web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

無い内定のまま卒業は避けるべき【代わりの選択肢2つだけです】

 

無い内定になったけど卒業を控えている、どうしよう?卒業しないほうがいいのかな?今後どうしたらいいだろう?こんな疑問に答えます。結論、就職浪人と大学院進学の2つが選択肢であり、無い内定のまま卒業して既卒になるのはおすすめしません

 

あと、総合商社に行きたくてブラジルにインターンとか言ったけど、あんまり意味なかった。英語そこまで話せないし、成果だしたわけじゃないし。全然日本で泥臭くインターンした方が絶対無い内定は避けれた。 ブラジルのインターンで得たのは、黒人に殴られても殴り返してなんとかなる度胸ですね。

 

僕自身も学部生時代に無い内定でして、そこから卒業して大学院進学し就活リベンジして3社内定できましたので、その経験を踏まえて体験談ベースに解説していきます。

 

無い内定のまま卒業は避けるべき
無い内定で卒業するか悩む場合は選択肢は2つ
選択肢ごとの方針

 

無い内定でそのまま卒業は辞めよう

 

まず無い内定のまま卒業するのはおすすめしませんなるべく避けましょう。

 

既卒は正直就活厳しい

無い内定のまま卒業するといわゆる、進路未定の既卒就活生になりますね。既卒就活生は就活生の中で一番就活で苦戦しやすい状況になります。前後関係でいうと、

 

現役就活生>就活浪人>既卒就活生

 

こんなイメージです。既卒の就活が厳しい理由は、下記の記事で詳細に解説しています。とはいえ、授業料的な問題で無い内定のまま卒業せざるを得ない場合もあると思います。その場合はその場合で戦い方はあり、記事の後半で解説しています。

 

参考:既卒の就活は厳しいです【現実直視して長期的行動が稼ぐキャリアの鍵】

 

1人で就活もしんどい

無い内定のまま卒業してしまうといわゆる既卒就活生になります。周りの同級生は働きはじめるわけなので、身近な人で一緒に就活する仲間がいなくなります。

 

これはメンタル的にも情報的にも不利になるので、こういう意味でも無い内定のまま卒業はできるだけ回避しましょう。最悪のケースとだメンタルをやられて就活どころじゃなくなることもあり得ます。就活でそこまで落ち込む必要はないので、一人で抱え込まないようにしましょう。

 

無い内定で卒業悩む場合は選択肢2つ

 

じゃあ、無い内定で卒業を並んでいる就活生におすすめできる選択肢は、下記の2つですね。

 

就職浪人

1つ目は、就職浪人ですね。多くの無い内定になって卒業を控えている就活生がとる選択肢です。

メリット

メリットは、浪人はしているものの新卒切符を使えてかつ他の就活生よりも圧倒的に就活に時間を使えることですね。これは圧倒的なメリットです。めちゃくちゃ有利です。どのように時間を使うか次第でかなり就活の結果が変わります。

 

じゃあどう時間を使うといいのかは後半で解説します。

デメリット

一方でデメリットもあります。それは卒業しないので授業料がかかることですね。ただ大学によりけりなので一部違う場合もあるかもです。

 

もう1つは、どうしても面接官の印象が悪くなることですね。どうして浪人しているのかはほぼ聞かれると思います
というのも別に浪人していること自体はそこまでネガティブじゃないんですが、どういう理由でどう判断しているのかってのは聞きたいからですね。

 

しかもそこからどう時間を使っているかも自然に聞けますし。ここで就活に失敗したというのか、納得できない結果になったというのか、どう伝えるかさえかなり重要です。

 

嘘はよくないですが、事実の範囲内で印象の良い理由を答えるのがおすすめです。最低限は、頑張ったけど納得できない何かがあったという理由でして、頑張ってなかったから頑張るために就職浪人したってのはちょっとネガティブですね。

 

大学院進学

2つ目は大学院進学ですね。僕がとった選択肢ですね。大学院進学は就職浪人とちょっとだけ違いがあります。

メリット

大学院進学のメリットは、あくまで進学なので就活に失敗したとは思われないですね。わざわざ自分でいう必要もないです。僕もわざわざいってません。

 

しかも学部時代の反省を生かしてかなりイケている就活をできます。文系院生だとちょっと専門によっては就活は厳しくなりますが(人文系とか)、基本的に専門性が高くなるので不利になるほどではないです。

 

ちなみに僕は夜間の社会人大学院に通ったので、昼間は長期インターンするという2足のわらじ戦略をとりました。この辺も記事の後半で解説しています。

 

デメリット

デメリットは就職浪人と違って2年使うってところですね。20代の2年って結構貴重なので本当に大学院進学でいいのかは、検討の余地があります。自分でしておいてなんですが。

 

それ以外には特に就職浪人と比較してのデメリットはないですね。無い内定で卒業していくパターンでは唯一おすすめできる選択肢です。

 

無い内定で卒業を悩んでいる人の取れる基本戦略

 

ではここまで解説した無い内定で卒業を控えている、悩んでいる就活生がどう行動していいくといいかを解説します。

 

卒業なら既卒就活

1つ目は無い内定のまま卒業する既卒就活するパターンですね。このパターンは厳しいといいいましたので、基本はおすすめしません。ただ、どうしてもやむない事情でという場合は、1人で就活するとか、不利という課題を解消するためにネオキャリアのような既卒向けの就活サービスを使うといいです。

 

無料で使えて、スタッフは全員既卒就活経験者ですし、イケメン美人が多いです。既卒就活は手遅れになるとますます手遅れになるので活用して損はないですね。並行して僕が推奨する長期インターンシップ戦略を行うとばっちりです。

 

卒業せずに就職浪人

卒業せずに就職浪人が一番濃厚な無い内定で卒業するか悩んでいる方の取れる選択肢です。就職浪人の場合は、時間が豊富にあるので速攻で長期インターンをしましょう。僕は、無い内定に終わったあと大学院進学の勉強をしながら、長期インターンをすることを決めました。

 

長期インターンでは、出来るだけ自分でピックアップして企業を選ぶ方がいいです。そういう行動力も含めて就活で評価されます。なので、求人で出ている企業から選ばずに自分で探して自分でメール送って面談を勝ち取るといいですね。

 

それでも心配であれば(大抵の場合は長期インターンだけでは足りないとは思う)、キャリアチケッのようなエージェント型の就活サービスに登録して自己分析や面接対策など社会人目線で行ってくれるサービスを活用するといいですね。

 

卒業して大学院進学

無い内定で卒業を悩んでいる方の3つ目は大学院進学ですね。大学院進学でも同じでして、基本戦略は長期インターンシップに挑戦するのがベストです。大学院進学では、2年という長さで取り組めるので大学院試験の勉強をしながらも長期インターンに申し込みましょう。

 

大学院に進学すると、論理的思考力も高められるので就活ではよりやりやすくなると思います。ただ、2年という時間を費やすべきかどうかは結構論点なので注意が必須ですね。

 

まとめ

 

ということで無い内定のまま卒業するのは出来るだけ避けよう、基本は就職浪人か大学院進学がおすすめというお話をしました。今回は以上です。

 

無い内定クズから上場企業内定を勝ち取った体験談【戦略あり】

最新情報をチェックしよう!