次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

プログラマーはきついのか?未経験や文系でも可能です

プログラマーってきついのかな?未経験や文系でも大丈夫だろうか?こんな疑問に今回はIT業界で6年以上働いたなうが解説します。

 

結論から言うと、仕事内容自体はきつい人にはきついかもです。理由として論理的思考が必要なので相性の問題が出やすいです。ただ、昨今は需要が高まっており、未経験や文系でも目指す人も増えてきています。

 

きつい経験を乗り越えてフリーランスになると稼げるのも事実ですが、まずはきついと言われる理由や未経験や文系から目指すのはどうなのか確認していきましょう。

 

プログラマーがきつい理由:仕事内容編

 

プログラマーがきついと言われる理由として、仕事内容に関わる部分から紹介していきます。SIerやSES経験者はわかるかもですね。

 

多重請負構造

1つは多重請負構造がプログラマーがきついと言われる理由としてあります。多重請負構造というのは、以下の画像のように発注主から請負業者が複数の階層になっている構造です。

 

下請け会社が、受注した業務をさらに孫請け(2次下請け)やその下(3次下請け)へと流すことで、多層的に業務委託が行われていく状況を指した言葉。 主にIT業界や建設業界で用いられ、下請けの末端で働く労働者の低賃金などの原因として問題視されている。
引用:多重請負構造とは

 

 

これがなぜきついことに繋がるかというと、まずマージンが重なるので給料が下層になるほど少ないです。なので生活がきつくなります。

 

他にもこう言った働き方は客先常駐と言われますが、クライアント現場がブラックだとこれまたきついです。この理由が最も多いでしょうね。

 

学習し続けないといけない

もう1つは、プログラマーは学習し続けないとならないというのもあります。仕事の中で学習がずっと必要なのってきついですよね。

 

プログラマーはプログラミング技術でご飯を食べる職種ですが、新しい技術は毎年のように出てきます。トレンドの移り変わりだってあります。

 

下手すると、学んだ技術が廃れて仕事が減るってことすら最悪あり得ます。せっかく習得したのにですよ?そうなったら辛いですよね。

 

プログラマーがきつい理由:体力編

 

まだまだあります。体力的なきつさです。これがかなり企業によるとは思います。

 

夜間勤務もある

1つはプログラマーの仕事として夜間勤務って一定あるものです。例えば、利用ユーザの少ない夜間にシステムメンテナンスをするなどよくあることです。

 

インフラエンジニア とかも夜間にネットワークのメンテナンスをやることもあり、月に1回は夜間シフトがあるなどよくありますね。夜間で働くのはある程度体力的に影響が出ることもあるのではないでしょうか。

 

インフラエンジニアの夜間勤務については、インフラ(ネットワーク)エンジニアの夜勤は楽?も参考にどうぞです。

 

手や目が痛くなる

2つ目は、手や目が痛くなること、プログラマーは多いです。基本的にPC作業でずっと椅子に座っていますし、手を動かすので目や手が痛くなること多いです。

 

いわゆる腱鞘炎ってやつとか眼精疲労ですね。この辺は若いうちは大丈夫だと思いますが、年齢が重なるにつれてきついなとおもうと思います。

 

そのたびに体のメンテナンスをしないといけないです。ただキャリアを重ねるとマネジメントがメインになったりなどキャリアの変化はあるとは思います。

 

未経験や文系にとってプログラマーがきつい理由

 

また未経験者や文系など立場や属性によって、プログラマーがきついと言われる理由も変わりますね。僕は文系ですが、やはりプログラミングそのものとの相性が合わないときついなって思いますね。

 

未経験者はプログラミングそのものがわからないことが多い

未経験者の場合はプログラミングそのものがよくわからない、学習をしても何がわからないかがわからないなど、泥沼にハマること多いと思います。

 

僕もそうでしたが、1人でずっと悩むだけで時間がすぎますし、周りに時間をかけて遅い絵てくれる友人もいなかったのできつかったですね。

 

プログラミング研修の時なんかも、他の人は学習が進んでいても未経験の自分はスピードが遅く、バグも訳がわからない、帰れない、など未経験にはあるあるです。

 

文系は論理的思考と相性が悪いことが多い

あとは文系の場合は、論理的思考と相性が悪いと非常にきついと思います。僕自身も文系でしたが、文系って理系と比べるとあまり論理的思考と馴染みがないですよね。

 

