プログラミング初心者の学習方法【裏技は内定です】

 

こんにちは、こうすけです。先日こんなツイートをしたんですけど、プログラミング初心者でプログラミングを学習したいけど、挫折が不安な大学生や未経験者に向けて、プログラミング初心者でも挫折せずに学習していく方法を現役webディレクターの僕が解説したいと思います。

 

情報の信頼性としては、僕は現役webディレクターとしてエンジニアの採用面談しているのと、webディレクターとして副業収入ブログ収入がありプログラミング以外にも稼ぐことへの実績が一応ありますね。また大手企業勤務なので、大学生や就活生目線でのアドバイスも可能です。下記がその実績公開の記事ですね。

 

ブログ収入初心者でも1年で10万円達成可能【データ公開】

 

プログラミング初心者の学習方法

 

まずプログラミング初心者が知るべき学習方法の全体像を解説します。基本的には、下記の4stepでして、ゴール設定、アドバイスをもらえる人を作る、プログラミング言語選択、学習(独学、プログラミングスクール、バイト/インターン/副業、内定/転職)ですね。

 

①ゴール設定

②アドバイスをもらえる人を作る

③プログラミング言語選択

④学習(独学、プログラミングスクール、バイト/インターン/副業、内定/就職)

 

ゴール設定

 

まずはプログラミング初心者が考えるべきは、ゴール設定です。目的設定とも近いです。例えば、大学生のうちにプログラミングで5万円や10万円を毎月稼ぐだとか、アプリやwebサービスを開発して起業したいとか、エンジニアとして就職したいだとかですね。

 

それによってアプローチがやや異なります。基本的には一緒なんですが、何をどこまで頑張るかが変わりますよね。例えば、3万円レベルのお小遣い稼ぎでいいならある程度簡単なhtmlやcssだけできるだけでもゴール達成ですし、10万円を狙うならばphpやrubyなどバックエンドもできた方がいいですよね。

 

また就職や転職を考えるならば、結構本格的にプログラミングスキルをつける必要がありますよね。また面接対策なども必要になってきます。なので、ゴール設定が何よりもまずは大事ですね。ここによって次のstepでのアクションが若干変わってくるので真剣に考えましょう。(ちなみに、PCがあることは前提で書いていますよ)

 

アドバイスをくれる人を作る

 

ゴール設定が決まったら、そのゴール達成のために有益な助言をくれるアドバイザーや友達を作りましょう。ここは必須ではないものの、ある方が確実にゴール達成に近づきます。例えば、お小遣いレベルでいいのでプログラミングを初心者だけど学習したい場合は、同じレベルで初心者からプログラミング学習を初めて毎月3万円程度稼いでいる人が適切です。

 

またエンジニアとして就職したい、転職したい場合は、プログラミング初心者からエンジニアとして内定した、転職した人を捕まえるのがベストです。面接や挫折へ回避策も教えてくれるでしょう。では、どうやってそんな人を捕まえるかですが、知人や友人の紹介が難しい場合は、そういう人が集まるコミュニティへ出かけて関係構築するのがいいかと思います。

 

大学生であれば、プログラミングサークルや情報系の学部などの講義に参加してもいいと思いますし、社会人であればそういうオフ会に行くとか、SNSで情報発信しているブロガーにコンタクトをとるといいかと思います。

 

ブロガーであれば、SNS運用もしていると思いますし、コミュニティ形成のためにもブロガーにもメリットがあるので、マナーの範囲内で質問してもいいと思います。僕でも質問OKです。

 

プログラミング言語選択する

 

次にいよいよプログラミング言語の選択ですね。ここがゴール設定にひもづきます。プログラミングといえども、様々なプログラミング言語があるので簡単に初心者にもわかるようにそれぞれ解説しますね。

 

大きくは、アプリ系とweb系という軸と、フロントエンドとバックエンドの軸があります。なので、4象限に整理できまして、こんな感じになりますね。

 

フロントエンドバックエンド
アプリ系swift、kotlin、objective-c、java
web系html、css、JavascriptJava、Ruby、PHP、Python

 

アプリ系は、iOSアプリやandroidアプリのためのプログラミング言語ですね。アプリ系は、これらのプログラミング言語1つで開発が可能です。ただ、web系よりも多少難易度が高いです。しかし、需要は高く単価も高いので稼げるプログラミング言語がアプリ系です。

 

web系は、フロントエンドとバックエンドに分かれるのですが、フロントエンドはデザインなどがメインでして簡単で単価も低めです。バックエンドは、Rubyなどが該当するのですがフロントエンドよりも若干難しいですが単価も高いです。

 

