web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

Javaの在宅副業で副収入10万円稼ぐ方法紹介!初心者も!

今回はJava言語を扱えるシステムエンジニアやプログラマー、SEの方で在宅副業を行い副収入を得たい方向けにその方法を紹介したいと思います。筆者は現役webディレクターですが、今回紹介する在宅副業の方法で毎月10万円以上の月収を得ています。

 

Java言語は非常に需要の高いプログラミング言語なので、すぐに在宅副業案件が見つかると思いますし、時給相場も高いのでとてもおすすめです。では、早速Javaで在宅副業を行い毎月10万円以上もの副収入を稼ぐ方法を紹介したいと思います。また、プログラミング副業で稼ぎたい場合は、プログラミング副業サイトのおすすめまとめで詳細な解説をしています。

 

Javaとは

 

まずJavaとは何かを簡単におさらいしましょう。このページを読んでいるあなたはおそらくJavaとは、何かくらいかなり熟知しているとは思いますが、冒頭ということでお許しくださいね。Javaを語る上では、オブジェクト指向という概念と今回のページの趣旨に沿って、在宅副業での需要が高いということをお話ししたいと思います。

 

オブジェクト指向

 

まずJavaを語る上で欠かせないのがオブジェクト指向という概念です。オブジェクト指向は、プログラミングする上でとても便利な概念でして、カプセル化、継承、ポリモーフィズムという3つの概念から構成されています。

 

カプセル化 独立性

 

まずカプセル化ですが、プログラミングはJavaに限らず大人数で開発することが多いです。その際に、自分のプログラミングソースが他の人のプログラミングソースと干渉してバグや障害が起きては大変ですし、管理が難しくなりますよね。

 

なので、開発効率を考えるとお互いに干渉せず独立であることが大事になります。そのために、カプセル化という概念がJava言語には仕込まれています。

 

継承 再利用性

 

2つ目は、継承です。プログラミングにおいては、前に実装したJavaのソースをまた使うことで効率的に開発が進むようなことが非常に多いです。その際に、役立つのが継承という概念です。この概念もJavaには含まれています。

 

ポリモーフィズム 拡張性

 

3つ目は、ポリモーフィズムです。こちらも便利な概念でして、開発していく際に前回実装したソースと似たような実装を行いたい場合に、ベースとして前回のJavaのソースを使うことができます。

 

このような考え方を、拡張性、ポリモーフィズムと読んでいます。この概念も、Javaには含まれています。この3つの概念がオブジェクト指向という概念に統合されます。オブジェクトは、要素や対象ですが、Javaでの実装における1つ1つのソースの塊を対象として考えるみたいな感じですかね。

 

在宅副業での需要が高い

 

今回の在宅副業での関連性でいうと、Javaは非常に需要が高いです。というのも、Javaは比較的古くからあるプログラミング言語であるので多くの企業で導入されていますし、メジャーな言語ですし、堅牢なので人気が高いです。

 

また、オブジェクト指向という概念もあるためちゃんとしたプログラミング言語として認知されていることも需要の高さの理由ですね。需要はあるものの、まだまだ副業としての働き方を行いたいJavaエンジニアが足りないので供給が追いついていない状況です。逆に言うと、今がチャンスです。

 

Javaの在宅副業で副収入10万円稼ぐ方法

 

では、早速Javaの在宅副業で副収入として毎月10万円稼ぐ方法を紹介しましょう。筆者は今回紹介する方法で毎月10万円以上稼いでいますが、Javaエンジニアはもっと時給相場が高いのでもっと稼げる可能性が高いですね。Javaで在宅副業案件を見つける方法としては、知人からの紹介と副業エージェントの登録が横道になります。それぞれのメリットとデメリットも合わせて実際に副業している筆者が紹介します。

 

知人の在宅副業案件紹介

 

1つ目は、知人からの紹介ですね。最もポピュラーかもしれません。筆者も、知人から在宅副業案件を紹介もらった経験があります。知人からの在宅副業案件紹介してもらうメリットは、いい人がクライアントであればとても働きやすいということでしょうか?ある程度のトラブルは多めに見てもらえるでしょう。

 