でも、プログラマーの仕事って論理的思考そのものなんですよね。プログラミングは記述された通りにしか動きませんし、少しでも破綻があるとバグがおきます。

 

でも文系ってそういう思考に慣れていないので、プログラミング学習がとても辛いことがあります。文系の中にもプログラマーの人はもちろんいますが、そういう人は慣れたか、頑張ったか、あるいは論理的思考ができる文系の人でしょうね。

 

職種別プログラマーがきつい理由

 

あとはプログラマーと言っても職種が色々あり、職種別でもきつい理由を紹介しておきます。

 

web系自社開発企業プログラマー

例えば、web系自社開発企業のプログラマーの場合は、スピード感が早い、ビジネスにも貢献を求められることもある。などがきつい理由として出やすいかなと思います。

 

web系の自社開発企業は、スタートアップが多いため、現場ではスピードを重視しますし、プログラマーにもビジネス貢献を求めることがあり、例えばリファクタによる開発効率アップの提案などですね。

 

ただここまでのレベルになるのはかなりキャリアを積まないといけないため、未経験の場合はしばらくはあまり関係ないかもです。

 

客先常駐のシステムエンジニア

未経験からプログラマーを目指すにあたっては、こっちの方がきつい理由として経験しやすいと思います。客先常駐の場合ですね。

 

この働き方だと、クライアントがいるので、クライアントの無茶振り、急な指示変更など振り回されてきついめに合うこともあるでしょう。

 

僕の友人なんかは、業務委託ではなく納品型の契約をしたため、残業代全くなし!ということもあったようです。契約の仕方には注意した方がいいですね。

 

プログラマーがきつい理由:ネットの口コミ

 

お次はTwitterでプログラマーのきつさに関して言及しているツイートをいくつか見てみましょう。

 

 

 

https://twitter.com/Sloth65557166/status/1306449589533253632?s=20

 

未経験や文系からプログラマーを目指すのはきついのか?

 

これだけきついと書いた訳ですが、未経験や文系からプログラマーを目指す過程自体もきついことが多いです。

 

有料スクールに騙されることも

1つは有料スクールに騙されることもあるってことですね。騙されるってかくと大袈裟ですが、未経験者に甘いセールストークを仕掛けて入会させるなどですね。

 

僕の友人も未経験から誰でもプログラマーにすぐなれると聞いて入会しましたが、すぐには誰もなれません。そして学習している間に、こんなにきついの?となってモチベーションが下がり、挫折する、こういうことよくあります。

 

きついと感じても頑張るにはそれなりの目的意識がないと無理です。甘い夢に乗る前に自分なりの目的意識を作るのが先ですね。

 

30代以降の未経験は特にきつい

年齢別で言うと30代以降は特にきついと思います。プログラマーをはじめとするIT業界は、若手が有利な業界です。なので、30代以降は未経験からだと正直ちょっと厳しいかもです。

 

新しい技術が出る、指導も若い方がしやすい、など理由は色々あります。20代だと未経験でも無料のプログラミングスクールも多く比較的目指しやすいです。

 

30代未経験だと、0円スクールのような無料スクールかあるいは、テックキャンプのようなしっかりとした大手のプログラミングスクールが良いかと思いますね。

 

参考:【評判・口コミ】0円スクール(ゼロスク)を解説

 

プログラマーはきついけど将来性は高い

 

ここまで散々プログラマーがきつい理由だけ書きましたが、そんな経験を乗り越えてもしフリーランスになれたならきっとやってきた良かったと思えると思います。

 

きつい仕事を乗り越えてフリーランスになる

今はプログラマーやエンジニアが不足している状況なので、フリーランスはとても稼げます。3年程度キャリアがあれば月単価70万円程度は狙えるでしょう。

 

これがきつくてもプログラマーを目指す未経験者が多い理由ですね。在宅ワークもできるので、今までのきつい経験とは真逆の働き方ができます。

 

と言ってもやはり3年程度は実務経験が必要になることが多いので、3年くらいはきつい経験を我慢しないとならないですが。。目指す価値は高いと思います。

 

まとめ

 

と言うことで、プログラマーがきつい理由をいろんな観点から紹介しました。きついのは事実ですが、文系や未経験でも目指すのは可能です。ガンバリマショ!20代なら以下の記事で無料かつ違約金ゼロのスクールもありますね。

 

人気:【評判・口コミ】プログラマカレッジで就職しないはアリ?違約金なし

人気:ITCEアカデミーの評判と口コミを解説【ニートにもおすすめ】

最新情報をチェックしよう!