web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

プログラミングスクール安易に選ぶと失敗する【80万円無駄になった話】

 

プログラミングスクールを初心者が安易に選ぶと失敗します。友人が80万円もの大金をかけてプログラミングスクールを選んだんですが、失敗したという相談をもらって記事にしています。フリーランスに最速でなれるとか怪しくて甘い話は疑う心を持ちましょう。

 

この記事は実際に80万円ほどの大金をかけてフリーランスエンジニアになるべく、セレブエンジニアサロンという非常に怪しいプログラミングスクール(サロン)に入会し失敗した友人の体験談を元に書いています。初心者はカモにされやすいので、他の人が同じ失敗をしないように書いていきたいと思います。

 

参考:セレブエンジニアサロンの評判を受講者に聞いた!【画像あり】

 

今日はプログラミングスクール選びで失敗した友人の話を元に、記事を書きます。
友人はセレブエンジニアサロンという怪しいサロンに入会し80万円くらい損しています。他にも同様の方はいるようです。

 

プログラミングスクールに80万かけて友人は失敗した

 

まず最初に言います。僕の友人はプログラミングスクール(セレブエンジニアサロン)に80万円ほどの大金をかけて失敗しました。具体的には下記の通り。

 

質問してもレスが遅すぎて勉強が捗らない
同じクオリティの他のスクールだと20万円で済んだ

そもそも70%くらいの受講者が脱落しているらしい
講師の態度が悪い

 

あげてみるとこれだけある。まずもって失敗としか言いようがない。今の状況でいうと、セレブエンジニアサロンというプログラミングスクールを選んだのは失敗としか言いようがない。

 

まず1つ目。80万円もの大金をかけているのに教育体制が悪すぎて、質問へのレスが遅すぎて勉強が捗らないらしい。80万円ってTECH::EXPERTも受講できるし、Tech Boostも受講できるお値段ですよ。TECH::EXPERTもTech Boostも評判自体はいいからこういうことはないのだろうと思うと悲しい…。

 

そして2つ目の失敗。80万円もかかっているのに20万円ですむプログラミングスクールと同じくらいのクオリティであるところ。下記のツイートを見て欲しい。80万円でこれだけのとりあえずやっとけ!的なことが書かれている。

 

 

なんという浅さだろうか。プログラミングは暗記するものではないから、この一文だとなぜこのように動くか分からないとダメではないか?

 

3つ目。そもそも70%くらいの受講者は脱落しているらしい。これはプログラミングスクール(セレブエンジニアサロン)にまだ受講している時に友人がぼやいていた内容だ。正直数字を聞いて驚愕した。70%多すぎだろっ!!!

 

このプログラミングスクールでは、最初は確か6ヶ月でフリーランスエンジニアになれるって謳い文句だったらしいが、前提がスパルタなタイトスケジュールだったみたいでクレームが多く1年に変えたらしい。おいおい、それで70%も脱落しているならそもそも1年も無理なんじゃないかい?明らかな失敗要因だ。

 

4つ目の失敗は、講師の態度が悪いってところ。これは記事の後半でも書いているけど、知名度の低い受講生徒数も講師数も少ないプログラミングスクールは人数が少ないゆえに、相性の悪い講師とセットになった場合に回避策の選択肢が少ない。ゆえに我慢せざるを得ない。

 

友人が選んだプログラミングスクール(セレブエンジニアサロンね)は、講師が数人と少ないらしくまた不定期で勉強会もしているみたいで、その都度なんやかんや不快な思いをしているとのことだった。そして、その連絡をしても先方は改善する試みを今のところしていない…。明らかな失敗だ。

 

 

なぜプログラミングスクール選びで初心者は失敗するのか?

ここでなぜ友人のようにプログラミングスクール選びでプログラミング初心者、エンジニア未経験者は失敗するのか?をIT業界5年の経験がある僕は下記のように仮説立てた。大きくは外れていないだろう。

 

正直業界理解が不足している
十分に比較(リサーチ)もしてないし、受講者の評判も集めていない

 

この2点かなと。失敗要因として大きく外していないと思われる。

 

正直業界理解が不足している

1つ目の失敗要因。それは、業界理解が不足しているってこと。友人の場合は、80万円もの大金をかけているのにまともにプログラミングを学べないプログラミングスクールを選んだところと、結果的に1年で本当にフリーランスエンジニアとして稼げるか怪しいプログラミングスクールを選んでしまった、この2点が失敗として大きい。

 

しかし、それ以外にも完全無料就職支援付きプログラミングスクールを選んでSES企業に就職し失敗だ!と言っている新米エンジニアも一定数いる。これは正直業界理解が不足している。SESがなぜブラックと言われやすいかなどはネットで探せばいくらでも出てくるし、SESだからってデメリットしかないわけでもない。

 

ゆえにIT業界で5年働く僕的には、メリットとデメリットおよびリスクを理解し納得して選べてないんだろうなーと思わざるを得ない。友人の場合で言っても、フリーランスエンジニアに1年でなれる!って妥当性があるのかな?って業界的にはどうなのかな?って思考が働けば、この失敗は防げたはずだ。

 

なお、僕は就職支援付きプログラミングスクールはおすすめと紹介したりもしているが、ちゃんとメリットとデメリットを提示しているつもりだし、なぜ無料なのかも紹介しているつもりである。

 

参考:就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】
参考:プログラミングスクールは無料な理由を知ってから受講すべき

 

比較してないし、受講者に評判も聞いていない

2つ目の失敗要因は、数多あるプログラミングスクールを十分に比較してもないし実際の受講者に評判を聞いてもいなかったところだ。

 

これは個人差があるかもしれないが80万円ってかなりの大金だ。80万円あれば何ができるかって言ったら、家賃7万円の賃貸ならほぼ1年(84万円)住めるし、株も大量に購入できるし、車も購入できる。海外旅行だって4回は行けそうだ。

