーランスにもなりやすく、案件には困らないでしょう。Javaはそのセキュリティの高さやプログラミング言語としての完成度の高さから、web系企業だけでなくIT業界で広く使われており、銀行でも使われているので副業単価も高いのが特徴ですね。javaの副業情報は、javaで在宅副業まとめで紹介しています。

 

参考:Javaの在宅副業で副収入10万円稼ぐ方法紹介!初心者も!

 

swift

 

またswiftもit系の副業で人気が高いプログラミング言語です。swiftはiOSアプリで使われる言語でして、objective-cよりも実装が簡単で初心者にも取り組みやすいです。なので、it系の副業未経験や初心者でも副業として始めやすいのがメリットですね。swiftの副業情報は、swift案件の副業まとめで紹介しています。

 

参考:Swift案件で副業をすぐに始めて稼ぐ方法まとめ

 

ruby on rails

 

ruby on railsもit系で取り組みやすい副業のプログラミング言語です。ruby on railsは、スタートアップやベンチャーで多く使われており、仲さんが率いるwantedlyでも使われています。初心者にも学びやすいプログラミング言語なので、it業界に転身したい方もおすすめです。ruby on railsの副業情報は、ruby on railsで在宅副業まとめ!リモートも可能で紹介しています。

 

参考:Ruby on Railsの在宅副業で毎月10万円稼ぐ方法!リモートも

 

python

 

最後のit系でおすすめなプログラミング言語は、pythonでしょう。pythonは、分析もできますし、統計にも使えます。また機械学習などもできるので、ハイスキルなIT副業が可能です。そのせいか、pythonでの副業は時給が高いように思います。pythonの副業情報は、初心者でもpython副業は可能で紹介しています。

 

参考:初心者でもPythonで副業を始められる方法まとめ

 

SEO

 

またプログラミングに並ぶ、IT系の副業の代表的なスキルは、SEOですね。SEOができれば、副業で高い労働収入も稼げますし、自分でアフィリエイトやブログで広告収入による不労所得も作れます。かなりIT系の副業するなら身につけたいおすすめのスキルですね。

 

IT系職種別おすすめ土日在宅副業7選

 

次に先ほどの2社で募集しているIT系の副業案件を職種別に紹介します。前提として、プロの副業もWorkshipさんもどちらも主にIT系、つまりインターネット業界で活躍する方々を募集しています。

 

やはりIT系やインターネット業界は、スタートアップが多いためか副業での募集が多いようで案件数も豊富にありました。筆者もそれぞれ複数社を紹介頂いて選びながらのマッチングだったのでマッチングの満足度も高かったです。

 

ディレクター・プランナー

 

では早速IT系での職種別副業案件を紹介します。まずはディレクターやプランナーです。ディレクターやプランナーは主に社内での企画職という立ち位置で、様々な課題分析と打ち手の提案を行うことになります。

 

筆者もこの職種で副業をしておりますが、ロジカルシンキングと専門的な経験さえあれば副業ができてしまう職種です。ディレクターだと主にABテストの提案やサイト制作のディレクションなどが主に求められるアウトプットの案件が多いため、その経験があると採用につながる可能性が高いです。

 

時給相場でいうと、プロの副業もWorkshipも共通して時給2500円からの紹介が多いと思います。正直、ディレクターやプランナーは無形のアウトプットなので他の職種に比べると時給が高く設定されているようには感じません。しかしながら経験によっては、過去の仮説をそのまま提案するといいだけだったりするのでかなり楽です。あなたがディレクターやプランナーの場合は、webディレクターにおすすめの副業4選の記事によくまとめていますよ。

 

参考:【副業】webディレクターにおすすめの在宅副業4選で毎月10万円収入アップ

 

エンジニア

 

次に最もIT系やインターネット業界での副業で案件が多いんじゃないかとさえ思われる、エンジニアのご紹介です。エンジニアはサービスの根幹に関わる重要な職種ですが、自社で優秀なエンジニアを抱えられないクライアントが案件募集していたりします。

 

働き方的には、案件単位でこの案件を何時間か同程度で納品お願いします。というようなやり取りを重ねていくことになるようです。エンジニアの良いところは、スキルによってかなり必要稼働時間数が変わるため経験豊富だとかなり美味しい時給に変化するというところと、需要が大きいため設定単価時給が高い傾向になるということです。

 

ミニマム2500円はもちろんのこと、高ければ4000円もあるので毎月の副業収入でいうと本業の半分にいたる可能性も多いになる夢のある職種です。在宅で土日にフルリモートでできる案件も多いためぜひエンジニアであれば登録して面談に挑みましょう。エンジニアの副業まとめにエンジニアの副業に関する詳細な情報を書いています。

 

参考:エンジニアが副業するための探し方を紹介!毎月10万稼ぐ!

webデザイナー

 

