就職エージェントのおすすめとおすすめでないエージェントを紹介

就活エージェントのおすすめってあるかな?それぞれの違いが知りたいな。それぞれの就活エージェントのメリットとデメリットを比較しながら利用を考えたいな。こんな疑問に無い内定から就活リベンジして大手IT企業へ就職しアラサーで年収800万円に上り詰めた僕が解説します。

 

結論、キャリアチケットJobSpringキャリアパークの3つです。一応他にも就活エージェントを紹介しますが、僕のおすすめとしてはこの3つです。

 

分類就活エージェント説明
おすすめキャリアチケット・就職支援が手厚い
・企業選別をしっかりしている
おすすめJobSpring・就職支援が手厚い
・楽天出身CEOでIT就職に明るい
おすすめキャリアパーク・登録すると先輩のESなど限定コンテンツを閲覧できる
人によってはおすすめGoodfindベンチャーに特化しており、意識高い系就活生にはおすすめ
おすすめじゃない就活エージェントneoネットでの口コミや評判がよくないことがある
おすすめじゃないミーツカンパニー就活イベントの勧誘が多い

 

記事の最後には、どんな人が就活エージェントを使うべきか、就活エージェントの利用における注意点や就活エージェント経由で就職したあとのキャリア戦略まで解説したいと思います。

 

おすすめの就活エージェント

 

では早速就活エージェントのおすすめを紹介していきます。僕は基本的にキャリアチケットとJobSpring、それからキャリアパークがおすすめだなと思っています。理由として比較的小さい組織であること、ネットでの口コミや評判が良いことが理由です。

 

キャリアチケット

1つ目の就活エージェントのおすすめはキャリアチケットです。キャリアチケットはレバレジーズというベンチャー企業が運営する就活エージェントですね。

 

手厚い対応

おすすめな理由として、キャリアチケットは運営元がベンチャーなこともあり、知名度がない分だけあって就活コンサルタントが手厚めに就活生にサポートしてくれるんですよね。

 

大手だと知名度が高い分、そこまで手厚めに対応してくれないのですが、キャリアチケットの様な規模だとサービスの良さで頑張るしかないのでちゃんとマンツーマンでやってくれます。

 

内定が出る早さ=最速1週間

またキャリアチケットのおすすめポイントとして、就活エージェントの中では驚異の内定の早さがあります。最速で1週間で内定が出る可能性があるのがすごいです。

 

就活エージェントの付加価値は、エージェントとして企業と就活生のマッチングをはかり適切なサポートを行うこと、がありますがまさにこの点に長けているのがおすすめポイントですね。

 

紹介企業を選別している

また就活エージェントというのは概ね、紹介企業の中から就職先を決めないとならないのですが、そういう意味では労働環境の悪い企業を紹介されたくはないですよね。

 

そういう部分ではキャリアチケットは、コンサルタントが紹介企業を選別しているためある程度の選別がすでにされているのもおすすめポイントです。とはいえ、全てが良いわけではないのでデメリットも書いていきます。

 

人気企業・大手企業の紹介は少ない

これはキャリアチケットに限らず、就活エージェント全般に言えるんですが大手企業や就活生から人気な企業の紹介は基本的に少ないと考えた方がいいです。

 

理由として人気な企業は就活エージェントの手を借りなくても優秀な就活生を採用できる採用力があるので、提携してないんですよね。まあこれはキャリアチケットだけじゃないです。

 

地方の就活生は受けられない

キャリアチケットのおすすめではない部分の最後は、地方の就活生はサービス利用ができないという点ですね。キャリアチケットは組織規模が小さいのでまだ首都圏対応しかしてないんですよね。なので、東京・大阪に通える就活生が基本的な対象者になってしまいます。

 

ネットでの評判や口コミ

 

キャンペーンですかね。貰えるかは時期にもよると思うので、一応確認しておきましょう。

 

 

LINEで就職相談ができるなんて、今時ですよね〜。オンラインで対応してくれるのは忙しい就活生にとっては有り難いですね。

 

 

理由まで書かれていませんが、キャリアチケットはおすすめのようです。

 

