次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

転職するか迷う20代は一度したほうがいい話

  • 2019年12月12日
  • 2020年9月1日
  • 転職
  • 356view

 

20代で転職すべきなのか迷うな。20代のころに実際に転職活動した人の体験談と感想を聞きたいな。こんなニーズに今回は20代で転職活動を試みた僕が解説します。

 

20代で転職するか迷うときは、一旦転職活動自体はした方がいいと思うね。転職するかどうかは内定出てから悩むでもいい。

内定出ても出なくても、どのみち後々転職したいならやった方が自分の中でノウハウたまると思うんよね。 ちなみに僕は20代で転職失敗したけど来年またリベンジする勢ですよ。

 

結論、僕は20代での転職は失敗しましたが、やってよかったと思ってます。なので、迷うくらいなら一度やったほうがいいという意見です。

 

理由としては、どのみち人生で転職はほぼほぼするものなので、早めに経験しておいたほうが本当に転職するときにその経験が役立つからですね。初めての転職活動より成功確度は上がると思うんですよね。

 

20代だった僕がなぜ転職するか迷うようになったのか【体験談】

 

 

僕は20代のころに転職すべきか悩む時期があり、一度転職活動をしたんですよね。

 

ホワイトだけど慣れっちゃった

まず大前提として僕が当時勤務している会社は、普通にホワイトでした。なので、労働環境などの問題で転職を悩んでいたわけではありません。

 

むしろ1年たったことで業務に慣れちゃった部分があり、マンネリしていたので転職して環境を変えるかどうか悩んでいた感じですね。

 

就活生の頃の気持ちが再燃した

もう1つは就活生の頃の気持ちが再燃したというのもあります。当時新卒で就職した企業も第一志望軍だったのですが、ミーハーだったので本当は戦略コンサルにいきたかったんですね。

 

20代のころだとまだ第二新卒的な年齢なので、まだその頃の気持ちを捨てきれず悩んでいたというのもありますね。

 

けど失うものも当然ある

もう1つ悩んでいた側面として、転職は得るものもあれば、失うものも当然あるんですよね。人間関係もゼロスタートになりますし、

 

それまでのキャリアもある程度活かせるとはいえ、若干はやり直し感が出ますよね。この辺は20代で転職すべきかどうか悩む人が全員抱く感情なのかなと感じます。

 

年齢を重ねることで失うこと

ちなみにですがよく転職における年齢の限界説ってあるじゃないですか。よく言われるのは35歳ですよね。あれ転職エージェントの人に伺いましたが、やはり基本的に年齢は関係ないそうですよ。

 

もちろん同じくらいの経験やスキルセットの人が2人いたら若い方が採用される可能性は高いです。しかし、別に年齢相応のスキルセットがあればいいだけで20代じゃないと転職しにくいなんてことはないみたいです。

 

なので、年齢を理由に転職するか迷ってる場合は、そんなことよりも自分のスキルは年齢相応か?を考えた方がいいでしょうね。下回っている場合は年齢重ねるたびに転職しにくくなるとは思うので早めにした方が良さげです。

 

結局失敗した

まあそんなこんなで20代で転職すべきか悩んだものの、悩んだまま働くのも前進しないなーということで、一旦僕は転職活動をしました。

 

で、結果的に失敗しました。戦略コンサルはハードルが高かったというのが大きいです。3次面接くらいで落ちましたね。

 

とはいえやってよかったなとは思っており、僕は20代で転職すべきか悩むなら活動自体はしたほうがいいという意見です。この時の体験談は、ビズリーチで外資系戦略コンサルへの転職活動をしてみた体験談をどうぞ。

 

ちなみに友人は20代で転職していきました

ちなみに僕の友人は20代で転職していきましたね。業務に飽きたというようなことと僕と同じ?でコンサル業界に転職していきましたね。戦略ではなくITコンサルでした。

 

彼らは迷うようなことはなく、業務に飽きたことためスキルアップに繋がるコンサル業界に転職したみたいで、特に迷いもなかったみたいです。

 

