就活面接の志望動機はこれで攻略【体験に基づく事例あり】

就活面接の志望動機はどう語ればいいのかな?事例などはあるかな?そんな疑問に応えるために、複数の内定を過去に取った現役大手企業社会人5年目が就活生のために解説します。

 

僕は、就活生時代にコンサル、今働いている大手IT企業の2社で内定をもらいました。また人事部が有名な企業で働いているので、志望動機をどう語るべきかなどを解説できると思います。

 

①志望動機はどんな視点で見られるか?
②良い志望動機と悪い志望動機の違い
③内定を取れる志望動機の作り方

 

就活生が知るべき志望動機の評価観点は3つ

まずですね、就活面接で内定を取るためにどう志望動機を考えていけばいいのか、これは評価観点を知るところから始まりますね。

 

①志望度の確認
②就活生と自社のマッチング
③深掘りのため

 

結論は上記の通り。基本的には、この就活生は本当に弊社に入社したいのか?どれくらい弊社とマッチングするか?深掘りのために聞く、この観点になりますね。ちなみに、グループディスカッションにも明確な評価軸があり、下記の記事で解説しています。

 

参考:グループディスカッションの評価ポイントと上げ方【簡単です】

 

志望度の確認

まずベーシックな就活面接での志望動機の位置付けは、志望度合いのチェックです。これは自明でして、志望度が低い就活生は驚くほどに浅い志望理由ですが、一方で志望度の高い就活生の志望理由は極めて納得感が高いです。

 

この納得感の違いというのは、記事の後半に解説していますが、能力が高くても志望理由がよく分からなかったり試し受験っぽいなと思われれば普通に落ちます。なので、志望度が高い企業の就活面接ではしっかりと志望理由を練る必要がありますね。

 

本人と自社のマッチ度

次に志望度も高そうな就活生が面接で志望理由を語っているとします。ここで面接官は納得すると、次に測りたいのはどれだけこの就活生が弊社にフィットするか?ですね。

 

これは能力だけではなくて志望動機から来る人生におけるモチベーションや人柄など総合的に考慮されていることが普通です。で、志望理由からこのフィット感をどう評価するかというと、深掘りすることで面接官は図ってきます。

 

実は、この志望理由から深掘りする、これが内定を取れる就活生と無い内定の就活生との違いになります。

 

僕も深掘りされた

ここで僕の就活生時代の面接における志望理由の体験談から事例を紹介します。結論から言うと、僕の場合は深掘りされたと言うよりも誘導しました。戦略的にね。

 

・もともとコンサル志望ですでにコンサルは冬に内定を1社取っている
・しかしコンサルの長期インターンをしながら、友人とアプリの企画開発をやっているのだが、そっちの方が楽しくなってしまった
・中長期的には自分で何らかの事業経験を積みたいので、であれば新卒からIT企業に入社して実践的な経験を積みたいと考えた

 

すごいざっくり言うとこのような志望動機でした。ここから面接官は、下記のような深掘りをすることは容易に想像できますよね。

 

・なぜコンサルからIT企業へ?もう少し詳しく聞かせて?
・どんなアプリ開発の企画していたの?

 

上記の通りですね。これは自分から志望動機をフックに面接官にこんな質問をさせることで面接を自分が語りやすいように仕向けたとも言えますね。就活の面接では予想しない質問もきたりするのが厄介ですが、これならそう言うリスクも抑えられます。

 

就活面接で内定取れる志望動機は行動ありき

では次に就活面接で内定を取れる志望動機ってどんなものか解説していきますね。端的に言うと、下記です。逆に言うと、下記がないと落ちるリスクは高いです。

 

・行動が伴っている
・PDCAで改善されている
・行動の中で業界選択や企業選択がされている

 

ざっくり言うと上記の通りです。大事なのは、面接の段階で検証されていると言うことですね。だって下記の2人の就活生なら圧倒的に行動している方が説得力高いですよね。

 

就活生A:
大学の講義でプログラミングを学び楽しかった
どうせならお金稼ぎにもなればと考え、プログラミングのアルバイトをITベンチャーで行った
その中で実績を出してリーダーになれた
就活生B:
プログラミングは稼げるスキルです
実際にエンジニアは不足しています
それゆえ、エンジニアになって稼ぎたいです

 

どっちもロジックは通っているけど、違うのは行動ですね。

 

行動がないと最終面接で落ちるリスク高い

先ほどの通りでして、行動が伴わない志望動機は1次面接くらいは通過しても最終面接で落ちる可能性が極めて高いです。僕も振り返ると文系の経営学部からIT企業の就職できたのは、アプリの企画開発と言う行動を実際にしていたからだったと思います。

 

これを考えると就活生の皆さんは行動を伴わない志望動機でいくら頑張っても無駄かもしれない、、、と思うと思います。しかし、今回紹介した内定を取れる志望動機は上級者レベルなので絶対必要ではないです。

 

基本はなぜこの業界?なぜその中でも弊社?を応える

行動を伴わない志望動機で行く場合は、下記を中心に応えるしかないです。その中で少しでも行動を伴う志望動機に仕立て上げましょう。

 

①なぜこの業界?
②その中でもなぜ弊社?

