web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

就職活動はくだらない部分はある【本質的なことに時間を割こう】

就職活動ってくだらないな、茶番じゃね?くだらないことに時間使っていいのかな?どう時間を使うべきだろうか?こんな疑問に元無い内定者で就活リベンジして3社内定した僕が解説します。

 

参考:無い内定クズから上場企業内定を勝ち取った体験談【戦略あり】

就活生当時は、就活は茶番、くだらないと感じていたが、実際くだらない部分もある。 何がくだらないか?嘘、偽りで内定とれるとこだよ! そんなことに時間使うより、数年先の転職とか出世見越して、本質的なスキルアップに時間つかうほうがどう考えてもいいのに。

 

 

まずは僕が就活中に感じた、くだらないことを解説していきます。社会人経験も踏まえて書きます。

嘘偽りの面接対策

就活あるあるですが、面接で嘘偽りはマジでくだらないっすよね。そこまでして内定取りたいの?ってちょっと思います。

 

まあ新卒切符は一枚限りなのでそこまでしてでも内定取りたい気持ちもわからなくも無いですが、、、とはいえくだらないっすよね。

 

よく数字を盛るとかもあるんですが、あまり意味ないですね。というのも、別に結果的に成果が出せなくても出せても小さい成果だとしても、プロセスの中での工夫が見られれば普通に内定取れますもの。

 

これは社会人になってからの評価でも同じでして、必ずしも成果は出るわけではないですし、任せられる業務内容にもよるので、社会人であってもプロセス評価は多分にあります。なので、数字だけ盛って中身のない自己PRするのは本当にくだらないです

 

ましてや嘘偽りの面接対策などしても、時間の無駄ですしくだらないのでやめときましょう。

 

GDでイキリたがる就活生

あと本当に就活中にくだらないなーと思ったのは、GD、グループディスカッションでイキリたがる就活生ですね。イキっているし特に議論にプラスになる内容でもないし、迷走させてるしで本当迷惑でした。

 

ちなみに覚えてますが、その彼は東大のMITだったので東大の就活予備校とも呼ばれる専攻でもこんなくだらない就活生いるんやなと感じたことを覚えています。

 

 

内定マウント

最後の就活でくだらないと感じたことは、内定マウントっすね。マジでくだらない。いやね僕の専攻の同級生でもいたんですよ。俺コンサルだし?あどばいすあげるよ?的な?

 

いやいやプププですよ誰がお前にアドバイスもらうかボケえええ!って感じですし、内定マウントほどくだらないことはないっすね。

 

そういう就活生ってどこにでもいると思うので、もう関わる頻度を減らしていった方が賢明ですね。そんなくだらない就活生と時間を共有するほどひまじゃないと思うので、徐々に距離取った方がいいっすね。

 

就職活動でくだらなくないこと

 

一方で就職活動全般がくだらないわけじゃないです。くだらなくないこともありますどっちかっていうとこっちを読んでもらえると嬉しいっすね。

 

自己分析

就活でくだらなくないことの1つとして、自己分析があります。くだらないことの対象にされがちな自己分析をなぜ僕はくだらなくないと思うのか?理由は2つです。

 

1つはやりたいことを見つけることが、就活の本質だからです。で、就活において自分は何をやりたいのかを考えるのは紛れもなく自己分析です。

 

よく自己分析とか無駄だし、くだらないと思う就活生もいます。うん、確かに自己分析がやりたいこと探しだけの役割であって、既に見つけていればもうくだらないかもしれません。しかし自己分析はそれだけじゃないのでくだらなくないんです。

 

2つ目の自己分析がくだらなくない理由として、もう1つの役割が強みと弱みを分析しPDCAすることで自己成長していくという部分があるからですね。そしてこのスキルは就活生だけじゃなく手、社会人になればずっと必要なスキルなんですよ。

 

実際に就職後に企業次第ですが、同期同士で集まり研修をしてこの1年の学びやら自分の強みや弱みの洗い出し、これからの行動計画などを振り返る研修を毎年行うことが多いです

 

そしてまさにこれは自己分析でやることなんですよね!なのでくだらなくないと言えますよね!これをくだらないと言っちゃうと、もう成長放棄しているのと一緒ですよ。就活で自己分析して振り返りPDCAして自己成長するのは非常に有効ですし、コスパのいい行動です。

 

 

ガクチカ(自己PR)

もう1つの就活でくだらなくないことは、ガクチカですね。いわゆる自己PRです。就活自体の結果に大きく関わるからくだらなくないという側面もありますが、ガクチカは就職後も自分のスキルに直結するんですよね。

 

例えばwebマーケ系の企業でインターンなど頑張ればSEOスキルが身につきますよね。そして同じような業界の企業に就職すれば、高確率で同じwebマーケ系の仕事をすることになります。エンジニアでも同じです。

 

つまりガクチカは内容次第ですが、その経験を使って1年目から活躍できそうな部署に配属されるのが普通なんです。1年目から活躍できるとスタートダッシュにも成功しやすいですから、ガクチカは何気に就職後も役立ちます。なのでくだらなくないですね。

 

 

就職活動ではくだらないことより本質的なことに時間を割け

 

最後なんですが、僕の主張は就活ではくだらないことに時間をかけずに、くだらなくないことつまり本質的なことに時間を割くのがいいですよって話ですね。とは言え、就活自体がくだらないよ!と感じる場合は、サクッと内定とって終活しましょう。

 

あまりにくだらない場合はサクッと内定もらって終活する

あまりに就活がくだらないと感じる場合は、何らかの方法でサクッと内定もらって就活するってのがいいっすねいくつか僕の知っている限りでは、

 

①学内説明会に来ている比較的人気じゃない企業を受ける
②長期インターンを行いその企業にそのまま就職する
③就活エージェントを使う

 

この辺りが多いですね。学内説明会に来ている企業は、採用ターゲットとしてあなたがいる大学があるわけなので内定も比較的とりやすいです。ただ人気企業だとそうでもないのは当然ですが。

 

あとは僕が毎回書いている長期インターンですね。結構高確率でそのまま内定もらえます。くだらない就活を一度もせずに済むかもです。

 

就活エージェントを使うのもくだらない就活に巻き込まれにくくなる方法の1つです。例えば、キャリアチケットのようなエージェントであれば、最速1週間くらいの速さで内定もらえます。

 

あとは完全無料就職支援付きプログラミングスクールもくだらない就活をできるだけ回避しつつ、プログラミングを学びながら就活できますね。エンジニアは人手不足なので同じく内定取りやすいです。下記の記事に詳細がありますね。

 

 

スキルアップに時間を使う

先ほどの方法でサクッと内定取り次第、本質的なスキルアップに時間を使うのが理想ですね。くだらない就活をさっさと切り上げて、就職後に役立つスキルアップに時間を使うのはなかなか有意義だと思います。

 

スキルアップできれば職種次第で副業して一気に収入アップすることもできますからね。学生時代からスキルアップしておくことに損はありません。

 

まとめ

 

ということで就活のくだらないこととくだらなくない本質的なことを解説しました。ぜひくだらない内定マウンターは無視していきましょう。
最新情報をチェックしよう!