明確に転職で得たいものが決まっていれば迷うこともないとは思うんですが、明確になってないと得るものと失うものを天秤にかけても迷うとは思いますね。

 

迷っていても20代のうちに転職活動したほうがいいと思いましたよ

 

 

これなんでかっていうと、どのみちいずれか転職するなら早めに経験したほうがお得なんですよね。

 

経験になるから役立つ

端的に言って転職活動で自分が求める企業に転職するのは、スキルですよ。なので経験もあったほうが確度はあがります。

 

就活だって初めてだから苦戦しますけど、経験があれば確度あがりますよね。転職も一緒だと思いました。転職の場合はこういうこと聞かれるんだなーとか、職務経歴書の書き方とかですね。

 

一番は、どんな経験が積めると市場価値があがり転職で年収を上げられるか?ですね。転職活動でこの肌感が分かると、現職でどんな経験が付ければいいかわかるのが大きいですね。

 

20代で積みたい経験

僕が20代で一度転職活動をしてみて20代のうちに積んでおいてよかったなと今となって思える経験は、マネジメントと売上改善、この2つです。

 

まあ転職で市場価値が高いのは、自分で利益を増やせる人材と周りを使って利益を増やせる人材ですから、当たり前なのですが、20代のうちに両方経験できると管理職候補でのお誘いが増えた感じがします。

 

まだそういった経験ができてないけど転職して年収を上げていきたい方は、それがいいんじゃないかなと思ったりです。

 

年収は750万円をまずは目指せ

 

あとは年収はひとまず750万円を目指すといいかなと思います。理由として、例えばビズリーチでいうとハイクラス会員になれるからなんですよね。

 

年収750万超えてビズリーチでハイクラス会員なるとほぼほぼ年収800から1000万でスカウトDMくるから 年収750万目指すの転職で年収あげる上で固そう。

まず年収アップ狙える気がする。 750までは600から800とかだから上がるかどうかよく分からなかった。一個の目標に出来そうだね。

 

ビズリーチでハイクラス会員になれるとほぼほぼ年収レンジが上がって800万円〜1000万円でのDMしか来なくなります。そうなるとまず年収アップは固いです。

 

これは僕の実際の経験でして、ビズリーチで年収アップオファー増加した知見共有【ハイクラス会員になった】で紹介しています。

 

転職するならフォローしたいインフルエンサー

ちなみに20代に限らずですが、転職したいならフォローするべきインフルエンサーがいますね。motoさんという方ですが、新卒で地元のホームセンターに就職し年収300万くらいから転職を繰り返して30歳で年収1000万くらいになった方ですね。

 

Twitterで転職に参考になるとても有益な情報を発信しています。いろんなメディアで取り上げられていますし、フォロワー6万人とかいるので信頼性も高いです。ぜひです。

 

 

迷うくらいなら行動しよう

そんなわけで迷うくらいなら行動していったほうが転職においては得しかないかなと思ったりしています。まずは自分に合っている転職サイトや転職エージェントに登録していき情報収集していくといいかなと思います。

 

有名どころは、ビズリーチ、ワークポートあたりかなと思っており、割と年収が高かったりスキルの高い人はビズリーチ、そうでない場合で20代とか若手はワークポートに一旦相談するという使い分けがよいかなと思いますね。

 

参考:ワークポートの評判実際に確かめました【転職初心者向け】

 

気軽なのはエージェントに相談、温度感が高い場合は企業から直接DMがくるビズリーチのようなタイプのように使い分けると良いと思います。僕はビズリーチを5年ほど使っており感想を、【体験談】ビズリーチの評判を5年使った経験で語ります【注意点あり】で紹介してます。

 

まとめ

 

ということで実際に僕も20代で転職するかどうか悩む時期がありました。結果的に転職は失敗したものの、得たものは大きいかなと思っており後々に役立つはずです。納得したらどうぞです。

 

人気:IT転職サイト・エージェントのおすすめ【体験談と役立つ考え方も解説】
人気:【副業エージェントのおすすめ4選】IT副業を1年やった体験談で解説

最新情報をチェックしよう!