しかし、デメリットとしては知人が相当顔なじみが多くないとJavaの在宅副業紹介の期待ができないことですね。またこれは筆者の経験ですけども、知人の紹介だけに仲介会社がいないのでなあなあになりがちです。例えば筆者は今月は休みで!と突然言われて急に副収入がなくなった経験があります。そのため筆者はあまり知人からのJavaの在宅副業紹介を待つのは得策ではない気がします。一方で、順調に副収入が入り続けているのが実際に筆者が行っている副業エージェントからの在宅副業案件です。

 

副業エージェントに登録

 

2つ目は、副業エージェントに登録する方法です。副業エージェントであれば、先ほどのデメリットやリスクも少なく済みますよ。筆者が実際に面談も行った副業エージェントとしては、Workshipとプロの副業ホールハート、midworksがあります。3社の違いも合わせてご紹介します。

 

Workship

 

1つ目は、Workshipです。Workshipは、副業紹介を専門に行っている副業エージェントです。特徴としては、比較的スキルの高いハイエンド人材向けの案件を多く抱えているところですね。

 

そのため、時給相場もとても高くJavaエンジニアであれば時給4000円も十分に狙えるラインかと思います。ハイスキル人材とはいえ、経験年数3年もあれば十分に在宅副業案件を紹介してもらえる可能性はありますよ。

 

参考:Workshipは副業やフリーランスで稼げる!評判口コミまとめ

 

プロの副業ホールハート

 

2社目は、プロの副業ホールハートです。ホールハートさんは、もともと転職案件を扱っていた転職エージェントです。しかし、時代の副業解禁という流れとクライアントの要望を満たすために、副業紹介という領域にまで広げてきています。

 

ホールハートの場合は、Workshipよりもスキルが低くてもやっていける案件が多いです。また転職エージェントだったので面談も得意で、案件数も豊富なのがメリットかと思います。

 

参考:【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだ

 

midworks

 

midworksもJavaを使えるエンジニアやプログラマーにおすすめのエージェントです。midworksの特徴としては、何と言ってもフリーランスや副業のメリットと正社員のメリットを両方併せ持っているところですね。

 

フリーランスや副業の自由度の高さと、正社員の安定性の高さの両方を兼ね備えています。例えば、週2くらいの稼働で福利厚生や長期雇用のような安定感のある働き方が可能です。この特徴は本当にmidworks特有なので登録しないと損ですね。

 

またmidworksはマージンも低めなので、登録者の多くは年収アップもかなり実現しています。

 

参考:midworksで副業やフリーランスする評判を徹底解説!

 

とはいえJava未経験や初心者なら

 

とはいえ、midworksレベルの案件だとさすがにJavaの経験が少ない未経験や初心者だとすぐには案件獲得は難しいです。それでもなお、将来的にJavaでエンジニアやプログラマーになり稼ぎたいと言う場合はスキルアップをする必要があります。

 

筆者の場合はプログラミングは苦手でしたし、学習にかける時間もめちゃくちゃ確保できない状況だった為、オンラインでのプログラミングスクールの受講を検討しました。こちらの記事にその時の体験談も合わせて書いています。エンジニアやプログラマーならすぐにプログラミングスクールの初期投資なんて回収できますよ。

 

Javaの在宅副業の内容

 

では、そんなJavaの在宅副業ではどんな副業案件があるのでしょうか?実際に2社の副業案件を調べると、多くはandroidアプリ、業務系システム、webサービスの3つに集約されるように見えますね。それぞれ見ていきましょう。

 

androidアプリ

 

1つ目は最も多いであろう、androidアプリの副業案件です。androidはJavaでも実装可能なので、Javaエンジニアであればandroidアプリの副業案件を行えます。まだまだアプリの人気は衰えてないどころか、起業やスタートアップがどんどん出ておりアプリを中心にサービス展開しているので、まだまだ需要は続くことでしょう。

 

業務系システム

 

2つ目は、業務系システムですね。Javaは堅牢なプログラミング言語なので、金融を中心に業務系システムでも人気が高いです。Javaはそういった副業案件での需要も高いですね。

 

業務系システムでの副業案件のメリットは、比較的大きめの企業が多いので時給相場が高く安定している傾向が高いように感じます。

 

webサービス

 

3つ目は、webサービスですね。Javaでも普通のwebサービスを作れます。サーブレットや何やらです。webサービスも一般的な副業案件として数多くありますから、こういう案件も数多くありますね。

