就職したいニートは20代がチャンス【30代以降はかなり厳しい】

 

ニートなんだけど就職したいな、どうすればいいだろうか?こんな疑問にニートじゃないけど解説します。結論、ニートが就職したい場合は、20代なら全然チャンスはいくらでもあって、30代以降はかなり厳しくなります。年代別にニートが就職する方法を解説していきます。

 

ニートの日本の人口数はおよそ70万人もいる。労働人口は7000万人ほどなので、1%ほどのニートがいることになる。100人に1人って冷静に考えて多く感じるのだがそうでもないのか? 70万人ものニートの受け皿になれる就職口は何だろうか。年齢にもよるだろうけど、、、

 

ニートは就職方法を間違えるとどんどん年齢だけ重ねてますます就職しづらくなってしまいます。そのため、自分にどの就職方法があっているかを考えることがまず何より大事です。

 

就職したいニートは20代がチャンスです
就職したいニートは年代によって方法が変わる
就職したいニートにおすすめな就職方法

 

就職したいニートは20代がチャンス

 

まず結論として、就職したいニートは20代がチャンスのうちです。就職したいなら絶対逃してはいけません。この理由から解説していきます。

 

就職したいニートは20代がチャンスのうちです。就職したいなら絶対逃してはいけません

 

絶対に覚えておくべき内容です。

 

職歴なしの就職は20代が限界

就職したいニートはなぜ20代がチャンスなのか?1つは、ニートの場合だと概ね職歴がないケースが多いですが、職歴なしの就職は20代がそもそも年齢的な限界だからですね。就職や転職市場では、30代以降は概ね下記のように評価されてしまいます。

 

年齢も重ねているので伸び代を期待できない
年上の部下は扱いづらい
30代以降だとそもそも即戦力が欲しい

 

企業の採用ニーズはこんなものです。なので、ニートだと20代のうちに就職しておかないとますます厳しくなります。20代であればまだまだニートだとしてもチャンスです。

 

就職支援サービスも20代までが多い

就職したいニートは20代がチャンスである理由はまだありますね。ニートが就職したいと言っても、働いていないのでお金がない、職歴もないので就活方法がわからない、などの問題を抱えていることが多いです。

 

とはいえ、そんなニート向けの就職支援サービスは世の中に数多くあり、ニートでも無料でしかも就職支援までサポート付きのサービスを受けられたりもします。ただ、そう言ったニート対応可能の就職支援サービスもほぼ20代までが対応可能年齢になっています。

 

これも先ほどの理由が関係しており、ニートでもそうでなくても就職や転職においては20代がしやすいので、こう言った無料で行う就職支援サービスは20代までになっています。こういう理由からも就職したいニートは20代のうちにすぐ動くべきなんですね。

 

就職したいニートは年代によって方法が変わる

 

では、就職したいニートが具体的にどう就活すればいいのか解説します。結論、一人で就活しない、年齢によってニートの就活方法は変わります。

 

一人で就活しない
年齢によってニートの就活方法は変わります

 

上記の通り。

 

共通:1人で就活しない

まず共通してニートは絶対に1人で就活をしてはダメです。だって職歴もない、周りも就活している友人もいない中で1人でニートが就活をしてもいいことがないです。

 

就活をしたことがあるニートは多いかもですが、普通に就活しても落ちまくるのが就活です。ましてやニートで1人で就活しても非効率です。下手したらメンタルやられて立ち直れない可能性もあります。

 

なので、まずは1人で就活はしないほうが賢明です。

 

20代なら就活支援サービスを頼る

じゃあどうしたらいいかというと、まずはニートの中でも20代であれば就活支援サービスを頼ったほうが絶対にスムーズに就職できます。就活支援サービスは、自己分析や面接対策もしてくれますし、ニートに限らず同じ20代の就活仲間ができるので心強いです。

 

無料で支援してくれるところも大きく、色々な人が就活支援サービスを使って?利用して就職してたりします。もちろん中にはニートの人もたくさんいます。繰り返しですが、20代じゃないとこういう無料の就職支援付きサービスは使えないので20代のうちがチャンスなのです。

 

