web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

就活全落ちのその後は長い目で見ると全然逆転可能【体験談で語る】

 

 

就活で全落ちしたらその後はどうなるんだろう?もう人生終わりかな?先人の事例が知りたいな、こういった疑問に学部時代に就活で全落ちしてそこから就活リベンジして3社内定した僕が解説します。結論、天国と地獄がありますが長い目で見ると逆転可能です。

 

僕も学部時代は就活で全落ちして無い内定でした。大学院では就活リベンジして3社内定しましたが、気づいたのは

・落ちる段階で理由が明確に違う
・どの時期か次第で取るべき行動も変わる

就活で怖いのは気づかぬうちに手遅れになることですね。リスクヘッジしつつ動くことが求められる。

 

僕は上記の通りで学部時代の就活で全落ちしました。しかし今は這い上がり20代で年収1000万円を達成できました。今回は就活で全落ちしたその後を事例付きで解説します。

 

就活で全落ちしたその後を体験談で語る
就活で全落ちしても逆転可能
就活で全落ちしたら考えるべきことと取るべき行動

 

就活で全落ちしたその後を体験談で語る

 

就活で全落ちした当時の僕の体験談とその後をまずは共有します。当時僕は、大手病で就活全落ち、院試受験に切り替えて学歴ロンダリング、大学院に通いつつ長期インターンを軸に就活リベンジで3社内定、というのが大まかな就活全落ちのその後です。割とハッピーエンドです。

 

大手病で就活全落ち
院試受験に切り替えて学歴ロンダリング
大学院に通いつつ長期インターンを軸に就活リベンジで3社内定

 

上記の通り。では就活全落ちのその後を共有していきます。

 

高学歴だが大手病で就活全落ち

まず僕はまあまあ高学歴でして就活は余裕なんじゃないかとたかをくくっていました。しかし、これが最初の就活における失敗でして就活は大学受験よりもはるかに倍率も難易度も高いものでした。

 

なまじ高学歴だった僕はいわゆる就活で全落ちする可能性の高い病である、大手病にかかっていました。就活で大手病というと総合商社とかコンサルとかいわゆる人気な業界の上位企業しか受けていませんでした。

 

いくつか最終面接まで通りましたが、やはり大手病というものは就活の軸がないため、どの企業でも結局なんだかこのままでいいのか?と思うようになり、それが態度にも出て就活全落ちとなったのでした。

 

一旦院試受験に切り替えて学歴ロンダリング

僕は考えました。このタイミングだともう優良企業は枠がないだろう。みんなも大学院進学するから同じように一旦院試に切り替えようかな。いわゆる逃げに走ってしまったわけですね。ただ、興味のある専攻があったのでそれはそれで僕にとっては魅力的な進路でした。

 

明確に研究したい分野がない場合の大学院進学は、就活における企業からの目はまあまあ冷ややかでモラトリアムの延長ですか?といってきたくそ会社もありました。(これは大学院での就活での話ですね)

 

どうせなら今よりも高学歴な大学院に進学しようと思い、学歴ロンダリングしました。4つ受験して、2つは母校含め合格、1つは普通に落ちる、1つは受験日を間違えて本当の受験日にプールで泳いでいました。しかし、結果オーライでまあまあ良いところに合格できました。

 

当時は本当に真夏の暑い時に論文研究と院試勉強をして引きこもっており、就活で内定を決めて遊ぶだけ!ってな同級生を絶望しつつ羨ましく見ていましたね。うん、努力をもっと早くからすれば良かっただけです。

 

大学院に通いつつ長期インターンを軸に3社内定

で、大学院に進学しました。僕が就活全落ちの後に選んだ大学院は、いわゆる社会人も通える夜間のビジネススクールでして昼間は働きつつ夕方から講義を受けるというスタイルが可能でした。

 

これは就活で全落ちしたため、戦略的に選んだ部分もあるのですが、昼間はインターンなどで働きながら夕方から講義を受けられれば就活リベンジでは無双できるんじゃねと思ったからでした。後に、この仮説は日の目を見ることになるのですが…。

 

話をはしおって結論から言うと、学部時代では就活全落ちした僕がその後、大学院進学し昼間はインターン、夕方から講義というスタイルで頑張ったため3社も内定を取れることが出来たんです!この話は、結構僕の成功体験でして今でも自信になっています。

 

僕と同じように就活で全落ちして絶望している方は、下記の記事でも読むと参考になるかと思われます。

 

参考:無い内定クズから上場企業内定を勝ち取った体験談【戦略あり】
参考:無い内定の末路とその後【失敗体験談を語るけどハッピーもあるよ】

 

就活で全落ちしてもやり方次第で逆転可能

 

でですね、僕は割と就活全落ちのその後としては、ハッピーエンドです。なので、僕はやり方次第で逆転可能ですよ、と言いたいですね。

 

就活全落ちしてもやり方次第で逆転可能

 

上記の通り。

 

長い目で見ると逆転は可能

まず僕の体験談でも言えますが、就活全落ちした場合は、ある程度の時間をかけて正しく努力すれば内定は取れる、というのがわかったかと思います。

 

また、それだけでなく世の中にはいわゆる就活全落ち、あるいは多くの就活生が辞退するレベルの初任給の企業にしか内定をもらえなかったものの、その後逆転している方は割といます。下記のmotoさんを知っているでしょうか?

