内定取れない就活生の特徴と対策【元無い内定者が体験談で解説】

 

内定が取れないよ、面接で落ちまくるよ、どうしたら内定を取れるんだろう?就活のやり方が間違っているのかな?こんな疑問に無い内定の学部時代から就活リベンジして見事第一志望の大手IT企業へ就職できた僕が解説します。

 

内定取れない就活生の特徴って

・やりたいことを行動ベースで検証できてない
・行動ベースでのガクチカがない
・PDCAができてない

だいたいこの3つに集約されると思うんよね 僕も無い内定時代は全部当てはまったけど、長期インターンに挑戦して全部解決したよ 内定取れないことで悩む人はまず行動

 

内定取れない就活生は結論、行動ベースで企業の長期インターンに挑戦しましょう。少なくとも半年です。内定取れない経験からどのようにして第一志望企業へ内定できたのか体験談ベースで解説していきます。

 

全般的に内定取れないなら > キャリアチケット
ITエンジニアの内定取れないなら > プログラマカレッジ or ITCE Academy

 

内定取れない就活生の特徴は大別して3つ

 

内定が取れない就活生は、特徴が3つに大別できます。そして、僕も元々は内定が取れない就活生でした..。

 

僕も内定取れない就活生でした

まず僕自身も内定が取れない就活生でした。大学は国立上位大学で周りも一流企業へ続々と内定を取っていたけどなぜか僕は就活して内定取れませんでした。

 

結果的には大学院へ進学して内定が取れない要因を振り返り、対策したことで見事に第一志望の大手IT企業へ内定を取れましたが、当時は相当苦しみました。今回はその体験談をベースに社会人経験も踏まえて解説をします。

 

内定取れないときってかなり落ち込むし絶望しますが、適切にリベンジすれば問題ないです。あと、社会人はいくらでも就職後に逆転可能です。今できることを適切に対策していけば大丈夫なのでまずは安心してください。

 

当時の内容は、無い内定クズから上場企業内定を勝ち取った体験談【戦略あり】を読めばよりわかると思います。

 

やりたいことを行動ベースで検証できてない

まず1つ目の内定が取れない就活生は、やりたいことを行動ベースで検証できてないことが高確率で高いです。どういうことかというと、

 

例えば業界本や就活イベントあるいは就活生に人気な企業ランキングを見てなんとなくこの業界がいいなとかこの企業がいいなとかはあるでしょうし、志望理由も考えると思います。

 

しかしですね、社会人目線あるいは面接官目線では、内定が取れない就活生って行動ベースで本当に自分はそれがしたいのか?を検証してないことが多くてありきたりな誰でも考えられる志望理由なことが多いんですよね。

 

僕自身もそうでしたし、人気度の低い企業では最終面接には通過できても内定は取れないです。実際に僕も2社最終面接まで言ったものの内定は取れませんでした。共通して志望理由が浅はかで本当に来るか不安になったんだと思います。

 

行動ベースでのガクチカがない

先ほどの内定が取れない要因に関連しますが、同じく行動ベースでのガクチカが内定が取れない就活生には本当に多いです。特に、志望業界に関連するガクチカがないです。

 

行動ベースでのガクチカがあると志望理由もはっきりしますし、工夫とかも実体験を元にしているので面接で質問されても難なく答えられます。しかし、行動を伴っていないとかなり苦戦して内定取れない症候群になります。

 

多くの内定とか人気企業で内定取っている就活生はその業界に関連することを行動ベースでガクチカ=学生時代に力を入れたたこととしてアピールしていますよ。

 

PDCAができてない

あとは就活生に誤解がされがちなんですが、企業は就活生に即戦力は求めてません。むしろ、PDCAスキルのある伸び代やポテンシャルを見てます

 

内定が取れない就活生ってそこを誤解していて、サークルで代表でした!とかこんな目標を達成しました!とかアピールするんですけど、大事なのはその過程での工夫であり、PDCAなんですよね。

 

内定が取れないという事象自体も、PDCAスキルがないから何が要因でどんな対策をすればいいのかもわかってない、という部分にも現れています。僕自身は、内定が取れない要因を①社会人慣れしてない、②ガクチカが行動ベースでない、これをメインにすえました。