30代以降はまじで厳しい

じゃあ30代以降のニートはどうしたらいいか?ごめんなさい、僕もわかりません。ニートの中でも20代のうちにどんな過ごし方をしたか次第ですが、全くの職歴は就職したくてもかなり厳しいかもです。

 

ある程度職歴のある30代の現役ニートだと、普通の転職サイトを使っても厳しいと正直思います。とりあえず、大手転職エージェントに登録してキャリア面談しても良さげですが、あまり期待できないと思います。なので、本当に20代のうちが就職したいにニートにとってはチャンスなんです。

 

就職したいニートにおすすめな就職方法

 

では最後に、就職したいニートおすすめする就職方法を紹介します。結論、2つありまして、1つは全般的なニート対応可能な就職支援付きサービス、2つ目は完全無料就職支援付きプログラミングスクールです。それぞれのポイントは下記ですね。

 

ニートにおすすめな就職方法共通するところ違うところ
ニート対応可能就職支援サービス無料業界を問わない
完全無料就職支援付きプログラミングサービスエンジニアに特化、正社員内定率95%と高い

 

上記の通り。個人の好みで選べばいいと思いますが、僕的には後者のエンジニア就職がニート向けかなと思います。

 

ニート対応可能就活支援サービス

ニートでも対応してくれる就活支援サービスというものが1つ目ですね。ネオキャリアに代表されるような就活サービスですね。下記のような口コミもあり活用して損はないですね。

 

新卒入社した会社が合わず、半年で辞めました。
その際、再就職時に第二新卒エージェントneoを活用しました。
新卒とは違い、情報収集をどうするのか、第二新卒ってどうなのか相談する相手が身近にいなかったので、エージェントの存在が非常に大きかったと思います。
引用:ネオキャリア口コミ

 

例えばネオキャリアですと、1人あたり平均して10時間ほどキャリア面談の乗ってくれますし、初回の面談では2時間ほど過去について、現在について、将来についてヒアリングしてくれます。もちろん無料です。

 

 

ちなみにネオキャリアでは美男美女揃いなので、せっかくであればネオキャリアで面談するのが目の保養にもなりますね。

 

完全無料就職支援付きプログラミングスクール

次が個人的におすすめする完全無料就職支援付きプログラミングスクールです。18才から29才であればニートでも受講できます。また完全に無料ですし正社員内定率も95%以上と高いのがいいところ。

 

ただ無料な理由っていうのが、各スクールに協賛している就職先から選ばないとならないんですが無料ですしほぼ就職できますし、エンジニアであれば数年後に転職も可能なので就職したいニートには現実的なキャリアを作れると思ってますね。

 

その中でも就職先が人気企業も含まれておりかつ3500社以上とかなりの求人数を誇るプロエンジニアがおすすめですね。下記の記事でその評判を取材していますし実際にニートの方も受講しています。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

ITインフラの個別研修を受講し、仕事をしながら週1回程のペースで通わせて頂きました。
授業は、わかりやすくて知識ゼロスタートの私でも理解できました。
さらに、履歴書や職務経歴書の作成や面接の練習など色々と親身にサポートしていただきました。
おかげで、正社員経験ゼロ、フリーター歴9年29歳という崖っぷち状態でしたが、複数内定を頂き、志望していた企業に無事入社が決まりました!
本当にありがとうございました!!
引用:プロエンジニアの口コミ

 

ただプロエンジニアは東京の研修センターに通わないとならないという制約があるので遠方のニートだと厳しいっす。その場合でも諦める必要はなくて就職したい遠方のニートにぴったりなのが、ITCE Academyですね。ここはなんと受講中の住居費も無料提供してくれるので遠方のニートでも就職したいのであればウェルカム対応してくれます。

 

こう言ったチャンスを使えるのも20代のうちなので絶対に20代のうちに就職したいニートは行動することが必要です。

 

まとめ

 

ということで就職したいニートは20代がチャンスという話と年齢別の就職方法を解説しました。年齢を重ねるほど就職したくても難しくなるのでニートは出来るだけ早く行動することをおすすめします。今回は以上です。

最新情報をチェックしよう!