次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

仕事のモチベーションが上がらない【原因と対策を解説】

  • 2020年1月18日
  • 2020年2月11日
  • 仕事
  • 120view

 

仕事のモチベーションが上がらないな。何が原因でどう解決したらいいんだろうか?世の会社員はどうしているのだろうか?こんな疑問に僕の事例で解説します。

 

会社員やってると仕事のモチベーションが上がらない時期って一定あると思うんですけど、 そんな時に別にモチベーションを向けれてかつスキルアップにもなるような何かを用意しておくとトータルで考えれば時間の無駄にならない気がします。 つまり仕事以外にも何かやっておくと得をしやすいと思う

 

結論、僕の仕事のモチベーションが上がらない時の原因は、①腹落ちしていない、②自分にメリットがない、③燃え尽き症候群、このいずれかでした。

 

そのうえで、①徹底的に議論して納得する、②自分のやりたいこととクロスさせメリットを創出する、③休む、この3つを解決策としてやってます、会社員は誰でも一定は仕事のモチベーションがあがらないときってあると思います。

 

仕事のモチベーションが上がらない原因

仕事のモチベーションが上がらない原因

 

仕事のモチベーションが上がらない時ってありますよね。数年前に僕もそうでしたが現状は回復しています。まずは原因から解説していきます。

 

腹落ちしていない

これは新人とか若手に多い原因かなと思います。人間は納得していないと、あるいは仕事の意味付けができていないと普通はモチベーションが上がらないですよね。

 

何のためにやっているのか?を腹落ちさせるのは非常に意味のあることです。しかし新人や若手のうちは、何もわからないためそもそも何のためにやっているのかちゃんとわかってないこと多いです。

 

そうなると気づかないうちにモチベーションが上がらず、いわれたことを淡々とこなしてしまうような形になっちゃいますよね。

 

自分にメリットがない

その後徐々に仕事に慣れてくると次なる仕事のモチベーションがあがらない原因に直面します。何かというと、自分にメリットがないということです。人間は基本的に自分にメリットがないと動きませんよね。
ことさら、仕事となるとそうだと思います。

 

でも仕事では協力しながらやらないといけないことも多く、本来は自分の仕事じゃないのに時間がとられるとか、誰かに邪魔されるようなこともなくはないです。

 

例えば予算も有限なので優先順位的にあなたの業務が落ちると、お金を使えなくなるのでモチベーション下がったりもしますよね。

 

給料上がらない

あとは現実的に給料があがらないと仕事のモチベーションはあがらないですよね。あるいは出世できないとモチベーションが下がることもあると思います。

 

会社員は仕事が難しくなったり責任が増えたり業務量が増えても、必ずしも給料が増えなかったりします。これで僕もモチベーションが下がった時がいくらでもあります。

 

評価への不満

加えて評価への不満で仕事のモチベーションが下がった時もあります。自分の頑張りが評価されないあるいは、管理職の責任なのに自分の評価が下がる、他の人がなぜか評価されていて納得できないなどです。

 

会社員ならこういうことはさけられません。しかし絶対に仕事のモチベーションに影響する事案だと思います。なのでどうモチベーションマネジメントを自分でするかって超大事なわけです。

 

仕事のモチベーションが上がらない時の解決策

仕事のモチベーションが上がらない時の解決策

 

僕はかれこれIT業界で5年以上働いているので、ある程度仕事のモチベーションが上がらない時期の対処法も模索してきました。次にそれらを紹介します。

 

徹底的に議論し納得感を上げる

まず1つ目の納得感の話ですが、これは新卒や若手は普通に業務のコツとしても覚えるべきことですが、徹底的に議論して納得感を上げたり、個人的な仕事への意味付けをする必要があります。

 

これはモチベーションだけじゃなくてその仕事での成果を高めるためにも大事でして、理解を深めるとより本質的な行動や提案ができるようになります。

 

そうなるともっと仕事が楽しくなるため、もっとモチベーションが上がります。ちなみに新人のうちは議論することが苦手だったり遠慮しがちですが、その必要はないです。徹底的に質問しましょう。

 

自分のやりたいこととクロスさせメリットを創出する

2つ目は、自分がやりたいこととクロスさせて自分でメリットを創出する、ですね。これも毛工本質的で大事なことです。例えばそもそも仕事をお金を得る手段としてだけにとらえるのと、本来自分が人生でやりたいこととをつなげるかで相当モチベーションは変わります。

 

例えば将来的に起業したいとか独立したい場合は、仕事が大変だったり当初は興味のない仕事でもそういった自分が本来やりたいことにメリットがあると分かればモチベーション上がりますよね。こういうことです。

 

例えば僕の場合は、本業での経験やスキルアップが転職や副業に活用できると分かっているため基本的に副業を始めてからは仕事へのモチベーションが高いです。

 

仕事でモチベーションが上がらないままはかなりまずい

最後ですが今までのようなことを試してみても仕事のモチベーションが上がらないときはかなりまずい状況です。いますぐ行動して解決したほうが絶対にいいですよ。

 

時間がもったいない

というのも時間を無駄にしてもお金をもらえればいいという方ならまだいいですが、今後キャリアを充実させたいとか年収をあげたいというモチベーションがある方にとって、仕事のモチベーションがあがらない職場ほど最悪なものはないんですよね。

 

転職においては当然市場価値の高い経験があるほうが年収は上がりますし、年齢自体も若いほうがチャンスは多いです。つまり、仕事のモチベーションが上がらない職場に身を置くのは害悪でしかないんですよね。

 

僕の後輩とかだと、やはり仕事がつまらなく感じて仕事のモチベーションが上がらないときに、状巣に相談して移動したりしていました。なんらかそういう行動をすべき状況です。

 

ダメそうなら転職 or 副業すべき

異動とかは手っ取り早くとれる選択肢なのでまずはそれでいいと思いますけども移動してもダメな時は、転職か副業がおすすめですね。

 

副業

副業はIT業界の職種で、エンジニアとかデザイナーとかマーケターくらいしかなかなか副業需要はないですが、そういった人材であればチャンスです。

 

僕も副業していますが副業すると新鮮に感じて気分も変わりますし、本業での経験が生かせる場ができるので本業の仕事へのモチベーションが上がります。

 

本業で経験を積めばもっと副業で稼げるなという感じにもなるため、とても有益なモチベーションアップの方法なのでぜひ取り組んでみるといいかなと思いますね。

 

転職

ただ副業解禁を政府が宣言したとはいえまだまだ各社副業容認していない企業ばかりです。なので仕事のモチベーションをあげるためにも、副業するためにも職場を変えるという意味でも転職活動をしてみて損はないですね。

 

経験則的には仕事のモチベーションが一度上がらないことがあると、その職場ではほぼ再発します。
なのではやいうちに転職活動をして転職活動におけるコツとか経験値をためたほうがいざという時に役立ちますね。

 

転職に関しては、年収が高い人やスキルのある人はビズリーチがおすすめですし、若手や初心者であればワークポートなどが手取り足取りしてくれるためおすすめです。

 

まとめ

 

ということで仕事のモチベーションが上がらない原因と解決策などを経験をもとに解説しました。誰もが一度はあると思います。参考にどうぞです。

 

人気:【副業エージェントのおすすめ4選】IT副業を1年やった体験談で解説
人気:IT転職サイト・エージェントのおすすめ【体験談と役立つ考え方も解説】

最新情報をチェックしよう!