web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

プログラミングスクールは無料な理由を知ってから受講すべき

 

プログラミングスクールは無料なスクールもあるけど、なぜ無料なのかをよく理解せずに受講すると後悔する人もいそうです。なぜ無料なのかそのビジネスモデルを知って納得した上で受講するか決めるべきなので、その理由を解説すると共に、どんな人におすすめなのかどんなスクールがおすすめかを解説します。

 

この記事の信頼性ですが、僕は現役webディレクターとしてエンジニアの採用面談もしていますし、プログラミングもプログラミング研修を受けたりもしたので多少は可能です。なので、ある程度業界の裏側も知っていますし、エンジニアやプログラマーを採用する裏側や採用環境の観点から解説が可能です。

 

無料プログラミングスクールとは

 

まず無料プログラミングスクールについてですが、文字通りで無料でプログラミングを指導してくれるプログラミングスクールですね。この文字だけだとかなり受講者にとって嬉しいだけのスクールですよね。

 

普通に考えたらなんで無料でプログラミングを指導してくれるのか不思議です。当然そこには、業界の背景とか裏側のロジックがありますので、しっかりと背景含めて納得した上でどんなプログラミングスクールに通うべきか考えないと後で後悔すると思います。そこでまずはなぜプログラミングスクールで無料があるのかを業界に詳しい現役webディレクターの僕が解説します。

 

プログラミングスクールに無料がある理由

 

結論から言うと、プログラミングスクールに無料がある理由は、受講者からはマネタイズせずに別の方法でマネタイズしているからなんですね。ここをしっかり理解することでオンラインに限らず本当に無料のプログラミングスクールに通うべきかが見えてくると思います。

 

卒業後に指定の会社に就職してもらうことでマネタイズしているから

 

先ほど無料である理由は、受講者からマネタイズせずに別の方法でマネタイズしていると言いましたが、多くは卒業後に最初に就職する企業があらかじめプログラミングスクールと契約している企業に決まっていて、その企業がプログラミングスクールにいわばエンジニアやプログラマー人材獲得に対してお金を支払うことでマネタイズされています。

 

この事実が受講者にとってどう言う影響があるかと言うと、シンプルに就職先が限定されますよね。しかも、容易に想像できますが就職しやすい企業は企業として何らかの理由で採用力が弱い企業です。多くは、プログラミングの下請け企業で就職先として人気がないけど、プログラマーやエンジニアの頭数が重要な会社に多いですね。

 

下請け企業は、多くは薄給ですし職場環境としても辛い企業が多いと思います。ただ、全てが全てそういった企業だけではないのも事実なのでどうしても完全無料のプログラミングスクールがいい場合は、しっかりとどう言う企業への就職になるのかを調べることが大事です。

 

そのほうが受講生が増えるから

 

ちなみにそう言うビジネスモデルが成立している理由は何かと言うと前提が2つありますね。1つは、無料にした方が受講生が増えるからですよね。当然有料か無料かなら無料の方が嬉しいので、無料という言葉は集客力があります。

 

もう1つは、今はIT人材であるエンジニアやプログラマーというのは相当な人数で不足しています。これは経産省が見立てを発表しているので、かなり信頼性の高い見立てですし、実際に業界で働いているのでそうだろうなとも思いますね。単価上がってきてますし。

 

しかし、我が国の労働人口(特に若年人口)は減少が見込まれており、今後、IT人材の獲得は現在以上に難しくなると考えられます。IT需要が拡大する一方で、国内の人材供給力が低下し、IT人材不足は今後より一層深刻化する可能性があります。
引用:経産省 エンジニア不足の見立て

 

で、これがどう影響するかというと、要するにエンジニアやプログラマーが欲しい企業が多いということを示すことになりますが、特に採用力のない企業はいつまでも採用できなくなります。そのため、未経験者をエンジニアやプログラマーに育てるという戦略を取ることが有効な打ち手になりますよね。そのために、お金をかけてでもエンジニアやプログラマーを獲得したいという動機ができますよね。ただでさえエンジニアやプログラマーを獲得するのは資金力がいるので企業的にはあまり痛くないんですよね。

