web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

副業でlp作成したいなら!おすすめlp案件4つ紹介!【毎月10万円以上】

こんにちは、副業でlp作成のおすすめなlp案件を探している主にwebデザイナー向けに情報を発信していきます。lpとはランディングページの略称で、webサイトの根幹で最も基本的なページのことで、ユーザが一番最初に流入するページのことです。

 

このlpの質が高いと、企業の売上に直結するのでweb企業はどの会社も品質の高いユーザフレンドリーなlpを制作したいと思っています。そのため、副業案件でlp案件は需要も単価も高いのです。

 

副業でlp作成

 

では、より具体的に副業でlp作成することについて考えてみましょう。そのためには、lpとは何か?役割とは何か?どのようなlpが優れたlpなのかを簡単におさらいしましょう。そのあとでlp作成で副業で稼げる案件や方法をご紹介します。

 

lpとは

 

まずlpとは、あるウェブサイトの中でユーザが初めて訪れるページを基本的には指しますが、多く使われるのはリスティングなどの広告をクリックした際に表示される、商品紹介ページがlpと呼ばれることが多いです。

 

そのため、lpは極めて企業の売り上げに直結するのでいかにCVRの高いlpを作成できるかが、webディレクターやwebデザイナーの腕の見せ所なわけであります。このようにランディングページ作成はweb系企業ではかなり需要の高いスキルなのです。

 

副業とは

 

また副業についてですが、本業とは別の収入口としてあなたのスキルを活かして稼ぐことですよね。いまは副業解禁時代とも呼ばれていて、環境が整っているので副業における需要と供給が整っています。

 

その中でもwebデザイナーやwebディレクターが行える副業案件は多く存在しています。その中の1つとして、lp作成があります。また、lp作成は在宅で行えるケースが多いので非常に働きやすいため、女性の多いwebデザイナーに非常におすすめです。

 

lp作成の副業おすすめ4選

 

では早速そんな女性の多いwebデザイナーに向いているlp作成のおすすめ副業案件を紹介します。4つありまして、プロの副業ホールハート、高収入確実workship、そして手軽にできるクラウドワークス、フリーランスや副業のような働き方と正社員のいいところどりをしたmidworksです。それぞれ違いはありますが、時給単価2500円、毎月5万円~10万円~は稼げると思います。

 

プロの副業ホールハート

 

まずプロの副業ホールハートです。ホールハートは、もともと転職エージェントとして展開していましたが、副業解禁時代でもあり、クライアントの要望する様々な人材課題にこたえるために、副業案件の紹介も始めています。

 

webデザイナー向けの副業も多く、lp作成の案件もありますよ。時給単価はおおむね2500円からが多いです。面談が丁寧だなあと筆者も実際に面談をして感じました。

 

参考:【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだ

 

高収入確実のWorkship

 

2つ目は高収入案件の多いWorkshipです。Workshipは、比較的ハイスキルな人材向けに副業案件を紹介していますが、デザイン制作を経験年数として3年程度やっていれば十分だと思います。

 

Workshipでの副業案件でもlp作成の副業lp案件もありますし、時給単価もスキルに応じて2500円以上の案件が多いです。スキルに自信がある方にとてもおすすめです。

 

参考:Workshipは副業やフリーランスで稼げる!評判口コミまとめ

 

手軽にできるクラウドワークス

 

3つ目は、副業lp案件が初めての初心者向けのクラウドワークスです。クラウドワークスは特徴として、ショットでの契約なので辞めたくなればすぐやめられます。そのかわりに時給単価は低めに設定されていますが、契約自体も容易です。

 

どこまで時間をかけて出来るか不安な方は、まずはクラウドワークスで副業lp案件を始めるのもいいと思います。

 

いいところどりのmidworks

 

4つ目は、フリーランスや副業のような自由度の高い働き方と正社員の安定性のいいt頃どりを実現したmidworksです。midworksは、フリーランスや副業なような働き方をしながらも、福利厚生や保険など正社員のような安定性がある案件を抱えているのがコンセプトになっています。

 

エンジニアメインの案件が多いですが、lp作成のようなwebデザイナーの案件もあるのでチェックしてみてくださいね。

 

参考:midworksで副業やフリーランスする評判を徹底解説!