 

なぜそれなのに十分に比較もしないで、ましてや実際の受講者の評判を集めなかったのか..。この失敗は悔やまれる。ましてや違約金とか解約についてのリスクも事前に調べずに契約したというから、失敗の防ぎようがなかったとも言える。

 

ちなみに友人が選んで失敗したプログラミングスクールは、書面ではなくてネット契約だったみたいでよくあるようなこちらに同意したというチェックをしましょう、のところでちゃんと説明されていなかったと思われる。これ自体も悪質だが、失敗要因と言わざるを得ない。

 

参考:プログラミングスクールの選び方【後悔しない重要な視点と判断基準】

 

失敗リスクの高いプログラミングスクールの特徴

 

ここでまあまあ初心者だしそういう失敗もするよね?一方で失敗しやすいプログラミングスクールってどんなのかな?っていうことがあなたはきになるかもしれない。それでいうと、僕の経験的には下記だ。

 

知名度がない

 

これは結構失敗リスクに繋がるだろう。

 

知名度がない

なぜ知名度がないプログラミングスクールは失敗リスクが高いかっていうと、明確な理由がある。それは、品質とかサービスレベル(質問への回答速度、態度など)が悪くても知名度が低ければそもそも知れ渡らないし、守るものもないので悪くなりがちだからである。

 

これは自信を持って言えるが、まともなプログラミングスクールだったり既に知名度の高いプログラミングスクールの場合は、評判が高いあるいは知名度が高いがゆえに守るものがあるため、しっかりと対応してくれることが多い。こんなつぶやきも過去にしている。

 

 

これは今の現代が個人がSNS発信して評判を一気に落とせるからである。これをレピュテーションリスクという。ゆえに知名度の低いプログラミングスクールは失敗リスクも必然的に高まるし、一方である程度有名なプログラミングスクールはちゃんとしていることが多い。

 

そして友人が失敗したプログラミングスクールは、、、当然のごとく知名度は低いプログラミングスクールである。なんならクローズドなサロンである。もはや有名にするつもりないんじゃないかってレベルだ。

 

プログラミングスクール選びの失敗リスクを下げるためには

 

では最後にどのようにすれば今回の友人のように初心者がプログラミングスクール選びで失敗する確率を減らせるかというと下記の2点はマストでチェックすべきだと思う。

 

解約金制度はしっかりチェック、最悪無駄にする可能性をどこまで飲み込めるか
あらゆる評判を集めてどこまでなら飲み込めるリスクかを把握し判断する

 

上記の通り。なおこれはおそらくまともなホワイトカラーであれば当たり前のリスクマネジメントなので、参考になるはずと思う。要は、リスクを事前に把握して飲み込めるかどうか、回避策はあるかを最初から考えることである。

 

解約金制度はしっかりチェック

1つ目の失敗リスクを下げる方法は、解約金制度はしっかりチェックする、である。今回の友人が選んだプログラミングスクール(なんども書くけどセレブエンジニアサロン)は、途中解約における返金は対応しない、そうだ。

 

しかしそんなプログラミングスクールばかりではない。そもそもちゃんと比較していれば解約リスクについて寛容なプログラミングスクールとして、TECH::EXPERT(14日間は解約無料)を筆頭にいくつか寛容なプログラミングスクールはある。プロエンジニアなんていつでも基本的に解約は無料だ。
参考:ProEngineer(プロエンジニア)は大学生におすすめ?【業界人が図解で解説】
参考:プロエンジニア(ProEngineer)の就職先は人気企業ある【業界人が12社解説】

 

しかも解約金だけじゃなくて、転職保証だったりフリーランス保証だったりと色々な保証もある。転職保証では、転職できれなければ返金が保証されていたりもする。こっちの方がよかったやん!友人的には、1年でフリーランスエンジニアになれるっていう甘い謳い文句に引かれたみたいだが、世の中そんなに甘くはない..。

 

あらゆる評判を集める

初心者がプログラミングスクール選びで失敗を避けようとするのなら、あとは評判をありとあらゆる方法を使って集めるしかない。例えば僕であれば、SNSと体験会に行って受講者なりを捕まえて実際どうなん?ってところをヒアリングするだろう。

 

80万円もの大金をかけるのであれば絶対に行う。特にSNSでは悪いことも正直に教えてくれるだろうから、そこで色々と評判を聞いて失敗リスクを減らすのはかなり有効だと思う。注意点は、ほぼどこのプログラミングスクールも悪い部分はあるが、自分にとってマストで避けたい失敗リスクかどうかで判断するのがいいだろう。

 

余談:プログラミングスクール選びで失敗したらまた次のお金がかかる

ここからは余談だが、プログラミングスクール選び(セレブエンジニアサロン)で失敗した友人は、おそらく返金されない受講料を諦めてフリーランスエンジニアになるべく次なるプログラミングスクールを選ぶであろう。

 

同じくくらいのクオリティの他のプログラミングスクールでは、1/4くらいの20万円で受講できるらしい。そうすると合計で100万円になってしまう。これはなかなかの大金である。これだけの損失を1時間程度リサーチすればある程度失敗リスクをヘッジできるのだから、調査し比較し情報を集めることはいかに有益な時間かわかるはずだ。これが分からないと、、、色々なことに騙されると思う。

 

まとめ

 

ということで、今回はプログラミングスクール選びで失敗した体験談をベースに、なぜ失敗するのか?どうしたら失敗リスクを下げられるのか?を解説しました。プログラミングスクールはどこも高いので、ちゃんと調べましょう。今回は以上です。

 

参考:プログラミングスクールで新卒就職する【面倒な就活を避ける】

最新情報をチェックしよう!