 

無料プログラミングスクールのメリット・デメリット

 

ということなので、プログラミングスクールのメリットとデメリットをしっかりと理解してから、どういうプログラミングスクールに通うべきかは考えるべきなんですね。ちなみに僕は、就職先でのプログラミング研修を受けたので、いわば研修費で無料で品質の高いプログラミング研修を受けられました。

メリット

 

メリットですが、無料であるところ、この1点のみですね。後述しますが、無料といっても色々な無料のタイプがあって、受講料が無料なプログラミングスクールもあれば、宿泊費なども無料のプログラミングスクールもあれば、就職や転職に成功しなければ全額返金で実質無料となるプログラミングスクールもあります。

 

デメリット

 

デメリットですが、1つは就職先や転職先が限定的になり、もともと用意されている企業への就職や転職が前提となるところです。ただ考えようによっては無料だし確度高く就職や転職が可能なのでなかなか考えようによってはやはりお得です。

 

また他にも年齢が制限されていたり、ある程度スキルがある前提など様々ありますね。これらも全ては契約している企業が、若手が欲しいだとかスキルはある程度はしっかりしている前提で欲しい、などの要望に沿った上での制約事項になっています。

 

プログラミングスクールで無料コースがおすすめな人とおすすめではない人

 

これらの状況を踏まえると、プログラミングスクールの無料コースがおすすめな人とおすすめではない人に別れますよね。最大の分岐はお金に対する余裕ぐらいなんですが、お金の余裕がない前提で解説します。

 

おすすめな人

 

無料のプログラミングスクールがおすすめな人というのは、とりあえずエンジニアやプログラマーとして就職や転職が出来れば良い、というスタンスの方でしょう。いくらなんでも定年までずっとその同じ会社で働かないとならないわけでもないので、そういった部分を我慢できれば無料ですしおすすめですね。

 

おすすめではない人

 

おすすめではない人というのは、自由を求める方ですね。プログラミングを学ぶ理由が独立したいとか、起業したい場合ですと、卒業後の進路に制約ができると思うのでおすすめしません。また、あくまでひとまずエンジニアやプログラマーに慣れれば御の字という方だけがおすすめですね。

 

おすすめな完全無料プログラミングスクール

 

ということで無料プログラミングスクールのおすすめを解説していきます。まずは完全無料型のプログラミングスクールから解説します。完全無料型というのは多くのユーザが想定している本当に無料のプログラミミングスクールでして、先ほど解説したような就職先が限られることが多いプログラミングスクールです。ただ、注意として書きますが、全部の就職先があまりよくないわけでもないので、そこは個別に調べて置くことが最適な意思決定の判断材料になりますね。もしかしたらいい就職先もあるかもしれないです。

 

ProEngineer

完全無料型のプログラミングスクールも割と多くあるのですが、こちらのProEngineerが中でもおすすめですね。おすすめな理由としては、20代限定という制約があるものの、完全無料型の中では就職先企業が多いのと大企業が揃っており、なかなか優良企業が揃っているからです。ソフトバンクやサイバーエージェントなどいわゆる大企業も揃っています。

 

また資格取得も受講中に可能なところと、実際に企業先で先輩エンジニアの指導を受けながらプログラミングを学べるので、会社に馴染めそうかなども働きながら判断ができますし、プログラマーとして働くということのイメージがわきやすいです。色々な比較観点を表にするとこんな感じになりますね。

 

ProEngineerI社P社G社C社
運営母体IT企業&転職支援会社ITスクールIT企業IT企業ITスクール
受講料完全無料30万〜50万円基本無料基本無料入学費5万円
授業料無料
講師の有無
受講形式通学授業&実戦形式
通学個別研修
Skype個別研修
通学授業形式オンライン動画形式オンライン動画形式通学授業形式
受講期間1ヶ月〜3ヶ月3週間〜6ヶ月受講生個々の進捗次第受講生個々の進捗次第1ヶ月〜2ヶ月
受講時間数40〜420時間30〜100時間20時間程度30時間100時間程度
求人数3500件50件50件程度
専任のキャリアサポート
就職支援/面接対策
就職率96.2%未公表未公表未公表未公表
運営年数6年15年1年2年1年