 

 

motoさんは就活で全落ちはしてないものの、新卒で入社した企業はなんとホームセンター。しかもレジ打ちで年収300万円ほど。信じられないですよね?普通は辞退します。しかし、motoさんはまず就職し、そこから戦略的にスキルアップして32歳の今では本業年収1000万円と副業年収2000万円だそうです。

 

このように就活でほぼ全落ちしたような状況に近いところからでも、長い年月をかけて再起可能です。というか、、、年収1000万円だけでもかなりすごいのに副業年収2000万円ですからね。逆転どころか、一斉にぶち抜きしていますよね。

 

就活で全落ちしたら考えるべきことと取るべき行動

 

ということで、就活で全落ちしても再起は可能です。ただ、大事なのはなぜ全落ちしたのか振り返ること、そしてその後の行動としてベストなことを努力して実行すること、これが大事です。

 

就活で全落ちしても再起は可能
ただ、大事なのはなぜ全落ちしたのか振り返ること
そして、その後の行動としてベストなことを努力して実行すること

 

上記の通り。正しく遂行すれば就活で全落ちからでも無双できる状態とまでは言わないですが、内定は取れます。

 

なぜ就活全落ちしたかまず振り返る

まずはちゃんとなぜ就活で全落ちしたのか振り返りましょう。振り返りの方法としては、ES書類落ち、GD落ち、一次面接落ち、二次面接落ち、最終面接落ち、でそれぞれどれが多いかを定量化します。

 

というのもどの段階で落ちて結果的に就活全落ちなのかで取るべき対策が変わるからですね。大枠は下記の通りです。

 

就活全落ちで多いフェーズ対策
ES書類落ち高望みしている可能性が高い。いくつか人気度の低い企業も入れてポートフォリオを組もう。
GD落ちGDスキルが低い。GDの練習をしよう
一次面接落ち面接基礎力が低い。面接の基礎を学ぼう
二次面接落ち面接で深掘りされるとボロが出る。深掘りに耐えられるようにしよう。
最終面接落ち本当に弊社に来たいのか?他の就活生と比較して勝ててない。志望意志の強さとアピールを万全にしよう

 

こんなところですね。それぞれで対策や参考になる記事を解説しているので、ぜひ参考にしてみましょう。

 

GDで落ちることが多い場合

グループディスカッションの評価ポイントと上げ方【簡単です】

グループディスカッションの進め方【コンサル内定者が事例付で解説】

グループディスカッションの練習方法【就活生同士は限界あるよ】

 

一次面接で落ちることが多い場合

一次面接で落ちる理由TOP3と対策【結構深刻と捉えよう】

就活面接の志望動機はこれで攻略【体験に基づく事例あり】

 

二次面接で落ちることが多い場合

二次面接で落ちる理由と対策【深堀りに耐えろ】

就活自己PRの注意点と例文あり【内定3社の事例付き】

 

最終面接で落ちることが多い場合

最終面接落ちる理由と対策【ショック受ける確率を減らす】

面接のコツまとめ【就活時体験談と採用担当目線で解説】

 

以上です。まずはなぜ就活で全落ちしたのか?をちゃんと振り返ることが先決です。

 

2年失うけど学歴ロンダはあり

その上で多くの方は就活で戦えるだけのアピールと地力がなかったこと、が多いです。その場合は、2年失ってでも志望企業に入社したい場合は学歴ロンダリングして大学院進学して就活リベンジも悪くはないです。

 

ただ、2年失うのは結構大きいのでそのためだけに院進するのは悩ましいところです。大学院進学が興味あればいいかもです。

 

すぐ内定取りたいなら就活エージェントを頼る

逆に時間がない!すぐに内定を欲しいんだ!っていう場合は、就活エージェントを頼るのがおすすめです。これはもう自力で内定取れないのであれば、他力に頼るのは普通です。就活エージェントは幸いなことに無料なので頼って損もしません

 

おすすめは2つありまして、業界問わず全般的に頼りたい場合は、キャリアチケットのような就活エージェントがおすすめです。無料ですし、自己分析や自己PRも手伝ってくれますし企業紹介もしてくれます。

 

一方で個人的におすすめなのは、ITエンジニアへの就職ですね。ITエンジニアは圧倒的に人手不足で内定取りやすいですし、スキルアップすれば転職もしやすいですしフリーランス独立すれば20代で年収1000万円も狙える職種です。

 

 

エンジニアへの就職の場合は、完全無料プログラミングスクールを活用するのがおすすめでして、内定率95%以上を誇ります。おすすめは就職先に人気企業もあるプロエンジニアと、受講中の住居まで無料提供してくれるITCE Academyですね。

 

参考:プログラミングスクールは無料な理由を知ってから受講すべき
参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

まとめ

 

ということで、就活全落ちのその後の体験談を共有しました。僕もそうですが、社会人の中でも元就活全落ちな人もいますし、そのあと頑張って年収1000万円到達しているのでまずは行動していくことが大事っすね。

 

参考:就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】

 

最新情報をチェックしよう!