JobSpring

2つ目の就活エージェントのおすすめは、JobSpringです。こちらもキャリアチケットと同じくスタートアップというか小さい企業ではあるのですが、その分しっかりやってくれるところがおすすめポイントです。

 

コンサルタントが若くネット系が多い

2020年は引き続き僕は就職するならIT業界やweb業界の様なネット系がおすすめだと思ってるのですが、その点で言うとJobSpringは代表が楽天出身でネット系の業界に精通しています。

 

また平均年齢も若いため、リアルな就職後の経験も踏まえたアドバイスができることだったり、親しみやすいってのも地味におすすめできる大事なポイントですね。

 

提案精度が高い

次にJobSpringは就活生に対する企業紹介の提案能力が高いです。これは何を言っているかと言うと、JobSpring経由で就職した方の就職後の早期離職率がなんと0.1%なんですよね。

 

これはかなり低い数値です。平均は肌感的には10%もいかないくらいだと思いますが、0.1%だと1000人に1人なのでかなり提案能力が高いんですよね。

 

拠点が少ない

ただ一方でやはり新しい就活エージェントなので、キャリアチケットと同じ様に拠点が少ないです。JobSpringは東京の神保町のみなので、都内近郊の就活生しか現実的には受けられないですね。

 

ネット上での評判や口コミ

JobSpringに関しては、スタートアップということもありネット上での評判や口コミが見当たりませんでした。これもデメリットではありますね。ただ小さい組織ほど頑張るために手厚い対応をしてくれるというところもあるのも忘れないようにしましょう。

 

キャリアパーク就活エージェント

最後の週kつエージェントのおすすめは、キャリアパークと言う就活エージェントです。こちらは先ほどの2つのエージェントと比較すると、大手ですが大手の悪い部分は少ないのも良いポイントです。

 

登録後ESなど限定コンテンツを見れる

キャリアパークはある程度就活エージェントとしての歴史があり、今までの利用就活生のESだとか資料を登録すると見ることができます。

 

これは結構就活生にとってはありがたいサービスでして、就活は情報戦な部分があるので、出来るだけ情報は仕入れて損はありません。まずここがおすすめポイントの1つです。

 

就活イベントへの誘いなどが多い

一方でデメリットとして、就活イベントなどへの参加のお誘いとしてメールや電話が若干多いと言う情報があるんですよね。就活生も全て参加する必要はないですし、むしろ時間がもったいないまであるので

 

お誘いの電話やメールはうまくかわしながら、登録後の限定コンテンツを参考にしつつ就活の情報戦をうまく乗り切ると言う利用法がおすすめですね。

 

ネット上での評判や口コミ

 

キャリアパークがおすすめのうちの1つのようですね。

 

 

こういうのは結構就活エージェント選びで大事だと思ってます。というのも就活エージェントは正直就活生相手なので舐めてる社員も少なからずいるんですよ。こういうエージェントを選んだ方が良いですよ。

 

https://twitter.com/L_C_mako/status/1212706645521747970?s=20

 

ただやはりDMがしつこいみたいですね…。もう自分でスパム扱いにするしかなさそうです。脇は甘いんですね、キャリアパーク。

 

正直おすすめしない就活エージェント

 

次は正直おすすめしないかなと言う就活エージェントを紹介します。理由と共に解説しますが、端的にいうと就活生に寄り添ってないかなという理由です。

 

MeetsCompany

1つはMeetsCompanyですね。こちらは就活イベントを積極的に企画している就活エージェントです。就活エージェントにも色々タイプがあり、これまで紹介したのは比較的コンサルタントがマンツーマンでつくタイプなのですが、

 

こちらの就活エージェントのMeetsCompanyはどっちかって言うとイベントで大量に就活生を呼び込み、あとは企業とマッチング!と言う感じなので闇雲に利用するとただの時間の浪費で終わります。

 

就職エージェントneo

次は就職エージェントneoです。こちらは、ネオキャリアという人材系の企業が運営している就活エージェントですね。neoはイベント型ではないものの、

 

Twitterなどネットでの口コミや評判が悪く、ちょっとハラスメントな雰囲気も感じるのであまりおすすめはしないですかね。それを上回るおすすめポイントも特にないです。

 

 

