就活で強みをどうアピールすべきか【行動力系がおすすめです】

 

就活でどう自分の強みをアピールすべきなのかな?そもそも強みがわからないよ、こんな疑問に無い内定から就活リベンジして3社内定した僕が答えます。結論は、面接官にもない強みかつ志望企業に好まれる強みが最強です。

 

この記事を書いている僕は、学部生時代に無い内定でしたが就活リベンジして3社内定をとり今は大手企業で5年働いています。当時の経験と社会人経験を合わせて就活での強みのアピール方法を解説していきます。

 

就活での強みは面接官にないかつ志望企業が好むものがベスト
就活での強みの見つけ方
就活での強みは逆算して作るがベスト

 

就活での強みは面接官にないかつ志望企業が好むものがベスト

まず就活での強みをメタに考えてみることが大事でして、結論としては面接官にない強みか志望企業に好まれる強みがベストです。

 

面接官にない強み
志望企業に好まれる強み

 

上記の通り。それぞれ解説します。

 

面接官にその強みがあると落ちやすい

まず就活生の落とし穴なんですが、就活生と面接官では面接官の方がビジネス経験があるので優れているにも関わらず就活生の強みが面接官にも当てはまる時に落ちやすさが増えます。この理由として、いくつかの人気な会社は自分より優秀になりそうな就活生を採用しろ!と社内で採用基準があったりするためです。

 

なかなか理不尽な採用基準ですが、事実なのでしょうがないです。なので、ここはじゃあどう戦略的に就活生が強みをアピールすべきかを考える方が生産的ですよね。その点でいうと、就活生は思考系よりも行動系がおすすめですね。

 

面接官にない強みをアピールする場合は思考系よりも行動系がおすすめ

 

なぜかというと、就活生が面接官よりもビジネスシーンでの思考力で勝てることがほぼないためです。それゆえある程度仮説思考とか論点思考に自信があってもそういう部分は直接強みとしてアピールするんじゃなくて、会話の中でじんわりと染み出す方が印象よく就活生の強みが伝わります。

 

この辺の行動力系の強みの具体的なアピール方法は記事の後半で、僕の体験談と共に解説してます。

 

志望企業に好まれる強みだと内定取りやすい

また就活における強みでは、出来るだけ志望企業に好まれる強みを語りましょう。そうした方がより就活では戦略的に内定が取りやすくなります。僕の場合は、下記のような感じでした。

 

志望企業が好みそうな就活生の強み:ガッツとか行動力があって主体的な就活生
強みのアピール:インターン募集のない企業に自ら問い合わせて面談の場を獲得しインターンとして働けた

 

こんな感じですね。実際に面接でもこの強みの話をしたら「突破力あるね!」と言われ、終始いい感じに面接が進み、もはや落ちる気がしませんでした。しかしこれは他の企業ではそこまで評価されないこともあり、企業によって強みの好みがあるんじゃないか?と振り返ったのを覚えています。

 

参考:無い内定クズから上場企業内定を勝ち取った体験談【戦略あり】

 

就活での強みの見つけ方

こういった話をすると、いやそもそも自分にどんな強みがあって就活でアピールすればいいかわからないよ!という声がありそうです。確かに僕も何が自分の強みか当時分かっていなかったです。基本は、過去の行動を振り返り見つけるでOKです。

 

過去の行動を振り返り強みを見つける

 

これでOKです。自分の場合は、地方出身で周りに塾もないので自分で新聞配達してお金を稼ぎ、参考書を購入し独学して大学合格したっていうところに自分の強みの厳選があると思っていました。具体的に解説します。ちなみに弱みについても解説しています。

 

参考:就活で弱みはどう見つけ伝えるべきか【PDCAで解決する事例付き】

 

基本は過去の行動から強みを見つける

就活生がどう強みを見つけるかは、基本は過去の行動を振り返り見つける、になります。この時色々な行動があると思うので、いくつかどの時の行動を強みの分析としてピックアップしたらいいかあげてみます。