 

また、自分でもJavaでwebサービスを作れるのも魅力的ですし、そういった経験があるとスタートアップ系の在宅副業案件で好印象だと思います。

 

Javaの在宅副業の働き方

 

在宅副業を希望する場合に、Javaの在宅副業での働き方がどのような感じになるのかきになると思うのでその点についても書いていきたいと思います。基本的には、毎週10時間の稼働確保が目安になると思うので、平日業後も少しでも稼働できるととても土日が楽になります。

 

平日

 

Javaの在宅副業での鍵は平日業後に少しでも稼働できるかですね。それによって土日の楽さが変わります。平日で2時間や3時間のレベルでもいいので、働けると良いと思います。

 

土日

 

そうすると、土日に合わせて5時間ちょっとの稼働時間を確保できれば十分にワークします。実際には、副業では勤怠管理を厳密には行わないため、要望されているアウトプットを出せれば毎週10時間も稼働する必要はありません。この辺も在宅副業の魅力だと思ってます。

 

Javaの将来性

 

また次にとはいえ、Javaって将来性あるんだっけ?副業としてさらにJavaを磨き込んで将来性あるんだっけ?というのを書きたいと思います。結論から言うと、先ほど説明したようにandroidアプリもまだまだなくならないですし、業務系システムなんかはもはや大規模すぎてJavaから別のプログラミング言語に変えるのは非現実的ですのでまだまだ将来性はあると思います。

 

副業としての将来性もこれからまだまだ副業案件は確実に増える見込みですし、継続していれば時給単価も上がっていくことでしょう。

 

Javaの在宅副業で稼げる時給相場

 

ではJavaの在宅副業で一体くらいくらい稼げるのでしょうか?Javaに限らず、web系の在宅副業の相場は2500円です。筆者もそんなもんです。しかし、Javaは需要が高いので案件によっては時給4000円などの高待遇で在宅副業案件を紹介してもらえる可能性もあります。

 

Javaの在宅副業のメリットとデメリット

 

最後に、Javaで在宅副業を行うメリットとデメリットをお話しします。これも筆者の実際の副業経験からくるメリットとデメリットです。なので、Javaだからと言う意味よりもweb系の副業を行う場合のメリットとデメリットと考えてもらえるといいかもしれません。

 

メリット

 

まずはメリットですが、1つはあなたの今までのキャリアやスキルが評価されてすぐに収入が増えるところですね。これは副業でないと起こりえないでしょう。Javaエンジニアとはいえ、サラリーマンであればそんなにすぐに会社での給料が増えるというようなことはないと思います。

 

それが副業であれば、ダブルインカムになりすぐに毎月10万円単位で収入が増えます。これは非常に大きいです。また2つ目としては、副業として行うことで単純にスキルアップとキャリアアップにつながります。スキルアップとしては、単純に仕事量が増えますし経験値も増えるためです。キャリアアップというのは、Javaでの在宅副業に慣れればフリーランスや独立といった異なるキャリアの道が見えてくるためですね。実際に始めてみると、本業以外でこんなに稼げるんだと驚くと思います。筆者は驚きました。

 

デメリット

 

一方でデメリットは何でしょうか?確かに時間は稼働した分失われます。しかし、それはもはや当然です。独身であれば、そんなに痛くないくらいの時間だと思いますし、案外土日って無駄に過ごしている時間もあると思います。

 

無駄に過ごすくらいなら毎月10万円のお小遣いを手にれられる人生の方が筆者はいいなと思うんですよね。まあ、ストレスなんかも気になると思いますが、リモートだったり在宅だとほぼストレスは起き得ません。

 

まとめ

 

Javaでの在宅副業で副収入を10万円稼ぐ方法をまとめます。結論から言うと、あなたにJavaスキルがあれば速攻で副業を始めるべきです。かなり稼げると思います。その方法として、Workshipとホールハートは案件数も時給も良いのでとても働きやすいと思うのでぜひご検討ください。他にITスキルがあれば、IT副業の土日在宅まとめもぜひお読みください。

 

参考:【副業】IT系の土日在宅でできるおすすめ副業まとめ7選
参考:IT副業を1年やった体験談とおすすめエージェント

最新情報をチェックしよう!