 

lp作成未経験や初心者なら

 

とはいえ、lp作成のスキルがすでにある方ばかりではないと思いますし、未経験や初心者ながらその働き方に魅力を感じている人もいるでしょう。多分、主婦や子育て中の方などは理想的な働き方ができると思います。

 

そういった方はまずはスキルを身につけるために、webデザインを学べるwebデザインスクールに通いましょう。初期投資はかかりますが、絶対に投資回収がすぐにできるのがwebデザイナーです。webデザインを学べるスクールでいうと、デジハリなんかが有名ですね。

 

参考:短期webデザインスクールのおすすめまとめ【メリデメ比較表付き】
参考:webデザインスクールのおすすめと選び方【デザイン歴5年の僕が解説】

 

lp作成の副業の仕方

 

では、副業でlp作成で稼ぐ手段は分かったところで、副業という観点でどのようにlpの作成で稼ぐのでしょうか?クライアントには、なんらかの説明とセットでlpを納品しないとならないため、次の3点を意識するといいでしょう。

 

lpのコンセプト化

 

最初はまず全体観として、lpのコンセプト化です。コンセプト化とはつまり、どのような目的でどんな検索キーワードを打ったユーザーのどの欲求に対して訴求するlpなのか?というところです。

 

ここのセンスしだいで、デザインがいくらよくてもあまりCVRの高いlpはできません。最も大事なので、クライアントにヒアリングするなどしてコンセプト作りを最初に大事にしましょう。

 

例えば、安さを意識しているユーザに品質の訴求をしてもだめですし、安全性を気にしているユーザに安さを訴求してもCVRはあまり高まりません。

 

lpのIA

 

次に先ほどのコンセプトに基づき、IAと呼ばれる情報構造を決めていきます。情報構造(Infmation Architecture)とは、どんな情報をどの位置にどの優先度(大きさや色など)でデザインするかの設計を指しています。

 

いきなりビジュアル化すると、ここの部分の精度が落ちて最終的に良いデザインとはなりません。そのため、ここもしっかりと行いましょう。

 

lpのビジュアル化

 

lpのビジュアル化が最終段階となります。ビジュアル化では、IA=情報構造に基づいて色や細かいデザインコンポーネントに落としていきます。本来的にwebデザイナーとして楽しいのはこの部分でしょうか?

 

ビジュアル化は、あなた自身のスキルやセンスや個性が反映されるので自由に楽しくやってください。

 

参考:ランディングページ(LP)の作り方を解説【無料テンプレも公開】

 

lp作成面談時のアピールの仕方

 

また実際にlp作成の副業面談に行く際は、先ほどの作成の仕方を念頭においてアピールするといいです。というのも、だいたいのwebデザイナーの面談は、webデザイナーとwebディレクターで行われるのですが、webデザイナーとしては単純にデザインスキルのチェックを行い、webディレクターはロジカルに考えられるか、ロジカルに説明できるかをチェックするためです。

 

そのため、lp作成時はこのように考えて進めます、というのを説明できれば面談は受かったも同然です。ぜひご活用ください。

 

lp作成とコーディングもできれば高額案件狙える

 

またwebデザイナーの中には、lp作成だけでなく実際のコーディングもできるwebデザイナーもいると思います。そんな人は、かなりの高額副業案件を狙えます。というのも、lp作成のためにはビジュアルを作るいわゆるwebデザイナー的なスキルだけでなく、コーディングと呼ばれる実際の実装も必要だからです。

 

コーディングでは、htmlとcssがメインとなりますが、この2つのコーディングもできると時給単価が1.5倍程度になるほどです。だいたい時給相場が4000円くらいになるかと思います。

 

それだけlp作成だけでなくコーディングもできるwebデザイナーは少ないのに、需要があるということなのですね。なので、もしあなたがもっと時給単価を挙げたければhtmlやcssの勉強も始めると良いかと思います。

 

まとめ

 

ということで、主にwebデザイナー向けlp案件で副業してお小遣いを稼ぐ方法を紹介しました。腕に自信があれば、いきなり高収入案件の多いWorkshipでもいいですし、案件豊富なプロの副業もいいでしょう。不安であればクラウドワークスがおすすめですね。

 

lp作成で副業するメリットは、実績が出来るので転職や時給交渉しやすいところです。そのため、やって終わりではなくてポートフォリオも用意してなぜこのようなデザインにしたのか?結果はどうだったのか?を説明できるともっと年収が高くなることと思います。

 

参考:IT副業を1年やった体験談とおすすめエージェント

最新情報をチェックしよう!