ネオキャリアは割と悪評が多く目立ちます。おすすめはしないですかね。社員の多分ノルマが厳しいんじゃないかなと思います。

 

 

これも悪評ですよね。就活エージェントはあくまで、就活生に寄り添うべきですよね。意向に沿わないのはとりあえず就職してほしいという下心がスケスケですね。

 

 

ネオキャリアもメールがしつこいようです。

 

人によってはおすすめな就活エージェント

 

次は人によってはおすすめな就活エージェントです。つまり人を選ぶということです。

 

Goodfind就活エージェント

この分類に属するのは1つだけで、GoodFindです。ちなみに僕はお世話になっていましたし、基本的にはおすすめしたい就活エージェントです。

 

じゃあなぜ人を選ぶかというと、GoodFind就活エージェントは基本的にベンチャーとかスタートアップをおすすめしているいわゆる意識高い系就活生がターゲットなんですよね。

 

就活イベントも少数精鋭で企画しているので参加すればわかりますが、基本的に意識高い系就活生がターゲットゾーンなので人によっては気持ち悪く感じるかもです。ただ逆に意識高い系就活生にはおすすめできますね。

 

就活エージェントを使う際のおすすめ利用法

 

次は就活エージェントを使う際のおすすめな利用法を紹介します。

 

そもそもの就活エージェントの付加価値とは

まずそもそもいくつか就活エージェントがあるものの付加価値ってなんでしょうか?多くの就活生は企業紹介と思っているかもですが、それももちろんあるんですけど本当は企業とのパイプだったりフォローだったりするんですよね。

 

就活エージェントを使わずに就活すると行きたい企業の選考を自由に受けられる反面、誰もフォローしてくれないですし、推薦もしてくれませんよね。

 

それが就活エージェントを挟むことで、選考できる企業は紹介された中からになるものの、フォローをしれくれるため内定確度が上がるというのがミソです。故に基本的には就活に苦戦している就活生におすすめしています。

 

ノウハウを盗みきれ

その上でおすすめな利用方法は、まずノウハウを盗みきれということです。就活生の中にはどう就活したらいいかわからない人って多いと思うんです。しかし就活エージェントはそのプロです。

 

自己分析の仕方や業界研究のやり方、面接対策、ES対策など網羅的に教えてくれます。このノウハウをまず盗みましょう。就活エージェントは登録したら絶対に紹介企業へ就職しないとならないものではないです。

 

故に登録後、ノウハウを盗んで自力で就活するってのもありです。ここは個人の作戦次第です。まずはノウハウは吸収しましょう。

 

就職後スキルアップして自分が行きたい企業へ転職する前提で使え

また一番大事なことは、就活エージェントは紹介企業から就職先を選ぶという部分への解釈ですね。多いのは、「なんだ、自由に選べないのか。。。。じゃあ辞めよう」っていうのがあるんですけど、もったいないですよ。

 

確かに自力で内定取れる就活生はまず必要ないです。しかしそうでない就活生は利用して損はまずないです。無料ですし、ノウハウも盗めます。

 

何よりキャリアはかなり長くマラソンなので、就職後スキルアップして本当に行きたい企業へ転職すればいい話です。別に第一志望企業へ内定した就活生の多くがその後、転職してないわけではないです。そこを理解しましょう。ということでおすすめの就活エージェントを再掲しておきます。

 

おすすめキャリアチケット・就職支援が手厚い
・企業選別をしっかりしている
おすすめJobSpring・就職支援が手厚い
・楽天出身CEOでIT就職に明るい
おすすめキャリアパーク・登録すると先輩のESなど限定コンテンツを閲覧できる
人によってはおすすめGoodfindベンチャーに特化しており、意識高い系就活生にはおすすめ
おすすめじゃない就活エージェントneoネットでの口コミや評判がよくないことがある
おすすめじゃないミーツカンパニー就活イベントの勧誘が多い

 

まとめ

 

ということで就活エージェントのおすすめとおすすめでない就活エージェント、おすすめな活用方法を紹介しました。悩むぐらいなら活用してから考えた方が時間との勝負な就活では有利だと思います。ぜひ頑張って良いキャリアを作り出しましょう。

最新情報をチェックしよう!