これらはゴール設定次第でして、アプリを作りたいのであればアプリ系言語しかないですし、webサービスであればフロントエンドとバックエンド両方必要です。お小遣いレベルでいいのであれば、まずはweb系のフロントエンドから始めるのが一番着実にプログラミング初心者でも学習を数sめられますね。そこから徐々に広げるのがいいかと思います。

 

プログラミング学習する

 

ではプログラミング言語が決まれば、初心者は学習していくところから始まりますね。プログラミング初心者の学習方法としては、独学、プログラミングスクール、バイト、内定などがあるのですが、まずは独学からがおすすめですね。お金かからないですからね。

 

独学

 

まずはプログラミング初心者であれば独学から始めるのがいいですね。本、動画がメインになるでしょう。ドットインストールなどが無料で学べるプログラミング動画でして、ひとまずは動画を見切ることから始めるのがいいかと思います。

 

ドットインストール

 

プログラミングスクール

 

お金に余裕があって、独学だと正直時間がかかりすぎる、あるいは効率的ではないと判断するのであれば、プログラミングスクールもいいかと思います。プログラミングスクールの相場は、1ヶ月で10万円程度ですし、バイトや就職できれば確実に回収可能なので投資観点ではおすすめです。

 

バイト/インターン/副業

 

次に独学またはプログラミングスクールでスキルをつけたら、バイトやインターン、社会人であれば簡単な副業でプログラミング案件をこなして稼ぐstepに入ります。ここまで行けば、プログラミング初心者は脱していますし、もう継続するだけで徐々にスキルアップし時給や単価も上がるばかりです。ひとまずの短期的目標達成といっていいでしょう。プログラミングで稼ぎながらスキルアップする場合は、大学生がプログラミングで社会人並みに稼ぐ方法もおすすめです。

 

内定/就職

 

そしてプログラミング初心者で学習を始めたい人の多くの目標は、就職あるいは転職してエンジニアとして稼ぎたい、というところだと思います。この点については、ある意味就職、転職をエンジニアとして実現できればもう何も困ることはないでしょう。

 

というのも、エンジニアとして働いている訳なので、スキルも上がりますしお金も稼げているので困ることはないです。強いていうと、あとはどれだけ時給や単価をあげて年収アップできるかくらいです。フリーランスになってもいいですし、プログラミングでアプリ開発などをして起業してもいいですね。

 

プログラミング学習のモチベーションを上げるなら必須知識

 

ちなみにプログラミング学習を初心者で継続するのは、結構きついです。精神面で挫折しやすいところがあります。僕もなんども挫折してきました。この部分については2019年現在で最も、プログラミング学習のモチベーションがつきやすい情報を共有したいと思います。

 

プログラミングは需要が高まり続けて相場が上がっている

 

何かと言うと、プログラミングの需要が高まり続けていて、給与相場や単価相場が上がっているということですね。ほぼほぼプログラミング学習の最終的な行き着くところの1つとして、お金があると思います。

 

僕はエンジニアの採用面談などをしているので、給与相場や単価相場がわかるのですが、2019年は2018年の5%くらいは少なく見積もっても単価が上がってきています。なぜかというと、基本的に給料は需要と供給のバランスという経済の原理で決まります。

 

需要という意味では、ネットサービスやIT系の企業が続々と投資している分、高まっていますし、供給という部分では、政府が発表している通りで圧倒的にエンジニアが不足しています。なので、高くなっているのですが、正直どこまで上がるのか採用する側としては頭が痛いです。下記の情報が参考になりますよ。

 

経産省のエンジニア不足見立て

 

就職/転職してプログラミング研修を受けるのは裏技

 

ちなみにタイトルにもありましたが、どうしてもエンジニアになりたい場合は、エンジニアとして就職するのが最終手段です。何を行っているかというと、エンジニアはどの企業も欲しいので手厚い研修などを用意して未経験者でも採用している会社が多いです。

 

なので最悪スキル不足でも、とりあえずエンジニアとして採用してくれる会社に就職や転職して、研修を受け、徐々にスキルアップして気づいたらエンジニアになれた!これがある意味では確実です。ただ、注意点としては選べる立場じゃなくなるのでブラック企業が多いかもしれません。

 

しかし、これも裏技ですが、エンジニアとしてスキルがつけば転職もいくらでもできるので、転職する前提でエンジニア就職するという考えもアリはアリです。

 

まとめ

 

ということで、プログラミング初心者の学習方法を解説しました。これからはプログラミングができれば食いっぱぐれることはほぼあり得ないので、おすすめですね。在宅でもできますし、エンジニアの魅力に気づいた女性も多く、最近では若い可愛い女性もエンジニアを目指しているなどエンジニアの職場環境は変わってきている肌感がありますね。

最新情報をチェックしよう!