次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

ポテパンキャンプは地方でも受講可能!地方へのエンジニア就職転職は?

ポテパンキャンプは地方でも受講可能かな?東京や都心ではなく地方へのエンジニア就職転職のサポートはあるかな?こんな疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、ポテパンキャンプではオンラインでの受講なので地方からでも大丈夫です。就職や転職と言う意味では、東京でのサポートしかないのが現状です。

 

ただし、一旦東京でエンジニアになってから経験を積んでフリーランスになりノマド的な働き方で地方で働くとか、地方へ転職すると言うことは将来的には可能なので数年とか長い目線で考えましょう。

 

参考:RUNTEQとポテパンキャンプを比較!どっちがおすすめ?

 

ポテパンキャンプは地方への就職は可能?

 

結論、ポテパンキャンプでは地方就職や転職はサポートが受けられないです。受講自体はオンラインなので可能です。

 

就職転職サポートは東京のみ

残念ながらポテパンキャンプでは、エンジニア転職サポートは東京での転職や就職のみです。これは理由としては、ポテパンキャンプではRubyというプログラミング言語を学ぶのですが、

 

そのRubyを使う企業がほぼ東京に集中しているからなんですね。Rubyはスタートアップとかweb系自社開発企業に人気な言語なのですが、そういう意味もあって東京に多いです。

 

そもそもエンジニア求人が都心集中です

これはポテパンキャンプの要因というよりも、そもそもエンジニアの求人が都心に集中していて特に東京メインです。ITに強いマイナビITエージェントで社内SEで例えば検索すると、

 

東京:条件に合う公開求人数 1,611 件+非公開求人 1,028 件
大阪:
条件に合う公開求人数 139 件+非公開求人 100 件
愛知:
条件に合う公開求人数 111 件+非公開求人 54 件

 

例えばこんな現状です。大阪も都心ですが、東京は大阪の10倍です。ましてや地方だと求人数が少ないのは理解できますよね。これがエンジニアの地方と都心の求人数の違いです。

 

これは何を意味するかというと、ポテパンキャンプに限らずほぼ多くのスクールで地方への就職や転職サポートは6zかしいことが多いということになります。(ないわけではないです。)

 

参考:ポテパンキャンプは大学生にもおすすめな理由

 

オンライン対応なので地方からの受講は可能

受講に関していうと、ポテパンキャンプはオンライン対応なので地方でも受講は可能です。ここに関しては、心配いないですね。

 

なので、地方にいるけどプログラミングの勉強をしてエンジニア就職転職をしていつか地方に戻ってエンジニアの仕事をしたいという気持ちがある人でもお勧めできるスクールです。

 

参考:ポテパンキャンプは年齢制限あり?30代・40代で転職可能?

ポテパンキャンプからエンジニアになり長い目線で地方転職を考える

 

ポテパンキャンプから地方へのエンジニア就職や転職はすぐにはできないとしても、いつかはしたい場合は2つ方法があります。

 

フリーランスエンジニアになりリモートワークする

1つは、ポテパンキャンプから一旦東京の企業へエンジニアとして就職や転職して、数年の経験を積んでから僕のようにフリーランスエンジニアになるという方法です。

 

特に今はコロナ影響でエンジニアの職種はリモート案件が多いです。しかもフリーランスエンジニア、、、稼げます。僕も年収1100万円です。副業も合わせたら1200万は超えますね。

 

3年くらいの実務経験がフリーランスエンジニアとして高単価案件を獲得できる目安です。もっと低くてもいい場合は、1年とか2年でもいいかもです。目安として考えてみてください。よって、フリーランスエンジニアになれれば稼げてリモートなので地方で都心の案件を働けます。

 

参考:ポテパンキャンプのオープンクラスは初心者向け【選抜コースとの違い】

 

地方企業に転職する

あとはフリーランスが嫌であれば、地方企業に普通に転職しましょう。東京の方が基本的にレベルは高いので、地方転職にはさほど困ることはないでしょう。

 

地方といっても探せば優良企業はあるので、年収も困らないかなと思います。地方の方が家賃も低いですしお勧めなライフハックです。

 

地方へのエンジニア転職の場合は、さっきあげたマイナビ IT AGENT
がお勧めですね。自分が希望する地方企業の求人を事前にチェックしておくといいと思います。

 

参考:ポテパンキャンプの選考はなくなった!事前課題通過のコツ

 

地方就職転職したいならポテパンキャンプ以外も検討しよう

 

もしすぐ地方へエンジニアとして働くことを最優先にしたい場合は、ポテパンキャンプ以外も検討した方がいいですね。

 

RubyではなくJavaやPHPのスクール

例えばですが、RubyではなくJavaやPHPなど学べるプログラミング言語を別の方面にした場合は、もう少し地方企業への就職や転職も見えてきます。

 

理由ですがJavaとかはweb系自社開発企業ってよりかは、受託系とかSESの会社が多く、そういう会社は地方に多いからです。よって、こういう言語を学べるスクールに切り替えるのもお勧めです。

 

20代であれば【完全無料プログラミング研修&就活塾】のプログラマカレッジ
がおすすめです。30代以降であれば、テックアカデミーがおすすめかなと思います。参考にしてみてください。

 

参考:【評判・口コミ】プログラマカレッジで就職しないはアリ?違約金なし

 

すぐフリーランスエンジニアになりリモートで働く

あとは年収をそこまで気にしないのであれば、スクールで学んでからすぐにフリーランスになるってのもなくはないかなと思います。こういう場合は、XXXがおすすめです。

 

学習期間もその分長いですが、学習の過程でフリーランスエンジニアとして稼ぐために必要なスキルを学べます。ですが、実務経験もその分短いわけなので稼げる単価は低くはなるのはしょうがないです。

 

あくまで選択肢の1つとして考えたらいいかなと思います。とは言え、僕が今そうですがフリーランスは最高です。社畜だったんだなってわかりますよ。ただ、社畜な分、経験を積ませてもらっていたという言い方もできますけどね。

 

参考:ポテパンキャンプは働きながらでも受講できる?

 

まとめ

 

まあそんな感じで、ポテパンキャンプでは地方からは受講できます、地方への就職やエンジニア転職は難しいということになります。無料説明会もあります。よって、他の選択肢も合わせて検討しようって感じですかね。

 

ちなみにおそらくですが、地方でフリーランスエンジニアになって僕みたいに年収1000万円超えたら多分チートですね。かなり貯金できますし、遊べるでしょう。参考までに。

 

参考:ポテパンキャンプの就職先、年収目安、選び方を解説

 

参考:ポテパンキャンプの評判・口コミを解説

最新情報をチェックしよう!