 

人生の分岐点
自分の考え方や行動の仕方が色濃く出ている

 

この2点を基準に過去の行動を振り返り、自分の強みを見つけるのがおすすめですね。僕の場合は、大学3年生の時にブラジルへ海外インターンの挑戦をしたことや、先ほどあげた大学受験の話があるなと思いました。それを振り返ると、僕の場合の強みはこれかなと考えつきました。

 

自分が達成したいことについて、自分なりに戦略を立てて実行できる

 

しかしながら、、、これを強みとしてアピールするにはちょっと就活向きじゃないです。というのも、就活での自己アピール(自己PR)や強み、頑張ったことの話は出来るだけ最近の方が好ましいからですね。じゃないと、最近は何しているのかな?って思われるので落ちる可能性が高まります。

 

そうすると、人によっては過去の行動だと直接的に就活の強むとしてアピールしにくいって人が多いと思います。その場合は、過去の行動の振り返りから導き出された自分の強みをさらに就活バージョンに昇華させるのがおすすめですね。

 

就活での強みは逆算して作るがベスト

先ほどの続きですが、過去の行動を振り返りその強みを元にして下記のように就活バージョンに強みを昇華させるのが最強です。

 

志望企業で好まれる強みを分析
その強みを作るために行動する

 

上記の通り。要するに、強みは強みとして志望企業に好まれるストーリーから逆算して行動するってことです。

 

どんな強みが好まれるかを分析

そのためには、まずはあなたが内定を勝ち取りたい第一志望群の企業で好まれる強みを知るところから始める必要があります。いくつか方法があります。

 

社是から考える
OB訪問や企業説明会で質問する

 

大きくはこの辺りですね。中でもおすすめなのはOB訪問や企業説明会で質問するって方法ですね。圧倒的にその企業でどんな人材が好まれるのかが手に取るようにわかります。僕はIT、広告、コンサルで内定をとりましたが絶対にメーカーと金融は向いてなかったです。(保守的すぎて)

 

僕の場合は、主体性とか行動力のある人材が好まれそうだなと分かっていたので、そういう風に強みをアピールできるように自分の強みを生かしてストーリーを作っていきました。

 

その強みを作るために行動する

どのように作ったかというと、下記の通りですね。

 

元々の強み:達成したいことに対して戦略的に考え実行できる
作ったストーリー:興味のある業界でコンサルしている企業がインターン募集していなかったが、自ら問い合わせして面談を勝ち取りインターンすることができた。そのインターンで、XXのような実績を作ることができた。

 

これですね。この中でいうと、自ら問い合わせして=主体性という強みのアピールができていますし、そのインターンの中で思考力系の強みもちゃっかりアピールすることでとても有効な強みのアピールができたと思います。

 

ただ、この手法はとても時間がかかるので時間がない就活生は、まずは過去の自分の行動を振り返ることから始めましょう。それでも自分の強みがわからない!という場合は、そういった自己分析系だとか就活全般で相談に乗ってくれる就活サイトを活用するのも一つの手ですね。下記のとある就活生のつぶやきを見てみましょう。

 

 

最近だとこういうキャリアチケットのような就活の強みなどの相談に無料で乗ってくれるエージェント付きの就活サイトもあるので、活用するとOKです。特に面接で落ちることが多くて悩んでいる就活生は手遅れになる前に活用した方が懸命ですよ。就活は時間との勝負なところがありますからね。

 

まとめ

 

ということで就活での強みの見つけ方、アピールの方法などを解説しました。現状で強みがない!って就活生は結構危険なので、キャリアチケットのような就活サイトをまずは活用するところから始める方がリスクヘッジになると思いますよ。

 

参考:プログラミングスクールで新卒就職する【面倒な就活を避ける】
参考:大学生におすすめなプログラミングスクール4選【無料あり、20代も】
参考:就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】

最新情報をチェックしよう!