次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

就活の不安や悩みのランキング10選【2020年版】

就活における不安や悩みってどういうのがあるんだろう?ランキング形式で多いものを知りたいな。できれば解決策も教えてほしいな。こんなニーズに今回は答えます。

 

結論は以下です。解決できるものなかなかできないもの、ありますがそれぞれ就活生当時の経験と社会人経験踏まえて解説していきます。(TwitterやGoogle検索での個人的調査でのランキングです)

 

就活の不安や悩みのランキング概要
1位:自分に合う企業がわからない就活生は社会経験がないのでわからなくて当然です
2位:やりたいことがわからないこれも同じですね
3位:志望動機が作れない納得感のある志望動機はインターンとかしないとどうにも作れないですよ
4位:強みやガクチカ(学生時代に力をいれたこと)がない多くの就活生は企業での長期インターンで作ってます
5位:学歴が低い学歴ロンダリングするしかないです…僕もしています
6位:就活仲間がいないなんとかして見つけてください
7位:業界研究や企業研究のやり方がわからないあまり重要ではないです
8位:面接で緊張する社会人慣れしましょう
9位:就活でお金がかかる仕方ないですね…
10位:漠然とした将来的な不安社会人でも不安なので今を頑張ってください

 

就活の不安や悩みのランキング10選

就活の不安や悩みのランキング10選

 

では早速、就活における不安や悩みのランキングを1位から10位まで解説します。なおランキングは、Google検索で多いもの、SNSで多いものを基準に選定しています。

 

1位:自分に合う企業がわからない

https://twitter.com/yu_webmemo/status/1013775704897433601?s=20

 

1位は自分に合う企業がわからない、でした。これは2020年の就活生への調査で判明した悩みや不安の1つです。僕も就活生当時自分に合う企業とか全く想像できませんでしたね。

 

就活生は社会経験がないので、どんな企業が自分に合うか?はなかなかわからないですよね。これはインターンとかOB訪問しながら検証するほかないですね。

 

2位:やりたいことがわからない

 

2位は、やりたいことがわからない、でした。人間は、やりたいことが明確にあるDOING型と、やりたいことは明確にないけどこうありたい姿はあるBEING型の2種類いるそうです。

 

95%はBEING型なので、やりたいことがわからないが上位にあるのは自然なことなんですよね。社会経験もないわけでやりたいことがわからないのは自然ですが、志望動機で必要になるので対策は必須です。
インターンとかして見つけるしかないですね。

 

3位:志望動機が作れない

 

3位は、志望動機が作れない、ですね。2位がやりたいことがわからない、なので当然セットで上位に来ます。志望動機が作れないと、就活の最初の段階のESで落ちてしまうのでなんとかしないとならないです。

 

納得感のある志望動機はどうしても、行動を伴う物でないと作れないんですよね。例えば僕であれば、長期インターンをやってみて始めて自分でも納得する志望動機を作ることができました。

 

4位:強みやガクチカがない

 

4位は、強みやガクチカ(学生時代に力をいれたこと)がない、というものです。就活したけど無い内定になった学部時代の僕がまさにこれでした。

 

大学生活を遊びまくっていると、こうなっちゃうのである程度早い段階から準備が必要ですね。半年は必要かなと思います。早い段階から動くと不安や悩みも少なくなりますよ。

 

5位:学歴が低い

 

5位は、学歴が低い、ですね。これは悩みや不安というかコンプレックスに近いですね。就活では、実態として学歴フィルターは事実上あるので、悩みにはなるかなと思います。

 

僕は低学歴ではなかったですが、学歴ロンダリングしています。悩みとしてある就活生や不安に思うなら学歴ロンダリングしたほうがいいですね。

 

6位:就活仲間がいない

 

6位は、就活仲間がいない、ですね。就活は情報戦であり、励ましあう仲間がいるほうが情報的にも精神的にもうまくいきやすい性質があります。

 

ただ同じ業界を受けるかどうかとか、レベルが近い就活仲間がいるかは結構人次第なので、この悩みを持っている就活生はいるみたいですね。

 

7位:業界研究、企業研究のやり方が分からない

https://twitter.com/unistyleyoppi/status/1211843273326616577?s=20

 

7位は、業界研究や企業研究のやり方がわからない、ですね。まあ研究というと大げさですが、要するにその業界の特性や、企業が求める人材像などを自分の視点で分析して、自分にあっているか?アピールポイントで活かせそうなものはあるか?につなげる活動ですね。

 

この悩みはそもそも何したらいいか分からない、に起因しているので、先輩に相談したり適宜就活エージェントを活用して相談すればOKです。

 

8位:面接で緊張する

 

8位は、面接で緊張する、でした。まあ多くの就活生は、社会人とそもそも話慣れてないですし、緊張しがちな性格の就活生にとっては避けられない悩みや不安だとは思います。

 

改善策はもう、社会慣れするか自信をつけるしかないです。童貞がデートで緊張するのと近い構造です。慣れでしかないです。あるいはツイートのような対処療法をやってみましょう。

 

9位:就活でお金がかかる

 

9位は、就活でお金がかかる、でした。都内の就活生とかだとあまりない悩みですが、地方の就活生だと東京へ行くのも大変ですし、お金がかかりますよね。

 

交通費だけでなくスーツ代もかかりまうし、そもそも就活で時間がとられてアルバイトの時間が減るのでやはりお金での悩みや不安はあるようです。

 

10位:将来が不安

https://twitter.com/wakutakublog/status/1215164763124031491?s=20

 

10位は、漠然とした将来的な不安、ですね。給料はどれくらいお貰えるのかとか、どんなキャリアなんだろうとか、職場での良い人間関係に恵まれるか?のような漠然とした不安ですね。

 

もうこれはどこまで行っても飛び込まないと分からないです。どんな上司が付くか?なんて分からないですし、どんな仕事をするか?もアサイン次第です。ここは柔軟に対応する気持ちが必要かなと思います。

 

まとめ

 

ということでGoogle検索やSNSから2020年における就活の悩みや不安のランキング10選でした。改善できるものもあればできないものもあります。あまりにも不安だったり悩みがあれ就活エージェントに相談してもいいと思います。無料ですし活用して就活を乗り切ったほうがお得です。

 

参考:就職エージェントのおすすめとおすすめでないエージェントを紹介

最新情報をチェックしよう!