web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

IT業界向いている人向いてない人【IT業界5年の経験で解説】

 

IT業界に自分は向いているかな?向いていない人ってどんな人だろう?IT業界への就職/転職を検討しているから参考にIT業界経験者の考える向いている人と向いていない人を教えてほしいな。今回はこんな疑問にIT業界5年の経験の僕が解説します。

 

IT業界に向いている人(経験上の勝手な推測)

・ロジカルに考えるのが好きor得意
・効率化が好き
・合理的
・ラフな格好がいい
・稼ぎたい

IT業界に向いていない人(経験上の勝手な推測)
・触れるものを扱いたい

IT業界はほぼソフトウェアなので触れるものを扱いたい人以外はいいんじゃない?

 

 結論、トライ&エラーで仕事を進める人が好きな人、ロジカルシンキングが得意な人、自動化や効率化が好きな人、着実にスキルアップしたいあるいは新しいことが好きな人、がIT業界に向いている人だと感じています。

 

一方でIT業界に向いてない人というのは、リアルなものを作りたい人とか愛着を大事にしたい人なんじゃないかなーと思っています。あとは保守的な人だとちょっと向いていないかなーと思いますね。経験上なので事例をもとに解説します。

 

IT業界に向いている人の特徴

 

まずはIT業界に向いている人から解説していきます。僕の個人的な意見とはいえ、僕は採用もしているのでここであげる向いている人の特徴に該当すればIT業界に親和性があると思っても問題ないと思います。

 

トライ&エラーで仕事を進める人が好きな人

僕が思うIT業界に向いている人の特徴の1つは、トライ&エラーが好きな人ですね。仕事の進め方として、IT業界はトライ&エラーで進めることが多いです。

 

仕事の進め方でPDCAという有名なフレームワークがありますが、IT業界はこの進め方が多いです。なのでトライ&エラーが合わない人は向いていないですし、合う人は向いているかなーと思いますね。

 

僕の周囲だと週単位で施策の効果を検証し、PDCAしているためもっとゆっくり進めたい人には向いていないです。ただそういうスピード感が好きであれば、IT業界に向いている要素になります。

 

ロジカルシンキングが得意な人

もう2つ目は、ロジカルシンキングが得意な人ですかね。IT業界に限らずですが、特にIT業界は職種的にロジカルシンキングが求められる職種ばかりです。

 

例えば、ITエンジニア、プロダクトマネージャー、マーケターなどです。特にITエンジニアは、ロジカルさが適正に直結する職種です。

 

しかもIT業界の職種ではITエンジニアは多くを占めますし、そういう人たちと会話して仕事をするうえでもロジカルさは必要不可欠です。

 

ITエンジニアに限って言っても、例えばバグの原因究明のためにMECEに原因を切り分けて究明しますし、開発工数の見積もりもロジカルな手法で算出します。まずロジカルであるかどうかはIT業界に向いているか向いていないかの2つ目の要素となるかなと感じます。

 

自動化や効率化が好きな人

3つ目は趣味や嗜好的な観点でして、自動化や効率化が好きな人ですかね。IT業界って基本的に自動化や効率化を付加価値とした業界なので、こういう部分が好きな人はIT業界に向いている人といえるかなと思います。

 

例えば、IT業界進展の始まりのGoogleの検索アルゴリズムも検索ワードに対して自動的に結果を出力しユーザに付加価値を出していますし、昨今話題のAIや機械学習もベースにあるのは人の手作業の効率化や自動化なんですよね。

 

なので逆に手触り感を大事にしたいとかって人だと向いていないなと感じますね。業界としての付加価値もそうなんですが、働き方的にも生産性を追求する文化がありがちなのでそういった価値観があれば向いているかなと思います。

 

着実にスキルアップしたいあるいは新しいことが好きな人

4つ目はスキルアップや新しいことが好きな人ですかね。これはIT業界に向いているか向いていないかのかなり大事なバロメータだと思います。理由はシンプルで、IT業界って進化が速いんですよね。2つの進化があって、技術進化とサービス進化ですね。

 

技術進化は想像の通りでソフトウェアに限らずハードウェアも進化が速いのでそれにキャッチアップする努力も必要ですし、対応していくマインドも大事になります。

 

実際に、新しいツールなどもどんどん出るので環境適応力もIT業界に向いているか向いていないかの観点では大事な要素ですね。一番はITエンジニアじゃないでしょうか。プログラミング言語も流行り廃りが速いので、そういう速さへの慣れは向き不向きに影響しますね。

 

IT業界に向いていない人の特徴

 

次はIT業界に向いていない人の特徴を解説します。あくまで僕が考える向いていない人の特徴なので仮に該当してもふーん?くらいで捉えても問題ないです。

 

リアルなものが好きな人(愛着を大事にしたい人)

1つ目はリアルなものが好きな人とか愛着を大事にしたい人ですかね。これは僕の知り合いの事例ですが、IT業界で働いたもののIT業界ってハードウェアは違いますけど、基本的にネットで完結するので愛着が湧きにくいんですよね。

 

一方でアパレルとかって、各社オリジナルのリアルなものがあるじゃないですか?ああいうものにあこがれて転職していった人が大勢います。僕の友人もそんな感じでリアルな物を扱うIT系じゃない企業へ転職していきました

 

まあそれはそれでその穂とのキャリア転換でしかないので、向いているか向いていないかにあまり影響はしないかなとは思います。ただ早期離職とかなんか違ったにつながりかねないので、自分はどうか?と自問自答してみるのもよいと思いますね。

 

保守的な人

2つ目の保守的な人これはIT業界には向いていないかなーと思いますね。IT業界ってスタートアップも多い業界ですし、保守的と対極に位置しがちな業界だと思うんですよね。

 

ツールも進化するし、働き方も進化するし(リモートとか)、ITエンジニアに至ってはプログラミング言語という稼ぐスキルに直結するものさえ数年スパンで変わりますからね。

 

保守的な人だと、そのあわただしさに驚きストレスを感じ転職、、、みたいなケースが容易に想像できます。それを心地よく感じられるかどうかは、IT業界に向いているか向いていないかに関係しそうですね。

 

IT業界に向いていない人の特徴はこれくらいですかね。基本的に最低限のロジカルシンキングができればIT業界のどの職種でも稼いでいけると思います。

 

まとめ

 

ということでIT業界に向いている人と向いていない人の特徴を解説しました。IT業界への就職や転職を検討していて自分は向いているなーと思えばぜひ挑戦してみてほしいですね。

 

IT業界は副業とか起業とか独立もしやすいので、お金が好きな人にも向いている業界です。その観点で一番狙い目なのは、ITエンジニアですね。29歳以下であれば、プロエンジニアのような無料かつ就職(転職)支援付きのプログラミングスクールもありますし。

 

そこから数年頑張ってフリーランスエンジニア転職すれば年収1000万円も射程圏内ですよ。フリーランスエンジニアになる場合は、PE-BANKがマージンが業界最安なのでおすすめですね。

 

最新情報をチェックしよう!