次回から「なうブログ」と検索くださいませ

プログラマカレッジからweb系自社開発企業へエンジニア就職できるのか?

プログラマカレッジからweb系自社開発企業へwebエンジニアとして就職や転職ってできるのかな?どんな人だと出来るんだろうか?こんな疑問にIT業界で5年働く僕が解説していきます。

 

結論として、プログラマカレッジからweb系自社開発企業へwebエンジニアとして就職や転職はできるには出来ます。ただし、SES企業と比べると難しいのも事実です。

 

理由として、web系自社開発企業は一般的にスキルレベルや職歴、学歴が高いものが求められる傾向にあります、ただその分として、ホワイト企業が多かったりもします。

 

今回はそういった背景を踏まえて、どうしてもweb系自社開発企業へwebエンジニアとして就職する方法を考えてみます。※誰でも簡単になれるものではなく現実的な方法です。

 

プログラマカレッジからweb系自社開発企業への就職はやや困難

 

まず結論ですが、プログラマカレッジからweb系自社開発企業へ就職するのはやや難しいです。これはプログラマカレッジに限らず、無料のプログラミングスクール全般で言えることです。ただ不可能というわけでもないです。深堀していきます。

 

プログラマカレッジとは

簡単にプログラマカレッジのおさらいですが、30歳以下かつ東京の研修センターに通学できることを条件に無料でプログラミングを学べてかつ就職支援も無料でしてもらえるスクールのことですよね。

 

無料でありながら途中で離脱しても違約金もかからないというお得感が魅力的なスクールでして、前回僕は取材にも行ってその魅力がエンジニア志望者に刺さっているなと感じました。

 

就職支援、プログラミング学習を無料で受けられて尚且つ違約金もかからないって、なかなかありませんよね。何を価値に感じるかは人ぞれそれですがエンジニアとしてのファーストキャリアを始めるには悪くないかなと僕は思います。

 

就職先はweb系自社開発企業かSESが多い

そんなプログラマカレッジの就職先は、ほぼほぼSESとweb系自社開発企業に大別されます。SESとweb系の大まかな違いは、

 

後者がモダンな開発環境が多く労働環境もホワイトだけど就職難易度が高い、全社がその逆という感じで多くの人はweb系を希望するみたいですね。もう少し補足すると

 

web系自社開発企業

web系自社開発企業は、自社でwebサービスとかアプリを事業として持っている企業に分類されますね。イメージ的には、私服でプログラミング開発してたまにリモートも許されちゃう自由な社風みたいな感じでしょうかね。

 

多くのエンジニア志望者は、こう言う企業に就職したい人が多く、技術的にも労働面でも魅力が多いのでごく自然なことかなと言う感じです。

 

SES企業

一方でSES企業は一般的にイメージが悪く、ブラックな職場環境だったりすることがあります。全部のSES企業がそう言うわけではないのと、プログラマカレッジ ではそう言うブラックSES企業は選別して紹介しないようにしているので

 

そう言う意味では安心できますね。前回、悪質なSES企業の見分け方についての記事を公開しているので、人売りIT(SES企業)の見分け方【優良SIerとブラックSESの違い】も合わせて参考にどうぞです。

 

ちなみにどんな企業が多いかは、プロエンジニア・プログラマカレッジ (ProEngineer)の就職先は人気企業あるの記事を参考にどうぞ。

 

面談でもweb系自社開発企業希望者が多い

僕が取材に行ったときも、プログラマカレッジの担当者さんいわく、面談に来る方の一定数はweb系自社開発企業希望だそうなんですね。

 

でも後述するんですけど、学歴や職歴後は年齢とかのハードルが高くて、必ずしも希望通りにはならないことと、他の有料スクールとかをおすすめするみたいです。

 

注意としては、有料プログラミングスクールだといってもそれでもweb系自社開発企業は難しいんですよね。結局は自分の努力が本質なのでそこは誤解しないようにしてください。

 

web系自社開発企業は職歴と学歴次第

なぜweb系自社開発企業への就職や転職は難しいかというと、人気であるがゆえにハードルが高いんですよね。例えばですが、学歴や職歴、年齢、ポテンシャル、スキルレベルなどが全般的に求められるレベルが高まります。

 

学歴なら4大卒以上とか、職歴ならweb系やIT業界に関連する職歴があるとかですね。ここはもうどうしようもないため、現実も直視しつつ判断したほうがいいです。

 

プログラマカレッジはその部分を適切にアドバイスくれる信頼できるプログラミングスクールです。他のスクールだと適当なアドバイスしたりもあるみたいですが、ここは安心です。

 

プログラマカレッジからweb系自社開発企業へ就職するには長い目で考える

 

誰でもプログラマカレッジからweb系自社開発企業へ就職ないし転職は難しいものの、それでもweb系自社開発企業にエンジニアとしていきたいという人もいると思います。そこでちょっと現実的な手段を考えてみました。ヒントは時間軸です。

 

SES就職しても1年後に転職する

まずどうしてもweb系エンジニアとしてweb系自社開発企業へ入りたい人は、まずエンジニアとしてのキャリアを出来るだけ早く開始できるようにした方が有利です。

 

というのもIT業界の平均年齢は低めで、若ければ若いほうが有利だからなんですね。現にプログラマカレッジも30歳以下限定ですよね。

 

キャリアは長い目で考える

でもって、キャリアというのは最初の1つ目の企業で全てが決まるものではないんですよね。多くの人がキャリアを重ねて自分がその時望む企業へ転職しているわけです。

 

これはITエンジニアでも同様なことかなと思っていて、つまりまずは就職しやすいSES企業へエンジニアとして入って、1年ほど経験を積んでからweb系自社開発企業へwebエンジニアとして転職する形ですね。

 

最初の1年で転職したほうがどのみちいい

最後ですが、本当に1年で転職していいのか?と思う方もいるかもです。これについては、ITエンジニアの最初の企業は1年で転職したほうがいいということを言っている人は他にもいまして、

 

 

勝又さんというテック系ユーチューバーで有名な現役フリーランスエンジニアの方ですね。この動画でも成長を考えるなら、ITエンジニアは最初の企業は1年で転職して年収を上げつつ経験できる幅をふやしたほうが良いキャリアを作れるといってたりもします。

 

プログラマカレッジからweb系エンジニアとしてweb系自社開発企業へ就職するのもほぼ同じです。長い時間軸で考えたほうが最終的には成功します。まあキャリアに悩んでいてもプログラマカレッジでは、無料相談をしているので気軽に相談から始めることも可能です。

 

まとめ

 

ということで今回はプログラマカレッジからweb系自社開発企業へweb系エンジニアとして就職するのが難しいかどうか、その理由、とはいえどうしてもしたい人向けの現実的な方法を解説しました。参考にどうぞ。

 

人気:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

最新情報をチェックしよう!