3つ目は、どの企業でもWEB系やインターネット業界であれば職種として需要のあるデザイナーです。エンジニアと並んで副業での需要があると言っても過言ではありません。あなたがデザイナーであれば、デザイナーやっててよかったと思うでしょう。

 

デザイナーに副業で求められる主なアウトプットは、LP制作とバナー制作です。デザイン制作だけでなくて、アートディレクションだったりABテストの提案やFEのようなHTMLやCSS、JSでの実装までできると一気に時給が跳ね上がる傾向にあります。そこまで行くと時給が4000円の案件も多くなります。

 

またデザイナーは在宅で土日で出来る案件も多いため、比較的働きやすい状況の中で副業にトライできるのも魅力の1つでしょう。あなたがデザイナーであれば副業で毎月10万円の収入アップは固いです。webデザイナー副業まとめにwebデザイナーの副業情報をまとめています。

 

参考:【副業4選】webデザイナーにオススメな毎月在宅10万収入案件

 

webマーケター

 

4つ目は、WEBマーケターです。要するに、集客担当ですけども、主な手法としてはSEOがニーズが高いようです。アフィリエイトやリスティングなどに代表される有料集客も案件としてはありますが、やはりどのクライアントも資金豊富ではないためSEOによる無料集客の需要が高いです。

 

そのため、SEOで一定の経験や実績そして提案が出来る人材は需要が高い傾向にあります。どの企業もSEOは重要な集客施策ですから案件も豊富です。時給相場的には、こちらも2500円がスタートラインです。このラインから、リスティングなどの有料集客の運用も出来る人材であればもっと単価が高くなる傾向にあります。

 

またSEOは比較的に数字で実績を語りやすいため、成果に応じて昇給などの交渉も比較的行いやすいことも魅力だと思います。その分、成果がでない場合もあるのでどういった取り決めで行っていくかも面談で交渉するといいでしょう。SEOやリスティングなどマーケティングに自身のある方はwebマーケター副業まとめも読んで応募するといいでしょう。

 

参考:【副業】WEBマーケター(マーケティング)におすすめな在宅副業4選で毎月10万円収入アップ

 

データアナリスト(分析、統計解析)

 

最後にデータアナリスト、いわゆるデータ分析や統計解析を得意とするデータサイエンティストの職種による副業案件を紹介します。こちらは、職種的にもかなりIT系、インターネット業界の中で専門的なスキルの職種になるため、案件によってはとても時給が高いのが魅力です。相場では2500円ですが、ベースのスキルが高いため3000円や4000円の案件もあるでしょう。

 

データ分析や統計解析による副業案件の場合は、主にデータ分析を活用した課題分析や提案を行う形となります。ケースバイケースでマッチングも変わるため、具体的にどんな案件があり、どんなスキルが求められるかは面談を通してクリアにしていくことがベターです。

 

この職種であればかなり時給を狙えるため、あなたがデータ分析系のスキルがありお小遣い稼ぎしたい場合はぜひ面談を実施して副業案件を勝ち取りましょう。統計解析などの副業は、統計解析やデータ分析の副業まとめにまとめています。

 

参考:【副業】データ分析・アクセス解析(統計解析)におすすめな在宅3選で10万収入増

 

人事

 

人事は直接的にはIT系の仕事ではないですが、IT系企業を中心に人事の副業も募集されています。採用戦略や人事制度設計のスキルを遺憾なく発揮できる人材は、高単価で案件獲得できると思います。人事の副業は人事の副業まとめでまとめています。

 

参考:人事の副業でおすすめの副業エージェント2選紹介!毎月10万円!

 

PR・広報

 

これまたPR・広報も直接的には、IT系の職種ではないですが、人事と同じようにIT系企業を中心に土日での副業案件も募集されています。PRや広報だと、製品の認知度アップやブランディングのような副業案件になります。

 

広報やPRの仕事は、人脈も大事なスキルになりますから副業で人脈作りをしながらお金稼ぎができてとても効率的だと思います。ぜひ広報やPR系のスキルがある方は、積極的に応募して副収入を稼いでいきましょう。PRや広報の副業は広報PRの副業まとめにまとめています。

 

参考:広報PRの副業で毎月10万円副収入を稼ぐ方法!

 

IT系が土日に副業するメリットとデメリット

 

またIT系の方が土日に副業するメリットとデメリットを教えていきたいと思います。結構単純なので自分がどちらのメリットとデメリットを取りたいかをよく考えて土日に副業すると良いかと思います。

 

メリット

 

まずIT系が土日に副業するメリットですが、お金をもらえます!これは結構大きくて、月収手取りが1万円上がるのも結構上がりづらい現代の中で、IT系で土日副業すると今回紹介した副業エージェントであれば毎月10万円ほど上がります。

 

またIT系はスキルが非常に重要な実力社会です。土日に副業として行うことで、もともとのスキルアップにもつながりますし、何より普段行わない業務の場合だと本業では得られないスキルを得ることも可能です。

 