 

なかなか他社に対して優位性がありますよね。ProEngineerなら大企業もありますので、そこまで完全無料型プログラミングスクールのデメリットも気にならないかと思います。

 

転職保証型(転職できないと実質無料)のおすすめプログラミングスクール

 

次に完全無料型ではないものの、転職保証型なので転職できない場合は実質無料となるプログラミングスクールもあります。この手のプログラミングスクールは、エンジニアやプログラマーへの転職や就職を目的としてプログラミングスクールに通いたいけど、転職できずにお金が無駄になったらどうしようと悩んでいる方向けのプログラミングスクールですね。こういったビジネスモデルのプログラミングスクールも多いのですが、僕の場合はTechAcademyがおすすめですね。

 

TechAcademy

 

TechAcademyは本当に様々なコースが受講できるところが挙げられますが、こちらのページを読んでいる方はエンジニアへの転職を考えている人だと思うので、そういうコースでいうと12週間でエンジニアやプログラマーへの転職を目指すエンジニア転職保証コースがいいかと思います。

 

先割や友人紹介などで割引もありますし、分割であれば毎月1万円ちょっとなのでエンジニア転職できれば全然回収は問題ない範囲ですし、キャッシュフロー的にも問題ないかと思います。転職できればければ無料ですが、転職保証条件があるので確実にチェックしておきましょう。

 

有料プログラミングスクール

 

最後に比較感として有料のプログラミングスクールも紹介したいと思います。有料の場合は、有料だけあって品質も高いですし卒業後の進路も自由なのがメリットです。有料といえども、分割払いにすればさほど気にならない金額感ですし、割引もあるので検討余地は大いにあります。

 

TECH::EXPERT

 

1つ目はTECH::EXPERTですね。TECH::EXPERTは、有料だけあって教育に力を入れています。なので、他社に比べて教育体制も潤沢ですしキャリアサポートも卒業後3年間は無料で受けられたりできますよね。有料とはいえ、人気なプログラミングスクールなので検討対象に入れるのがいいと思いますね。長い目で見ると、毎月1万円ちょっとの出費は自由さと教育品質に比べたら安いという判断も全然あり得ると思います。

 

CodeCamp(教育訓練給付制度でお得になれる)

 

2つ目は、CodeCampですかね。CodeCampは、オンラインなので時間と場所を選ばずにプログラミング学習を進められるというのが最大のメリットですね。結構社会人で働きながらプログラミング学習するのは時間が惜しいケースが多いので、そんな忙しい方に支持されています。また、教育給付金制度で最大6万円が国から給付される制度を使えるのもポイントですね。

 

プログラミングスクールのおすすめ受講コース

 

最後にプログラミングスクールには色々なプログラミング言語の受講コースがありますが、どのコースがおすすめかを解説します。目的次第としか言いようがないものの、基本的には学びたいプログラミング言語にすればいいと思いますが、あえておすすめをあげるとすればバックエンド系のプログラミング言語ですね。例えば、RubyやJava、phpなどです。

 

バックエンド系(Ruby、Java、phpなど)

 

なぜかというと、バックエンド系は需要が高いのとスキルレベルが高いので、単価も高いです。なので卒業後の給料も一番高いです。どれくらい違うかというと、フロントエンド系のhtml、css、Javascriptと比較して20%くらいは変わるかと思います。なので5万円くらいでしょうか?

 

またバックエンド系のプログラミングができると、自分でwebサービスやアプリを開発することもできますから、将来の可能性が広がるのもメリットですね。

 

まとめ

 

ということで、プログラミングスクールに無料がある理由とおすすめのプログラミングスクールを解説しました。まずは自分がなぜプログラミングを学びたいのかの目的から考えてベストな手段を選択する、その上でちゃんとそれぞれのメリットとデメリットを理解するべきですね。

 

人気:大学生におすすめなプログラミングスクール4選【無料あり、20代も】

最新情報をチェックしよう!