20代後半未経験でプログラマー転職は有利です【理由と転職方法を解説】


 

20代後半だけど未経験からプログラマーになれるかな?同じように20代後半で未経験からプログラマーを目指している人の事例を知りたいな。どうプログラマーを目指せばいいのかな?こんな疑問にIT業界5年かつ20代後半でプログラマー(エンジニア)を目指している友人がいる僕が解説します。

 

20代後半で未経験からプログラマーは全然目指せます

プログラマー未経験転職は29才までなら需要あるので挑戦する価値はあります

プログラマーになる方法も、色々あり独学でも無料/有料プログラミングスクール活用もありです あとは未経験でいきなりプログラマー就職し働きながら覚える方法も取れる

 

結論、20後半であれば未経験でもプログラマーになるチャンスは数多く他の人よりも有利です。理由は、プログラマー転職において20代は若いので有利である、無料かつ転職/就職支援付きプログラミングスクールを使えることがあげられます

 

未経験でも20代後半ならプログラマー目指しやすい理由

 

未経験でも20代後半ならプログラマー就職は目指しやすいです。若さは武器になりますよ。

 

未経験でプログラマー就職でも20代後半なら有利

一般論としてもそうなんですが、プログラマーにおいては特に未経験からの転職であっても20代後半であれば他の人よりも有利になれます。

 

というのもIT業界ってプログラマーやエンジニアなどの人材不足なので圧倒的に人が欲しい状況なんですよね。実際に僕もプログラマーやエンジニアの採用や面接もしていたりもしますが、なかなか応募がない時期もありました。

 

そんな中で言うと、どうしても未経験者をプログラマー採用すないとならなかったりするんですが、その場合はやはり若いほうがいいですね。年上に教えるのも大変ですし、プログラミングも簡単ではないので若いほうがキャッチアップにも有利です。

 

そういう意味でも20代後半であれば未経験でもプログラマー目指しやすくなります。

 

無料スクールもある

これは実際に20代後半が受けられるプログラミングスクールに無料のスクールがあるっていう事実にも反映されてますね。これは30歳以上だと無料のプログラミングスクールが存在しないことからもわかりますね。

 

無料な理由はもちろんあってIT業界として若い20代後半くらいのプログラマーの需要が高いってのも理由の1つです。

 

記事後半で解説しますが、無料である理由はそのプログラミングスクールに協賛している企業の中から就職先を選ぶ必要があって、スクールは企業から協賛金をもらって運営しているからなんですけど、それでも29歳以下限定なので検討しない理由はないかなって思いますね。無料はなかなかないですよ。普通は50万円はしますからね。

 

事例:20代後半未経験からプログラマー目指す友人

 

とはいえ、20代後半で未経験からプログラマー目指すのは余裕ではないですね。僕の友人でも20代後半から未経験でプログラマー目指すうえでの苦労とかを友人の事例で解説します。

 

学習方法を誤る

1つ目は未経験あるあるなんですが、初めてプログラミング学習をするわけなので、そもそもの学習方法がわかっていないというのがありましたね~。

 

ちょっと時間を非効率に使ってしまった感は否めませんが、こういう部分も含めて未経験からのプログラマー転職ですね。

 

基本的にプログラミング学習は、エラーが出て調べての繰り返しなんですが、友人はそういう学習をせずに人から聞いての繰り返しだったので自走できるような成長ができていなかったですね。

 

これの対策はエンジニアの友人を作って正しい学習方法を知るってのが大事です。

 

挫折しかける

もう1つは、上記に関連していて、いざ正しい学習方法を知ってからエラーが出て自分で調べてってのを始めるとあまりのわからなさに絶望して挫折しかけたことがありましたね~。

 

まあこれも20代後半に限らず未経験からプログラマーを目指せばほぼぶち当たる壁なのでどう対処するかにかかっているかなと思いますね。

 

この辺のプログラミング初学者でなかなか成長しない人の特徴は、以下の動画でも解説されており有益なのでぜひチェックして損はないです。

 