 

内定取れない就活生は長期インターンに挑戦しよう

 

じゃあ内定取れない就活生はどうしたらいいか?ズバリ出来れば6ヶ月以上の長期インターンに参加しましょう。メリット多いですよ。

 

体験談①やりたいことが明確化かつ言語化できる

まず内定取れない要因であるやりたいことが曖昧である状態から脱しやすくなりますね。例えば僕は、コンサルに興味があったのでコンサル系企業へ長期インターンをしました。

 

噂には聞いていたけど激務ですし分析ばかりですし、あまり面白くないなと感じてIT業界にも興味があったので友人とアプリ開発もやり始めたんですよね。

 

アプリ開発の方はユーザインタビューとかデザインとかweb集客とか自分で考えるのが楽しくて、こっちの方がいいなと感じました。就活の面接でもそれを話すと、実際に行動して感じたことなので面接官も納得してました。

 

体験談②社会人慣れもできてガクチカにもなる

加えて長期インターンって社会人慣れもできるんですよ。内定が取れない就活生って基本的には、①やりたいことが不明瞭である=志望理由で落ちるケース、と②スキル不足=就活生に最低限必要なスキルがないから内定取れない、この2つのどっちかです。

 

さっきので①は解消できて、②の多くは社会人慣れによる緊張とかでうまく会話が噛み合わないなどが多いんですよね。その点でも長期インターンは有効です。

 

就活生は仕事経験がないので社会人慣れしてないのは当然なんですよ、なので大半の人はインターンで触れ合えば特に問題ないと思いますよ。

 

内定取れないな〜と悩んでいればこういった部分も対策しておきましょう。一緒に働けば年齢の高い友達くらいに見えてきます。

 

それでも内定取れない不安があるならどうしたらいいか

 

とはいってもそれでも内定取れないかもしれないという不安は拭えないかもです。そういう場合は、エージェントを活用する、売り手市場な業界で有利に就活する、この2つしかないです。

 

エージェントを活用する

1つはエージェントの活用ですね。とはいえ、あまりおすすめはしなくてなぜかというと就職できそうなあまり良い企業かどうかもよくわからない提携先企業を紹介されるだけだからですね。

 

出来れば自力で就活した方が行きたい企業へいけるのでいいですが、あまりにも内定が取れない場合は使ってもいいかもです。

 

就活相談とか面接対策は受けられるので内定が取れないことで悩むくらいなら使った方がいいよ、ということですね。キャリアチケットが有名どころなのであまりにも内定取れないで悩めばありだと思います。

 

売り手市場なIT業界を狙う

あとは個人的には内定取れない就活生でどの業界にしたらいいかわからない人も多いと思います。これはポジショントークと言われても仕方ないですが、IT業界が2019年2020年ではおすすめですよ。

 

IT業界は市場が伸びていますし、特にITエンジニアなんかは人手不足で売り手市場です。プログラミングスキルはIT業界前半で役立つスキルですし、ロジカルシンキングも学べる部分もあります。

 

ITエンジニア就職なら

もし内定取れないけどとにかく手に職な職種で稼ぎたい場合や将来的にノマドワークしたいななんて欲望があればITエンジニアはおすすめですね。しかも内定も人手不足でとりやすいです。

 

就活生の年齢であれば、無料でプログラミングも学べて就職活動支援もしてくれるプログラマカレッジなどのスクールもあるので結構チャンスです。20代のうちしか利用できません。
※地方から上京したい就活生は、受講中の住居費も無料なITCE Academyがおすすめ

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

就職成功率も95%ととても高いので内定が取れない就活生の駆け込み寺みたいになってます。ITエンジニアは将来的にフリーランスになって年収1000万円とかもスキル次第で狙えるので、絶望するよりもトライした方が道はひらけますよ。

 

まとめ

 

ということで、内定が取れない時代からリベンジして大手IT企業へ内定が取れた僕の体験談とともに内定が取れない就活生の特徴と対策を解説しました。内定が取れないと絶望しますが、要因は絶対にあります。諦める必要はないです。

最新情報をチェックしよう!