 

先ほど最低限はこの2つで!と言いましたが、ごめんなさい。正直行動なしでは内定を取れる志望動機にはなりにくいです。少しでも行動を伴うためには、過去の自分の行動を振り返りつつ、どうこの2つに繋げられるかと言う視点で自己分析してみましょう。

 

就活面接突破できる志望動機の作り方

 

最後に就活の面接で突破できる志望動機の作り方を解説します。先ほど内定を取れる志望動機をこんなのだ!と言ったのです既出感はありますが、、、

 

①行動が伴っている
②そこで PDCAを回し改善している
③そこから志望動機となり弊社に就職したいのだなと感じられる

 

いってしまうとこれだけです。コンサルやIBDのような地頭中心以外の業界であれば余裕で内定取るに足りる志望動機になりますよ。

 

まずは行動

大事なのはまず、行動です。就職活動における行動とは下記をさしています。勘違いしてい就活生が多いです。

 

よくあるこれが就職活動と思っている行動
・企業説明会にひたすら参加する
・面接やグループディスカッションの練習ばかりする
・自己分析ばかりする
・短期インターンシップに参加する
本当の就職活動の行動
・長期インターンシップに参加して実績をだす
・論文で成果を出す
・自分で何らかのアウトプットを出す

 

要は就活生目線では、企業説明会に参加するのは就職活動そのものですが、面接官的に頑張ったことが企業説明会に参加したことやないか!ってな就活生には魅力感じませんんね。

 

それよりも主体的に自分がやりたいことをまずは見つけるために、ITベンチャーで長期インターンをするとかの方がはるかにウケがいいです。

 

よくあるサマーインターン2日とかってのは、どっちかって言うと企業説明会の延長線上に近いので、その会社への就職には役立ちますが、それ以外には役立ちません。2日で何ができるんだ!って話です。

 

そしてPDCA

例えば、先ほどのなかでじゃあITベンチャーで長期インターンをするとします。この中で、PDCAを回し成果を出せればもうあなたは最強の就活生になれますね。ほぼ内定を取れるでしょう。

 

そして、その経験から志望動機に繋げられるともはや最強ですね。僕の場合は、コンサルでインターンをしてロジカルに話すと言うことを学んだ話などをしましたね。

 

コンサルで長期インターンする前の僕
・インタビュー中の音声を議事録として書き出すのは量が多くて間に合いません!
コンサルで長期インターン後の僕
・音声を議事録とするためには、下記の変数で時間が変わります。
録音時間 * 発話数/分 * 有効会話時間率
・前回の録音と比較して、全ての変数が高いので前回よりも時間が掛かります。

 

いっていることは同じでもロジカルに話すとは、こう言うことですね。さらに社会人レベルになると、もっと定量的に比較分析したりしますね。このようにロジカルに話すことをPDCAを回して成長した話もあれば、

 

アプリ企画開発前の僕
・ユーザにヒアリングしてそれを作ろうぜ!
あえなく失敗したので、

アプリ企画開発後の僕
・ユーザにヒアリングして得られた仮説を何らかの方法で事前に検証しよう!
・ニーズの高い仮説が現状ではそのようなサービスで供給されているか分析する

 

こんな感じですね。行動で得られた経験でこのように考えや行動が変化したことを語れれば、志望動機の延長線上でのアピールとしては十分です。こう行った経験から、この業界での仕事が楽しそうだと感じた!とかでも行動なしよりもはるかに説得力があります。

 

余談:その会社の社員が思っていることをまじえると最高

ちなみに、、、面接官も人間なので、正直共感するような志望動機もありですね。一番わかりやすいのは、お金とかですね。IT企業は一攫千金を夢見る会社員が多いです。

 

なので、現代で凡人から富裕層になるには起業で一発当てることじゃないですか?そのためには、ITが有効じゃないですか?実際にITベンチャーでインターンしたら、そう言う世界が広がっていて就職は絶対にIT業界に行きたいんすよ!

 

こんなのでも、実際にはもっとしっかり練りこめばほとんどの面接官は同意するでしょう。でもね、大事なのはここでも行動なんですね。行動するからこそありきたりな志望動機に熱と納得感が入り込むわけです。

 

まとめ

 

と言うことで、就職面接での志望動機は行動をとりいれろ!で解説しました。正直、本とかありきたりなサイトで解説されているような未来の視点を入れろ!なんてのは有効だとは思いません。

 

行動が志望動機の説得力を変えます!これは絶対です。騙されたと思って、何でもいいので行動しましょう。

 

人気:大学生におすすめなプログラミングスクール4選【無料あり、20代も】
人気:ProEngineer(プロエンジニア)は大学生におすすめ?【業界人が図解で解説】

最新情報をチェックしよう!