次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

ポテパンキャンプは料金の値上げしました【それでもお得】

ポテパンキャンプは料金の値上げしたって本当かな?どれくらいなんだろう?他のプログラミングスクールとの料金比較やコスパも知りたいな。こんな疑問に今回は答えます。

 

✔︎この記事の信頼性
この記事を書いている僕は、IT系のフリーランスで年収1200万円ほど。在宅まったりで働いています。エンジニアの採用面接経験もありますし、ポテパンキャンプのようなスクールにも詳しいです。

 

結論ですが、ポテパンキャンプは料金の値上げを2019年頃に実施しています。とは言え、それでも安くて15万円ほど値上げしたくらいです。それに、エンジニアになれれば人生の中で15万円の値上げなんてほぼ誤差です。今回は値上げや料金の詳細について解説します。

 

ポテパンキャンプは料金の値上げしました

 

タイトル通り、ポテパンキャンプは料金の値上げを2019年頃に実施しています。

 

料金の値上げ幅

どれくらいの料金の値上げに踏み込んだのかですが、以下の通りです。

 

選抜クラスキャリアコース10万円→25万円
選抜クラスビギナーコース15万円→30万円

 

15万円の値上げですね。値上げ率で言うと、選抜クラスキャリアコースはなんと驚異の150%増加、選抜クラスビギナーコースで倍です。すごいですね。。。

 

とは言え、後述しますが、エンジニアになれたらこれくらいの値上げはまじで人生において誤差ですし、値上げ後の料金ですらポテパンキャンプは安めなんです。

 

料金の値上げ理由

ちなみに、ポテパンキャンプの料金の値上げ理由は以下の2つかなと思います。

 

最初が安すぎた

ポテパンキャンプの料金の値上げ理由については、そもそも最初の料金が安すぎたと言うのがあると思いますね。最初の頃の両kんと言うのが、選抜クラスキャリアコース10万円、選抜クラスビギナーコース15万円って今では信じられない安さです。

 

今のプログラミングスクールの相場が、内容によりけりではありますが未経験者がエンジニア転職を狙うためのコースだと相場40万円はかかるかなと言うところなので、よっぽど安かったのがわかると思います。インフレって怖いですね。

 

エンジニア需要が増えた

特にこのエンジニア需要が増えたと言うのは大きいと思います。ポテパンキャンプは比較的プログラミングスクールの中では、古株ですがポテパンキャンプ ができてからいくつものスクールが乱立しました。

 

それもエンジニア需要が増加したからなんですよね。それで、業界全体の料金相場も高まっていったと言う背景がありますね。普通、供給側のスクールが増えたら値下げしてくるスクールも出そうなもんですが、逆に値上げすると言うことはだいぶ強気ですよね。

 

ポテパンキャンプの料金値上げすらもエンジニアになれれば安い理由

 

ポテパンキャンプの料金は値上げ後ですら、エンジニア転職が成功できたら安いもんです。

 

平均年収が高い

まずエンジニアって平均年収高いんですよ。もちろん、未経験者が突然エンジニアになって高年収にはならないですけど、それでも日本の平均年収より高いです。

 

あとは、手に職なので安定して稼げるでしょうし、ノルマがある仕事でもないので営業職でストレスが溜まっていた人とかであればすごく働きやすいと思います。

 

フリーランスエンジニアになれたらもっとお得

もっと言うと、エンジニアはキャリアアップとしてフリーランスエンジニアになると言うキャリア選択肢の広さがあります。実務経験を3年程度つけて僕みたいに独立しフリーランスエンジニアになれれば、

 

年収1000万円在宅まったりなんてことも狙えるのがエンジニアの魅力です。しかもポテパンキャンプ は、フリーランスを狙いやすいweb系自社開発企業に就職しやすいスクールで、Rubyを学べますからそれもメリットですね。

 

注意点①:全額キャッシュバック制度なくなりました

注意点ですが、他のサイトやブログではポテパンキャンプ では紹介企業へのエンジニア転職成功で受講料全額キャッシュバックされます、と言った書き込みがありますがあればなくなりました。

 

残念ですがなくなった背景は、おそらくエンジニアの求人数の低下など様々あるのだと思います。現在はもうない制度なので、注意してみてくださいね。

 

注意点②:キャンセル費かかります

他にも注意点はあり、ポテパンキャンプは以下の通りでキャンセル費用がかかります。

 

 

入会日からコース受講開始までの間で、5.5万円。コース受講開始から1週間以内で8.8万円ですね。なので、値上げ後の料金は安い理由はもしかしたらキャンセル費用にもあるかもですね。

 

なので、ポテパンキャンプはもう無料説明会にも参加してエンジニア転職する固い意志があって、キャンセルする気はないので安くしたいと言う人に向いていると思いますね。まず検討したい人は無料説明会へ参加してみてください。

 

ポテパンキャンプの料金は値上げ後も他スクールより安い

 

最後ですが、ポテパンキャンプの値上げ後の料金がスクール相場の中でどの程度に位置づいてるのかをみてみます。

 

結論、相場の中でも安い

結論、ポテパンキャンプは相場の中でも安いです。例えば、他のスクールの料金は以下の通り。

 

ランテック 33万円〜43万円(コースによる) RUNTEQの料金を他プログラミングスクールと比較!

テックキャンプ  65万円 テックキャンプの料金・費用・値段を解説【安くする方法も】

ギークジョブ 40万円 Geekjob(ギークジョブ)は大学生にもおすすめ

レイズテック  25万円〜50万円(コースによる) レイズテック(RaiseTech)は未経験者もエンジニア転職できる?注意点は?

 

などですね。この中で言うとポテパンキャンプは値上げ後の料金でも30万円なので安いと言えますね。とは言え、それぞれのスクールで詳細を確認してから自分に合っているスクールやコースは考えてみてください。そのために各社、無料説明会を開催していたりします。

 

まとめ

 

と言うことで今回は、ポテパンキャンプは値上げしたのか、値上げ後の料金について解説しました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ポテパンキャンプ受講にwindowsは必要?パソコンスペックは?

ポテパンキャンプは地方でも受講可能!地方へのエンジニア就職転職は?

RUNTEQとポテパンキャンプを比較!どっちがおすすめ?

ポテパンキャンプは大学生にもおすすめ【学割あり】

ポテパンキャンプは年齢制限あり?30代・40代で転職可能?

ポテパンキャンプのオープンクラスは初心者向け【選抜コースとの違い】

ポテパンキャンプの選考はなくなった!事前課題通過のコツ

ポテパンキャンプは働きながらでも受講できる?

ポテパンキャンプの就職先、年収目安、選び方を解説

ポテパンキャンプの評判・口コミを解説

最新情報をチェックしよう!