次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

レバテックフリーランスとギークスジョブを比較【実際に面談した】

 

レバテックフリーランスとギークスジョブというフリーランスエージェント大手2社でオンライン面談してきたので、比較してみたいと思います、なうです。

 

レバテックフリーランスとギークスジョブのフリーランスエージェント大手2社とオンライン面談したので比較してみます。

案件数:どっちも多い
案件紹介の速さ:ギークスジョブの方が早かった
マージン率:どっちも非公開
福利厚生:どっちもある

という感じでしたかね。

 

ざっくりは上記のような比較感でした。多分最終的には単価の高い案件を取れた方で選ぶと思いますが、これからフリーランスになろうと思っているエンジニアやデザイナー、ディレクターさんはこの比較見つつ参考にしてもらえたらと思います。

 

レバテックフリーランスとギークスジョブの比較

 

早速ですが、レバテックフリーランスとギークスジョブというフリーランスエージェント大手2社の比較を実際にオンライン面談を通じてえた感想と共に書いていきたいと思います。

 

案件の量

まずフリーランスエージェント選びで最初に気になるのは、案件の量ですよね。特に初めてとなると、案件が多い方が案件獲得の成功率は上がりますから重要です。

 

この観点で言うと、レバテックフリーランスもギークスジョブも大きくは変わらないかなと言う印象でした。と言うのも、どっちもエンジニア、ディレクター、デザイナーと主要なフリーランス案件をカバーしているためです。

 

特徴があるとしたら、ギークスジョブの方がゲーム業界にも強いと言う感じはしました。ただ僕はゲームは関心がないため、自分的には変わらないかなと言う感じですね。

 

対応エリア

次は対応エリアです。これは案件の量と比例すると思いますが、規模の大きい会社ほど対応エリアは多くはなります。

 

これで言うと、東京・大阪・名古屋と言う日本の主要都市はレバテックフリーランスもギークスジョブも対応エリアとなっています。

 

ただ福岡に関しては、レバテックフリーランスのみが対応しているみたいでした。なので九州でフリーランスを考えている人はレバテックフリーランスの方が良さそうだなと思いますね。

 

案件の質と単価の高さ

次は案件の質や単価の高さです。特に単価の高さは非常に重要ですよね。僕自身も、フリーランスになる目的の1つが現状より稼ぐことなので、単価が高い方が良いに決まってました。

 

ただ単価というと案件次第なので、平均値という形での比較になるんですが、レバテックフリーランスの方が単価は高そうでした。以下の画像を見ると、

 

 

レバテックフリーランスは最高単価が150万円もあるのに対して、ギークスジョブは100万円ほど。ただし、これは両社の公式HP上での結果です。フリーランスエージェントは大抵非公開案件を保有しているため、非公開案件分を含めると真偽は不明っちゃ不明です。

 

案件紹介の速さ

あと個人的に感じたのは、案件紹介の速さ、ですね。僕は自分がフリーランスの採用をしているため薄ら知っていましたが、転職と違って1ヶ月程度前じゃないと案件紹介ってないんですよね。

 

でも、ギークスジョブはレバテックフリーランスや他のフリーランスエージェントと異なり、1.5ヶ月前から案件紹介をしてくれて、最初のオンライン面談のときに5社くらい紹介してくれました。

 

おー、こんな感じか!と中には知っている(と思われる)会社もありましたね。案件紹介はおそらくフリーランスエージェント側的には、早くした方がその人を他社にとられなく済むため、

 

早くやるんだろうなあとは思いますが、フリーランス側的にも速い方がイメージできて良いなーと思いましたね。なので、この点はギークスジョブが良いなと思いました。

 

マージン率

あとは、最終的な手取りという意味では単価と同じくらい重要なものが、マージン率ですね。マージン率というのは、フリーランス案件の単価の10%〜20%程度が営業代行代などの分でエージェント側に支払いされるやつです。

 

マージン率は、レバテックフリーランスもギークスジョブも非公開でした。公開しているエージェントの方が少ないですが、PE-BANKなんかは業界最安かつ公開して居たりします。

 

非公開なのでこのマージン率という観点では、レバテックフリーランスもギークスジョブも比較は難しいですね。ちなみにPE-BANKも気になる人は、PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】を参考にどうぞ。

 

福利厚生

あとは会社員と違って福利厚生はないんだろうなあと思うかもですが、レバテックフリーランスもギークスジョブも福利厚生はしっかり提供して居ました。

 

どちらも飲食が安くなったりなど充実した福利厚生プログラムを持っており、この辺も比較で優劣はつかないなと感じましたね。

 

レバテックフリーランスとギークスジョブの口コミや評判の比較

 

あとはネット上でのレバテックフリーランスとギークスジョブの口コミや評判も比較してみます。この辺も見ることでフリーランスエージェント選びに役立ちますね。

 

レバテックフリーランス

 

レバテックフリーランスで話題に出るのは、最高単価が高いことですかね。僕も実際に公式HPをみたりしていると単価は高いなあと感じました。

 

ただ、最高単価が高いのと平均単価が高いのは異なることなので、結局は案件単位で高いものを選ぶことになるので、複数登録がベストではありますね。

 

参考:レバテックフリーランスの評判・口コミは悪い?登録してみた

 

ギークスジョブ

ITを専門にした求人が掲載されているのでやってみたい案件が多数ありました。ただ、初めてのフリーランスなのでどうアプローチすればよいのかわからず心配だらけでした。無料登録を済ませた後で、あちこちでセミナーを開催していたのでそちらへ出席し不安をとにかくぶつけました。親身に相談にのってくれたおかげで案件の見かたや受け方などのノウハウを学べたので、積極的に参加した価値があったと思います。
引用:みんひょう

 

ギークスジョブの場合は、こんな口コミもありました。初めてのフリーランス初心者も安心して挑戦できるように色々丁寧にサポートしてくれる印象がギークスジョブにはありましたね。

 

あとは、、、営業さんが美人さんだった印象があります。まあこの辺は参考情報ということで。。ギークスジョブはあとは案件が幅広いので、最初のフリーランス案件探しにはとてもおすすめですね。

 

参考:Geechs job(ギークスジョブ)の評判と口コミを体験談から解説

 

結局どっちが良いのか

結局、レバテックフリーランスとギークスジョブは比較してみると、どっちがおすすめなのか?ですが、結論は両方登録して面談して案件紹介してもらい、自分としてベストな案件を獲得できた方で選べば良いと思いますね。

 

端的に理由として、フリーランスエージェントはお金がかからないですし、エージェントごとに持っているフリーランス案件も異なります。よって、両方登録して損はなくメリットしかないんですよね。

 

なので僕も、レバテックフリーランスとギークスジョブだけじゃなくて、他にも3社ほどのフリーランスエージェントに登録して話を聞いて居ます。向こうもわかっており、並行して話を聞いているエージェントはありますか?と必ず質問してきます。

 

まとめ

 

ということで、レバテックフリーランスとギークスジョブを比較してみました。結論は両方登録ですね。他にもおすすめのフリーランスエージェントは、以下の記事を参考にどうぞです。

 

人気:フリーランスの求人サイト・エージェントのおすすめと選び方【採用担当が解説】

最新情報をチェックしよう!