こうすることで、本業ではなかなか上がらない収入を一気にあげて、なおかつスキルもアップするという好循環を生み出せるのがIT系社員が土日に副業を行う最大のメリットかと思います。

 

デメリット

 

一方でデメリットとしては、貴重な土日に稼働しないとならないということでしょうか?今回は土日に副業ということで紹介していますが、実際には多くのクライアントは土日に稼働しなくてもいいと考えているので、平日で早めに仕事が終わった人などに少しづつ行えば土日の副業時間も減らすことは可能です。

 

なので、あなたが単身の場合など時間を自由に使える立場であれば、このデメリットもそこまで気にすることでもなくなるかと思います。

 

IT系の副業収入目安

 

ここまでIT系やインターネット業界における職種別副業案件のまとめを紹介してきました。総じて収入目安としては時給でいうと2500円が多いため、週に10時間の稼働で毎月10万円になります。

 

これだけの収入を本業で増やそうとすれば相当の出世をしないとならないですし、責任も相当重くなることが悩みの元です。しかし、副業であれば簡単に楽して毎月10万円を増やせるためとてもおすすめです。やらない理由がないです。

 

IT未経験でも副業は可能

 

一方で未経験だとIT副業をどう始めればいいのかでいうと、まずはアフィリエイトやブログなどライティングだけで概ね成立することを副業として始めるといいかと思います。これなら未経験でも開始可能です。

 

アフィリエイト

 

アフィリエイトもIT未経験でも開始することができます。今ではアフィリエイトの始め方も多く紹介されていますから、調べればいくらでも可能です。筆者はもともとディレクターなので普通にディレクションで副業をやり始めましたが、アフィリエイトも今ではできます。

 

ブログ

 

またブログを始めてもいいかと思います。IT未経験で気軽に始められるのは、このブログでしょう。文章をかければ誰でも始められます。ブログの場合は、アドセンスなどで副業が出来るでしょう。アフィリエイトもブログも検索流入がメインなので、最初はかなりしんどいですが稼げるようになるとかなり楽勝で儲かります。

 

IT副業する際の注意点

 

IT副業する場合はいくつかの注意点があります。それらは本業への影響や就業規則、確定申告です。就業規則に違反しての副業の場合は、当然ばれるときまずいですし何かと罰則があるケースもありえます。また、確定申告はしておかないと当然申告漏れで遅延金を払うことになる可能性もあります。

 

就業規則

 

就業規則は、人事や総務または上司に確認すると入手できます。基本的には、全面的にNGか、一定の条件を満たせばOKのどちらかが多いと思います。まれに副業推奨のような考えをもっている会社もたまにありますね。

 

一定の条件で多いのは、本業と被らない業界であること、そして本業への影響が少ないこと、この2点でしょう。前者は競合になるとよくないよねという話で、後者は普通に本業に影響するほど傾倒はしないでね。という話なんですが、本業の会社がどれだけあなたが副業に時間を割いているかは分からないので大丈夫だと思います。

 

確定申告

 

またIT系会社員が土日副業する場合は、確定申告もしっかり行い節税対策をしていきましょう。本業以外の所得が20万円以上になる場合は確定申告が必要になります。確定申告は面倒ではありますが行うことでぐっと税金が低くなります。

 

基本的には、青色申告という申告が節税効果が高いので、個人事業主登録を区役所で行うなどをまずします。あとは、毎年2月くらいに行われる確定申告でfreerなどの会計ソフトを用いて申告をすればいいだけです。

 

節税対策としては、普段の外食費を経費として領収書をもらうなどして経費を多く作ります。そしてそれを申告の際に使えば大丈夫です。詳しくはfreeeで調べてみてください。

 

www.youtube.com

IT副業からフリーランスも目指せる

 

IT副業は、本業以外の会社からあなたのITスキルでお金を稼ぐという行為なので、その延長線上にはフリーランスへの道が開かれます。フリーランスは、IT副業よりも稼げる一方で、不安定ではあるものの、目指すIT人材が多いです。プログラマやエンジニアは多い印象ですね。

 

エンジニアやプログラマだけでなくても、ディレクターやマーケターでもITスキルを活かしてIT副業を行えば、自分のITスキルで稼ぐという感覚が分かるのでフリーランスになるのもイメージしやすくなると思います。

 

フリーランスはかなり稼げるので、最終的にフリーランスになることを意識してIT副業を始めていくというスタンスでもよいかなと思いますね。筆者も最終的にはフリーになって会社にしがみつかずに稼ぎたいと考えています。

 

参考:IT/Web系のフリーランスの始め方【採用担当が解説】

 

まとめ

 

まとめると、IT系やインターネット業界の、エンジニア、ディレクター、デザイナー、マーケター、データアナリスト、こういった職種の方で収入を増やしたいという方はぜひとも紹介した副業紹介会社で案件マッチングを狙ってください!とても生活レベルが上がりますよw

 

参考:IT副業を1年やった体験談とおすすめエージェント

最新情報をチェックしよう!