 

なので、20代後半未経験からプログラマー目指すうえでは年齢を武器にして、モチベーションが続くように同じような友人をたくさん作りながらプログラマーを目指すのが基本戦略と思いますね。

 

20代後半未経験からプログラマー目指す現実的な方法

 

ここまでを踏まえて20代後半未経験からプログラマー転職を目指す現実的な方法を解説します。僕は正直その年齢を有効に使って友人作りながらプログラミング学習してプログラマー転職を目指すがいいと思ってますね。

 

プログラミングスクールを使う

未経験から目指す場合はプログラミングスクールを活用するのが正直いいかと思います。大学生のうちとかであれば時間も余裕があるので独学でもいいと思いますが、20代後半だと年齢の有利さもあと少しです。

 

無料

20代後半であれば記事冒頭でも解説した通りで、完全無料かつ就職支援付きのプログラミングスクールを使えます同じような20代のプログラマー未経験者が集うので友人もできてモチベーションにも最適です。

 

また、就職/転職支援もついておりIT業界について、面接対策について、ES対策について、企業紹介について、自分の学歴や経歴的に現実的なプログラマーとしてのファーストキャリアを相談してくれるのも魅力的です。

 

無料のプログラミングスクールの中では、プロエンジニアのような就職先としてもソフトバンクグループや楽天グループなど人気企業が選択肢としてあるスクールがおすすめすね。しかも、違約金も無料なので途中で離脱してもお金は一切かからないのも最ですね。

 

 

ただプロエンジニアだと東京半蔵門での研修になり地方に住んでいる20代後半の方にも厳しいんですよね…。でも選択肢は実はまだあって、ITCE Academyというスクールだとなんとプログラミング受講中とか転職活動中の東京での住居も無料提供しているという大盤振る舞をしていたりもします。

 

探せばこういうスクールはあるので活用しない手はないと思いますね。プログラマーは転職文化なのでファーストキャリアはそこまで気にせずにまずはプログラマーのキャリアを早く始めることを意識したほうが無難ですね。

 

有料

とはいえ、、、就職先は自由に選びたいとか、最先端の技術を学びたいんだ!という人には、お金を払ってでも有料のプログラミングスクールを受講してプログラマーを目指すほうがいいと思いますよ。

 

ただ安くはなくて、最安30万円のTech Boostとか60万円のTECH::EXPERTあたりが有名で評判もよいですね。以下のようにテック系ユーチューバーもおすすめしています。

 

 

こんな質問に対して、、、テック系ユーチューバーの勝又さんの回答は、、、以下ですね。

 

 

Tech BoostはAIなど最先端の技術も学べます。TECH::EXPERTだとどっちかっていうと転職保証があり最先端っていうよりも確実にプログラマー転職したい方むけですね。転職できなかったら、条件付きですが返金されますしそういう部分はありだと思います。

 

独学

最後は、、、独学なんですが独学のデメリットって挫折しやすいですし結果的にプログラマー転職までの時間もかかるので、年齢の武器がなくなるリスクがあるんですよね。

 

20代後半という若さは完全に武器なので、それすら失うともう徐々に未経験からのプログラマー転職は厳しくなります。どっちをとるかは自分次第ですけどね。僕は20代後半という年齢を考えればよほど自信がない限りは独学しない方が長期的に見るといいんじゃないかなとは思います。

 

まとめ

 

ということで20代後半未経験からプログラマー目指す方向けに解説しました。若さは武器ですから、今回の情報をもとに自分にあっている手段をとればいいと思いますプログラマーのキャリアを開始できれば数年後にフリーランスになって年収1000万円も夢ではないのでぜひ頑張ってほしいと思います!

 

 

ちなみに、、、フリーランスエンジニアになる場合はマージンが低いエージェントを選ぶのが年収最大化の基本なんですが、PR-BANKが業界最安(1年目12%、2年目10%、3年目以降8%)かつマージン率を公開していておすすめです。

 

最新情報をチェックしよう!