web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

就職活動の軸の決め方【事例付き:行動とセットで設定すべき】


 

就活の軸ってどう決めたらいいんだろう?面接での就活の軸の回答も方法も知りたいな。こういった疑問に元無い内定から就活リベンジして3社内定した僕が自分の事例付きで解説します。結論、行動とセットで就活の軸を決めれば基本的に何でも良いです

 

これガチ。わいの友人も投資銀行の面接で、一緒に働く仲間が企業選びの軸っす。っていって、 面接官から、嫌な人いたらどうするの?わからないよね?で詰んで落ちた。 観測出来てないなかであたかも仮説ですらない内容を結論ぽくいうのは、自殺行為だよ。 知識盗むはわざわざ言わなくていいかな。

 

僕は就活の軸がブレブレで学部生時代に就活で無い内定になりました。そこから、色々な行動を行いそこから軸を設定することでブレない就活の軸ができて3社内定までいけました。

 

就活の軸とは

 

まずとても大事なので就活の軸とはそもそも何かを解説します。これは企業目線と就活生目線で分けることで理解が深まります。

 

企業目線

まず企業目線で就活の軸の意味を理解しましょう。企業目線でいうと、就活の軸を質問する意図は下記のような意図になりますね。

 

①そもそもこの就活生は就活でどう企業選びしているのか?
②弊社や他社含めて一貫性はあるか?これは志望度合いに繋がる
③その就活の軸は、どう選ばれたのか?思いつきじゃないか?

 

こういった意図がありますね。なので基本的には、この就活生は本当に弊社に興味があるかどうか、それは過去の行動など根拠のあるものがあるかどうかを知りつつ、この質問を皮切りに色々な話に展開させることが多いです。

 

注意点として、就活の軸で一見矛盾がなさそうでも企業目線でちょっとなっていう軸だと落ちるかもです。例えば、コンサルでワークライフバランスを軸にする人はいないかもですが、極端な話としてはそう言うものですね。

就活生目線

一方で就活生目線で就活の軸を考えると、それは自分がやりたいことは何か?この発見につきます発見といっても社会人として働きながら徐々に変化するものなので、現時点でやりたいこと、という意味になりますかね。

 

ちなみにやりたいことじゃなくて得たいことでも就活の軸は大丈夫です。お金とか、スキルとかですね。ワークスタイルも当てはまりますね。

 

就活生目線での就活の軸はこれが最大にして唯一の本質だと思っていて、何をやりたいの?何を得たいの?それを得られる軸を選ぶことですね。

 

就活の軸の決め方と回答方法

 

では早速具体的な就活の軸の決め方を解説します。結論、行動とセットになっている納得感のある軸であれば何でもいいです。個人の価値観ですし、何を選べ!というものはないです。ただし、行動とセットになっていて納得感があることが何よりも大事です。

 

行動とセットで決めれば軸は何でもいい

就活の軸において、何よりも大事なのは納得感です。納得感がないと元も子もなくなり、僕のように無い内定リスクが高まります。納得感があれば何でもいいのです。個人の価値観なので。

 

そしてどう納得感を高めるかというと、行動をベースに就活の軸を設定すると良いです。MECEに軸を設定するとか小技もあるんですが、正直そこまで意味はないです。

 

もう少し具体的に解説しますと、例えば日々何か行動していますよね?アルバイト、インターン、サークル、まあ何でもいいです。そこで得た気づきを軸にしていきます。

 

一番おすすめなのは、長期インターンのような実践的なインターン形式での経験を元に軸にしていく方法です。僕はこの方法で就活の軸を選びぬき、内定を取りました。あ、正確には長期インターンと友人とのアプリ開発の2つでした。

 

 

僕の就活の軸:事例

ではどう僕が就活の軸を設定したか、その経緯を解説します。結論、僕は少数精鋭ベンチャーコンサルでの長期インターン、友人とのアプリ開発をへて、下記のように就活の軸が変化しました。

 

当初
業界はコンサル
成長できる
以上!

 

その後
ネットサービス、IT業界の企画職
将来的に起業に挑戦する際にスキルとして役立つものを盗める企業

 

ありきたりかつ抽象的な就活の軸から、ちょっと具体的になっています。どういう経緯があってこの就活の軸に変化したかというと、

 

コンサルでの長期インターンと友人とのアプリ開発を並行して行なっていて、

 

①コンサルがつまらなく感じた
②自分で企画し自分で何かやる方が楽しく感じた
③コンサルの激務具合がリアリティを持って感じられ怖気付いた

 

そこからネットサービス、WEB業界、IT業界へのOB訪問などをしていて、そっちの社員の方がイキイキとやりたいことやってるなーと感じて、就活の軸を変化させた感じですね。

 

なので、なぜその就活の軸なのかについては、完全にその時の長期インターンとアプリ開発の話をしました。特に何も突っ込まれず、むしろアプリ開発や長期インターンの中身について深掘りされた感じです。

 

よくない就活の軸

あとよくない就活の軸ってのがありますね。よくないという意味は、突っ込まれやすいということです。本心だとしても論理破綻しやすい軸があります。

 

その代表例は、成長したい、と一緒に働く人系です。前者は、成長がそもそも抽象的すぎて突っ込まれやすいですし、成長してどうしたいの?が本質なのであまりおすすめできる就活の軸ではないです。

 

後者は、一緒に働く人系ですね。これも論理破綻しやすいです。なぜならコントロールできないからです。就活生だと会社の人事異動のロジックは見えないのでイメージできにくいかもですが、社会人目線だとそんな確率次第なことを軸にするの?って違和感がどうしても出ます。

 

なのでこれらの就活の軸はあまりお勧めはしません。オススメしないという意味は、本音はその軸でいいとは思いますが、面接では語らないほうが無難です。突っ込まれても納得できる説明ができればいいですが、、、難しいですよね。
 

一方で良い就活の軸は、自分なりの経験や行動に基づき得られている根拠と納得感のある軸ですね。これなら突っ込まれづらいですし、納得感があるので評価もされやすくなります。そのためにも行動が大事になりますね。

 

面接での就活の軸の回答方法

 

なので、就活の軸の質問への回答方法としては、下記の手順がおすすめですね。

 

①当初、こういう軸だった。なぜなら
②その軸で本当にいいのか確かめるために or その軸で就活を進めるために、こんなことを挑戦しました
③そこで得た経験から、このような軸に最終的になりました。なぜなら

 

このように行動とセットで就活の軸を話せば回答としては十分な納得感が出るはずです。さらにうまく自分がアピールしたい内容に誘導することも可能です。ぜひ活用ください。

自分1人では無理なら他人を巻き込む

とはいえ、、、時間がなくて長期インターンとか挑戦できないよ、とか色々事情はあると思います。そういう場合は、できるだけ自分1人で行わずに、就活生の同級生と軸に設定について話し合うか、就活サービスなどを活用して社会人を交えて軸の設定をしていくのが好ましいですね。

 

というのも、ビジネス経験の薄い就活生1人だとどうしてもツッコミどころの少ない就活の軸の設定って難しいんですよね。なので、いろんな人の指摘を受けながら就活の軸を磨いていくのがベストです。

 

就活サービスだと、キャリアチケットのような無料で使えて面接対策、自己分析、企業紹介、軸の設定など支援してくれるので活用し倒しましょう。

 

まとめ

 

ということで就活の軸の決め方を解説しました。就活の基本的なことなのでぜひ納得感の高い軸を見つけて就活を乗り越えましょう。

 

最新情報をチェックしよう!